There Is No Spoon
このサイトの使い方
記事一覧から選ぶ(pingoo)
検索(ページ内を検索したいときは⌘+F)
タグ、本文切り替えサーチ
 
A Course in Miracles 原文検索
用語集(英語)
ポップアップ辞書つきの画面で見る(マウスオーバーで意味が出ます)
吹き出し
文字サイズ変更ボタン(このページだけ)
    文字サイズ変更ボタン(ほかのページに移っても維持)
    文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
    プロフィール

    Author: ken
    奇跡のコース(奇跡講座A Course in Miracles ACIM )テキスト・ワークブック・教師のためのマニュアルの日本語訳(和訳)・翻訳(対訳形式)と参考図書等を公開していきます。https://twitter.com/NoSpoonACIM

    テキスト目次
    ワークブック目次
    名称未設定
    教師のためのマニュアル目次
    聖霊に記事を選んでもらう
    精度の高いサイト内検索
    携帯用画面で見る(シンプルな画面で読みたい場合)
    スマホ
    スマホ・タブレット用画面で見る
    タブレット
    tweet
    カテゴリ
    アクセスランキング
    フリーエリア
    1

    奇跡のコース

     奇跡のコース(ACIM A Course in Miracles)、テキスト(版権フリー版:FIP1975年初版)の翻訳を公開しています。個人試訳であり、非公認版です。 ここに来られた方は、コースに関心をお持ちの方がほとんどでしょうから、改めて、コースについて説明するまでもないと思います。この本に巡り合えただけで生まれてきた甲斐があったと思えるようなそんな素晴らしい本です。あまりコースを知らないという方には、ウィキペディ... <a href="http://thereisnospoon.jp/img/Fotolia_58945313_XS.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-70.fc2.com/g/n/o/gnothiseauton/Fotolia_58945313_XS.jpg" alt="" border="0" width="346" height="346" /></a><br /><br /><br /><br /> 奇跡のコース(ACIM A Course in Miracles)、テキスト(<a href="https://en.wikisource.org/wiki/A_Course_in_Miracles" target="_blank" title="版権フリー版:FIP1975年初版">版権フリー版:FIP1975年初版</a>)の<a href="http://blog.fc2.com/tag/%E7%BF%BB%E8%A8%B3" class="tagword">翻訳</a>を公開しています。個人試訳であり、非公認版です。<br /><br /> ここに来られた方は、コースに関心をお持ちの方がほとんどでしょうから、改めて、コースについて説明するまでもないと思います。この本に巡り合えただけで生まれてきた甲斐があったと思えるようなそんな素晴らしい本です。あまりコースを知らないという方には、<a href="http://ja.wikipedia.org/wiki/ACIM" target="_blank" title="ウィキペディア">ウィキペディア</a>では、よく整理されていますので、概要を知るにはよいと思います(英語版よりはるかに充実しています)。<br /> <br /> コースには、何度も、全身全霊を注いで聖霊のレッスンを学ばなければならないと学習者の意欲を求める箇所があります。<br /><br /> しかし、コースは分量だけでも極めて大部です。関心を持って、英語の勉強も兼ねて読んでみようと意気込んで、原書を買ったはいいものの、数週間後には、小さな文字がぎっしり詰まった1300頁を超える重い本は本棚の飾りになっているという人は多いはずです。<br /><br />
    189

    奇跡のコース テキスト目次

    テキストは、全31章で、全章の各節を合計すると、268節あります。じっくり1日1章ごとに読んでいっても、1月で終えることができます。さらにゆっくりと1日1節こなすスケジュールでも、365日のワークブックよりも早く終えることができます。一気に通読しようとして、挫折気味な方は、通読は1日1節にとどめることに割り切って、あとは、適当なページを飛び飛びに見て関心を持って読めるところを読むという読み方で、通... <a href="http://blog.fc2.com/tag/%E3%83%86%E3%82%AD%E3%82%B9%E3%83%88" class="tagword">テキスト</a>は、全31章で、全章の各節を合計すると、268節あります。<br /><br />じっくり1日1章ごとに読んでいっても、1月で終えることができます。<br /><br />さらにゆっくりと1日1節こなすスケジュールでも、365日の<a href="http://blog.fc2.com/tag/%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%82%AF%E3%83%96%E3%83%83%E3%82%AF" class="tagword">ワークブック</a>よりも早く終えることができます。<br /><br />一気に通読しようとして、挫折気味な方は、通読は1日1節にとどめることに割り切って、あとは、適当なページを飛び飛びに見て関心を持って読めるところを読むという読み方で、通読と摘み読みを並行されるとよいと思います。<br /><br /><a href="http://blog.fc2.com/tag/%E3%83%86%E3%82%AD%E3%82%B9%E3%83%88" class="tagword">テキスト</a>の各節に飛べるように、<a href="http://blog.fc2.com/tag/%E7%9B%AE%E6%AC%A1" class="tagword">目次</a>に<a href="http://blog.fc2.com/tag/%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%82%AF" class="tagword">リンク</a>を貼りますので、活用してください。<br /><br /><a href="http://thereisnospoon.jp/img/20150402201358803.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-73.fc2.com/g/n/o/gnothiseauton/20150402201358803.jpg" alt="shutterstockユニコーン" border="0" width="1000" height="707" /></a><br /><br /><br /><br /><a href="#Chapter 1 The Meaning of Miracles">Chapter 1 The Meaning of Miracles</a><br /><br /><a href="#Chapter 2 The Separation and the Atonement">Chapter 2 The Separation and the Atonement</a><br /><br /><a href="#Chapter 3 The Innocent Perception">Chapter 3 The Innocent Perception</a><br /><br /><a href="#Chapter 4 The Illusions of the Ego">Chapter 4 The Illusions of the Ego</a><br /><br /><a href="#Chapter 5 Healing and Wholeness">Chapter 5 Healing and Wholeness</a><br /><br /><a href="#Chapter 6 The Lessons of Love">Chapter 6 The Lessons of Love</a><br /><br /><a href="#Chapter 7 The Gifts of the Kingdom">Chapter 7 The Gifts of the Kingdom</a><br /><br /><a href="#Chapter 8 The Journey Back">Chapter 8 The Journey Back</a><br /><br /><a href="#Chapter 9 The Acceptance of the Atonement">Chapter 9 The Acceptance of the Atonement</a><br /><br /><a href="#Chapter 10 The Idols of Sickness">Chapter 10 The Idols of Sickness</a><br /><br /><a href="#Chapter 11 God or the Ego">Chapter 11 God or the Ego</a><br /><br /><a href="#Chapter 12 The Holy Spirit's Curriculum">Chapter 12 The Holy Spirit's Curriculum</a><br /><br /><a href="#Chapter 13 The Guiltless World">Chapter 13 The Guiltless World</a><br /><br /><a href="#Chapter 14 Teaching for Truth">Chapter 14 Teaching for Truth</a><br /><br /><a href="#Chapter 15 The Holy Instant">Chapter 15 The Holy Instant</a><br /><br /><a href="#Chapter 16 The Forgiveness of Illusions">Chapter 16 The Forgiveness of Illusions</a><br /><br /><a href="#Chapter 17 Forgiveness and the Holy Relationship">Chapter 17 Forgiveness and the Holy Relationship</a><br /><br /><a href="#Chapter 18 The Passing of the Dream">Chapter 18 The Passing of the Dream</a><br /><br /><a href="#Chapter 19 The Attainment of Peace">Chapter 19 The Attainment of Peace</a><br /><br /><a href="#Chapter 20 The Vision of Holiness">Chapter 20 The Vision of Holiness</a><br /><br /><a href="#Chapter 21 Reason and Perception">Chapter 21 Reason and Perception</a><br /><br /><a href="#Chapter 22 Salvation and the Holy Relationship">Chapter 22 Salvation and the Holy Relationship</a><br /><br /><a href="#Chapter 23 The War Against Yourself">Chapter 23 The War Against Yourself</a><br /><br /><a href="#Chapter 24 The Goal of Specialness">Chapter 24 The Goal of Specialness</a><br /><br /><a href="#Chapter 25The Justice of God">Chapter 25The Justice of God</a><br /><br /><a href="#Chapter 26 The Transition">Chapter 26 The Transition</a><br /><br /><a href="#Chapter 27 The Healing of the Dream">Chapter 27 The Healing of the Dream</a><br /><br /><a href="#Chapter 28 The Undoing of Fear">Chapter 28 The Undoing of Fear</a><br /><br /><a href="#Chapter 29 The Awakening">Chapter 29 The Awakening</a><br /><br /><a href="#Chapter 30 The New Beginning">Chapter 30 The New Beginning</a><br /><br /><a href="#Chapter 31 The Final Vision">Chapter 31 The Final Vision</a>
    765

    A Course in Miracles Text 精読 目次

    大畑学さんのA Course in Miracles - Text精読ワークショップの目次です。Chapter 1 The Meaning of MiraclesChapter 2 The Separation and the AtonementChapter 3 The Innocent PerceptionChapter 4 The Illusions of the EgoChapter 5 Healing and WholenessChapter 6 The Lessons of LoveChapter 7 The Gifts of the KingdomChapter 8 The Journey BackChapter 9 The Acceptance of the AtonementChapter 10 The Idol... 大畑学さんのA Course in Miracles - Text精読ワークショップの目次です。<br /><br /><a href="http://thereisnospoon.jp/img/shutterstock_263654780.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-73.fc2.com/g/n/o/gnothiseauton/shutterstock_263654780.jpg" alt="" border="0" width="800" height="800" /></a><br /><br /><br /><a href="#Chapter 1 The Meaning of Miracles">Chapter 1 The Meaning of Miracles</a><br /><br /><a href="#Chapter 2 The Separation and the Atonement">Chapter 2 The Separation and the Atonement</a><br /><br /><a href="#Chapter 3 The Innocent Perception">Chapter 3 The Innocent Perception</a><br /><br /><a href="#Chapter 4 The Illusions of the Ego">Chapter 4 The Illusions of the Ego</a><br /><br /><a href="#Chapter 5 Healing and Wholeness">Chapter 5 Healing and Wholeness</a><br /><br /><a href="#Chapter 6 The Lessons of Love">Chapter 6 The Lessons of Love</a><br /><br /><a href="#Chapter 7 The Gifts of the Kingdom">Chapter 7 The Gifts of the Kingdom</a><br /><br /><a href="#Chapter 8 The Journey Back">Chapter 8 The Journey Back</a><br /><br /><a href="#Chapter 9 The Acceptance of the Atonement">Chapter 9 The Acceptance of the Atonement</a><br /><br /><a href="#Chapter 10 The Idols of Sickness">Chapter 10 The Idols of Sickness</a><br /><br /><a href="#Chapter 11 God or the Ego">Chapter 11 God or the Ego</a><br /><br /><a href="#Chapter 12 The Holy Spirit's Curriculum">Chapter 12 The Holy Spirit's Curriculum</a><br /><br /><a href="#Chapter 13 The Guiltless World">Chapter 13 The Guiltless World</a><br /><br /><a href="#Chapter 14 Teaching for Truth">Chapter 14 Teaching for Truth</a><br /><br /><a href="#Chapter 15 The Holy Instant">Chapter 15 The Holy Instant</a><br /><br /><a href="#Chapter 16 The Forgiveness of Illusions">Chapter 16 The Forgiveness of Illusions</a><br /><br /><a href="#Chapter 17 Forgiveness and the Holy Relationship">Chapter 17 Forgiveness and the Holy Relationship</a><br /><br /><a href="#Chapter 18 The Passing of the Dream">Chapter 18 The Passing of the Dream</a><br /><br /><a href="#Chapter 19 The Attainment of Peace">Chapter 19 The Attainment of Peace</a><br /><br /><a href="#Chapter 20 The Vision of Holiness">Chapter 20 The Vision of Holiness</a><br /><br /><a href="#Chapter 21 REASON AND PERCEPTION">Chapter 21 REASON AND PERCEPTION</a><br /><br /><a href="#Chapter 22 Salvation and the Holy Relationship">Chapter 22 Salvation and the Holy Relationship</a><br /><br /><a href="#Chapter 23 The War Against Yourself">Chapter 23 The War Against Yourself</a><br /><br /><a href="#Chapter 24 The Goal of Specialness">Chapter 24 The Goal of Specialness</a><br /><br /><a href="#Chapter 25The Justice of God">Chapter 25The Justice of God</a><br /><br /><a href="#Chapter 26 The Transition">Chapter 26 The Transition</a><br /><br /><a href="#Chapter 27 The Healing of the Dream">Chapter 27 The Healing of the Dream</a><br /><br /><a href="#Chapter 28 The Undoing of Fear">Chapter 28 The Undoing of Fear</a><br /><br /><a href="#Chapter 29 The Awakening">Chapter 29 The Awakening</a><br /><br /><a href="#Chapter 30 The New Beginning">Chapter 30 The New Beginning</a><br /><br /><a href="#Chapter 31 The Final Vision">Chapter 31 The Final Vision</a><br /><br /><br /><br />テキストやワークブックには、<br /><a href="http://acimworkshop.blogspot.jp" target="blank"><img src="http://blog-imgs-73.fc2.com/g/n/o/gnothiseauton/20150316115937f70.png" alt="名称未設定" border="0" width="232" height="129" /></a><br />の関連箇所にカメさんマークが貼ってあるので、クリックすると精読のページに飛べますので、活用してください。
    772

    A Course in Miracles - WorkBook 精読 目次

    大畑学さんのA Course in Miracles - WorkBook精読の目次です。WORKBOOK PART ILessons 1-10Lessons 11-20Lessons 21-30Lessons 31-40Lessons 41-50Lessons 51-60Lessons 61-70Lessons 71-80Lessons 81-90Lessons 91-100Lessons 101-110Lessons 111-120Lessons 121-130Lessons 131-140Lessons 141-150Lessons 151-160Lessons 161-170Lessons 171-180Lessons 181-190Lessons 191-200Lessons 201-210Lessons 211-220WORKBOOK PART II... 大畑学さんのA Course in Miracles - WorkBook精読の目次です。<br /><br /><br /><br /><br /><a href="#WORKBOOK PART I">WORKBOOK PART I</a><br /><br /><br /><a href="#Lessons 1-10">Lessons 1-10</a><br /><br /><a href="#Lessons 11-20">Lessons 11-20</a><br /><br /><a href="#Lessons 21-30">Lessons 21-30</a><br /><br /><a href="#Lessons 31-40">Lessons 31-40</a><br /><br /><a href="#Lessons 41-50">Lessons 41-50</a><br /><br /><a href="#Lessons 51-60">Lessons 51-60</a><br /><br /><a href="#Lessons 61-70">Lessons 61-70</a><br /><br /><a href="#Lessons 71-80">Lessons 71-80</a><br /><br /><a href="#Lessons 81-90">Lessons 81-90</a><br /><br /><a href="#Lessons 91-100">Lessons 91-100</a><br /><br /><a href="#Lessons 101-110">Lessons 101-110</a><br /><br /><a href="#Lessons 111-120">Lessons 111-120</a><br /><br /><a href="#Lessons 121-130">Lessons 121-130</a><br /><br /><a href="#Lessons 131-140">Lessons 131-140</a><br /><br /><a href="#Lessons 141-150">Lessons 141-150</a><br /><br /><a href="#Lessons 151-160">Lessons 151-160</a><br /><br /><a href="#Lessons 161-170">Lessons 161-170</a><br /><br /><a href="#Lessons 171-180">Lessons 171-180</a><br /><br /><a href="#Lessons 181-190">Lessons 181-190</a><br /><br /><a href="#Lessons 191-200">Lessons 191-200</a><br /><br /><a href="#Lessons 201-210">Lessons 201-210</a><br /><br /><a href="#Lessons 211-220">Lessons 211-220</a><br /><br /><br /><br />WORKBOOK PART II<br /><br /><a href="#Lessons 221-230">Lessons 221-230</a><br /><br /><a href="#Lessons 231-240">Lessons 231-240</a><br /><br /><a href="#Lessons 241-250">Lessons 241-250</a><br /><br /><a href="#Lessons 251-260">Lessons 251-260</a><br /><br /><a href="#Lessons 261-270">Lessons 261-270</a><br /><br /><a href="#Lessons 271-280">Lessons 271-280</a><br /><br /><a href="#Lessons 281-290">Lessons 281-290</a><br /><br /><a href="#Lessons 291-300">Lessons 291-300</a><br /><br /><a href="#Lessons 301-310">Lessons 301-310</a><br /><br /><a href="#Lessons 311-320">Lessons 311-320</a><br /><br /><a href="#Lessons 321-330">Lessons 321-330</a><br /><br /><a href="#Lessons 331-340">Lessons 331-340</a><br /><br /><a href="#Lessons 341-350">Lessons 341-350</a><br /><br /><a href="#Lessons 351-360">Lessons 351-360</a><br /><br /><a href="#Lessons 361-365">Lessons 365-365</a><br /><br /><br /><a href="http://thereisnospoon.jp/img/Fotolia_40374743_XS.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-59.fc2.com/g/n/o/gnothiseauton/Fotolia_40374743_XS.jpg" alt="" border="0" width="346" height="346" /></a>
    158

    教師のためのマニュアル目次

    教師のためのマニュアルの目次です。0 教師のためのマニュアル序文1 神の教師とは誰のことなのか?2 生徒とは誰か3 教えることの段階とは?4-1 神の教師の特性1(信頼)4-2 神の教師の特性2(正直さ)4-3 神の教師の特性3(寛容)4-4 神の教師の特性4(優しさ)4-5 神の教師の特性5(喜び)4-6 神の教師の特性6(無防備)4-7 神の教師の特性7(寛大さ)4-8 神の教師の特性8(我慢... <a href="http://blog.fc2.com/tag/%E6%95%99%E5%B8%AB%E3%81%AE%E3%81%9F%E3%82%81%E3%81%AE%E3%83%9E%E3%83%8B%E3%83%A5%E3%82%A2%E3%83%AB" class="tagword">教師のためのマニュアル</a>の目次です。<br /><br /><a href="http://thereisnospoon.jp/img/shutterstock_229256359.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-73.fc2.com/g/n/o/gnothiseauton/shutterstock_229256359.jpg" alt="" border="0" width="500" height="500" /></a><br /><br /><br /><br /><a href="http://gnothiseauton.blog.fc2.com/blog-entry-105.html" target="_blank" title="0 教師のためのマニュアル序文">0 教師のためのマニュアル序文</a><br /><br /><a href="http://gnothiseauton.blog.fc2.com/blog-entry-78.html" target="_blank" title="1 神の教師とは誰のことなのか?">1 神の教師とは誰のことなのか?</a><br /><br /><a href="http://gnothiseauton.blog.fc2.com/blog-entry-84.html" target="_blank" title="2 生徒とは誰か">2 生徒とは誰か</a><br /><br /><a href="http://gnothiseauton.blog.fc2.com/blog-entry-86.html" target="_blank" title="3 教えることの段階とは?">3 教えることの段階とは?</a><br /><br /><a href="http://gnothiseauton.blog.fc2.com/blog-entry-117.html" target="_blank" title="4-1 神の教師の特性1(信頼)">4-1 神の教師の特性1(信頼)</a><br /><br /><a href="http://gnothiseauton.blog.fc2.com/blog-entry-118.html" target="_blank" title="4-2 神の教師の特性2(正直さ)">4-2 神の教師の特性2(正直さ)</a><br /><br /><a href="http://gnothiseauton.blog.fc2.com/blog-entry-120.html" target="_blank" title="4-3 神の教師の特性3(寛容)">4-3 神の教師の特性3(寛容)</a><br /><br /><a href="http://gnothiseauton.blog.fc2.com/blog-entry-121.html" target="_blank" title="4-4 神の教師の特性4(優しさ)">4-4 神の教師の特性4(優しさ)</a><br /><br /><a href="http://gnothiseauton.blog.fc2.com/blog-entry-122.html" target="_blank" title="4-5 神の教師の特性5(喜び)">4-5 神の教師の特性5(喜び)</a><br /><br /><a href="http://gnothiseauton.blog.fc2.com/blog-entry-123.html" target="_blank" title="4-6 神の教師の特性6(無防備)">4-6 神の教師の特性6(無防備)</a><br /><br /><a href="http://gnothiseauton.blog.fc2.com/blog-entry-124.html" target="_blank" title="4-7 神の教師の特性7(寛大さ)">4-7 神の教師の特性7(寛大さ)</a><br /><br /><a href="http://gnothiseauton.blog.fc2.com/blog-entry-130.html" target="_blank" title="4-8 神の教師の特性8(我慢強さ)">4-8 神の教師の特性8(我慢強さ)</a><br /><br /><a href="http://gnothiseauton.blog.fc2.com/blog-entry-131.html" target="_blank" title="4-9 神の教師の特性9(誠実さ)">4-9 神の教師の特性9(誠実さ)</a><br /><br /><a href="http://gnothiseauton.blog.fc2.com/blog-entry-138.html" target="_blank" title="4-10 神の教師の特性10(開かれた心)">4-10 神の教師の特性10(開かれた心)</a><br /><br /><a href="http://gnothiseauton.blog.fc2.com/blog-entry-67.html" target="_blank" title="5 「癒し」の仕組みとは?">5 「癒し」の仕組みとは?</a><br /><br /><a href="http://gnothiseauton.blog.fc2.com/blog-entry-70.html" target="_blank" title="6 癒しが起こらない!どうして?">6 癒しが起こらない!どうして?</a><br /><br /><a href="http://gnothiseauton.blog.fc2.com/blog-entry-71.html" target="_blank" title="7 本当に癒しが起こるのか不安で仕方がない!">7 本当に癒しが起こるのか不安で仕方がない!</a><br /><br /><a href="http://gnothiseauton.blog.fc2.com/blog-entry-30.html" target="_blank" title="8 簡単な奇跡と難しい奇跡ってあるの?">8 簡単な奇跡と難しい奇跡ってあるの?</a><br /><br /><a href="http://gnothiseauton.blog.fc2.com/blog-entry-140.html" target="_blank" title="9 生活環境の変化は必要か">9 生活環境の変化は必要か</a><br /><br /><a href="http://gnothiseauton.blog.fc2.com/blog-entry-58.html" target="_blank" title="10 価値判断の重圧から解放されるには?">10 価値判断の重圧から解放されるには?</a><br /><br /><br /><a href="http://gnothiseauton.blog.fc2.com/img/Fotolia_52538373_XS.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-59.fc2.com/g/n/o/gnothiseauton/Fotolia_52538373_XS.jpg" alt="" border="0" width="387" height="310" /></a><br /><br /><br /><a href="http://gnothiseauton.blog.fc2.com/blog-entry-156.html" target="_blank" title="111 世界平和は実現できる?">11 世界平和は実現できる?</a><br /><br /><a href="http://gnothiseauton.blog.fc2.com/blog-entry-29.html" target="_blank" title="12 キリストの言葉(世界を救うために必要な教師の数)">12 キリストの言葉(世界を救うために必要な教師の数)</a><br /><br /><a href="http://gnothiseauton.blog.fc2.com/blog-entry-148.html" target="_blank" title="13 真の犠牲の意味とは?">13 真の犠牲の意味とは?</a><br /><br /><a href="http://gnothiseauton.blog.fc2.com/blog-entry-32.html" target="_blank" title="14 世界の終焉">14 世界の終焉</a><br /><br /><a href="http://gnothiseauton.blog.fc2.com/blog-entry-47.html" target="_blank" title="15 「最後の審判」って恐ろしいものなの?">15 「最後の審判」って恐ろしいものなの?</a><br /><br /><a href="http://gnothiseauton.blog.fc2.com/blog-entry-153.html" target="_blank" title="16 一日の過ごし方">16 一日の過ごし方</a><br /><br /><a href="http://gnothiseauton.blog.fc2.com/blog-entry-39.html" target="_blank" title="魔術にはどう対処すべきか">17 魔術にはどう対処すべきか</a><br /><br /><a href="http://gnothiseauton.blog.fc2.com/blog-entry-50.html" target="_blank" title="18 修正はどのようになされるか">18 修正はどのようになされるか</a><br /><br /><a href="http://gnothiseauton.blog.fc2.com/blog-entry-34.html" target="_blank" title="19 正義とは何か">19 正義とは何か</a><br /><br /><a href="http://gnothiseauton.blog.fc2.com/blog-entry-44.html" target="_blank" title="20 平安をどのように見出し、そして、保つことができるのか">20 平安をどのように見出し、そして、保つことができるのか</a><br /><br /><a href="http://gnothiseauton.blog.fc2.com/blog-entry-76.html" target="_blank" title="21 癒しにおける言葉の意味とは?">21 癒しにおける言葉の意味とは?</a><br /><br /><a href="http://gnothiseauton.blog.fc2.com/blog-entry-81.html" target="_blank" title="22 癒しと贖罪は別のもの?">22 癒しと贖罪は別のもの?</a><br /><br /><a href="http://gnothiseauton.blog.fc2.com/blog-entry-101.html" target="_blank" title="23 イエス・キリストの名前">23 イエス・キリストの名前</a><br /><br /><a href="http://gnothiseauton.blog.fc2.com/blog-entry-26.html" target="_blank" title="24 輪廻転生はあるか?">24 輪廻転生はあるか?</a><br /><br /><a href="http://gnothiseauton.blog.fc2.com/blog-entry-27.html" target="_blank" title="25 超能力は望ましいもの?">25 超能力は望ましいもの?</a><br /><br /><a href="http://gnothiseauton.blog.fc2.com/blog-entry-89.html" target="_blank" title="26 直接、神に到達することはできるのか?">26 直接、神に到達することはできるのか?</a><br /><br /><a href="http://gnothiseauton.blog.fc2.com/blog-entry-42.html" target="_blank" title="27 死とは何か(神は、愛の神なのか死神なのか)">27 死とは何か(神は、愛の神なのか死神なのか)</a><br /><br /><a href="http://gnothiseauton.blog.fc2.com/blog-entry-91.html" target="_blank" title="28 復活とは何か">28 復活とは何か</a><br /><br /><a href="http://gnothiseauton.blog.fc2.com/blog-entry-155.html" target="_blank" title="29 聖霊に任せきる">29 聖霊に任せきる</a><br /><br /><br /><br /><a href="http://blogranking.fc2.com/in.php?id=803484" target="_blank"><img src="http://blogranking.fc2.com/ranking_banner/a_02.gif" style="border:0px;">いつも読んでいただき、ありがとうございます!</a><br /><br /><a href="http://philosophy.blogmura.com/acim/"><img src="http://philosophy.blogmura.com/acim/img/acim88_31.gif" width="88" height="31" border="0" alt="にほんブログ村 哲学・思想ブログ ACIMへ" /></a><br /><a href="http://philosophy.blogmura.com/acim/">ポチリよろしく!</a><br /><br /><a href="http://blog.with2.net/link.php?1511580" title="人気ブログランキングへ"><img src="http://image.with2.net/img/banner/banner_22.gif" width="88" height="31" border="0" /></a><br /><a href="http://blog.with2.net/link.php?1511580" style="font-size:12px;">ポチッとお願いします!</a><br /><br /><a href=" http://airw.net/newage/rank.cgi?id=gnothi" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-59.fc2.com/g/n/o/gnothiseauton/20130808153430ee3.gif" alt="2air_rank" border="0" width="100" height="40" />クリックお願いします</a><br /><br /><br /><!-- X:S ZenBackWidget --><script type="text/javascript">document.write(unescape("%3Cscript")+" src='http://widget.zenback.jp/?base_uri=http%3A//gnothiseauton.blog.fc2.com&nsid=113440572450064480%3A%3A113440640095770003&rand="+Math.ceil((new Date()*1)*Math.random())+"' type='text/javascript'"+unescape("%3E%3C/script%3E"));</script><!-- X:E ZenBackWidget --><br />
    175

    奇跡のコース ワークブック レッスン1~50目次

    【奇跡のコース(奇跡講座)ワークブックのレッスンの原文と翻訳】奇跡のコース全体の翻訳の紹介を完了しましたが、ブログ形式でできあがったため、テキストやワークブック、マニュアルが入り交じっているので、目次を活用してもらえると思います。ワークブックのレッスンに取り組む際に検索するための目次です。■ワークブックのための序文■1~10■レッスン1「私の目にするものは全て、何も意味しない」レッスン2「自分の見て... 【奇跡のコース(奇跡講座)ワークブックのレッスンの原文と翻訳】奇跡のコース全体の翻訳の紹介を完了しましたが、ブログ形式でできあがったため、テキストやワークブック、マニュアルが入り交じっているので、目次を活用してもらえると思います。<br /><br />ワークブックのレッスンに取り組む際に検索するための目次です。<br /><br /><iframe width="560" height="315" src="https://www.youtube.com/embed/8juh1MyYzUM" frameborder="0" allowfullscreen></iframe><br /><br /><a href="http://thereisnospoon.jp/blog-entry-333.html" target="_blank" title="■ワークブックのための序文">■ワークブックのための序文</a><br /><br /><iframe width="560" height="315" src="https://www.youtube.com/embed/YZtSFi1eqTE?list=PLIl5bJE_nmerFX6F-PmCoVURye9j4Y0gY" frameborder="0" allowfullscreen></iframe><br /><br /><iframe width="420" height="315" src="https://www.youtube.com/embed/dQFiAKPcIHY" frameborder="0" allowfullscreen></iframe><br /><br /><br />■1~10■<br /><br /><a href="http://thereisnospoon.jp/blog-entry-40.html" target="_blank" title="レッスン1「私の目にするものは全て、何も意味しない」">レッスン1「私の目にするものは全て、何も意味しない」</a><br /><br /><a href="http://gnothiseauton.blog.fc2.com/blog-entry-41.html" target="_blank" title="レッスン2「自分の見ている全ての物が自分にとって持っている意味は全て私が与えたものだ」">レッスン2「自分の見ている全ての物が自分にとって持っている意味は全て私が与えたものだ」</a><br /><br /><a href="http://gnothiseauton.blog.fc2.com/blog-entry-43.html" target="_blank" title="レッスン3「私は自分の見るどんなもののことも理解していない」">レッスン3「私は自分の見るどんなもののことも理解していない」</a><br /><br /><iframe width="560" height="315" src="https://www.youtube.com/embed/nH2BL_Sgvj8?list=PLIl5bJE_nmerFX6F-PmCoVURye9j4Y0gY" frameborder="0" allowfullscreen></iframe><br /><br /><a href="http://gnothiseauton.blog.fc2.com/blog-entry-46.html" target="_blank" title="レッスン4「これらの思いには何の意味もない」">レッスン4「これらの思いには何の意味もない」</a><br /><br /><a href="http://gnothiseauton.blog.fc2.com/blog-entry-48.html" target="_blank" title="レッスン5「私は、決して自分で思っているような理由で心をかき乱されているのではない」">レッスン5「私は、決して自分で思っているような理由で心をかき乱されているのではない」</a><br /><br /><a href="http://gnothiseauton.blog.fc2.com/blog-entry-49.html" target="_blank" title="レッスン6「私の心が乱れているのは、そこにありもしないものを見ているせいだ」">レッスン6「私の心が乱れているのは、そこにありもしないものを見ているせいだ」</a><br /><br /><a href="http://gnothiseauton.blog.fc2.com/blog-entry-51.html" target="_blank" title="レッスン7「私はただ過去だけを見ている」">レッスン7「私はただ過去だけを見ている」</a><br /><br /><iframe width="560" height="315" src="https://www.youtube.com/embed/kDa-cBqRnGQ?list=PLIl5bJE_nmerFX6F-PmCoVURye9j4Y0gY" frameborder="0" allowfullscreen></iframe><br /><br /><a href="http://gnothiseauton.blog.fc2.com/blog-entry-53.html" target="_blank" title="レッスン8「私の心は、過去の思いによって占領されている」">レッスン8「私の心は、過去の思いによって占領されている」</a><br /><br /><a href="http://gnothiseauton.blog.fc2.com/blog-entry-55.html" target="_blank" title=" レッスン9「私は何もそれが今あるままに見ていない」"> レッスン9「私は何もそれが今あるままに見ていない」</a><br /><br /><a href="http://gnothiseauton.blog.fc2.com/blog-entry-59.html" target="_blank" title=" レッスン10「私の思いは、何も意味しない。"> レッスン10「私の思いは、何も意味しない。</a><br /><br /><br />■11~20■<br /><br /><a href="http://gnothiseauton.blog.fc2.com/blog-entry-60.html" target="_blank" title="レッスン11「私の意味のない思いが、私に意味のない世界を見せている」">レッスン11「私の意味のない思いが、私に意味のない世界を見せている」</a><br /><br /><a href="http://gnothiseauton.blog.fc2.com/blog-entry-62.html" target="_blank" title="レッスン12「私は自分が意味のない世界を見ているせいで、心乱されている」">レッスン12「私は自分が意味のない世界を見ているせいで、心乱されている」</a><br /><br /><a href="http://gnothiseauton.blog.fc2.com/blog-entry-66.html" target="_blank" title=" レッスン13「意味のない世界が恐れを生み出している」"> レッスン13「意味のない世界が恐れを生み出している」</a><br /><br /><a href="http://gnothiseauton.blog.fc2.com/blog-entry-68.html" target="_blank" title="レッスン14「神は、無意味な世界など創造しなかった」">レッスン14「神は、無意味な世界など創造しなかった」</a><br /><br /><iframe width="560" height="315" src="https://www.youtube.com/embed/vGgln7jJ_g0?list=PLIl5bJE_nmerFX6F-PmCoVURye9j4Y0gY" frameborder="0" allowfullscreen></iframe><br /><br /><a href="http://gnothiseauton.blog.fc2.com/blog-entry-69.html" target="_blank" title="レッスン15「私が思うことは、私の作り出した想像だ」">レッスン15「私が思うことは、私の作り出した想像だ」</a><br /><br /><a href="http://gnothiseauton.blog.fc2.com/blog-entry-72.html" target="_blank" title="レッスン16「私には中立な思いは何一つない」">レッスン16「私には中立な思いは何一つない」</a><br /><br /><a href="http://gnothiseauton.blog.fc2.com/blog-entry-73.html" target="_blank" title="レッスン17「私は、何一つ中立なものを見ていない」">レッスン17「私は、何一つ中立なものを見ていない」</a><br /><br /><a href="http://gnothiseauton.blog.fc2.com/blog-entry-75.html" target="_blank" title="レッスン18「私が見ることの影響を体験するのは私だけではない」">レッスン18「私が見ることの影響を体験するのは私だけではない」</a><br /><br /><a href="http://gnothiseauton.blog.fc2.com/blog-entry-77.html" target="_blank" title="レッスン19「私の思うことの影響を体験するのは、私だけではない」">レッスン19「私の思うことの影響を体験するのは、私だけではない」</a><br /><br /><a href="http://gnothiseauton.blog.fc2.com/blog-entry-79.html" target="_blank" title="レッスン20「私は見ることに決める」">レッスン20「私は見ることに決める」</a><br /><br /><a href="http://gnothiseauton.blog.fc2.com/img/Fotolia_29022571_XS.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-59.fc2.com/g/n/o/gnothiseauton/Fotolia_29022571_XS.jpg" alt="" border="0" width="392" height="306" /></a><br /><br /><br /><br />■21~30■<br /><br /><a href="http://gnothiseauton.blog.fc2.com/blog-entry-82.html" target="_blank" title="レッスン21「私は、物事を違ったように見ることに決める」">レッスン21「私は、物事を違ったように見ることに決める」</a><br /><br /><iframe width="560" height="315" src="https://www.youtube.com/embed/g7HCFxlAOHE?list=PLIl5bJE_nmerFX6F-PmCoVURye9j4Y0gY" frameborder="0" allowfullscreen></iframe><br /><br /><a href="http://gnothiseauton.blog.fc2.com/blog-entry-83.html" target="_blank" title=" レッスン22「私が見ているのは、復讐の一つの形だ」"> レッスン22「私が見ているのは、復讐の一つの形だ」</a><br /><br /><a href="http://gnothiseauton.blog.fc2.com/blog-entry-85.html" target="_blank" title=" レッスン23「攻撃的な思いを放棄することによって、私は自分の見ている世界から逃れることができる」"> レッスン23「攻撃的な思いを放棄することによって、私は自分の見ている世界から逃れることができる」</a><br /><br /><a href="http://gnothiseauton.blog.fc2.com/blog-entry-87.html" target="_blank" title="レッスン24「私は、自分の最善の利益を知覚していない」">レッスン24「私は、自分の最善の利益を知覚していない」</a><br /><br /><a href="http://gnothiseauton.blog.fc2.com/blog-entry-88.html" target="_blank" title="レッスン25「私は、何であれ物事が何のためにあるのか分かっていない」">レッスン25「私は、何であれ物事が何のためにあるのか分かっていない」</a><br /><br /><a href="http://gnothiseauton.blog.fc2.com/blog-entry-93.html" target="_blank" title="レッスン26「私の攻撃的な思いが、私の傷つきようのない性質を攻撃している」">レッスン26「私の攻撃的な思いが、私の傷つきようのない性質を攻撃している」</a><br /><br /><a href="http://gnothiseauton.blog.fc2.com/blog-entry-94.html" target="_blank" title="レッスン27「何をおいても、私は見たいと望んでいる」">レッスン27「何をおいても、私は見たいと望んでいる」</a><br /><br /><a href="http://gnothiseauton.blog.fc2.com/blog-entry-96.html" target="_blank" title="レッスン28「何にもまして私は物事を違ったように見たいと望む」">レッスン28「何にもまして私は物事を違ったように見たいと望む」</a><br /><br /><iframe width="560" height="315" src="https://www.youtube.com/embed/SQPtlXRkgmg?list=PLIl5bJE_nmerFX6F-PmCoVURye9j4Y0gY" frameborder="0" allowfullscreen></iframe><br /><br /><a href="http://gnothiseauton.blog.fc2.com/blog-entry-98.html" target="_blank" title=" レッスン29「神は、私の見るあらゆるものの中にいる」"> レッスン29「神は、私の見るあらゆるものの中にいる」</a><br /><br /><a href="http://gnothiseauton.blog.fc2.com/blog-entry-100.html" target="_blank" title="レッスン30「神は、私の見る全てのものの中にいる。なぜなら、神は私の心の中にいるからだ」">レッスン30「神は、私の見る全てのものの中にいる。なぜなら、神は私の心の中にいるからだ」</a><br /><br /><br />■31~40■<br /><br /><a href="http://gnothiseauton.blog.fc2.com/blog-entry-102.html" target="_blank" title="レッスン31「私は、自分の見ている世界の被害者ではない」">レッスン31「私は、自分の見ている世界の被害者ではない」</a><br /><br /><a href="http://gnothiseauton.blog.fc2.com/blog-entry-103.html" target="_blank" title="レッスン32「私は自分の見ている世界をでっち上げた」">レッスン32「私は自分の見ている世界をでっち上げた」</a><br /><br /><a href="http://gnothiseauton.blog.fc2.com/blog-entry-104.html" target="_blank" title="レッスン33「この世界を見る別の見方がある」">レッスン33「この世界を見る別の見方がある」</a><br /><br /><a href="http://gnothiseauton.blog.fc2.com/blog-entry-106.html" target="_blank" title="レッスン34「私は、これを見る代わりに、平安を見ることができる」">レッスン34「私は、これを見る代わりに、平安を見ることができる」</a><br /><br /><a href="http://gnothiseauton.blog.fc2.com/blog-entry-107.html" target="_blank" title="レッスン35「私の心は神の心の一部だ。私はとても神聖だ」">レッスン35「私の心は神の心の一部だ。私はとても神聖だ」</a><br /><br /><iframe width="560" height="315" src="https://www.youtube.com/embed/C8_lwVc6yPg?list=PLIl5bJE_nmerFX6F-PmCoVURye9j4Y0gY" frameborder="0" allowfullscreen></iframe><br /><br /><a href="http://gnothiseauton.blog.fc2.com/blog-entry-109.html" target="_blank" title="レッスン36「私の神聖さは、私の見る全てのものを包み込んでいる」">レッスン36「私の神聖さは、私の見る全てのものを包み込んでいる」</a><br /><br /><a href="http://gnothiseauton.blog.fc2.com/blog-entry-110.html" target="_blank" title="レッスン37「私の神聖さが世界を祝福する」">レッスン37「私の神聖さが世界を祝福する」</a><br /><br /><a href="http://gnothiseauton.blog.fc2.com/blog-entry-112.html" target="_blank" title="レッスン38「私の神聖さにできないことなど何もない」">レッスン38「私の神聖さにできないことなど何もない」</a><br /><br /><a href="http://gnothiseauton.blog.fc2.com/blog-entry-114.html" target="_blank" title="レッスン39「私の神聖さは、私の救済だ」">レッスン39「私の神聖さは、私の救済だ」</a><br /><br /><a href="http://gnothiseauton.blog.fc2.com/blog-entry-116.html" target="_blank" title="レッスン40「私は神の子として祝福されている」">レッスン40「私は神の子として祝福されている」</a><br /><br /><br />■41~50■<br /><br /><a href="http://gnothiseauton.blog.fc2.com/blog-entry-119.html" target="_blank" title="レッスン41「私がどこへ行こうとも、神が私と一緒に行ってくれる」">レッスン41「私がどこへ行こうとも、神が私と一緒に行ってくれる」</a><br /><br /><a href="http://gnothiseauton.blog.fc2.com/blog-entry-125.html" target="_blank" title="レッスン42「神は私の力だ。ヴィジョンは神の贈り物だ」">レッスン42「神は私の力だ。ヴィジョンは神の贈り物だ」</a><br /><br /><iframe width="560" height="315" src="https://www.youtube.com/embed/1dtkQQFbU5E?list=PLIl5bJE_nmerFX6F-PmCoVURye9j4Y0gY" frameborder="0" allowfullscreen></iframe><br /><br /><a href="http://gnothiseauton.blog.fc2.com/blog-entry-126.html" target="_blank" title="レッスン43「神は私の源だ。私は神から離れて見ることはできない。」">レッスン43「神は私の源だ。私は神から離れて見ることはできない。」</a><br /><br /><a href="http://gnothiseauton.blog.fc2.com/blog-entry-127.html" target="_blank" title="レッスン44「神は光であり、その光の中で私は見る。」">レッスン44「神は光であり、その光の中で私は見る。」</a><br /><br /><a href="http://gnothiseauton.blog.fc2.com/blog-entry-128.html" target="_blank" title="レッスン45「神は心だ。神の心とともに私は考える。」">レッスン45「神は心だ。神の心とともに私は考える。」</a><br /><br /><a href="http://gnothiseauton.blog.fc2.com/blog-entry-129.html" target="_blank" title="レッスン46「神は愛だ。神の愛の中で私は赦す。」">レッスン46「神は愛だ。神の愛の中で私は赦す。」</a><br /><br /><a href="http://gnothiseauton.blog.fc2.com/blog-entry-132.html" target="_blank" title="レッスン47「神は力強い。神の力強さを私は信頼する」">レッスン47「神は力強い。神の力強さを私は信頼する」</a><br /><br /><a href="http://gnothiseauton.blog.fc2.com/blog-entry-133.html" target="_blank" title="レッスン48「恐れることなど何もない」">レッスン48「恐れることなど何もない」</a><br /><br /><a href="http://gnothiseauton.blog.fc2.com/blog-entry-137.html" target="_blank" title="レッスン49「一日を通して、神の声が私に語りかける。」">レッスン49「一日を通して、神の声が私に語りかける。」</a><br /><br /><a href="http://gnothiseauton.blog.fc2.com/blog-entry-139.html" target="_blank" title="レッスン50「私は神の愛に支えられている」">レッスン50「私は神の愛に支えられている」</a>
    238

    奇跡のコース ワークブック レッスン51〜100目次

    ワークブックの目次、レッスン51から100までです。■51~60■レッスン51(レヴュー:レッスン1~5)レッスン52(レビュー:レッスン6~10)レッスン53(レヴュー:レッスン11~15)レッスン54(レヴュー:レッスン16~20)レッスン55(レヴュー:レッスン21~25)レッスン56(レヴュー:レッスン26~30)レッスン57(レヴュー:レッスン31~35)レッスン58(レビュー:レッスン3... ワークブックの目次、レッスン51から100までです。<br /><br />■51~60■<br /><br /><iframe width="560" height="315" src="https://www.youtube.com/embed/ltTb3SVGkno?list=PLIl5bJE_nmerFX6F-PmCoVURye9j4Y0gY" frameborder="0" allowfullscreen></iframe><br /><br /><iframe width="560" height="315" src="https://www.youtube.com/embed/bgbeSDhE8sk?list=PLIl5bJE_nmerFX6F-PmCoVURye9j4Y0gY" frameborder="0" allowfullscreen></iframe><br /><br /><a href="http://gnothiseauton.blog.fc2.com/blog-entry-143.html" target="_blank" title="レッスン51(レヴュー:レッスン1~5)">レッスン51(レヴュー:レッスン1~5)</a><br /><br /><iframe width="560" height="315" src="https://www.youtube.com/embed/aUoRPmXpfwk?list=PLIl5bJE_nmerFX6F-PmCoVURye9j4Y0gY" frameborder="0" allowfullscreen></iframe><br /><br /><a href="http://gnothiseauton.blog.fc2.com/blog-entry-142.html" target="_blank" title="レッスン52(レビュー:レッスン6~10)">レッスン52(レビュー:レッスン6~10)</a><br /><br /><iframe width="560" height="315" src="https://www.youtube.com/embed/FtsccmSGFg4?list=PLIl5bJE_nmerFX6F-PmCoVURye9j4Y0gY" frameborder="0" allowfullscreen></iframe><br /><br /><a href="http://gnothiseauton.blog.fc2.com/blog-entry-144.html" target="_blank" title="レッスン53(レヴュー:レッスン11~15)">レッスン53(レヴュー:レッスン11~15)</a><br /><br /><iframe width="560" height="315" src="https://www.youtube.com/embed/LrW5cLu8FGQ?list=PLIl5bJE_nmerFX6F-PmCoVURye9j4Y0gY" frameborder="0" allowfullscreen></iframe><br /><br /><a href="http://gnothiseauton.blog.fc2.com/blog-entry-147.html" target="_blank" title="レッスン54(レヴュー:レッスン16~20)">レッスン54(レヴュー:レッスン16~20)</a><br /><br /><iframe width="560" height="315" src="https://www.youtube.com/embed/GXxhfiPZX6A?list=PLIl5bJE_nmerFX6F-PmCoVURye9j4Y0gY" frameborder="0" allowfullscreen></iframe><br /><br /><a href="http://gnothiseauton.blog.fc2.com/blog-entry-149.html" target="_blank" title="レッスン55(レヴュー:レッスン21~25)">レッスン55(レヴュー:レッスン21~25)</a><br /><br /><iframe width="560" height="315" src="https://www.youtube.com/embed/EdA8CB3cYi4?list=PLIl5bJE_nmerFX6F-PmCoVURye9j4Y0gY" frameborder="0" allowfullscreen></iframe><br /><br /><a href="http://gnothiseauton.blog.fc2.com/blog-entry-152.html" target="_blank" title="レッスン56(レヴュー:レッスン26~30)">レッスン56(レヴュー:レッスン26~30)</a><br /><br /><iframe width="560" height="315" src="https://www.youtube.com/embed/9tQslQp5uO4?list=PLIl5bJE_nmerFX6F-PmCoVURye9j4Y0gY" frameborder="0" allowfullscreen></iframe><br /><br /><a href="http://gnothiseauton.blog.fc2.com/blog-entry-154.html" target="_blank" title="レッスン57(レヴュー:レッスン31~35)">レッスン57(レヴュー:レッスン31~35)</a><br /><br /><iframe width="560" height="315" src="https://www.youtube.com/embed/86OtUcRTjZQ?list=PLIl5bJE_nmerFX6F-PmCoVURye9j4Y0gY" frameborder="0" allowfullscreen></iframe><br /><br /><a href="http://gnothiseauton.blog.fc2.com/blog-entry-157.html" target="_blank" title="レッスン58(レビュー:レッスン36〜40)">レッスン58(レビュー:レッスン36〜40)</a><br /><br /><iframe width="560" height="315" src="https://www.youtube.com/embed/5do88Y4cP8k?list=PLIl5bJE_nmerFX6F-PmCoVURye9j4Y0gY" frameborder="0" allowfullscreen></iframe><br /><br /><a href="http://gnothiseauton.blog.fc2.com/blog-entry-160.html" target="_blank" title="レッスン59(レヴュー:レッスン41~45)">レッスン59(レヴュー:レッスン41~45)</a><br /><br /><iframe width="560" height="315" src="https://www.youtube.com/embed/4gusHaBHa6M?list=PLIl5bJE_nmerFX6F-PmCoVURye9j4Y0gY" frameborder="0" allowfullscreen></iframe><br /><br /><a href="http://gnothiseauton.blog.fc2.com/blog-entry-163.html" target="_blank" title="レッスン60(レヴュー:レッスン46~50)">レッスン60(レヴュー:レッスン46~50)</a><br /><br /><br />■61~70■<br /><br /><a href="http://gnothiseauton.blog.fc2.com/blog-entry-164.html" target="_blank" title="レッスン61「私は世界の光だ」">レッスン61「私は世界の光だ」</a><br /><br /><a href="http://gnothiseauton.blog.fc2.com/blog-entry-165.html" target="_blank" title="レッスン62「赦すことが、世界の光としての私の役目だ」">レッスン62「赦すことが、世界の光としての私の役目だ」</a><br /><br /><a href="http://gnothiseauton.blog.fc2.com/blog-entry-167.html" target="_blank" title="レッスン63「私の赦しを通じて、世界の光が一つひとつの心に平安をもたらす」">レッスン63「私の赦しを通じて、世界の光が一つひとつの心に平安をもたらす」</a><br /><br /><a href="http://gnothiseauton.blog.fc2.com/blog-entry-169.html" target="_blank" title="レッスン64「自分の役目を忘れないでいたい」">レッスン64「自分の役目を忘れないでいたい」</a><br /><br /><a href="http://gnothiseauton.blog.fc2.com/blog-entry-170.html" target="_blank" title="レッスン65「私の唯一の役目は、神が私に与えたものだ」">レッスン65「私の唯一の役目は、神が私に与えたものだ」</a><br /><br /><a href="http://gnothiseauton.blog.fc2.com/blog-entry-171.html" target="_blank" title="レッスン66「私の幸せと私の役目は一つのものだ」">レッスン66「私の幸せと私の役目は一つのものだ」</a><br /><br /><a href="http://gnothiseauton.blog.fc2.com/blog-entry-173.html" target="_blank" title="レッスン67「愛は自らと同じように私を創造した」">レッスン67「愛は自らと同じように私を創造した」</a><br /><br /><a href="http://gnothiseauton.blog.fc2.com/blog-entry-174.html" target="_blank" title="レッスン68「愛は一切の不平不満を抱かない」">レッスン68「愛は一切の不平不満を抱かない」</a><br /><br /><a href="http://gnothiseauton.blog.fc2.com/blog-entry-176.html" target="_blank" title="レッスン69「私の不平不満が自分の中にある世界の光を隠してしまう。」">レッスン69「私の不平不満が自分の中にある世界の光を隠してしまう。」</a><br /><br /><a href="http://gnothiseauton.blog.fc2.com/blog-entry-178.html" target="_blank" title="レッスン70「私の救済は私から起こる。」">レッスン70「私の救済は私から起こる。」</a><br /><br /><a href="http://gnothiseauton.blog.fc2.com/img/Fotolia_24299253_XS.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-59.fc2.com/g/n/o/gnothiseauton/Fotolia_24299253_XS.jpg" alt="" border="0" width="323" height="371" /></a><br /><br /><br />■71~80■<br /><br /><a href="http://gnothiseauton.blog.fc2.com/blog-entry-180.html" target="_blank" title="レッスン71「ただ神の救済の計画だけがうまくいく。」">レッスン71「ただ神の救済の計画だけがうまくいく。」</a><br /><br /><a href="http://gnothiseauton.blog.fc2.com/blog-entry-182.html" target="_blank" title="レッスン72「不平不満を抱くことは、救済のための神の計画に対する攻撃だ。」">レッスン72「不平不満を抱くことは、救済のための神の計画に対する攻撃だ。」</a><br /><br /><a href="http://gnothiseauton.blog.fc2.com/blog-entry-183.html" target="_blank" title="レッスン73「私は光があるようにと意図する。」">レッスン73「私は光があるようにと意図する。」</a><br /><br /><a href="http://gnothiseauton.blog.fc2.com/blog-entry-185.html" target="_blank" title="レッスン74「神の意志以外の意志などない。」">レッスン74「神の意志以外の意志などない。」</a><br /><br /><a href="http://gnothiseauton.blog.fc2.com/blog-entry-186.html" target="_blank" title="レッスン75「光がやって来た。」">レッスン75「光がやって来た。」</a><br /><br /><a href="http://gnothiseauton.blog.fc2.com/blog-entry-188.html" target="_blank" title="レッスン76「私は、ただ神の法則の下にある。」">レッスン76「私は、ただ神の法則の下にある。」</a><br /><br /><a href="http://gnothiseauton.blog.fc2.com/blog-entry-192.html" target="_blank" title="レッスン77「私は奇跡を受け取る資格がある。」">レッスン77「私は奇跡を受け取る資格がある。」</a><br /><br /><a href="http://gnothiseauton.blog.fc2.com/blog-entry-194.html" target="_blank" title="レッスン78「奇跡が全ての不平不満に取って代りますように。」">レッスン78「奇跡が全ての不平不満に取って代りますように。」</a><br /><br /><a href="http://gnothiseauton.blog.fc2.com/blog-entry-196.html" target="_blank" title="レッスン79「問題が解決できるように、私に問題に気づかせてください。」">レッスン79「問題が解決できるように、私に問題に気づかせてください。」</a><br /><br /><a href="http://gnothiseauton.blog.fc2.com/blog-entry-199.html" target="_blank" title="レッスン80「私の問題が既に解決されていることに自分で気づくことができますように。」">レッスン80「私の問題が既に解決されていることに自分で気づくことができますように。」</a><br /><br /><br />■81~90■<br /><br /><a href="http://gnothiseauton.blog.fc2.com/blog-entry-200.html" target="_blank" title="ワークブック セカンド・レヴュー 序文">ワークブック セカンド・レヴュー 序文</a><br /><br /><a href="http://gnothiseauton.blog.fc2.com/blog-entry-202.html" target="_blank" title="レッスン81「レッスン61と62の復習」">レッスン81「レッスン61と62の復習」</a><br /><br /><a href="http://gnothiseauton.blog.fc2.com/blog-entry-204.html" target="_blank" title="レッスン82「レッスン63と64の復習」">レッスン82「レッスン63と64の復習」</a><br /><br /><a href="http://gnothiseauton.blog.fc2.com/blog-entry-206.html" target="_blank" title="レッスン83「レッスン65と66の復習」">レッスン83「レッスン65と66の復習」</a><br /><br /><a href="http://gnothiseauton.blog.fc2.com/blog-entry-209.html" target="_blank" title="レッスン84「レッスン67と68の復習」">レッスン84「レッスン67と68の復習」</a><br /><br /><a href="http://gnothiseauton.blog.fc2.com/blog-entry-210.html" target="_blank" title="レッスン85「レッスン69と70の復習」">レッスン85「レッスン69と70の復習」</a><br /><br /><a href="http://gnothiseauton.blog.fc2.com/blog-entry-212.html" target="_blank" title="レッスン86「レッスン71と72の復習」">レッスン86「レッスン71と72の復習」</a><br /><br /><a href="http://gnothiseauton.blog.fc2.com/blog-entry-214.html" target="_blank" title="レッスン87「レッスン73と74の復習」">レッスン87「レッスン73と74の復習」</a><br /><br /><a href="http://gnothiseauton.blog.fc2.com/blog-entry-216.html" target="_blank" title="レッスン88「レッスン75と76の復習」">レッスン88「レッスン75と76の復習」</a><br /><br /><a href="http://gnothiseauton.blog.fc2.com/blog-entry-218.html" target="_blank" title="レッスン89「レッスン77と78の復習」">レッスン89「レッスン77と78の復習」</a><br /><br /><a href="http://gnothiseauton.blog.fc2.com/blog-entry-220.html" target="_blank" title="レッスン90「レッスン79と80の復習」">レッスン90「レッスン79と80の復習」</a><br /><br /><br />■91~100■<br /><br /><a href="http://gnothiseauton.blog.fc2.com/blog-entry-222.html" target="_blank" title="レッスン91「奇跡は、光の中に見える」">レッスン91「奇跡は、光の中に見える」</a><br /><br /><a href="http://gnothiseauton.blog.fc2.com/blog-entry-224.html" target="_blank" title="レッスン92「奇跡は光の中に見える。そして、光と力強さは一つだ。」">レッスン92「奇跡は光の中に見える。そして、光と力強さは一つだ。」</a><br /><br /><a href="http://gnothiseauton.blog.fc2.com/blog-entry-226.html" target="_blank" title="レッスン93「光と喜びと平安が私の中にある」">レッスン93「光と喜びと平安が私の中にある」</a><br /><br /><a href="http://gnothiseauton.blog.fc2.com/blog-entry-228.html" target="_blank" title="レッスン94「私は神が創造したままの私だ」">レッスン94「私は神が創造したままの私だ」</a><br /><br /><a href="http://gnothiseauton.blog.fc2.com/blog-entry-230.html" target="_blank" title="レッスン95「私は、自分の創造主と結びついている一つの大いなる自己だ」">レッスン95「私は、自分の創造主と結びついている一つの大いなる自己だ」</a><br /><br /><a href="http://gnothiseauton.blog.fc2.com/blog-entry-232.html" target="_blank" title="レッスン96「救済は、私の一つの大いなる自己からやって来る」">レッスン96「救済は、私の一つの大いなる自己からやって来る」</a><br /><br /><a href="http://gnothiseauton.blog.fc2.com/blog-entry-233.html" target="_blank" title="レッスン97「私は霊だ」">レッスン97「私は霊だ」</a><br /><br /><a href="http://gnothiseauton.blog.fc2.com/blog-entry-235.html" target="_blank" title="レッスン98「私は神の救済のための計画における自分の役目を受け入れることにする」">レッスン98「私は神の救済のための計画における自分の役目を受け入れることにする」</a><br /><br /><a href="http://gnothiseauton.blog.fc2.com/blog-entry-236.html" target="_blank" title="レッスン99「救済は、この地上での私の唯一の役目だ」">レッスン99「救済は、この地上での私の唯一の役目だ」</a><br /><br /><a href="http://gnothiseauton.blog.fc2.com/blog-entry-240.html" target="_blank" title="レッスン100「神の救済のための計画にとって私の役目は不可欠だ」">レッスン100「神の救済のための計画にとって私の役目は不可欠だ」</a>
    351

    奇跡のコース ワークブック レッスン101〜150目次

    ワークブックの目次、レッスン101から150までです。■101~110■レッスン101「神が私のために意図するのは完全な幸せだ」レッスン102「私は、私の幸せを望む神の意志を分かち合っている」レッスン103「愛であるがゆえに、神はまた幸せでもある」レッスン104「私は、本当に自分に属するものだけを求める」レッスン105「神の平安と喜びは私のものだ」レッスン106「私がじっと静かにして、真理に耳を澄ま... ワークブックの目次、レッスン101から150までです。<br /><br />■101~110■<br /><br /><a href="http://gnothiseauton.blog.fc2.com/blog-entry-241.html" target="_blank" title="レッスン101「神が私のために意図するのは完全な幸せだ」">レッスン101「神が私のために意図するのは完全な幸せだ」</a><br /><br /><a href="http://gnothiseauton.blog.fc2.com/blog-entry-243.html" target="_blank" title="レッスン102「私は、私の幸せを望む神の意志を分かち合っている」">レッスン102「私は、私の幸せを望む神の意志を分かち合っている」</a><br /><br /><a href="http://gnothiseauton.blog.fc2.com/blog-entry-245.html" target="_blank" title="レッスン103「愛であるがゆえに、神はまた幸せでもある」">レッスン103「愛であるがゆえに、神はまた幸せでもある」</a><br /><br /><a href="http://gnothiseauton.blog.fc2.com/blog-entry-247.html" target="_blank" title="レッスン104「私は、本当に自分に属するものだけを求める」">レッスン104「私は、本当に自分に属するものだけを求める」</a><br /><br /><a href="http://thereisnospoon.jp/blog-entry-785.html" target="_blank" title="レッスン105「神の平安と喜びは私のものだ」">レッスン105「神の平安と喜びは私のものだ」</a><br /><br /><a href="http://gnothiseauton.blog.fc2.com/blog-entry-249.html" target="_blank" title="レッスン106「私がじっと静かにして、真理に耳を澄ませられますように」">レッスン106「私がじっと静かにして、真理に耳を澄ませられますように」</a><br /><br /><a href="http://thereisnospoon.jp/blog-entry-251.html" target="_blank" title="レッスン107「真理が私の心の中で誤りを修正してくれる」">レッスン107「真理が私の心の中で誤りを修正してくれる」</a><br /><br /><a href="http://gnothiseauton.blog.fc2.com/blog-entry-253.html" target="_blank" title="レッスン108「与えることと受け取ることは、本当は一つのことだ」">レッスン108「与えることと受け取ることは、本当は一つのことだ」</a><br /><br /><a href="http://gnothiseauton.blog.fc2.com/blog-entry-255.html" target="_blank" title="レッスン109「私は神の中で安らぐ」">レッスン109「私は神の中で安らぐ」</a><br /><br /><a href="http://gnothiseauton.blog.fc2.com/blog-entry-257.html" target="_blank" title="レッスン110「私は神が創造したままの私だ」">レッスン110「私は神が創造したままの私だ」</a><br /><br /><br />■111~120■<br /><br /><a href="http://gnothiseauton.blog.fc2.com/blog-entry-259.html" target="_blank" title="レッスン111(レッスン91と92の復習)">レッスン111(レッスン91と92の復習)</a><br /><br /><a href="http://gnothiseauton.blog.fc2.com/blog-entry-262.html" target="_blank" title="レッスン112(レッスン93と94の復習)">レッスン112(レッスン93と94の復習)</a><br /><br /><a href="http://gnothiseauton.blog.fc2.com/blog-entry-265.html" target="_blank" title="レッスン113(レッスン95と96の復習)">レッスン113(レッスン95と96の復習)</a><br /><br /><a href="http://gnothiseauton.blog.fc2.com/blog-entry-269.html" target="_blank" title="レッスン114(レッスン97と98の復習)">レッスン114(レッスン97と98の復習)</a><br /><br /><a href="http://gnothiseauton.blog.fc2.com/blog-entry-272.html" target="_blank" title="レッスン115(レッスン99と100の復習)">レッスン115(レッスン99と100の復習)</a><br /><br /><a href="http://gnothiseauton.blog.fc2.com/blog-entry-275.html" target="_blank" title="レッスン116(レッスン101と102の復習)">レッスン116(レッスン101と102の復習)</a><br /><br /><a href="http://gnothiseauton.blog.fc2.com/blog-entry-276.html" target="_blank" title="レッスン117(レッスン103と104の復習)">レッスン117(レッスン103と104の復習)</a><br /><br /><a href="http://gnothiseauton.blog.fc2.com/blog-entry-278.html" target="_blank" title="レッスン118(レッスン105と106の復習)">レッスン118(レッスン105と106の復習)</a><br /><br /><a href="http://gnothiseauton.blog.fc2.com/blog-entry-280.html" target="_blank" title="レッスン119(レッスン107と108の復習)">レッスン119(レッスン107と108の復習)</a><br /><br /><a href="http://gnothiseauton.blog.fc2.com/blog-entry-283.html" target="_blank" title="レッスン120(レッスン109と110の復習)">レッスン120(レッスン109と110の復習)</a><br /><br /><a href="http://gnothiseauton.blog.fc2.com/img/Fotolia_46734186_XS.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-60.fc2.com/g/n/o/gnothiseauton/Fotolia_46734186_XS.jpg" alt="" border="0" width="417" height="288" /></a><br /><br /><br />■121~130■<br /><br /><br /><a href="http://gnothiseauton.blog.fc2.com/blog-entry-286.html" target="_blank" title="レッスン121「赦しは、幸せの鍵だ」">レッスン121「赦しは、幸せの鍵だ」</a><br /><br /><a href="http://gnothiseauton.blog.fc2.com/blog-entry-288.html" target="_blank" title="レッスン122「赦しは、私の欲する全てを差し延べてくれる。」">レッスン122「赦しは、私の欲する全てを差し延べてくれる。」</a><br /><br /><a href="http://gnothiseauton.blog.fc2.com/blog-entry-290.html" target="_blank" title="レッスン123「私は、父が私に与えてくれた贈り物に感謝する。」">レッスン123「私は、父が私に与えてくれた贈り物に感謝する。」</a><br /><br /><a href="http://gnothiseauton.blog.fc2.com/blog-entry-291.html" target="_blank" title="レッスン124「私が神とひとつであることを思い出せますように。」">レッスン124「私が神とひとつであることを思い出せますように。」</a><br /><br /><a href="http://gnothiseauton.blog.fc2.com/blog-entry-291.html" target="_blank" title="レッスン125「静寂の中で、私は、今日、神の言葉を受け取る。」">レッスン125「静寂の中で、私は、今日、神の言葉を受け取る。」</a><br /><br /><a href="http://gnothiseauton.blog.fc2.com/blog-entry-295.html" target="_blank" title="レッスン126「私の与えるものは全て、自分自身に与えられる。」">レッスン126「私の与えるものは全て、自分自身に与えられる。」</a><br /><br /><a href="http://gnothiseauton.blog.fc2.com/blog-entry-296.html" target="_blank" title="レッスン127「神の愛だけが存在する。」">レッスン127「神の愛だけが存在する。」</a><br /><br /><a href="http://gnothiseauton.blog.fc2.com/blog-entry-298.html" target="_blank" title="レッスン128「私の見るこの世界には、私の望むものは何もない。」">レッスン128「私の見るこの世界には、私の望むものは何もない。」</a><br /><br /><a href="http://gnothiseauton.blog.fc2.com/blog-entry-300.html" target="_blank" title="レッスン129「この世界を越えた向こう側に、私の望む世界がある。」">レッスン129「この世界を越えた向こう側に、私の望む世界がある。」</a><br /><br /><a href="http://gnothiseauton.blog.fc2.com/blog-entry-302.html" target="_blank" title="レッスン130「二つの世界を見ることは不可能だ。」">レッスン130「二つの世界を見ることは不可能だ。」</a><br /><br /><br />■131~140■<br /><br /><a href="http://gnothiseauton.blog.fc2.com/blog-entry-303.html" target="_blank" title="レッスン131「真理に到達しようとする者は誰も失敗することはあり得ない。」">レッスン131「真理に到達しようとする者は誰も失敗することはあり得ない。」</a><br /><br /><a href="http://gnothiseauton.blog.fc2.com/blog-entry-305.html" target="_blank" title="レッスン132「私は、これまで自分がこの世界はこうだと思い込んでいた全ての思考から、この世界を解放する。」">レッスン132「私は、これまで自分がこの世界はこうだと思い込んでいた全ての思考から、この世界を解放する。」</a><br /><br /><a href="http://gnothiseauton.blog.fc2.com/blog-entry-307.html" target="_blank" title="レッスン133「私は、無価値なものに価値を置かないことにする。」">レッスン133「私は、無価値なものに価値を置かないことにする。」</a><br /><br /><a href="http://gnothiseauton.blog.fc2.com/blog-entry-310.html" target="_blank" title="レッスン134「私が赦しをありのままに知覚できますように。」">レッスン134「私が赦しをありのままに知覚できますように。」</a><br /><br /><a href="http://gnothiseauton.blog.fc2.com/blog-entry-312.html" target="_blank" title="レッスン135「もし私が自分自身を防衛しようとするなら、私は攻撃されることになる。」">レッスン135「もし私が自分自身を防衛しようとするなら、私は攻撃されることになる。」</a><br /><br /><a href="http://gnothiseauton.blog.fc2.com/blog-entry-313.html" target="_blank" title="レッスン136「病気は、真理に逆らって防衛しようとすることだ。」">レッスン136「病気は、真理に逆らって防衛しようとすることだ。」</a><br /><br /><a href="http://gnothiseauton.blog.fc2.com/blog-entry-315.html" target="_blank" title="レッスン137「私が癒されるとき、私だけが癒されるのではない。」">レッスン137「私が癒されるとき、私だけが癒されるのではない。」</a><br /><br /><a href="http://gnothiseauton.blog.fc2.com/blog-entry-317.html" target="_blank" title="レッスン138「天国とは、私が決断しなければならないものだ。」">レッスン138「天国とは、私が決断しなければならないものだ。」</a><br /><br /><a href="http://gnothiseauton.blog.fc2.com/blog-entry-319.html" target="_blank" title="レッスン139「私は、自分自身のために贖罪を受け入れることにする。」">レッスン139「私は、自分自身のために贖罪を受け入れることにする。」</a><br /><br /><a href="http://gnothiseauton.blog.fc2.com/blog-entry-321.html" target="_blank" title="レッスン140「ただ救済だけが治癒と言うことができる。」">レッスン140「ただ救済だけが治癒と言うことができる。」</a><br /><br /><br />■141~150■<br /><br /><br /><a href="http://gnothiseauton.blog.fc2.com/blog-entry-325.html" target="_blank" title="レッスン141「レッスン121と122の復習」">レッスン141「レッスン121と122の復習」</a><br /><br /><a href="http://gnothiseauton.blog.fc2.com/blog-entry-327.html" target="_blank" title="レッスン142「レッスン123と124の復習」">レッスン142「レッスン123と124の復習」</a><br /><br /><a href="http://gnothiseauton.blog.fc2.com/blog-entry-328.html" target="_blank" title="レッスン143「レッスン125と126の復習」">レッスン143「レッスン125と126の復習」</a><br /><br /><a href="http://gnothiseauton.blog.fc2.com/blog-entry-331.html" target="_blank" title="レッスン144「レッスン127と128の復習」">レッスン144「レッスン127と128の復習」</a><br /><br /><a href="http://gnothiseauton.blog.fc2.com/blog-entry-334.html" target="_blank" title="レッスン145「レッスン129と130の復習」">レッスン145「レッスン129と130の復習」</a><br /><br /><a href="http://gnothiseauton.blog.fc2.com/blog-entry-336.html" target="_blank" title="レッスン146「レッスン131と132の復習」">レッスン146「レッスン131と132の復習」</a><br /><br /><a href="http://gnothiseauton.blog.fc2.com/blog-entry-338.html" target="_blank" title="レッスン147「レッスン133と134の復習」">レッスン147「レッスン133と134の復習」</a><br /><br /><a href="http://gnothiseauton.blog.fc2.com/blog-entry-340.html" target="_blank" title="レッスン148「レッスン135と136の復習」">レッスン148「レッスン135と136の復習」</a><br /><br /><a href="http://gnothiseauton.blog.fc2.com/blog-entry-342.html" target="_blank" title="レッスン149「レッスン137と138の復習」">レッスン149「レッスン137と138の復習」</a><br /><br /><a href="http://gnothiseauton.blog.fc2.com/blog-entry-344.html" target="_blank" title="レッスン150「レッスン139と140の復習」">レッスン150「レッスン139と140の復習」</a><br /><br /><a href="http://blogranking.fc2.com/in.php?id=803484" target="_blank"><img src="http://blogranking.fc2.com/ranking_banner/a_02.gif" style="border:0px;">いつも読んでいただき、ありがとうございます!</a><br /><br /><a href="http://philosophy.blogmura.com/acim/"><img src="http://philosophy.blogmura.com/acim/img/acim88_31.gif" width="88" height="31" border="0" alt="にほんブログ村 哲学・思想ブログ ACIMへ" /></a><br /><a href="http://philosophy.blogmura.com/acim/">ポチリよろしく!</a><br /><br /><a href="http://philosophy.blogmura.com/spiritualmessage/"><img src="http://philosophy.blogmura.com/spiritualmessage/img/spiritualmessage88_31.gif" width="88" height="31" border="0" alt="にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルメッセージへ" /></a><br /><a href="http://philosophy.blogmura.com/spiritualmessage/">にほんブログ村</a><br /><br /><a href="http://blog.with2.net/link.php?1511580" title="人気ブログランキングへ"><img src="http://image.with2.net/img/banner/banner_22.gif" width="88" height="31" border="0" /></a><br /><a href="http://blog.with2.net/link.php?1511580" style="font-size:12px;">ポチッとお願いします!</a><br /><br /><a href=" http://airw.net/newage/rank.cgi?id=gnothi" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-59.fc2.com/g/n/o/gnothiseauton/20130808153430ee3.gif" alt="2air_rank" border="0" width="100" height="40" />クリックお願いします</a><br /><br /><br /><!-- X:S ZenBackWidget --><script type="text/javascript">document.write(unescape("%3Cscript")+" src='http://widget.zenback.jp/?base_uri=http%3A//gnothiseauton.blog.fc2.com&nsid=113440572450064480%3A%3A113440640095770003&rand="+Math.ceil((new Date()*1)*Math.random())+"' type='text/javascript'"+unescape("%3E%3C/script%3E"));</script><!-- X:E ZenBackWidget --><br /><br /><br />
    576

    奇跡のコースワークブック レッスン151〜200目次

    ワークブックの目次、レッスン151から200までです。■151~160■レッスン151「全ての物事は、神に代わって語る声のこだまだ。」レッスン152「 決断する力が私にはある。」レッスン153「私が防衛しないことの中に、私の安全がある。」レッスン154「私は、神の使者の一人だ。」レッスン155「私は一歩引き下がって、聖霊に先導してもらうことにする。」レッスン156「私は、完璧な神聖さの中を神と共に歩... ワークブックの目次、<a href="http://blog.fc2.com/tag/%E3%83%AC%E3%83%83%E3%82%B9%E3%83%B3" class="tagword">レッスン</a>151から200までです。<br /><br /><br /><a href="http://gnothiseauton.blog.fc2.com/img/Fotolia_55495346_XS.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-70.fc2.com/g/n/o/gnothiseauton/Fotolia_55495346_XS.jpg" alt="" border="0" width="426" height="282" /></a><br /><br /><br /><br />■151~160■<br /><a href="http://gnothiseauton.blog.fc2.com/blog-entry-346.html" target="_blank" title="レッスン151「全ての物事は、神に代わって語る声のこだまだ。」">レッスン151「全ての物事は、神に代わって語る声のこだまだ。」</a><br /><br /><a href="http://gnothiseauton.blog.fc2.com/blog-entry-347.html" target="_blank" title="レッスン152「 決断する力が私にはある。」">レッスン152「 決断する力が私にはある。」</a><br /><br /><a href="http://gnothiseauton.blog.fc2.com/blog-entry-349.html" target="_blank" title="レッスン153「私が防衛しないことの中に、私の安全がある。」">レッスン153「私が防衛しないことの中に、私の安全がある。」</a><br /><br /><a href="http://gnothiseauton.blog.fc2.com/blog-entry-350.html" target="_blank" title="レッスン154「私は、神の使者の一人だ。」">レッスン154「私は、神の使者の一人だ。」</a><br /><br /><a href="http://gnothiseauton.blog.fc2.com/blog-entry-352.html" target="_blank" title="レッスン155「私は一歩引き下がって、聖霊に先導してもらうことにする。」">レッスン155「私は一歩引き下がって、聖霊に先導してもらうことにする。」</a><br /><br /><a href="http://thereisnospoon.jp/blog-entry-354.html" target="_blank" title="レッスン156「私は、完璧な神聖さの中を神と共に歩む。」">レッスン156「私は、完璧な神聖さの中を神と共に歩む。」</a><br /><br /><a href="http://thereisnospoon.jp/blog-entry-356.html" target="_blank" title="レッスン157「神の臨在の中へと私は今入ってゆく。」">レッスン157「神の臨在の中へと私は今入ってゆく。」</a><br /><br /><a href="http://thereisnospoon.jp/blog-entry-357.html" target="_blank" title="レッスン158「今日、私は自分が受け取るように与える。」">レッスン158「今日、私は自分が受け取るように与える。」</a><br /><br /><a href="http://thereisnospoon.jp/blog-entry-359.html" target="_blank" title="レッスン159「私は、自分が受け取った奇跡を与える。」">レッスン159「私は、自分が受け取った奇跡を与える。」</a><br /><br /><a href="http://thereisnospoon.jp/blog-entry-361.html" target="_blank" title="レッスン160「私は我が家にいる。ここでは、恐れはよそ者だ。」">レッスン160「私は我が家にいる。ここでは、恐れはよそ者だ。」</a><br /><br /><br />■161~170■<br /><a href="http://gnothiseauton.blog.fc2.com/blog-entry-362.html" target="_blank" title="レッスン161「聖なる神の子よ、私にあなたの祝福を与えてください。」">レッスン161「聖なる神の子よ、私にあなたの祝福を与えてください。」</a><br /><br /><a href="http://gnothiseauton.blog.fc2.com/blog-entry-363.html" target="_blank" title="レッスン162「私は神に創造されたままの私だ。」">レッスン162「私は神に創造されたままの私だ。」</a><br /><br /><a href="http://gnothiseauton.blog.fc2.com/blog-entry-365.html" target="_blank" title="レッスン163「死は存在しない。神の子は自由だ。」">レッスン163「死は存在しない。神の子は自由だ。」</a><br /><br /><a href="http://gnothiseauton.blog.fc2.com/blog-entry-367.html" target="_blank" title="レッスン164「今こそ、私たちは、自分たちの源である神と一つになる。」">レッスン164「今こそ、私たちは、自分たちの源である神と一つになる。」</a><br /><br /><a href="http://gnothiseauton.blog.fc2.com/blog-entry-369.html" target="_blank" title="レッスン165「私の心が、神の大いなる思いを否定することがありませんように。」">レッスン165「私の心が、神の大いなる思いを否定することがありませんように。」</a><br /><br /><a href="http://gnothiseauton.blog.fc2.com/blog-entry-370.html" target="_blank" title="レッスン166「私は、神の贈り物を託されている。」">レッスン166「私は、神の贈り物を託されている。」</a><br /><br /><a href="http://gnothiseauton.blog.fc2.com/blog-entry-371.html" target="_blank" title="レッスン167「生命は一つであり、その一つの生命を私は神と分かち合っている。」">レッスン167「生命は一つであり、その一つの生命を私は神と分かち合っている。」</a><br /><br /><a href="http://gnothiseauton.blog.fc2.com/blog-entry-373.html" target="_blank" title="レッスン168「私はあなたの恵みを授かっています。私は今こそ、それを自分のものにします。」">レッスン168「私はあなたの恵みを授かっています。私は今こそ、それを自分のものにします。」</a><br /><br /><a href="http://gnothiseauton.blog.fc2.com/blog-entry-375.html" target="_blank" title="レッスン169「神の恵みによって私は生きる。神の恵みによって私は解放される。」">レッスン169「神の恵みによって私は生きる。神の恵みによって私は解放される。」</a><br /><br /><a href="http://gnothiseauton.blog.fc2.com/blog-entry-377.html" target="_blank" title="レッスン170「神に無慈悲さは一切ないし、私にも全くない。」">レッスン170「神に無慈悲さは一切ないし、私にも全くない。」</a><br /><br /><br /><a href="http://gnothiseauton.blog.fc2.com/blog-entry-378.html" target="_blank" title="ワークブックレビュー序文">ワークブックレビュー序文</a><br /><br />■171~180■<br /><a href="http://gnothiseauton.blog.fc2.com/blog-entry-575.html" target="_blank" title="レッスン171「レッスン151と152の復習」">レッスン171「レッスン151と152の復習」</a><br /><br /><a href="http://gnothiseauton.blog.fc2.com/blog-entry-379.html" target="_blank" title="レッスン172「レッスン153と154の復習」">レッスン172「レッスン153と154の復習」</a><br /><br /><a href="http://gnothiseauton.blog.fc2.com/blog-entry-383.html" target="_blank" title="レッスン173「レッスン155と156の復習」">レッスン173「レッスン155と156の復習」</a><br /><br /><a href="http://gnothiseauton.blog.fc2.com/blog-entry-384.html" target="_blank" title="レッスン174「レッスン157と158の復習」">レッスン174「レッスン157と158の復習」</a><br /><br /><a href="http://gnothiseauton.blog.fc2.com/blog-entry-387.html" target="_blank" title="レッスン175「レッスン159と160の復習」">レッスン175「レッスン159と160の復習」</a><br /><br /><a href="http://gnothiseauton.blog.fc2.com/blog-entry-388.html" target="_blank" title="レッスン176「レッスン161と162の復習」">レッスン176「レッスン161と162の復習」</a><br /><br /><a href="http://gnothiseauton.blog.fc2.com/blog-entry-389.html" target="_blank" title="レッスン177「レッスン163と164の復習」">レッスン177「レッスン163と164の復習」</a><br /><br /><a href="http://gnothiseauton.blog.fc2.com/blog-entry-390.html" target="_blank" title="レッスン178「レッスン165と166の復習」">レッスン178「レッスン165と166の復習」</a><br /><br /><a href="http://gnothiseauton.blog.fc2.com/blog-entry-391.html" target="_blank" title="レッスン179「レッスン167と168の復習」">レッスン179「レッスン167と168の復習」</a><br /><br /><a href="http://gnothiseauton.blog.fc2.com/blog-entry-392.html" target="_blank" title="レッスン180「レッスン169と170の復習」">レッスン180「レッスン169と170の復習」</a><br /><br /><br /><a href="http://gnothiseauton.blog.fc2.com/blog-entry-393.html" target="_blank" title="レッスン181から200に向けての導入">レッスン181から200に向けての導入</a><br /><br />■181~190■<br /><a href="http://gnothiseauton.blog.fc2.com/blog-entry-394.html" target="_blank" title="レッスン181「私は、自分の兄弟たちを信頼する。彼らは私と一体なのだから。」">レッスン181「私は、自分の兄弟たちを信頼する。彼らは私と一体なのだから。」</a><br /><br /><a href="http://gnothiseauton.blog.fc2.com/blog-entry-396.html" target="_blank" title="レッスン182「私は、一瞬じっと静まり、そして、家に帰る。」">レッスン182「私は、一瞬じっと静まり、そして、家に帰る。」</a><br /><br /><a href="http://gnothiseauton.blog.fc2.com/blog-entry-397.html" target="_blank" title="レッスン183「私は、神の名と自分自身の名を呼ぶ。」">レッスン183「私は、神の名と自分自身の名を呼ぶ。」</a><br /><br /><a href="http://gnothiseauton.blog.fc2.com/blog-entry-398.html" target="_blank" title="レッスン184「神の名は、私が承継したものだ。」">レッスン184「神の名は、私が承継したものだ。」</a><br /><br /><a href="http://gnothiseauton.blog.fc2.com/blog-entry-400.html" target="_blank" title="レッスン185「私は神の平安を望む。」">レッスン185「私は神の平安を望む。」</a><br /><br /><a href="http://gnothiseauton.blog.fc2.com/blog-entry-401.html" target="_blank" title="レッスン186「この世界の救済は、私にかかっている。」">レッスン186「この世界の救済は、私にかかっている。」</a><br /><br /><a href="http://gnothiseauton.blog.fc2.com/blog-entry-402.html" target="_blank" title="レッスン187「私はこの世界を祝福する。なぜなら、私は自分自身を祝福するからだ。」">レッスン187「私はこの世界を祝福する。なぜなら、私は自分自身を祝福するからだ。」</a><br /><br /><a href="http://gnothiseauton.blog.fc2.com/blog-entry-404.html" target="_blank" title="レッスン188「神の平安が今、私の中で輝いている。」">レッスン188「神の平安が今、私の中で輝いている。」</a><br /><br /><a href="http://gnothiseauton.blog.fc2.com/blog-entry-405.html" target="_blank" title="レッスン189「今、私は、神の愛を自分の内に感じる。」">レッスン189「今、私は、神の愛を自分の内に感じる。」</a><br /><br /><a href="http://gnothiseauton.blog.fc2.com/blog-entry-406.html" target="_blank" title="レッスン190「私は、苦痛の代わりに、神の喜びを選択する。」">レッスン190「私は、苦痛の代わりに、神の喜びを選択する。」</a><br /><br /><br />■191~200■<br /><br /><a href="http://gnothiseauton.blog.fc2.com/blog-entry-407.html" target="_blank" title="レッスン191「私は、神自身の聖なる子だ。」">レッスン191「私は、神自身の聖なる子だ。」</a><br /><br /><a href="http://gnothiseauton.blog.fc2.com/blog-entry-408.html" target="_blank" title="レッスン192「私には、神が私に果たさせようとする役目がある。」">レッスン192「私には、神が私に果たさせようとする役目がある。」</a><br /><br /><a href="http://gnothiseauton.blog.fc2.com/blog-entry-409.html" target="_blank" title="レッスン193「全てのことは、神が私に学ばせようとするレッスンだ。」">レッスン193「全てのことは、神が私に学ばせようとするレッスンだ。」</a><br /><br /><a href="http://gnothiseauton.blog.fc2.com/blog-entry-411.html" target="_blank" title="レッスン194「私は、未来を神の手に委ねる。」">レッスン194「私は、未来を神の手に委ねる。」</a><br /><br /><a href="http://gnothiseauton.blog.fc2.com/blog-entry-412.html" target="_blank" title="レッスン195「愛こそが、私が感謝の内に歩む道だ。」">レッスン195「愛こそが、私が感謝の内に歩む道だ。」</a><br /><br /><a href="http://gnothiseauton.blog.fc2.com/blog-entry-413.html" target="_blank" title="レッスン196「私が磔にできるのは自分自身だけだ。」">レッスン196「私が磔にできるのは自分自身だけだ。」</a><br /><br /><a href="http://gnothiseauton.blog.fc2.com/blog-entry-414.html" target="_blank" title="レッスン197「私が得るのは、ただ私の感謝だけだ。」">レッスン197「私が得るのは、ただ私の感謝だけだ。」</a><br /><br /><a href="http://gnothiseauton.blog.fc2.com/blog-entry-415.html" target="_blank" title="レッスン198「ただ私が非難することだけが私を傷付ける。」">レッスン198「ただ私が非難することだけが私を傷付ける。」</a><br /><br /><a href="http://gnothiseauton.blog.fc2.com/blog-entry-416.html" target="_blank" title="レッスン199「私は身体ではない。私は自由だ。」">レッスン199「私は身体ではない。私は自由だ。」</a><br /><br /><a href="http://gnothiseauton.blog.fc2.com/blog-entry-417.html" target="_blank" title="レッスン200「神の平安以外の平安など存在しない。」">レッスン200「神の平安以外の平安など存在しない。」</a><br /><br /><br /><a href="http://blogranking.fc2.com/in.php?id=803484" target="_blank"><img src="http://blogranking.fc2.com/ranking_banner/a_02.gif" style="border:0px;">いつも読んでいただき、ありがとうございます!</a><br /><br /><a href="http://philosophy.blogmura.com/acim/"><img src="http://philosophy.blogmura.com/acim/img/acim88_31.gif" width="88" height="31" border="0" alt="にほんブログ村 哲学・思想ブログ ACIMへ" /></a><br /><a href="http://philosophy.blogmura.com/acim/">ポチリよろしく!</a><br /><br /><a href="http://philosophy.blogmura.com/spiritualmessage/"><img src="http://philosophy.blogmura.com/spiritualmessage/img/spiritualmessage88_31.gif" width="88" height="31" border="0" alt="にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルメッセージへ" /></a><br /><a href="http://philosophy.blogmura.com/spiritualmessage/">にほんブログ村</a><br /><br /><a href="http://blog.with2.net/link.php?1511580" title="人気ブログランキングへ"><img src="http://image.with2.net/img/banner/banner_22.gif" width="88" height="31" border="0" /></a><br /><a href="http://blog.with2.net/link.php?1511580" style="font-size:12px;">ポチッとお願いします!</a><br /><br /><a href=" http://airw.net/newage/rank.cgi?id=gnothi" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-59.fc2.com/g/n/o/gnothiseauton/20130808153430ee3.gif" alt="2air_rank" border="0" width="100" height="40" />クリックお願いします</a><br /><br /><br /><!-- X:S ZenBackWidget --><script type="text/javascript">document.write(unescape("%3Cscript")+" src='http://widget.zenback.jp/?base_uri=http%3A//gnothiseauton.blog.fc2.com&nsid=113440572450064480%3A%3A113440640095770003&rand="+Math.ceil((new Date()*1)*Math.random())+"' type='text/javascript'"+unescape("%3E%3C/script%3E"));</script><!-- X:E ZenBackWidget -->
    759

    奇跡のコースワークブック レッスン201〜250目次

    ワークブックの目次、レッスン201から250までです。■201〜210■ワークブック6・レビュー 序文レッスン201(レッスン181の復習)レッスン202(レッスン182の復習)レッスン203(レッスン183の復習)レッスン204(レッスン184の復習)レッスン205(レッスン185)レッスン206(レッスン186の復習)レッスン207(レッスン187の復習)レッスン208(レッスン188)レッスン... ワークブックの目次、レッスン201から250までです。<br /><br /><br /><a href="http://thereisnospoon.jp/img/Fotolia_66157782_XS.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-73.fc2.com/g/n/o/gnothiseauton/Fotolia_66157782_XS.jpg" alt="" border="0" width="394" height="305" /></a><br /><br /><br /><br /><br />■201〜210■<br /><br /><a href="http://thereisnospoon.jp/blog-entry-418.html" target="_blank" title="ワークブック6・レビュー 序文">ワークブック6・レビュー 序文</a><br /><br /><a href="http://thereisnospoon.jp/blog-entry-419.html" target="_blank" title="レッスン201(レッスン181の復習)">レッスン201(レッスン181の復習)</a><br /><br /><a href="http://thereisnospoon.jp/blog-entry-420.html" target="_blank" title="レッスン202(レッスン182の復習)">レッスン202(レッスン182の復習)</a><br /><br /><a href="http://thereisnospoon.jp/blog-entry-421.html" target="_blank" title="レッスン203(レッスン183の復習)">レッスン203(レッスン183の復習)</a><br /><br /><a href="http://thereisnospoon.jp/blog-entry-422.html" target="_blank" title="レッスン204(レッスン184の復習)">レッスン204(レッスン184の復習)</a><br /><br /><a href="http://thereisnospoon.jp/blog-entry-423.html" target="_blank" title="レッスン205(レッスン185)">レッスン205(レッスン185)</a><br /><br /><a href="http://thereisnospoon.jp/blog-entry-424.html" target="_blank" title="レッスン206(レッスン186の復習)">レッスン206(レッスン186の復習)</a><br /><br /><a href="http://thereisnospoon.jp/blog-entry-425.html" target="_blank" title="レッスン207(レッスン187の復習)">レッスン207(レッスン187の復習)</a><br /><br /><a href="http://thereisnospoon.jp/blog-entry-426.html" target="_blank" title="レッスン208(レッスン188)">レッスン208(レッスン188)</a><br /><br /><a href="http://thereisnospoon.jp/blog-entry-427.html" target="_blank" title="レッスン209(レッスン189の復習)">レッスン209(レッスン189の復習)</a><br /><br /><a href="http://thereisnospoon.jp/blog-entry-428.html" target="_blank" title="レッスン210(レッスン190)">レッスン210(レッスン190)</a><br /><br /><br /><br />■211~220■<br /><br /><a href="http://thereisnospoon.jp/blog-entry-429.html" target="_blank" title="レッスン211(レッスン191の復習)">レッスン211(レッスン191の復習)</a><br /><br /><a href="http://thereisnospoon.jp/blog-entry-431.html" target="_blank" title="レッスン212(レッスン192の復習)">レッスン212(レッスン192の復習)</a><br /><br /><a href="http://thereisnospoon.jp/blog-entry-432.html" target="_blank" title="レッスン213(レッスン193の復習)">レッスン213(レッスン193の復習)</a><br /><br /><a href="http://thereisnospoon.jp/blog-entry-433.html" target="_blank" title="レッスン214(レッスン194の復習)">レッスン214(レッスン194の復習)</a><br /><br /><a href="http://thereisnospoon.jp/blog-entry-434.html" target="_blank" title="レッスン215(レッスン195の復習)">レッスン215(レッスン195の復習)</a><br /><br /><a href="http://thereisnospoon.jp/blog-entry-435.html" target="_blank" title="レッスン216(レッスン196の復習)">レッスン216(レッスン196の復習)</a><br /><br /><a href="http://thereisnospoon.jp/blog-entry-436.html" target="_blank" title="レッスン217(レッスン197の復習)">レッスン217(レッスン197の復習)</a><br /><br /><a href="http://thereisnospoon.jp/blog-entry-437.html" target="_blank" title="レッスン218(レッスン198の復習)">レッスン218(レッスン198の復習)</a><br /><br /><a href="http://thereisnospoon.jp/blog-entry-438.html" target="_blank" title="レッスン219(レッスン199の復習)">レッスン219(レッスン199の復習)</a><br /><br /><a href="http://thereisnospoon.jp/blog-entry-439.html" target="_blank" title="レッスン220(レッスン200の復習)">レッスン220(レッスン200の復習)</a><br /><br /><br /><br />■221~230■<br /><br /><a href="http://thereisnospoon.jp/blog-entry-440.html" target="_blank" title="ワークブック・パート2 序論">ワークブック・パート2 序論</a><br /><br /><a href="http://thereisnospoon.jp/blog-entry-441.html" target="_blank" title="レッスン221「わが心に平安あれ。私の全ての思いが静まりますように。」">レッスン221「わが心に平安あれ。私の全ての思いが静まりますように。」</a><br /><br /><a href="http://thereisnospoon.jp/blog-entry-443.html" target="_blank" title="レッスン222「神は、私と共にある。私は神の中で、生きて動く。」">レッスン222「神は、私と共にある。私は神の中で、生きて動く。」</a><br /><br /><a href="http://thereisnospoon.jp/blog-entry-444.html" target="_blank" title="レッスン223「神は、私の生命だ。私には神の生命以外の生命などない。」">レッスン223「神は、私の生命だ。私には神の生命以外の生命などない。」</a><br /><br /><a href="http://thereisnospoon.jp/blog-entry-446.html" target="_blank" title="レッスン224「神は私の父であり、神はわが子を愛している。」">レッスン224「神は私の父であり、神はわが子を愛している。」</a><br /><br /><a href="http://thereisnospoon.jp/blog-entry-447.html" target="_blank" title="レッスン225「神は、私の父だ。そして、神の子は神を愛している。」">レッスン225「神は、私の父だ。そして、神の子は神を愛している。」</a><br /><br /><a href="http://thereisnospoon.jp/blog-entry-449.html" target="_blank" title="レッスン226「私の故郷が私を待っている。私は急いで帰郷する。」">レッスン226「私の故郷が私を待っている。私は急いで帰郷する。」</a><br /><br /><a href="http://thereisnospoon.jp/blog-entry-450.html" target="_blank" title="レッスン227「これこそ、私が解放される神聖な瞬間だ。」">レッスン227「これこそ、私が解放される神聖な瞬間だ。」</a><br /><br /><a href="http://thereisnospoon.jp/blog-entry-451.html" target="_blank" title="レッスン228「神は、私を咎めたことはない。私もこれ以上は咎めないことにする。」">レッスン228「神は、私を咎めたことはない。私もこれ以上は咎めないことにする。」</a><br /><br /><a href="http://thereisnospoon.jp/blog-entry-453.html" target="_blank" title="レッスン229「私を創造した愛、それが私の本質だ。」">レッスン229「私を創造した愛、それが私の本質だ。」</a><br /><br /><a href="http://thereisnospoon.jp/blog-entry-454.html" target="_blank" title="レッスン230「今、私は神の平安を求め、そして、見出す。」">レッスン230「今、私は神の平安を求め、そして、見出す。」</a><br /><br /><br /><br />■231~240■<br /><br /><a href="http://thereisnospoon.jp/blog-entry-457.html" target="_blank" title="レッスン231「父よ、私はただあなたを思い出すことだけを意図します。」">レッスン231「父よ、私はただあなたを思い出すことだけを意図します。」</a><br /><br /><a href="http://thereisnospoon.jp/blog-entry-458.html" target="_blank" title="レッスン232「父よ、一日中、私の心の中にいてください。」">レッスン232「父よ、一日中、私の心の中にいてください。」</a><br /><br /><a href="http://thereisnospoon.jp/blog-entry-459.html" target="_blank" title="レッスン233「私は、今日、自分の命を神の導きに捧げる。」">レッスン233「私は、今日、自分の命を神の導きに捧げる。」</a><br /><br /><a href="http://thereisnospoon.jp/blog-entry-461.html" target="_blank" title="レッスン234「父よ、今日、私は再びあなたの子となります。」">レッスン234「父よ、今日、私は再びあなたの子となります。」</a><br /><br /><a href="http://thereisnospoon.jp/blog-entry-462.html" target="_blank" title="レッスン235「慈悲のうちにある神は、私が救われることを意図している。」">レッスン235「慈悲のうちにある神は、私が救われることを意図している。」</a><br /><br /><a href="http://thereisnospoon.jp/blog-entry-463.html" target="_blank" title="レッスン236「私は自分の心を支配している。私の心は私だけが支配しなければならないものだ。」">レッスン236「私は自分の心を支配している。私の心は私だけが支配しなければならないものだ。」</a><br /><br /><a href="http://thereisnospoon.jp/blog-entry-464.html" target="_blank" title="レッスン237「今、私は、神に創造されたままの私になることにする。」">レッスン237「今、私は、神に創造されたままの私になることにする。」</a><br /><br /><a href="http://thereisnospoon.jp/blog-entry-465.html" target="_blank" title="レッスン238「私自身の決断に全ての救済がかかっている。」">レッスン238「私自身の決断に全ての救済がかかっている。」</a><br /><br /><a href="http://thereisnospoon.jp/blog-entry-467.html" target="_blank" title="レッスン239「わが父の栄光は私のものだ。」">レッスン239「わが父の栄光は私のものだ。」</a><br /><br /><a href="http://thereisnospoon.jp/blog-entry-469.html" target="_blank" title="レッスン240「恐れは、いかなる形においても正当化されることはない。」">レッスン240「恐れは、いかなる形においても正当化されることはない。」</a><br /><br /><br /><br />■241~250■<br /><br /><a href="http://thereisnospoon.jp/blog-entry-470.html" target="_blank" title="レッスン241「この聖なる瞬間に救済が到来する。」">レッスン241「この聖なる瞬間に救済が到来する。」</a><br /><br /><a href="http://thereisnospoon.jp/blog-entry-471.html" target="_blank" title="レッスン242「今日は神の日だ。今日という日は、神に捧げる私からの贈り物だ。」">レッスン242「今日は神の日だ。今日という日は、神に捧げる私からの贈り物だ。」</a><br /><br /><a href="http://thereisnospoon.jp/blog-entry-472.html" target="_blank" title="レッスン243「今日、私は、何が起ころうとも、価値判断しないことにする。」">レッスン243「今日、私は、何が起ころうとも、価値判断しないことにする。」</a><br /><br /><a href="http://thereisnospoon.jp/blog-entry-473.html" target="_blank" title="レッスン244「私は、世界のどこにいようとも危険にさらされることはない。」">レッスン244「私は、世界のどこにいようとも危険にさらされることはない。」</a><br /><br /><a href="http://thereisnospoon.jp/blog-entry-475.html" target="_blank" title="レッスン245「父よ、あなたの平安が私とともにあります。私は安全です。」">レッスン245「父よ、あなたの平安が私とともにあります。私は安全です。」</a><br /><br /><a href="http://thereisnospoon.jp/blog-entry-477.html" target="_blank" title="レッスン246「私の父を愛することは、神の子を愛することだ。」">レッスン246「私の父を愛することは、神の子を愛することだ。」</a><br /><br /><a href="http://thereisnospoon.jp/blog-entry-478.html" target="_blank" title="レッスン247「赦しなくしては、私は依然として盲目のままだろう。」">レッスン247「赦しなくしては、私は依然として盲目のままだろう。」</a><br /><br /><a href="http://thereisnospoon.jp/blog-entry-479.html" target="_blank" title="レッスン248「何であれ、苦しむものは私の一部ではない。」">レッスン248「何であれ、苦しむものは私の一部ではない。」</a><br /><br /><a href="http://thereisnospoon.jp/blog-entry-481.html" target="_blank" title="レッスン249「赦しが全ての苦悩と喪失を終わらせる。」">レッスン249「赦しが全ての苦悩と喪失を終わらせる。」</a><br /><br /><a href="http://thereisnospoon.jp/blog-entry-482.html" target="_blank" title="レッスン250「私が自分自身を限定されたものとして見ることがありませんように。」">レッスン250「私が自分自身を限定されたものとして見ることがありませんように。」</a><br /><br /><a href="http://blogranking.fc2.com/in.php?id=803484" target="_blank"><img src="http://blogranking.fc2.com/ranking_banner/a_02.gif" style="border:0px;">いつも読んでいただき、ありがとうございます!</a><br /><br /><a href="http://philosophy.blogmura.com/acim/"><img src="http://philosophy.blogmura.com/acim/img/acim88_31.gif" width="88" height="31" border="0" alt="にほんブログ村 哲学・思想ブログ ACIMへ" /></a><br /><a href="http://philosophy.blogmura.com/acim/">ポチリよろしく!</a><br /><br /><a href="http://philosophy.blogmura.com/spiritualmessage/"><img src="http://philosophy.blogmura.com/spiritualmessage/img/spiritualmessage88_31.gif" width="88" height="31" border="0" alt="にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルメッセージへ" /></a><br /><a href="http://philosophy.blogmura.com/spiritualmessage/">にほんブログ村</a><br /><br /><a href="http://blog.with2.net/link.php?1511580" title="人気ブログランキングへ"><img src="http://image.with2.net/img/banner/banner_22.gif" width="88" height="31" border="0" /></a><br /><a href="http://blog.with2.net/link.php?1511580" style="font-size:12px;">ポチッとお願いします!</a><br /><br /><a href=" http://airw.net/newage/rank.cgi?id=gnothi" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-59.fc2.com/g/n/o/gnothiseauton/20130808153430ee3.gif" alt="2air_rank" border="0" width="100" height="40" />クリックお願いします</a><br /><br /><br /><!-- X:S ZenBackWidget --><script type="text/javascript">document.write(unescape("%3Cscript")+" src='http://widget.zenback.jp/?base_uri=http%3A//gnothiseauton.blog.fc2.com&nsid=113440572450064480%3A%3A113440640095770003&rand="+Math.ceil((new Date()*1)*Math.random())+"' type='text/javascript'"+unescape("%3E%3C/script%3E"));</script><!-- X:E ZenBackWidget -->
    761

    奇跡のコースワークブック レッスン251〜300目次

    ワークブックの目次、レッスン251から300までです。■251〜260■レッスン251「私は真理以外に何も必要としていない。」レッスン252「私の正体は神の子だ」レッスン253「私の大いなる自己は、この宇宙の支配者だ。」レッスン254「神の声以外の全ての声が私の中で静まりますように。」レッスン255「今日、私は、完璧な平安の中で過ごすことを選択する。」レッスン256「神こそ、私が今日抱く唯一の目標だ... ワークブックの目次、レッスン251から300までです。<br /><br /><br /><a href="http://thereisnospoon.jp/img/Fotolia_45027082_XS.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-73.fc2.com/g/n/o/gnothiseauton/Fotolia_45027082_XS.jpg" alt="" border="0" width="400" height="300" /></a><br /><br /><br /><br /><br /><br />■251〜260■<br /><br /><a href="http://thereisnospoon.jp/blog-entry-484.html" target="_blank" title="レッスン251「私は真理以外に何も必要としていない。」">レッスン251「私は真理以外に何も必要としていない。」</a><br /><br /><a href="http://thereisnospoon.jp/blog-entry-485.html" target="_blank" title="レッスン252「私の正体は神の子だ」">レッスン252「私の正体は神の子だ」</a><br /><br /><a href="http://thereisnospoon.jp/blog-entry-486.html" target="_blank" title="レッスン253「私の大いなる自己は、この宇宙の支配者だ。」">レッスン253「私の大いなる自己は、この宇宙の支配者だ。」</a><br /><br /><a href="http://thereisnospoon.jp/blog-entry-488.html" target="_blank" title="レッスン254「神の声以外の全ての声が私の中で静まりますように。」">レッスン254「神の声以外の全ての声が私の中で静まりますように。」</a><br /><br /><a href="http://thereisnospoon.jp/blog-entry-489.html" target="_blank" title="レッスン255「今日、私は、完璧な平安の中で過ごすことを選択する。」">レッスン255「今日、私は、完璧な平安の中で過ごすことを選択する。」</a><br /><br /><a href="http://thereisnospoon.jp/blog-entry-490.html" target="_blank" title="レッスン256「神こそ、私が今日抱く唯一の目標だ。」">レッスン256「神こそ、私が今日抱く唯一の目標だ。」</a><br /><br /><a href="http://thereisnospoon.jp/blog-entry-491.html" target="_blank" title="レッスン257「自分の目的が何なのか、私に思い出させてください。」">レッスン257「自分の目的が何なのか、私に思い出させてください。」</a><br /><br /><a href="http://thereisnospoon.jp/blog-entry-494.html" target="_blank" title="レッスン259「罪など一切存在しないということを私に思い出させてください。」">レッスン259「罪など一切存在しないということを私に思い出させてください。」</a><br /><br /><a href="http://thereisnospoon.jp/blog-entry-495.html" target="_blank" title="レッスン260「神が私を創造してくれたということを私に思い出させてください。」">レッスン260「神が私を創造してくれたということを私に思い出させてください。」</a><br /><br /><br /><br />■261~270■<br /><br /><a href="http://thereisnospoon.jp/blog-entry-496.html" target="_blank" title="レッスン261「神こそが、私の避難所であり安全を保障してくれる。」">レッスン261「神こそが、私の避難所であり安全を保障してくれる。」</a><br /><br /><a href="http://thereisnospoon.jp/blog-entry-497.html" target="_blank" title="レッスン262「今日こそ、私がいかなる相違も知覚しませんように。」">レッスン262「今日こそ、私がいかなる相違も知覚しませんように。」</a><br /><br /><a href="http://thereisnospoon.jp/blog-entry-499.html" target="_blank" title="レッスン263「私の聖なるヴィジョンは、あらゆるものを清らかなものとして見る。」">レッスン263「私の聖なるヴィジョンは、あらゆるものを清らかなものとして見る。」</a><br /><br /><a href="http://thereisnospoon.jp/blog-entry-500.html" target="_blank" title="レッスン264「私は、神の愛によって包まれている。」">レッスン264「私は、神の愛によって包まれている。」</a><br /><br /><br /><a href="http://thereisnospoon.jp/blog-entry-501.html" target="_blank" title="レッスン265「私に見えるのは、創造物の優しさだけだ。」">レッスン265「私に見えるのは、創造物の優しさだけだ。」</a><br /><br /><a href="http://thereisnospoon.jp/blog-entry-502.html" target="_blank" title="レッスン266「神の子よ、私の神聖な大いなる自己は、あなたの中にそのまま残っているのです。」">レッスン266「神の子よ、私の神聖な大いなる自己は、あなたの中にそのまま残っているのです。」</a><br /><br /><a href="http://thereisnospoon.jp/blog-entry-503.html" target="_blank" title="レッスン267「私の胸は、神の平安のうちに鼓動している。」">レッスン267「私の胸は、神の平安のうちに鼓動している。」</a><br /><br /><a href="http://thereisnospoon.jp/blog-entry-504.html" target="_blank" title="レッスン268「すべての物事が本当にあるがままになりますように。」">レッスン268「すべての物事が本当にあるがままになりますように。」</a><br /><br /><a href="http://thereisnospoon.jp/blog-entry-505.html" target="_blank" title="レッスン269「私は、今日、あなたに私の視覚を祝福してくれるよう求めます。」">レッスン269「私は、今日、あなたに私の視覚を祝福してくれるよう求めます。」</a><br /><br /><a href="http://thereisnospoon.jp/blog-entry-506.html" target="_blank" title="レッスン270「私は今日、肉眼を用いないことにする。」">レッスン270「私は今日、肉眼を用いないことにする。」</a><br /><br /><br /><br /><br />■271~280■<br /><br /><br /><a href="http://thereisnospoon.jp/blog-entry-507.html" target="_blank" title="レッスン271「キリストのヴィジョンこそ、私が今日用いる視覚だ。」">レッスン271「キリストのヴィジョンこそ、私が今日用いる視覚だ。」</a><br /><br /><a href="http://thereisnospoon.jp/blog-entry-508.html" target="_blank" title="レッスン272「いったいどうして幻にすぎないものが神の子を満足させることができるだろうか。」">レッスン272「いったいどうして幻にすぎないものが神の子を満足させることができるだろうか。」</a><br /><br /><a href="http://thereisnospoon.jp/blog-entry-509.html" target="_blank" title="レッスン273「神の平安の静けさは私のものだ。」">レッスン273「神の平安の静けさは私のものだ。」</a><br /><br /><a href="http://thereisnospoon.jp/blog-entry-510.html" target="_blank" title="レッスン274「今日という日は愛のものだ。私が恐れることがありませんように。」">レッスン274「今日という日は愛のものだ。私が恐れることがありませんように。」</a><br /><br /><a href="http://thereisnospoon.jp/blog-entry-511.html" target="_blank" title="レッスン275「今日、神の癒しの声があらゆるものを守ってくれる。」">レッスン275「今日、神の癒しの声があらゆるものを守ってくれる。」</a><br /><br /><a href="http://thereisnospoon.jp/blog-entry-512.html" target="_blank" title="レッスン276「私に語るようにと、神の言葉が私に与えられている。」">レッスン276「私に語るようにと、神の言葉が私に与えられている。」</a><br /><br /><br /><a href="http://thereisnospoon.jp/blog-entry-513.html" target="_blank" title="レッスン277「私があなたの子を自分で作り出した法則によって盲目にしてしまうことがありませんように。」">レッスン277「私があなたの子を自分で作り出した法則によって盲目にしてしまうことがありませんように。」</a><br /><br /><a href="http://thereisnospoon.jp/blog-entry-514.html" target="_blank" title="レッスン278「もし私が束縛されているなら、私の父は自由ではないことになる。」">レッスン278「もし私が束縛されているなら、私の父は自由ではないことになる。」</a><br /><br /><a href="http://thereisnospoon.jp/blog-entry-515.html" target="_blank" title="レッスン279「創造物の自由が私自身の自由を約束している。」">レッスン279「創造物の自由が私自身の自由を約束している。」</a><br /><br /><a href="http://thereisnospoon.jp/blog-entry-517.html" target="_blank" title="レッスン280「神の子に私がどんな制限を課すことができるというのだろう。」">レッスン280「神の子に私がどんな制限を課すことができるというのだろう。」</a><br /><br /><br /><br /><br />■281~290■<br /><br /><a href="http://thereisnospoon.jp/blog-entry-518.html" target="_blank" title="レッスン281「私は、自分の思いによってしか傷つけられることはあり得ない。」">レッスン281「私は、自分の思いによってしか傷つけられることはあり得ない。」</a><br /><br /><br /><a href="http://thereisnospoon.jp/blog-entry-519.html" target="_blank" title="レッスン282「今日こそ、私は愛を恐れないことにする。」">レッスン282「今日こそ、私は愛を恐れないことにする。」</a><br /><br /><a href="http://thereisnospoon.jp/blog-entry-520.html" target="_blank" title="レッスン283「私の真のアイデンティティーはあなたの中に留まっています。」">レッスン283「私の真のアイデンティティーはあなたの中に留まっています。」</a><br /><br /><a href="http://thereisnospoon.jp/blog-entry-521.html" target="_blank" title="レッスン284「私には、傷つけるような全ての思いを変える選択ができる。 」">レッスン284「私には、傷つけるような全ての思いを変える選択ができる。 」</a><br /><br /><br /><a href="http://thereisnospoon.jp/blog-entry-522.html" target="_blank" title="レッスン285「私の神聖さが今日、鮮明にはっきりと輝く。」">レッスン285「私の神聖さが今日、鮮明にはっきりと輝く。」</a><br /><br /><a href="http://thereisnospoon.jp/blog-entry-524.html" target="_blank" title="レッスン286「天国の静けさが今日、私の心を満たす。」">レッスン286「天国の静けさが今日、私の心を満たす。」</a><br /><br /><a href="http://thereisnospoon.jp/blog-entry-526.html" target="_blank" title="レッスン287「わが父よ、あなたこそ私の目標です。ただあなただけが。」">レッスン287「わが父よ、あなたこそ私の目標です。ただあなただけが。」</a><br /><br /><a href="http://thereisnospoon.jp/blog-entry-527.html" target="_blank" title="レッスン288「今日、私が自分の兄弟の過去を忘れられますように。」">レッスン288「今日、私が自分の兄弟の過去を忘れられますように。」</a><br /><br /><br /><a href="http://thereisnospoon.jp/blog-entry-528.html" target="_blank" title="レッスン289「過去は終わっている。過去が私に触れることはできない。」">レッスン289「過去は終わっている。過去が私に触れることはできない。」</a><br /><br /><a href="http://thereisnospoon.jp/blog-entry-529.html" target="_blank" title="レッスン290「私に見えるのは自分が今幸福であることだけだ。」">レッスン290「私に見えるのは自分が今幸福であることだけだ。」</a><br /><br /><br /><br /><br />■291~300■<br /><br /><a href="http://thereisnospoon.jp/blog-entry-531.html" target="_blank" title="レッスン291「今日は、静けさと安らぎの日だ。」">レッスン291「今日は、静けさと安らぎの日だ。」</a><br /><br /><a href="http://thereisnospoon.jp/blog-entry-532.html" target="_blank" title="レッスン292「全ての物事に幸福な結末が訪れることは確実なことだ。」">レッスン292「全ての物事に幸福な結末が訪れることは確実なことだ。」</a><br /><br /><a href="http://thereisnospoon.jp/blog-entry-533.html" target="_blank" title="レッスン293「全ての恐れは過ぎ去り、ただ愛だけがここにある。」">レッスン293「全ての恐れは過ぎ去り、ただ愛だけがここにある。」</a><br /><br /><a href="http://thereisnospoon.jp/blog-entry-534.html" target="_blank" title="レッスン294「私の身体は、完全に中立的なものだ。」">レッスン294「私の身体は、完全に中立的なものだ。」</a><br /><br /><a href="http://thereisnospoon.jp/blog-entry-535.html" target="_blank" title="レッスン295「今日、聖霊が私を通して見る。」">レッスン295「今日、聖霊が私を通して見る。」</a><br /><br /><a href="http://thereisnospoon.jp/blog-entry-538.html" target="_blank" title="レッスン296「今日、聖霊が私を通して語る。」">レッスン296「今日、聖霊が私を通して語る。」</a><br /><br /><a href="http://thereisnospoon.jp/blog-entry-539.html" target="_blank" title="レッスン297「赦しこそ、私の捧げる唯一の贈り物だ。」">レッスン297「赦しこそ、私の捧げる唯一の贈り物だ。」</a><br /><br /><a href="http://thereisnospoon.jp/blog-entry-541.html" target="_blank" title="レッスン298「父よ、あなたを、そしてあなたの子を愛しています。」">レッスン298「父よ、あなたを、そしてあなたの子を愛しています。」</a><br /><br /><a href="http://thereisnospoon.jp/blog-entry-542.html" target="_blank" title="レッスン299「永遠の神聖さが私の中にはある。」">レッスン299「永遠の神聖さが私の中にはある。」</a><br /><br /><br /><a href="http://thereisnospoon.jp/blog-entry-544.html" target="_blank" title="レッスン300「この世界が持ち堪えるのは、ただの一瞬でしかない。」">レッスン300「この世界が持ち堪えるのは、ただの一瞬でしかない。」</a><br /><br /><br /><br /><a href="http://blogranking.fc2.com/in.php?id=803484" target="_blank"><img src="http://blogranking.fc2.com/ranking_banner/a_02.gif" style="border:0px;">いつも読んでいただき、ありがとうございます!</a><br /><br /><a href="http://philosophy.blogmura.com/acim/"><img src="http://philosophy.blogmura.com/acim/img/acim88_31.gif" width="88" height="31" border="0" alt="にほんブログ村 哲学・思想ブログ ACIMへ" /></a><br /><a href="http://philosophy.blogmura.com/acim/">ポチリよろしく!</a><br /><br /><a href="http://philosophy.blogmura.com/spiritualmessage/"><img src="http://philosophy.blogmura.com/spiritualmessage/img/spiritualmessage88_31.gif" width="88" height="31" border="0" alt="にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルメッセージへ" /></a><br /><a href="http://philosophy.blogmura.com/spiritualmessage/">にほんブログ村</a><br /><br /><a href="http://blog.with2.net/link.php?1511580" title="人気ブログランキングへ"><img src="http://image.with2.net/img/banner/banner_22.gif" width="88" height="31" border="0" /></a><br /><a href="http://blog.with2.net/link.php?1511580" style="font-size:12px;">ポチッとお願いします!</a><br /><br /><a href=" http://airw.net/newage/rank.cgi?id=gnothi" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-59.fc2.com/g/n/o/gnothiseauton/20130808153430ee3.gif" alt="2air_rank" border="0" width="100" height="40" />クリックお願いします</a><br /><br /><br /><!-- X:S ZenBackWidget --><script type="text/javascript">document.write(unescape("%3Cscript")+" src='http://widget.zenback.jp/?base_uri=http%3A//gnothiseauton.blog.fc2.com&nsid=113440572450064480%3A%3A113440640095770003&rand="+Math.ceil((new Date()*1)*Math.random())+"' type='text/javascript'"+unescape("%3E%3C/script%3E"));</script><!-- X:E ZenBackWidget -->
    763

    奇跡のコースワークブック レッスン301〜365目次

    ワークブックの目次、レッスン301から365までです。■301〜310■レッスン301「そして、神自ら、全ての涙を拭い去ってくれる。」レッスン302「闇のあった場所に私は光を見る。」レッスン303「今日、私の中に聖なるキリストが誕生する。」レッスン304「私の世界がキリストの視界を曇らせることがありませんように。」レッスン305「そこにはキリストが私たちに授けてくれる平安がある。」レッスン306「私... ワークブックの目次、レッスン301から365までです。<br /><br /><br /><a href="http://thereisnospoon.jp/img/Fotolia_67972660_XS.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-73.fc2.com/g/n/o/gnothiseauton/Fotolia_67972660_XS.jpg" alt="" border="0" width="424" height="283" /></a><br /><br /><br /><br /><br /><br />■301〜310■<br /><br /><a href="http://thereisnospoon.jp/blog-entry-546.html" target="_blank" title="レッスン301「そして、神自ら、全ての涙を拭い去ってくれる。」">レッスン301「そして、神自ら、全ての涙を拭い去ってくれる。」</a><br /><br /><a href="http://thereisnospoon.jp/blog-entry-547.html" target="_blank" title="レッスン302「闇のあった場所に私は光を見る。」">レッスン302「闇のあった場所に私は光を見る。」</a><br /><br /><a href="http://thereisnospoon.jp/blog-entry-549.html" target="_blank" title="レッスン303「今日、私の中に聖なるキリストが誕生する。」">レッスン303「今日、私の中に聖なるキリストが誕生する。」</a><br /><br /><a href="http://thereisnospoon.jp/blog-entry-550.html" target="_blank" title="レッスン304「私の世界がキリストの視界を曇らせることがありませんように。」">レッスン304「私の世界がキリストの視界を曇らせることがありませんように。」</a><br /><br /><a href="http://thereisnospoon.jp/blog-entry-551.html" target="_blank" title="レッスン305「そこにはキリストが私たちに授けてくれる平安がある。」">レッスン305「そこにはキリストが私たちに授けてくれる平安がある。」</a><br /><br /><a href="http://thereisnospoon.jp/blog-entry-552.html" target="_blank" title="レッスン306「私は今日、キリストの贈り物だけを求める。」">レッスン306「私は今日、キリストの贈り物だけを求める。」</a><br /><br /><a href="http://thereisnospoon.jp/blog-entry-554.html" target="_blank" title="レッスン307「矛盾する願いが私の意志であることなどあり得ない。」">レッスン307「矛盾する願いが私の意志であることなどあり得ない。」</a><br /><br /><a href="http://thereisnospoon.jp/blog-entry-555.html" target="_blank" title="レッスン308「この瞬間こそ、存在する唯一の時間だ。」">レッスン308「この瞬間こそ、存在する唯一の時間だ。」</a><br /><br /><a href="http://thereisnospoon.jp/blog-entry-556.html" target="_blank" title="レッスン309「私は今日、内面を見ることを恐れない。」">レッスン309「私は今日、内面を見ることを恐れない。」</a><br /><br /><a href="http://thereisnospoon.jp/blog-entry-557.html" target="_blank" title="レッスン310「今日、恐れのない愛の中で私は過ごす。」">レッスン310「今日、恐れのない愛の中で私は過ごす。」</a><br /><br /><br />■311~320■<br /><br /><a href="http://thereisnospoon.jp/blog-entry-559.html" target="_blank" title="レッスン311「私はあらゆる物事を自分がそれらがこうあるべきだと思うように裁いている。」">レッスン311「私はあらゆる物事を自分がそれらがこうあるべきだと思うように裁いている。」</a><br /><br /><a href="http://thereisnospoon.jp/blog-entry-560.html" target="_blank" title="レッスン312「私はあらゆる物事を自分がそうみたいように見ている。」">レッスン312「私はあらゆる物事を自分がそうみたいように見ている。」</a><br /><br /><a href="http://thereisnospoon.jp/blog-entry-562.html" target="_blank" title="レッスン313で「今こそ、私に新たな知覚が生じる。」">レッスン313で「今こそ、私に新たな知覚が生じる。」</a><br /><br /><a href="http://thereisnospoon.jp/blog-entry-563.html" target="_blank" title="レッスン314「私は、過去とは違う未来を求める。」">レッスン314「私は、過去とは違う未来を求める。」</a><br /><br /><a href="http://thereisnospoon.jp/blog-entry-564.html" target="_blank" title="レッスン315「私の兄弟たちが与えてくれる贈り物は全て、私のものだ。」">レッスン315「私の兄弟たちが与えてくれる贈り物は全て、私のものだ。」</a><br /><br /><a href="http://thereisnospoon.jp/blog-entry-565.html" target="_blank" title="レッスン316「私が自分の兄弟たちに与える贈り物は全て、私のものだ。」">レッスン316「私が自分の兄弟たちに与える贈り物は全て、私のものだ。」</a><br /><br /><br /><a href="http://thereisnospoon.jp/blog-entry-566.html" target="_blank" title="レッスン317「私は自分に定められた道に従う。」">レッスン317「私は自分に定められた道に従う。」</a><br /><br /><br /><a href="http://thereisnospoon.jp/blog-entry-567.html" target="_blank" title="レッスン318「私の中では、救済の手段と目的は一つのものだ。」">レッスン318「私の中では、救済の手段と目的は一つのものだ。」</a><br /><br /><a href="http://thereisnospoon.jp/blog-entry-568.html" target="_blank" title="レッスン319「私は、この世界の救済のために来た。」">レッスン319「私は、この世界の救済のために来た。」</a><br /><br /><a href="http://thereisnospoon.jp/blog-entry-569.html" target="_blank" title="レッスン320「私の父は、私にすべての力を授けてくれる。」">レッスン320「私の父は、私にすべての力を授けてくれる。」</a><br /><br /><br /><br />■321~330■<br /><br /><a href="http://thereisnospoon.jp/blog-entry-570.html" target="_blank" title="レッスン321「父よ、私の解放はあなただけの中にあります。」">レッスン321「父よ、私の解放はあなただけの中にあります。」</a><br /><br /><a href="http://thereisnospoon.jp/blog-entry-571.html" target="_blank" title="レッスン322「私には、一度も本物ではなかったものしか手放すことはできない。」">レッスン322「私には、一度も本物ではなかったものしか手放すことはできない。」</a><br /><br /><a href="http://thereisnospoon.jp/blog-entry-572.html" target="_blank" title="レッスン323「私は喜んで、恐れを「犠牲」にする。」">レッスン323「私は喜んで、恐れを「犠牲」にする。」</a><br /><br /><a href="http://thereisnospoon.jp/blog-entry-574.html" target="_blank" title="レッスン324「私はただ従うだけだ。というのも、私は導くつもりはないからだ。」">レッスン324「私はただ従うだけだ。というのも、私は導くつもりはないからだ。」</a><br /><br /><a href="http://thereisnospoon.jp/blog-entry-577.html" target="_blank" title="レッスン325「私が見ていると思っているものは全て、想念が映し出されたものだ。」">レッスン325「私が見ていると思っているものは全て、想念が映し出されたものだ。」</a><br /><br /><a href="http://thereisnospoon.jp/blog-entry-578.html" target="_blank" title="レッスン326「私は永遠に神の結果だ。」">レッスン326「私は永遠に神の結果だ。」</a><br /><br /><a href="http://thereisnospoon.jp/blog-entry-579.html" target="_blank" title="レッスン327「私はただ呼びかける必要があるだけだ。そうすれば、あなたが私に答えてくれる。」">レッスン327「私はただ呼びかける必要があるだけだ。そうすれば、あなたが私に答えてくれる。」</a><br /><br /><a href="http://thereisnospoon.jp/blog-entry-580.html" target="_blank" title="レッスン328「一番を得るために、私は二番を選ぶ。」">レッスン328「一番を得るために、私は二番を選ぶ。」</a><br /><br /><a href="http://thereisnospoon.jp/blog-entry-581.html" target="_blank" title="レッスン329「あなたの意図することを私はすでに選んでいます。」">レッスン329「あなたの意図することを私はすでに選んでいます。」</a><br /><br /><a href="http://thereisnospoon.jp/blog-entry-583.html" target="_blank" title="レッスン330「今日、私は自分自身をもう二度と傷つけることはしない。」">レッスン330「今日、私は自分自身をもう二度と傷つけることはしない。」</a><br /><br /><br />■331~340■<br /><br /><a href="http://thereisnospoon.jp/blog-entry-584.html" target="_blank" title="レッスン331「私の意志はあなたの意志なのですから、矛盾などありません。」">レッスン331「私の意志はあなたの意志なのですから、矛盾などありません。」</a><br /><br /><a href="http://thereisnospoon.jp/blog-entry-585.html" target="_blank" title="レッスン332「恐れがこの世界を束縛している。赦しは、この世界を解放する。」">レッスン332「恐れがこの世界を束縛している。赦しは、この世界を解放する。」</a><br /><br /><a href="http://thereisnospoon.jp/blog-entry-586.html" target="_blank" title="レッスン333「赦しがこの地上での対立という夢を終わらせる。」">レッスン333「赦しがこの地上での対立という夢を終わらせる。」</a><br /><br /><a href="http://thereisnospoon.jp/blog-entry-587.html" target="_blank" title="レッスン334「今日こそ、私は、赦しが与えてくれる贈り物を求める。」">レッスン334「今日こそ、私は、赦しが与えてくれる贈り物を求める。」</a><br /><br /><a href="http://thereisnospoon.jp/blog-entry-588.html" target="_blank" title="レッスン335「私は、自分の兄弟の罪のなさを見ることを選ぶ。」">レッスン335「私は、自分の兄弟の罪のなさを見ることを選ぶ。」</a><br /><br /><a href="http://thereisnospoon.jp/blog-entry-589.html" target="_blank" title="レッスン336「赦しが、個々の心は一つに結びついているということを、私にわからせてくれる。」">レッスン336「赦しが、個々の心は一つに結びついているということを、私にわからせてくれる。」</a><br /><br /><a href="http://thereisnospoon.jp/blog-entry-590.html" target="_blank" title="レッスン337「私の罪のなさが、あらゆる害悪から私を守ってくれる。」">レッスン337「私の罪のなさが、あらゆる害悪から私を守ってくれる。」</a><br /><br /><a href="http://thereisnospoon.jp/blog-entry-591.html" target="_blank" title="レッスン338「私は自分の思いによってのみ影響される。」">レッスン338「私は自分の思いによってのみ影響される。」</a><br /><br /><a href="http://thereisnospoon.jp/blog-entry-593.html" target="_blank" title="レッスン339「私は、何であれ自分の求めるものを受け取ることになる。」">レッスン339「私は、何であれ自分の求めるものを受け取ることになる。」</a><br /><br /><a href="http://thereisnospoon.jp/blog-entry-594.html" target="_blank" title="レッスン340「私は今日、苦痛から解放されることができる。」">レッスン340「私は今日、苦痛から解放されることができる。」</a><br /><br /><br /><br />■341~350■<br /><br /><a href="http://thereisnospoon.jp/blog-entry-595.html" target="_blank" title="レッスン341「私に攻撃できるのは自分自身の罪のなさだけだ。そして、私を安全に保ってくれるのは、自分自身の罪のなさなのだ。」">レッスン341「私に攻撃できるのは自分自身の罪のなさだけだ。そして、私を安全に保ってくれるのは、自分自身の罪のなさなのだ。」</a><br /><br /><a href="http://thereisnospoon.jp/blog-entry-596.html" target="_blank" title="レッスン342「私は赦しが全ての物事に留まるようにする。というのも、こうして赦しは私に与えられることになるからだ。」">レッスン342「私は赦しが全ての物事に留まるようにする。というのも、こうして赦しは私に与えられることになるからだ。」</a><br /><br /><a href="http://thereisnospoon.jp/blog-entry-597.html" target="_blank" title="レッスン343「私は、神の慈悲と平安を見出すために犠牲を払うことを求められてはいない。」">レッスン343「私は、神の慈悲と平安を見出すために犠牲を払うことを求められてはいない。」</a><br /><br /><a href="http://thereisnospoon.jp/blog-entry-598.html" target="_blank" title="レッスン344「今日、私は愛の法則を学ぶ。それは、私が自分の兄弟に与えるものは自分に対する私からの贈り物だということだ。」">レッスン344「今日、私は愛の法則を学ぶ。それは、私が自分の兄弟に与えるものは自分に対する私からの贈り物だということだ。」</a><br /><br /><a href="http://thereisnospoon.jp/blog-entry-600.html" target="_blank" title="レッスン345「私は今日、奇跡だけを差し延べることにする。というのも、私はその奇跡を自分の許へと戻してもらいたいからだ。」">レッスン345「私は今日、奇跡だけを差し延べることにする。というのも、私はその奇跡を自分の許へと戻してもらいたいからだ。」</a><br /><br /><a href="http://thereisnospoon.jp/blog-entry-601.html" target="_blank" title="レッスン346「今日、神の平安が私を包み込む。そして、私は神の愛以外の全てのことを忘れる。」">レッスン346「今日、神の平安が私を包み込む。そして、私は神の愛以外の全てのことを忘れる。」</a><br /><br /><a href="http://thereisnospoon.jp/blog-entry-602.html" target="_blank" title="レッスン347「怒りは、必ず価値判断して裁くことから生じる。価値判断は、奇跡を自分から遠ざけたままにしておくために、私が自分自身に対して用いようとする武器だ。」">レッスン347「怒りは、必ず価値判断して裁くことから生じる。価値判断は、奇跡を自分から遠ざけたままにしておくために、私が自分自身に対して用いようとする武器だ。」</a><br /><br /><a href="http://thereisnospoon.jp/blog-entry-603.html" target="_blank" title="レッスン348「私には怒ったり恐れたりするいかなる理由もありません。というのも、あなたが私を包み込んでくれているからです。そして、私が必要だと知覚する全てについて、あなたの恵みが私を満たしてくれます。」">レッスン348「私には怒ったり恐れたりするいかなる理由もありません。というのも、あなたが私を包み込んでくれているからです。そして、私が必要だと知覚する全てについて、あなたの恵みが私を満たしてくれます。」</a><br /><br /><a href="http://thereisnospoon.jp/blog-entry-604.html" target="_blank" title="レッスン349「今日こそ、私のためにキリストのヴィジョンで全ての物事を見るようにして、全ての物事の価値を裁くことなく、その代わり、一つひとつのものに奇跡を与えるようにします。」">レッスン349「今日こそ、私のためにキリストのヴィジョンで全ての物事を見るようにして、全ての物事の価値を裁くことなく、その代わり、一つひとつのものに奇跡を与えるようにします。」</a><br /><br /><a href="http://thereisnospoon.jp/blog-entry-605.html" target="_blank" title="レッスン350「奇跡は、神の永遠の愛を反映します。奇跡を差し延べることは、神を思い出すことであり、神の記憶を通してこの世界を救うことです。」">レッスン350「奇跡は、神の永遠の愛を反映します。奇跡を差し延べることは、神を思い出すことであり、神の記憶を通してこの世界を救うことです。」</a><br /><br /><br />■351~365■<br /><br /><a href="http://thereisnospoon.jp/blog-entry-606.html" target="_blank" title="レッスン351「私の罪のない兄弟は、私を平安へと導く案内役だ。私の罪深い兄弟は、私を苦痛に導く案内役だ。そして、私は自分見ることを選んだほうを見ることになる。」">レッスン351「私の罪のない兄弟は、私を平安へと導く案内役だ。私の罪深い兄弟は、私を苦痛に導く案内役だ。そして、私は自分見ることを選んだほうを見ることになる。」</a><br /><br /><a href="http://thereisnospoon.jp/blog-entry-607.html" target="_blank" title="レッスン352「価値判断して裁くことと愛は正反対です。裁きからは、この世界のあらゆる悲しみが生じます。しかし、愛からは、神自身の平安が訪れます。」">レッスン352「価値判断して裁くことと愛は正反対です。裁きからは、この世界のあらゆる悲しみが生じます。しかし、愛からは、神自身の平安が訪れます。」</a><br /><br /><a href="http://thereisnospoon.jp/blog-entry-608.html" target="_blank" title="レッスン353「今日、私の目、私の口、私の手、私の足には、ただ一つの目的しかない。それは、キリストに奇跡とともにこの世界を祝福するために用いてもらうように渡すことです。」">レッスン353「今日、私の目、私の口、私の手、私の足には、ただ一つの目的しかない。それは、キリストに奇跡とともにこの世界を祝福するために用いてもらうように渡すことです。」</a><br /><br /><a href="http://thereisnospoon.jp/blog-entry-610.html" target="_blank" title="レッスン354「平安と目的の確実さの中で、キリストと私は二人一緒に立っています。そして、彼が私の中にいるように、キリストの中にはキリストの創造主が在ります。」">レッスン354「平安と目的の確実さの中で、キリストと私は二人一緒に立っています。そして、彼が私の中にいるように、キリストの中にはキリストの創造主が在ります。」</a><br /><br /><a href="http://thereisnospoon.jp/blog-entry-609.html" target="_blank" title="レッスン355「私が神の言葉を受け入れるとき、全ての平安と喜びが果てることはないし、私が与える奇跡の全てが尽きることもない。それがどうして今日であってならないのだろう。」">レッスン355「私が神の言葉を受け入れるとき、全ての平安と喜びが果てることはないし、私が与える奇跡の全てが尽きることもない。それがどうして今日であってならないのだろう。」</a><br /><br /><br /><a href="http://thereisnospoon.jp/blog-entry-612.html" target="_blank" title="レッスン356「病気は、罪のもう一つの名前でしかない。癒しは、神のもう一つの名前でしかない。奇跡は、こうして神に呼びかけることだ。」">レッスン356「病気は、罪のもう一つの名前でしかない。癒しは、神のもう一つの名前でしかない。奇跡は、こうして神に呼びかけることだ。」</a><br /><br /><a href="http://thereisnospoon.jp/blog-entry-613.html" target="_blank" title="レッスン357「真理は、私たちが神に求める一つひとつの呼びかけに答えてくれます。真理は、最初は、奇跡をもって応え、それから、真理そのものとなるように私たちの許へと戻ってきます。」">レッスン357「真理は、私たちが神に求める一つひとつの呼びかけに答えてくれます。真理は、最初は、奇跡をもって応え、それから、真理そのものとなるように私たちの許へと戻ってきます。」</a><br /><br /><a href="http://thereisnospoon.jp/blog-entry-614.html" target="_blank" title="レッスン358「神への呼びかけが、聞き入れられなかったり、答えられないままになることは一切ありません。そして、次のことを私は確信できます。それは、神の答えこそ、私が本当に望む答えだということです。」">レッスン358「神への呼びかけが、聞き入れられなかったり、答えられないままになることは一切ありません。そして、次のことを私は確信できます。それは、神の答えこそ、私が本当に望む答えだということです。」</a><br /><br /><a href="http://thereisnospoon.jp/blog-entry-615.html" target="_blank" title="レッスン359「神の答えは、何らかの形の平安となります。あらゆる苦痛は癒され、全ての悲惨さは喜びに置き換えられます。牢獄の扉は全て開け放たれています。そして、罪は全て、単なる間違いでしかないものとして理解されます。」">レッスン359「神の答えは、何らかの形の平安となります。あらゆる苦痛は癒され、全ての悲惨さは喜びに置き換えられます。牢獄の扉は全て開け放たれています。そして、罪は全て、単なる間違いでしかないものとして理解されます。」</a><br /><br /><a href="http://thereisnospoon.jp/blog-entry-616.html" target="_blank" title="レッスン360「聖なる神の子である私に平安がありますように。私と一体である私の兄弟に平安がありますように。私たちを通して、全世界が平安で祝福されますように。」">レッスン360「聖なる神の子である私に平安がありますように。私と一体である私の兄弟に平安がありますように。私たちを通して、全世界が平安で祝福されますように。」</a><br /><br /><br /><a href="http://thereisnospoon.jp/blog-entry-618.html" target="_blank" title="最終レッスン序論">最終レッスン序論</a><br /><br /><a href="http://thereisnospoon.jp/blog-entry-619.html" target="_blank" title="レッスン361から365">レッスン361から365</a><br /><br /><a href="http://thereisnospoon.jp/blog-entry-620.html" target="_blank" title="ワークブック・エピローグ">ワークブック・エピローグ</a><br /><br /><br /><br /><br /><a href="http://blogranking.fc2.com/in.php?id=803484" target="_blank"><img src="http://blogranking.fc2.com/ranking_banner/a_02.gif" style="border:0px;">いつも読んでいただき、ありがとうございます!</a><br /><br /><a href="http://philosophy.blogmura.com/acim/"><img src="http://philosophy.blogmura.com/acim/img/acim88_31.gif" width="88" height="31" border="0" alt="にほんブログ村 哲学・思想ブログ ACIMへ" /></a><br /><a href="http://philosophy.blogmura.com/acim/">ポチリよろしく!</a><br /><br /><a href="http://philosophy.blogmura.com/spiritualmessage/"><img src="http://philosophy.blogmura.com/spiritualmessage/img/spiritualmessage88_31.gif" width="88" height="31" border="0" alt="にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルメッセージへ" /></a><br /><a href="http://philosophy.blogmura.com/spiritualmessage/">にほんブログ村</a><br /><br /><a href="http://blog.with2.net/link.php?1511580" title="人気ブログランキングへ"><img src="http://image.with2.net/img/banner/banner_22.gif" width="88" height="31" border="0" /></a><br /><a href="http://blog.with2.net/link.php?1511580" style="font-size:12px;">ポチッとお願いします!</a><br /><br /><a href=" http://airw.net/newage/rank.cgi?id=gnothi" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-59.fc2.com/g/n/o/gnothiseauton/20130808153430ee3.gif" alt="2air_rank" border="0" width="100" height="40" />クリックお願いします</a><br /><br /><br /><!-- X:S ZenBackWidget --><script type="text/javascript">document.write(unescape("%3Cscript")+" src='http://widget.zenback.jp/?base_uri=http%3A//gnothiseauton.blog.fc2.com&nsid=113440572450064480%3A%3A113440640095770003&rand="+Math.ceil((new Date()*1)*Math.random())+"' type='text/javascript'"+unescape("%3E%3C/script%3E"));</script><!-- X:E ZenBackWidget -->
    764

    ワークブック・パート2特別解説 目次

    ワークブック・パート2の特別解説の目次です。What Is Forgiveness?What is Salvation?What is the World?What is Sin?What is the Body?What is the Christ?What is the Holy Spirit?What is the Real World?What is the Second Coming?What is the Last Judgement?What is Creation?What is the Ego?What is a Miracle?What am I?いつも読んでいただき、ありがとうございます!ポチッとよろしく!にほんブログ村ポチッとお願い... ワークブック・パート2の特別解説の目次です。<br /><br /><a href="http://thereisnospoon.jp/img/shutterstock_57133228.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-73.fc2.com/g/n/o/gnothiseauton/shutterstock_57133228.jpg" alt="" border="0" width="401" height="500" /></a><br /><br /><br /><a href="http://thereisnospoon.jp/blog-entry-97.html" target="_blank" title="What Is Forgiveness?">What Is Forgiveness?</a><br /><br /><a href="http://thereisnospoon.jp/blog-entry-217.html" target="_blank" title="What is Salvation?">What is Salvation?</a><br /><br /><a href="http://thereisnospoon.jp/blog-entry-353.html" target="_blank" title="What is the World?">What is the World?</a><br /><br /><a href="http://thereisnospoon.jp/blog-entry-483.html" target="_blank" title="What is Sin?">What is Sin?</a><br /><br /><a href="http://thereisnospoon.jp/blog-entry-239.html" target="_blank" title="What is the Body?">What is the Body?</a><br /><br /><a href="http://thereisnospoon.jp/blog-entry-221.html" target="_blank" title="What is the Christ?">What is the Christ?</a><br /><br /><a href="http://thereisnospoon.jp/blog-entry-207.html" target="_blank" title="What is the Holy Spirit?">What is the Holy Spirit?</a><br /><br /><a href="http://thereisnospoon.jp/blog-entry-530.html" target="_blank" title="What is the Real World?">What is the Real World?</a><br /><br /><a href="http://thereisnospoon.jp/blog-entry-545.html" target="_blank" title="What is the Second Coming?">What is the Second Coming?</a><br /><br /><a href="http://thereisnospoon.jp/blog-entry-558.html" target="_blank" title="What is the Last Judgement?">What is the Last Judgement?</a><br /><br /><a href="http://thereisnospoon.jp/blog-entry-308.html" target="_blank" title="What is Creation?">What is Creation?</a><br /><br /><a href="http://thereisnospoon.jp/blog-entry-227.html" target="_blank" title="What is the Ego?">What is the Ego?</a><br /><br /><a href="http://thereisnospoon.jp/blog-entry-281.html" target="_blank" title="What is a Miracle?">What is a Miracle?</a><br /><br /><a href="http://thereisnospoon.jp/blog-entry-231.html" target="_blank" title="What am I?">What am I?</a><br /><br /><br /><a href="http://blogranking.fc2.com/in.php?id=803484" target="_blank"><img src="http://blogranking.fc2.com/ranking_banner/a_02.gif" style="border:0px;">いつも読んでいただき、ありがとうございます!</a><br /><br /><a href="http://www.blogmura.com/ranking.html" target="_blank"><img src="http://www.blogmura.com/img/www88_31.gif" width="88" height="31" border="0" alt="ブログランキング・にほんブログ村へ" /></a><br /><a href="http://www.blogmura.com/ranking.html" target="_blank">ポチッとよろしく!</a><br /><br /><a href="http://philosophy.blogmura.com/spiritualmessage/"><img src="http://philosophy.blogmura.com/spiritualmessage/img/spiritualmessage88_31.gif" width="88" height="31" border="0" alt="にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルメッセージへ" /></a><br /><a href="http://philosophy.blogmura.com/spiritualmessage/">にほんブログ村</a><br /><br /><a href="http://blog.with2.net/link.php?1511580" title="人気ブログランキングへ"><img src="http://image.with2.net/img/banner/banner_22.gif" width="88" height="31" border="0" /></a><br /><a href="http://blog.with2.net/link.php?1511580" style="font-size:12px;">ポチッとお願いします!</a><br /><br /><a href=" http://airw.net/newage/rank.cgi?id=gnothi" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-59.fc2.com/g/n/o/gnothiseauton/20130808153430ee3.gif" alt="2air_rank" border="0" width="100" height="40" />クリックお願いします</a><br /><br /><br /><!-- head 内か、body 終了タグの直前に次のタグを貼り付けてください。 --><br /><script src="https://apis.google.com/js/platform.js" async defer><br /> {lang: 'ja'}<br /></script><br /><br /><!-- +1 ボタン を表示したい位置に次のタグを貼り付けてください。 --><br /><div class="g-plusone" data-annotation="inline" data-width="300"></div><br /><br /><br /><!-- X:S ZenBackWidget --><script type="text/javascript">document.write(unescape("%3Cscript")+" src='http://widget.zenback.jp/?base_uri=http%3A//gnothiseauton.blog.fc2.com&nsid=113440572450064480%3A%3A113440640095770003&rand="+Math.ceil((new Date()*1)*Math.random())+"' type='text/javascript'"+unescape("%3E%3C/script%3E"));</script><!-- X:E ZenBackWidget --><br /><br /><br />
    198

    ACIM TEXT 朗読音声目次

    YouTubeで、テキスト、ワークブック、マニュアルの朗読音声+原文のスクロール画像が公開されています。www.BoulderACIM.com目次を作りましたので、活用してみてください。テキストは、今のところ、8月11日の第21章の8. The Inner Shiftまで公開されています。同じシリーズの教師のためのマニュアルはすべての節が、ワークブックは8月17日でレッスン46まで公開されています。朗読を聞きながら読むと音声に牽引してもらっ... <a href="http://thereisnospoon.jp/img/Fotolia_79864227_XS.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-73.fc2.com/g/n/o/gnothiseauton/Fotolia_79864227_XS.jpg" alt="" border="0" width="346" height="346" /></a><br /><br /><br /><a href="http://blog.fc2.com/tag/YouTube" class="tagword">YouTube</a>で、<a href="http://blog.fc2.com/tag/%E3%83%86%E3%82%AD%E3%82%B9%E3%83%88" class="tagword">テキスト</a>、<a href="http://blog.fc2.com/tag/%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%82%AF%E3%83%96%E3%83%83%E3%82%AF" class="tagword">ワークブック</a>、マニュアルの<a href="http://blog.fc2.com/tag/%E6%9C%97%E8%AA%AD%E9%9F%B3%E5%A3%B0" class="tagword">朗読音声</a>+原文のスクロール画像が公開されています。<br /><br /><br /><iframe width="560" height="315" src="//www.youtube.com/embed/eEA1wuB2KXc" frameborder="0" allowfullscreen></iframe><br /><a href="http://www.boulderacim.com/" target="_blank" title="www.BoulderACIM.com">www.BoulderACIM.com</a><br /><br /><br /><a href="http://blog.fc2.com/tag/%E7%9B%AE%E6%AC%A1" class="tagword">目次</a>を作りましたので、活用してみてください。<br /><br /><a href="http://blog.fc2.com/tag/%E3%83%86%E3%82%AD%E3%82%B9%E3%83%88" class="tagword">テキスト</a>は、今のところ、8月11日の第21章の8. The Inner Shiftまで公開されています。<br /><br />同じシリーズの<a href="http://blog.fc2.com/tag/%E6%95%99%E5%B8%AB%E3%81%AE%E3%81%9F%E3%82%81%E3%81%AE%E3%83%9E%E3%83%8B%E3%83%A5%E3%82%A2%E3%83%AB" class="tagword">教師のためのマニュアル</a>はすべての節が、<a href="http://blog.fc2.com/tag/%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%82%AF%E3%83%96%E3%83%83%E3%82%AF" class="tagword">ワークブック</a>は8月17日でレッスン46まで公開されています。<br /><br /><a href="http://blog.fc2.com/tag/%E6%9C%97%E8%AA%AD" class="tagword">朗読</a>を聞きながら読むと音声に牽引してもらって、とにもかくにも先に進むということができます。<br /><br />ぜひ聞いてみてください。<br /><br /><br />
    2

    ACIMの参考図書(漫画)の紹介

    The Universe Is a Dream: The Secrets of Existence Revealed(2010/09/30)Alexander Marchand商品詳細を見る Alexander MarchandさんのThe Universe Is a Dream: The Secrets of Existence Revealed は、お勧め本です。コースの漫画なんて珍しいですが、よく学校の勉強にとっつきやすくするために漫画化されたものなんかとはちがって、本当に面白く読めます。日本語版はないですが、漫画なので、文章も分かり易いと思います。 ... <a href="http://thereisnospoon.jp/img/20150331202215dcc.png/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-73.fc2.com/g/n/o/gnothiseauton/20150331202215dcc.png" alt="アレックス" border="0" width="342" height="518" /></a><br /><br /><table style="width:75%;border:0;" border="0"><tr><td style="border:none;" valign="top" align="center"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/0982923007/gnothiseuton-22/ref=nosim/" target="_blank"><img src="http://ecx.images-amazon.com/images/I/51mwatGsncL._SL160_.jpg" alt="The Universe Is a Dream: The Secrets of Existence Revealed" style="border:none;" /></a></td><td style="padding:0 0.4em;border:0;" valign="top"><a href="http://blog.fc2.com/goods/0982923007/gnothiseuton-22" target="_blank">The Universe Is a Dream: The Secrets of Existence Revealed</a><br />(2010/09/30)<br />Alexander Marchand<br /><br /><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/0982923007/gnothiseuton-22/ref=nosim/" target="_blank">商品詳細を見る</a></td></tr></table><br /><br /><br /><br /> Alexander MarchandさんのThe Universe Is a Dream: The Secrets of Existence Revealed は、お勧め本です。コースの漫画なんて珍しいですが、よく学校の勉強にとっつきやすくするために漫画化されたものなんかとはちがって、本当に面白く読めます。日本語版はないですが、漫画なので、文章も分かり易いと思います。<br /> とはいえ、漫画だからといってこの本を軽く見てはいけません。<br /> <br /> 陰陽太極図の白の勾玉を聖霊、黒の勾玉をエゴとして表現しているのをはじめとして、コースの概念をそれぞれ唸ってしまうくらいうまく表現してくれています。<br /> <br /> これまで、文字だけで学んでいただけでは曖昧なままだった概念が、図解によってよりよく理解できるようになります。<br /><a href="http://gnothiseauton.blog.fc2.com/img/2013042614283395e.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-59.fc2.com/g/n/o/gnothiseauton/2013042614283395e.jpg" alt="統合プリズム" border="0" width="540" height="395" /></a>
    • Date : 2013-04-25 (Thu)
    • Category : 書籍
    264

    原文サイト

    奇跡のコースの原文をオンラインで見ることができるサイトです。... 奇跡のコースの原文をオンラインで見ることができるサイトです。<br /><br /><a href="http://thereisnospoon.jp/img/ACIM3COVER.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-73.fc2.com/g/n/o/gnothiseauton/ACIM3COVER.jpg" alt="" border="0" width="300" height="466" /></a><br /><br /><br />
    • Date : 2013-04-26 (Fri)
    • Category : ネット
    191

    参考ウェブサイト

    参考ウェブサイト集です。... 参考ウェブサイト集です。<br /><br /><br /><a href="http://thereisnospoon.jp/img/Fotolia_64180670_XS.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-73.fc2.com/g/n/o/gnothiseauton/Fotolia_64180670_XS.jpg" alt="" border="0" width="414" height="290" /></a><br /><br /><br />
    • Date : 2013-04-26 (Fri)
    • Category : ネット
    4

    奇跡のコースの朗読音声

     目で読むのが億劫なときでも、耳から聞くのは苦痛ではありません。通勤・通学のときや車の運転中などにも、音声なら、聞くことができます。お勧めの奇跡のコースの原文の朗読を紹介します。米アマゾンで「jim stewart acim」で検索すれば出てきます。 日本のアマゾンでは、販売されていないようです。 少し値段が張りますが、約60枚のCDであり、朗読者のジム・スチュワートさんが穏やかに渋い声で語り、コースの言葉がすう...  目で読むのが億劫なときでも、耳から聞くのは苦痛ではありません。通勤・通学のときや車の運転中などにも、音声なら、聞くことができます。<br /><br />お勧めの奇跡のコースの原文の朗読を紹介します。米アマゾンで「jim stewart acim」で検索すれば出てきます。<br /><br /> 日本のアマゾンでは、販売されていないようです。<br /><br /> 少し値段が張りますが、約60枚のCDであり、朗読者のジム・スチュワートさんが穏やかに渋い声で語り、コースの言葉がすうっと心に染み込んできます。値段以上の価値はあることは請け合います。<br /><a href="http://gnothiseauton.blog.fc2.com/img/CD.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-59.fc2.com/g/n/o/gnothiseauton/CD.jpg" alt="CD.jpg" border="0" width="500" height="220" /></a><br /><br /><br /> 米国アマゾンで買うと、輸入に時間はかかりますが、ぜひ手に入れて聴いてみてください。<br /><br /> CDの朗読はパソコンに吸い取ってから聴く方がほとんどだと思います。iPhoneで聞く場合に、お勧めなのが、速聴Musicというアプリです。<br /><br /> 再生速度を変えることができ、2倍、3倍、4倍速で早聴きすることができます。<br /><br /> また、米アマゾンとつながっている<a href="http://www.audible.com/pd/Self-Development/A-Course-in-Miracles-Text-Vol-1-Audiobook/B008J32VQ6/ref=a_hp_c4_1_1_i_ccs?ie=UTF8&amp;pf_rd_r=16A5BSXXM8S3M3E3MRVB&amp;pf_rd_m=A2ZO8JX97D5MN9&amp;pf_rd_t=101&amp;pf_rd_i=5000&amp;pf_rd_p=2118260662&amp;pf_rd_s=center-4" target="_blank" title="オーディブルでダウンロード">オーディブルでダウンロード</a>した音声も、iPhoneのAudibleというアプリで再生速度調整ができます。ACIM関連の書籍を朗読した音声が販売されていますので、覗いてみてください。<br /><br /><br /><iframe width="420" height="315" src="https://www.youtube.com/embed/0yEzodbiqbk" frameborder="0" allowfullscreen></iframe><br /><br /><br /><!-- X:S ZenBackWidget --><script type="text/javascript">document.write(unescape("%3Cscript")+" src='http://widget.zenback.jp/?base_uri=http%3A//gnothiseauton.blog.fc2.com&nsid=113440572450064480%3A%3A113440640095770003&rand="+Math.ceil((new Date()*1)*Math.random())+"' type='text/javascript'"+unescape("%3E%3C/script%3E"));</script><!-- X:E ZenBackWidget --><br /><br /><a href="http://blogranking.fc2.com/in.php?id=803484" target="_blank"><img src="http://blogranking.fc2.com/ranking_banner/a_02.gif" style="border:0px;">いつも読んでいただき、ありがとうございます!</a><br /><br /><a href="http://philosophy.blogmura.com/acim/"><img src="http://philosophy.blogmura.com/acim/img/acim88_31.gif" width="88" height="31" border="0" alt="にほんブログ村 哲学・思想ブログ ACIMへ" /></a><br /><a href="http://philosophy.blogmura.com/acim/">ポチリよろしく!</a><br /><br /><a href="http://blog.with2.net/link.php?1511580" title="人気ブログランキングへ"><img src="http://image.with2.net/img/banner/banner_22.gif" width="88" height="31" border="0" /></a><br /><a href="http://blog.with2.net/link.php?1511580" style="font-size:12px;">ポチッとお願いします!</a>
    • Date : 2013-04-27 (Sat)
    • Category : 朗読
    8

    原文のメッセージと翻訳

    前に原文と翻訳を聖霊とエゴ、拡張と投影に譬えました。この世界では、あるアイデア、イメージを伝えるためには、それを運ばせる媒体を必要とします。言葉による文章表現であったり、絵画であったり、音楽であったり、多様な伝達手段が用いられますが、それらの媒体を介して伝わるのは想念です。ですから、厳密には、原文と翻訳でいえば、原文の著者が抱いた想念こそが聖霊に譬えられるということになります。具体的な原文の言葉遣... <a href="http://thereisnospoon.jp/img/Fotolia_79934976_XS.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-73.fc2.com/g/n/o/gnothiseauton/Fotolia_79934976_XS.jpg" alt="" border="0" width="346" height="346" /></a><br /><br /><br />前に原文と<a href="http://blog.fc2.com/tag/%E7%BF%BB%E8%A8%B3" class="tagword">翻訳</a>を<a href="http://blog.fc2.com/tag/%E8%81%96%E9%9C%8A" class="tagword">聖霊</a>と<a href="http://blog.fc2.com/tag/%E3%82%A8%E3%82%B4" class="tagword">エゴ</a>、拡張と<a href="http://blog.fc2.com/tag/%E6%8A%95%E5%BD%B1" class="tagword">投影</a>に譬えました。<br /><br />この世界では、あるアイデア、イメージを伝えるためには、それを運ばせる媒体を必要とします。言葉による文章表現であったり、絵画であったり、音楽であったり、多様な伝達手段が用いられますが、それらの媒体を介して伝わるのは想念です。<br /><br />ですから、厳密には、原文と<a href="http://blog.fc2.com/tag/%E7%BF%BB%E8%A8%B3" class="tagword">翻訳</a>でいえば、原文の著者が抱いた想念こそが<a href="http://blog.fc2.com/tag/%E8%81%96%E9%9C%8A" class="tagword">聖霊</a>に譬えられるということになります。具体的な原文の言葉遣いや表現形式が<a href="http://blog.fc2.com/tag/%E8%81%96%E9%9C%8A" class="tagword">聖霊</a>に譬えられるわけではありません。言ってみれば、原文も、第一段階の<a href="http://blog.fc2.com/tag/%E7%BF%BB%E8%A8%B3" class="tagword">翻訳</a>といえるかもしれません(特に、<a href="http://blog.fc2.com/tag/%E5%A5%87%E8%B7%A1%E3%81%AE%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%82%B9" class="tagword">奇跡のコース</a>ではそう言えるでしょう)。<br /><br />
    113

    罪悪感から解放されることは可能なのか?

    みなさんの中には、過去に自分の犯してしまった過ちを悔いて、時間を巻き戻せるものなら人生をやり直したいという思いに駆られながら生ける屍のように日々を送っている方もいらっしゃるでしょう。中には人の命を失わせたり、身体を傷つけたりするような出来事に関わった方もいらっしゃるかもしれません。そして、その相手が自分の大切な人だったという方もあるかもしれません。ある程度の長さの時間をこの世界で過ごしてきて、人を... みなさんの中には、過去に自分の犯してしまった過ちを悔いて、時間を巻き戻せるものなら人生をやり直したいという思いに駆られながら生ける屍のように日々を送っている方もいらっしゃるでしょう。<br /><br /><a href="http://gnothiseauton.blog.fc2.com/img/Fotolia_48935114_XS.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-59.fc2.com/g/n/o/gnothiseauton/Fotolia_48935114_XS.jpg" alt="" border="0" width="346" height="346" /></a><br /><br /><br /><br />中には人の命を失わせたり、身体を傷つけたりするような出来事に関わった方もいらっしゃるかもしれません。そして、その相手が自分の大切な人だったという方もあるかもしれません。<br /><br />ある程度の長さの時間をこの世界で過ごしてきて、人を傷つけてしまったという思いを抱くことが全くなく、自分は人を幸せにしかしていない、我が人生に悔いなし!楽しくてしょうがない!という幸せ一点張りの人はなかなかいないでしょう(そんな人の場合、本人は幸せでも周囲が困らされ傷つけられているということが得てして多いものです)。<br /><br />また、<a href="http://blog.fc2.com/tag/%E7%BD%AA%E3%81%AE%E6%84%8F%E8%AD%98" class="tagword">罪の意識</a>は、他人だけではなくて、自分に向けられた自責の念であるかもしれません。<br /><br />自分の過去の選択や行動について、あのときこうしていたら、自分の人生は違っていたはずだ、自分の心の声が告げているのにうすうす気づいていながら、世間体や漠然とした不安感や恐怖心のせいで、心の声に従う勇気が持てなかったと自分に対して正直でなかったことに<a href="http://blog.fc2.com/tag/%E7%BD%AA%E3%81%AE%E6%84%8F%E8%AD%98" class="tagword">罪の意識</a>を抱き、悔いている方もいらっしゃるでしょう。<br /><br />そして、誰か他者から被害を受けた側も<a href="http://blog.fc2.com/tag/%E7%BD%AA%E3%81%AE%E6%84%8F%E8%AD%98" class="tagword">罪の意識</a>を抱くことがあります。<br />あのとき自分がほかの場所にいたら、ほかの選択をしていたら、このような被害に遭わずにすんだかもしれない、もっと抵抗したり、うまく防衛できていたら、もう少し上手に立ち回ることができたら、成り行きが違ったかもしれない、<a href="http://blog.fc2.com/tag/%E8%A2%AB%E5%AE%B3%E8%80%85" class="tagword">被害者</a>の家族は、被害に遭うのを防ぐために自分には何かできたはずではないかと考えてしまいます。結局、上の自責の念と同じです。<br />
    9

    神の使者朗読とゲイリー・レナードさん新刊案内

    Love Has Forgotten No One: The Answer to Life()不明商品詳細を見る奇跡のコースの学習者の多くは、ゲイリー・レナードさんの「神の使者」(3作目の「Love Has Forgotten No One: The Answer to Life [Hardcover]」は、今年の10月8日公開予定。なかなか出ませんが、延期にならずに発売されることを期待しましょう!)を愛読されていると思います。内容についてはここでは説明はしませんが、朗読音声をご紹介します。The Disa... <a href="http://thereisnospoon.jp/img/20150331202541264.png/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-73.fc2.com/g/n/o/gnothiseauton/20150331202541264.png" alt="love has forgotten no one" border="0" width="466" height="694" /></a><br /><br /><br /><br /><table style="width:75%;border:0;" border="0"><tr><td style="border:none;" valign="top" align="center"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/1401917232/gnothiseuton-22/ref=nosim/" target="_blank"><img src="http://ecx.images-amazon.com/images/I/51yPlGogiVL.jpg" alt="Love Has Forgotten No One: The Answer to Life" style="border:none;" /></a></td><td style="padding:0 0.4em;border:0;" valign="top"><a href="http://blog.fc2.com/goods/1401917232/gnothiseuton-22" target="_blank">Love Has Forgotten No One: The Answer to Life</a><br />()<br />不明<br /><br /><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/1401917232/gnothiseuton-22/ref=nosim/" target="_blank">商品詳細を見る</a></td></tr></table><br /><br /><a href="http://blog.fc2.com/tag/%E5%A5%87%E8%B7%A1%E3%81%AE%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%82%B9" class="tagword">奇跡のコース</a>の学習者の多くは、<a href="http://blog.fc2.com/tag/%E3%82%B2%E3%82%A4%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%83%AC%E3%83%8A%E3%83%BC%E3%83%89" class="tagword">ゲイリー・レナード</a>さんの「<a href="http://blog.fc2.com/tag/%E7%A5%9E%E3%81%AE%E4%BD%BF%E8%80%85" class="tagword">神の使者</a>」(3作目の「Love Has Forgotten No One: The Answer to Life [Hardcover]」は、今年の10月8日公開予定。なかなか出ませんが、延期にならずに発売されることを期待しましょう!)を愛読されていると思います。内容についてはここでは説明はしませんが、<a href="http://www.audible.com/pd/Self-Development/The-Disappearance-of-the-Universe-Audiobook/B002UZNBX6/ref=a_search_c4_1_1_srImg?qid=1459041115&amp;sr=1-1" target="_blank" title="朗読音声">朗読音声</a>をご紹介します。<table style="width:75%;border:0;" border="0"><tr><td style="border:none;" valign="top" align="center"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/1401906788/fc2blog06-22/ref=nosim/" target="_blank"><img src="http://ecx.images-amazon.com/images/I/612BS1GV36L._SL75_.jpg" alt="The Disappearance of Universe 6-cd Set: Straight Talk About Illusions, Past Lives, Religion, Sex, Politics, And the Miracle of Forgiveness" border="0"></a></td><td style="padding:0 0.4em;border:0;" valign="top"><a href="http://blog.fc2.com/goods/1401906788/fc2blog06-22" target="_blank">The Disappearance of Universe 6-cd Set: Straight Talk About Illusions, Past Lives, Religion, Sex, Politics, And the Miracle of Forgiveness</a><br />(2005/11)<br />Gary R. Renard<br /><br /><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/1401906788/fc2blog06-22/ref=nosim/" target="_blank">商品詳細を見る</a></td></tr></table><br />この朗読、設定は、<a href="http://blog.fc2.com/tag/%E3%82%A2%E3%83%BC%E3%83%86%E3%83%B3" class="tagword">アーテン</a>と<a href="http://blog.fc2.com/tag/%E3%83%91%E3%83%BC%E3%82%B5" class="tagword">パーサ</a>がゲイリーさんの許を訪れて、<a href="http://blog.fc2.com/tag/%E7%A5%9E%E3%81%AE%E4%BD%BF%E8%80%85" class="tagword">神の使者</a>の内容そのまんまを再現するというものです。<br />ゲイリーさん(本人役として出演)の語り口は味があるのですが、少しこもった発声をなさるので、聞き取りにくいと思います。<a href="http://blog.fc2.com/tag/%E3%82%A2%E3%83%BC%E3%83%86%E3%83%B3" class="tagword">アーテン</a>役、<a href="http://blog.fc2.com/tag/%E3%83%91%E3%83%BC%E3%82%B5" class="tagword">パーサ</a>役の二人はともに、はまり役で、非常に魅力的で元気が湧いてくる声で語り掛けてくれます。<a href="http://blog.fc2.com/tag/%E3%83%91%E3%83%BC%E3%82%B5" class="tagword">パーサ</a>役の<a href="http://blog.fc2.com/tag/%E3%83%89%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%B3" class="tagword">ドリーン</a>・<a href="http://blog.fc2.com/tag/%E3%83%90%E3%83%BC%E3%83%81%E3%83%A5%E3%83%BC" class="tagword">バーチュー</a>さんと言えば、「ああ、天使の本を出している人ね」と思い出される方も多いかと思いますが、ご本人自体が癒しの声をお持ちのようです。ぜひ、聴いてみてください。
    • Date : 2013-04-30 (Tue)
    • Category : 書籍
    786

    お勧め本、映画

    FC2ブログが、「マイショップ」というアマゾンの商品案内システムを平成27年6月で廃止してしまいました。そのため、以前には、たくさん表示されていたお勧め本やお勧め映画が表示されなくなっています。奇跡のコースに取り組まれるみなさんにぜひ参考にしていただきたい作品ばかりですので、とりあえず、保存してあるデータをあげておきます。HTMLタグ等がそのまま表示されてしまいますが、画像等でお勧め作品を見ていただくこ... <a href="http://thereisnospoon.jp/img/Fotolia_59325724_XS.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-73.fc2.com/g/n/o/gnothiseauton/Fotolia_59325724_XS.jpg" alt="" border="0" width="308" height="389" /></a><br /><br /><br />FC2ブログが、「マイショップ」というアマゾンの商品案内システムを平成27年6月で廃止してしまいました。<br /><br />そのため、以前には、たくさん表示されていたお勧め本やお勧め映画が表示されなくなっています。<br /><br />奇跡のコースに取り組まれるみなさんにぜひ参考にしていただきたい作品ばかりですので、とりあえず、保存してあるデータをあげておきます。<br /><br />HTMLタグ等がそのまま表示されてしまいますが、画像等でお勧め作品を見ていただくことはできます。<br /><br /><br />
    • Date : 2013-04-30 (Tue)
    • Category : 書籍
    11

    Gnothi Seauton 汝自身を知れ

    このブログのURLには「gnothiseauton」という文字が入っています。英語では「Know Thyself」、日本語では「汝自身を知れ」と訳されます。奇跡のコースでは、カリキュラムの目的は「Know Thyself」つまり「汝自身を知れ」ということだといいます。「汝自身を知れ」は、デルフィのアポロン神殿の入り口に刻まれた古代ギリシャの格言で、ソクラテスが引用していたことからも有名な言葉です。この言葉は、自分の無知を知れ、人間として... <a href="http://thereisnospoon.jp/img/shutterstock_176258837.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-73.fc2.com/g/n/o/gnothiseauton/shutterstock_176258837.jpg" alt="" border="0" width="500" height="334" /></a><br /><br /><br />このブログのURLには「gnothiseauton」という文字が入っています。英語では「Know Thyself」、日本語では「汝自身を知れ」と訳されます。<br /><br />奇跡のコースでは、カリキュラムの目的は「Know Thyself」つまり「汝自身を知れ」ということだといいます。<br /><br />「汝自身を知れ」は、デルフィのアポロン神殿の入り口に刻まれた古代ギリシャの格言で、ソクラテスが引用していたことからも有名な言葉です。<br /><br />この言葉は、自分の無知を知れ、人間としての分を弁えて身の程を知るように、足ることを知れという風な教えであると解釈されることが多いようです。<br /><br />神託を受けに来た者に対する戒めとして、刻まれていた3つの格言は、<br />① 汝自身を知れ(gnothi seauton)<br />② 度を超すなかれ(過剰の中の無(meden agan))<br />③ 無理な誓いはするな(誓約と破滅は紙一重(engua para d'ate))<br />ということらしいので、もともとの語源からすると、この解釈は正しいといえます。<br /><br /><br />
    12

    分かち合い

    奇跡のコースは、分かち合い、共有すること、持っているものを与えることを求めます。何かを分かち合ったり、自分のものを人にあげることは、一見すると、それを独り占めしている状態に比べて損なことのように思えます。また、誰かの持っているものを得る場合に、ただで手に入れられれば、それに越したことはなく、高い代金を支払うならそれは損をしていることだという風にも思えます。この発想は、バラバラに分離した個別の自己の... 奇跡のコースは、<a href="http://blog.fc2.com/tag/%E5%88%86%E3%81%8B%E3%81%A1%E5%90%88%E3%81%84" class="tagword">分かち合い</a>、共有すること、持っているものを与えることを求めます。<br /><br />何かを分かち合ったり、自分のものを人にあげることは、一見すると、それを独り占めしている状態に比べて損なことのように思えます。また、誰かの持っているものを得る場合に、ただで手に入れられれば、それに越したことはなく、高い代金を支払うならそれは損をしていることだという風にも思えます。<br /><br /><a href="http://gnothiseauton.blog.fc2.com/img/Fotolia_52787181_XS.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-59.fc2.com/g/n/o/gnothiseauton/Fotolia_52787181_XS.jpg" alt="" border="0" width="290" height="414" /></a><br /><br /><br />この発想は、バラバラに分離した個別の自己の抱くエゴからすれば当然のものです。<br />この世にあるものは形あるものであれ、形のないものであれ、限りある儚いものであり、それゆえにこそ価値があるのだ、そして、限りあるものをみんなが狙っているのだから、せっかく自分の手に入れたものを渡すなどという気前のいいことは言っていられない、逆に、限られたものをみんなで共有するとなると、分母となる共有者の数だけ限られたものの持つ利益を享受できる機会や効能は細分化されてしまう、対価を払うにしても、その対価も自分が持つ有限なものから支出するのだから、少ないほどいいし、せめて自分の価値観で差し引きゼロのイーブンになるようにしなければ損だというわけです。<br /><br />これに対して、コースは、このような発想は、欠乏を信じることから必要性に序列があるとの考えに基づくものであり、本当の自分は、大いなる自己であることからすれば、、<a href="http://blog.fc2.com/tag/%E5%88%86%E3%81%8B%E3%81%A1%E5%90%88%E3%81%84" class="tagword">分かち合い</a>が損ではなく得にしかならないということを、物の共有と<a href="http://blog.fc2.com/tag/%E6%83%B3%E5%BF%B5" class="tagword">想念</a>の共有を例に出して説明します。<br /><br />
    13

    もしあのときこうしていたら、やり直しができたら

    誰しも、あのときこうしていたら、もっと違う自分であったはずなのに、という思いに駆られることがあります。もしあのとき、違う会社に就職していたら、もし別の人と結婚していたら、あのとき、車を運転しないで電車で行っていたなら、もし別の国や時代に生まれていたら・・・と。左のマイショップの「リプレイ」、「ミスター・ノーバディ」、「バタフライ・エフェクト」、「エターナル・サンシャイン」、「インセプション」等は、... <a href="http://thereisnospoon.jp/img/shutterstock_111443798.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-73.fc2.com/g/n/o/gnothiseauton/shutterstock_111443798.jpg" alt="" border="0" width="500" height="334" /></a><br /><br /><br />誰しも、あのときこうしていたら、もっと違う自分であったはずなのに、という思いに駆られることがあります。<a href="http://blog.fc2.com/tag/%E3%82%82%E3%81%97%E3%81%82%E3%81%AE%E3%81%A8%E3%81%8D" class="tagword">もしあのとき</a>、違う会社に就職していたら、もし別の人と結婚していたら、あのとき、車を運転しないで電車で行っていたなら、もし別の国や時代に生まれていたら・・・と。<br /><br />左のマイショップの「リプレイ」、「ミスター・ノーバディ」、「バタフライ・エフェクト」、「エターナル・サンシャイン」、「インセプション」等は、このことをテーマにした物語です。それぞれ切なくも美しい物語ですので、まだ観ていない作品がありましたら、ぜひご覧ください。<br /><br />さて、<a href="http://blog.fc2.com/tag/%E3%82%82%E3%81%97%E3%81%82%E3%81%AE%E3%81%A8%E3%81%8D" class="tagword">もしあのとき</a>こうしていたらというような思いは、分離の根源にかかわるものです。もし神のいない世界を作ったならという原初の思いこそが神の子をばらばらに分裂して散らばらせたものでした。<br /><br />
    15

    change the world

    「Therefore, seek not to change the world, but choose to change your mind about the world. 」 (テキスト 第二十一章 理性と知覚 序論)「Change the World」という有名な曲があります。 1996年の映画「フェノミナン」のサウンドトラックに収録されたベイビー・フェイスのプロデュースによるエリック・クラプトンのカバー・バージョンは大ヒットし、美しいメロディと歌詞で、私も大好きな曲です。「フェノミナン」自体も... <a href="http://thereisnospoon.jp/img/Fotolia_79659725_XS.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-73.fc2.com/g/n/o/gnothiseauton/Fotolia_79659725_XS.jpg" alt="" border="0" width="358" height="335" /></a><br /><br /><br />「Therefore, seek not to change the world, but choose to change your mind about the world. 」 (テキスト 第二十一章 理性と知覚 序論)<br /><br />「Change the World」という有名な曲があります。 1996年の映画「フェノミナン」のサウンドトラックに収録されたベイビー・フェイスのプロデュースによるエリック・クラプトンのカバー・バージョンは大ヒットし、美しいメロディと歌詞で、私も大好きな曲です。<br /><br />「フェノミナン」自体もよい作品です。主人公が急激に高い能力を得る系の作品では、「アルジャーノンに花束を」が有名ですが、「リミットレス」が予想外に面白かったので、お勧めです。<br /><br />さて、この世界を変える方法について、奇跡のコースは、世界を変えようとするのではなく、世界についてのあなたの心を変えることを選びなさいと言います。<br /><br />
    16

    母の日

    もうすぐ、母の日です。こうしたイベントごとに振り回されるのを嫌う人もいますが、聖霊が時間や世界を学習の道具として活用するように、何事も学びの機会として用いることができます。普段から親しいし、却って気を遣わせるからいいという方もいるでしょう。また、折り合いが悪く疎遠だという方や中には幼いころに傷を負う思いがあって接点を持ちたくないという方もいらっしゃるでしょう。また、贈りたくても既に他界されていると... <a href="http://thereisnospoon.jp/img/Fotolia_64015613_XS.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-73.fc2.com/g/n/o/gnothiseauton/Fotolia_64015613_XS.jpg" alt="" border="0" width="346" height="346" /></a><br /><br /><br />もうすぐ、母の日です。<br /><br />こうしたイベントごとに振り回されるのを嫌う人もいますが、聖霊が時間や世界を学習の道具として活用するように、何事も学びの機会として用いることができます。<br /><br />普段から親しいし、却って気を遣わせるからいいという方もいるでしょう。<br />また、折り合いが悪く疎遠だという方や中には幼いころに傷を負う思いがあって接点を持ちたくないという方もいらっしゃるでしょう。<br />また、贈りたくても既に他界されているという方もいらっしゃるでしょう。<br />
    17

    必要のない「犠牲」とは?

     奇跡のコースでは、犠牲という概念を認めません。 ですが、愛に基づく犠牲的行為を目にすると、私たちは胸を打たれます。幸福の王子(2006/11/29)オスカー・ワイルド商品詳細を見る 幼いころに、オスカー・ワイルドの「幸福の王子」を読んで、感動した子供時代の思い出のある方も多いと思います。王子や燕は、身を捧げる自分の尊さに酔いしれてなどいませんでしたし、自分の体から外して捧げた宝石を失うという意識もありません...  <br /><a href="http://thereisnospoon.jp/img/shutterstock_157007951.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-73.fc2.com/g/n/o/gnothiseauton/shutterstock_157007951.jpg" alt="" border="0" width="392" height="500" /></a><br /><br /><br />奇跡のコースでは、<a href="http://blog.fc2.com/tag/%E7%8A%A0%E7%89%B2" class="tagword">犠牲</a>という概念を認めません。<br /> <br />ですが、愛に基づく<a href="http://blog.fc2.com/tag/%E7%8A%A0%E7%89%B2" class="tagword">犠牲</a>的行為を目にすると、私たちは胸を打たれます。<br /><br /><br /><table style="width:75%;border:0;" border="0"><tr><td style="border:none;" valign="top" align="center"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4862380360/gnothiseuton-22/ref=nosim/" target="_blank"><img src="http://ecx.images-amazon.com/images/I/419NFYVWAKL._SL160_.jpg" alt="幸福の王子" style="border:none;" /></a></td><td style="padding:0 0.4em;border:0;" valign="top"><a href="http://blog.fc2.com/goods/4862380360/gnothiseuton-22" target="_blank">幸福の王子</a><br />(2006/11/29)<br />オスカー・ワイルド<br /><br /><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4862380360/gnothiseuton-22/ref=nosim/" target="_blank">商品詳細を見る</a></td></tr></table><br /><br /><br /> 幼いころに、オスカー・ワイルドの「<a href="http://blog.fc2.com/tag/%E5%B9%B8%E7%A6%8F%E3%81%AE%E7%8E%8B%E5%AD%90" class="tagword">幸福の王子</a>」を読んで、感動した子供時代の思い出のある方も多いと思います。王子や燕は、身を捧げる自分の尊さに酔いしれてなどいませんでしたし、自分の体から外して捧げた宝石を失うという意識もありませんでした。真に相手に一体感を抱いているゆえに、困った誰かの喜びを自分自身の喜びと感じていました。<br /> <br /> コースは、そんな思いや行動、そして、それを目にした者たちが抱く感動は間違いだというのでしょうか。<br /> 
    18

    マトリックス There is no spoon

     ブログタイトル「There Is No Spoon」は、映画を観る人であればみんな知っている「マトリックス」の中でのセリフです。マトリックスには、この世界が幻想であるという現実を認識するヒントが散りばめられていますので、奇跡のコース学習者には必見の教材です。第2作(リローデッド)、第3作(レヴォリューションズ)は映画としての出来はいまひとつなのは否めません。しかし、グノーシス主義的な思想やコンピュータに関する知...  ブログタイトル「There Is No Spoon」は、映画を観る人であればみんな知っている「マトリックス」の中でのセリフです。<br /><br />マトリックスには、この世界が幻想であるという現実を認識するヒントが散りばめられていますので、奇跡のコース学習者には必見の教材です。<br /><br /><a href="http://gnothiseauton.blog.fc2.com/img/spoon.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-59.fc2.com/g/n/o/gnothiseauton/spoon.jpg" alt="spoon.jpg" border="0" width="500" height="300" /></a><br /><br /><br />第2作(リローデッド)、第3作(レヴォリューションズ)は映画としての出来はいまひとつなのは否めません。しかし、グノーシス主義的な思想やコンピュータに関する知識を元に掘り下げると、込められている含意がどんどん分かってくる何度観ても新しい発見のある面白さがありますし、ひとつの心がエゴから大いなる自己へと飛翔してゆく過程をうまく示しており、非常に有益なので、第1作だけではなく、トリロジー全3作を見ることをお勧めします。「アニマトリックス」もお勧めです。<br />今回は第1作についてです。<br /><br />
    • Date : 2013-05-11 (Sat)
    • Category : 映画
    20

    他人なんて本当はいない!?

    奇跡のコースは、この世界が幻想であると告げます。そして、一人の神の子が分離の幻想によって、無数の個別の自己へと分裂しているとも言います。それでは、幻想の世界にいる私たちは、自分や他人のことをどのように捉えるべきなのでしょうか。この世界の考え方では、自分と他人という人間の数だけ、そのばらばらの身体の中にばらばらの個別の心が宿っている、それぞれに隔絶し、身体という牢獄に幽閉された寂しい存在で、目や耳等... 奇跡のコースは、この世界が幻想であると告げます。<br />そして、一人の神の子が分離の幻想によって、無数の個別の自己へと分裂しているとも言います。<br />それでは、幻想の世界にいる私たちは、自分や他人のことをどのように捉えるべきなのでしょうか。<br /><br />この世界の考え方では、自分と他人という人間の数だけ、そのばらばらの身体の中にばらばらの個別の心が宿っている、それぞれに隔絶し、身体という牢獄に幽閉された寂しい存在で、目や耳等の五官という外界との窓を通じて他の身体の中にいる囚人(他の心)と不十分ながらも意思疎通できるものの、年を取ると、この窓が曇ってくるし、身体が死んだら中に居る心も消滅しておしまいだということになります。<br />個別に身体に閉じ込められていると考えている心からすれば、他の身体の中に居るように見える他の心が本当に実在するものなのか検証する術はありません。<br />だから、外の世界が自分を騙しているのかもしれない、もしかしたら、自分の身体の中にある自分以外には、本当に何かを思う心など存在せず、世界には自分一人しかいないんじゃないかと思う素地となります。<br /><br /><a href="http://gnothiseauton.blog.fc2.com/img/Fotolia_43352959_XS.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-59.fc2.com/g/n/o/gnothiseauton/Fotolia_43352959_XS.jpg" alt="Fotolia_43352959_XS.jpg" border="0" width="346" height="346" /></a><br /><br /><br />このテーマの映画には、先日取り上げた「<a href="http://blog.fc2.com/tag/%E3%83%9E%E3%83%88%E3%83%AA%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%B9" class="tagword">マトリックス</a>」を初めとして、左に挙げている「トゥルーマン・ショー」や「<a href="http://blog.fc2.com/tag/%E3%83%90%E3%83%8B%E3%83%A9%E3%83%BB%E3%82%B9%E3%82%AB%E3%82%A4" class="tagword">バニラ・スカイ</a>」(「オープン・ユア・アイズ」のリメイク)等々があります。小説「リプレイ」もそうです。またの機会にこの小説を取り上げたいと思いますが、本当にお勧めです。<br /><br />「<a href="http://blog.fc2.com/tag/%E3%83%90%E3%83%8B%E3%83%A9%E3%83%BB%E3%82%B9%E3%82%AB%E3%82%A4" class="tagword">バニラ・スカイ</a>」では、交通事故で顔が壊れた主人公デイビッドが、人生を悲観し、医療の進歩に期待してクライオニクス(低温保存)による延命サービスを提供する会社と契約し、低温状態で150年間の間夢を見ていたことを思い出すという話で、世界は自分一人が見ていた夢だったという話です。<br />
    21

    「贖罪」

    「贖罪」は、奇跡のコースでも最重要な概念です。... <a href="http://thereisnospoon.jp/img/shutterstock_235831795.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-73.fc2.com/g/n/o/gnothiseauton/shutterstock_235831795.jpg" alt="" border="0" width="800" height="800" /></a><br /><br />「贖罪」は、奇跡のコースでも最重要な概念です。<br /><br />
    22

    この世界での配役について

    ダウン症の出生前診断が話題になることがあります。非常にデリケートな問題なので、軽はずみに私見は述べられません。もっとも、この命の選別に関わる問題はとても重大な疑問を提起します。人の価値に優劣はあるのか、生まれてこない方がよい命や生きている値打ちの無い命はあるのか。通り一遍の善(偽善も含む)に基づく考え方からすれば、一つの命は地球よりも重いのだから、生まれてくる命に優劣なんてつけるべきじゃないという... ダウン症の出生前診断が話題になることがあります。<br /><br />非常にデリケートな問題なので、軽はずみに私見は述べられません。<br /><br />もっとも、この命の選別に関わる問題はとても重大な疑問を提起します。<br />人の価値に優劣はあるのか、生まれてこない方がよい命や生きている値打ちの無い命はあるのか。<br /><br />通り一遍の善(偽善も含む)に基づく考え方からすれば、一つの命は地球よりも重いのだから、生まれてくる命に優劣なんてつけるべきじゃないということになるのはわかります。<br /><br />そうではなくて、きれいごとは抜きにして、本当のところはどうなのでしょう。<br /><br />まず、社会的な常識的発想の本音の部分を感じ取るならば、他人事として率直に言えば、世間的に優秀だと褒めそやされるような子供であってほしい(逆は敢えて言いません)というのが人情なのでしょう。<br /><br />この点について、奇跡のコースの考え方はどうなのでしょうか。結論は出せませんが、考えてみたいと思います。<br /><br /><a href="http://gnothiseauton.blog.fc2.com/img/Fotolia_48282768_XS.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-59.fc2.com/g/n/o/gnothiseauton/Fotolia_48282768_XS.jpg" alt="Fotolia_48282768_XS.jpg" border="0" width="346" height="346" /></a><br /><br />
    23

    マトリックス 自由意志という幻想

    今回は、マトリックスの続きです。... 今回は、<a href="http://gnothiseauton.blog.fc2.com/blog-entry-18.html" target="_blank" title="マトリックス">マトリックス</a>の続きです。<br /><a href="http://gnothiseauton.blog.fc2.com/img/20130521101515c8b.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-59.fc2.com/g/n/o/gnothiseauton/20130521101515c8b.jpg" alt="マトリックス2" border="0" width="400" height="250" /></a><br />
    • Date : 2013-05-21 (Tue)
    • Category : 映画
    24

    時間を消す

    奇跡のコースでは、時間は本当は存在しないと言います。そして、時間は学びの道具であり、必要が無くなれば消滅すると言います。時間が無いと言われても、私たちとしては腑に落ちません。「はあ?」と疑問符が湧いてくるだけです。... <a href="http://gnothiseauton.blog.fc2.com/img/Fotolia_51269323_XS.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-59.fc2.com/g/n/o/gnothiseauton/Fotolia_51269323_XS.jpg" alt="Fotolia_51269323_XS.jpg" border="0" width="346" height="346" /></a><br /><br /><br />奇跡のコースでは、時間は本当は存在しないと言います。そして、時間は学びの道具であり、必要が無くなれば消滅すると言います。<br /><br />時間が無いと言われても、私たちとしては腑に落ちません。「はあ?」と疑問符が湧いてくるだけです。<br /><br />
    25

    “ ヘルメス・J・シャンブ著「“それ”は在る―ある御方と探求者の対話 (覚醒ブックス)」

    “それ”は在る―ある御方と探求者の対話 (覚醒ブックス)(2013/05/10)ヘルメス・J・シャンブ商品詳細を見るすばらしい本に出会うことができました。... <a href="http://thereisnospoon.jp/img/201503312032415fe.png/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-73.fc2.com/g/n/o/gnothiseauton/201503312032415fe.png" alt="それは在る" border="0" width="486" height="698" /></a><br /><br /><br /><table style="width:75%;border:0;" border="0"><tr><td style="border:none;" valign="top" align="center"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4864510792/opne your eyes/ref=nosim/" target="_blank"><img src="http://ecx.images-amazon.com/images/I/31hMsfEkSmL.jpg" alt="“それ”は在る―ある御方と探求者の対話 (覚醒ブックス)" style="border:none;" /></a></td><td style="padding:0 0.4em;border:0;" valign="top"><a href="http://blog.fc2.com/goods/4864510792/opne your eyes" target="_blank">“それ”は在る―ある御方と探求者の対話 (覚醒ブックス)</a><br />(2013/05/10)<br />ヘルメス・J・シャンブ<br /><br /><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4864510792/opne your eyes/ref=nosim/" target="_blank">商品詳細を見る</a></td></tr></table><br /><br /><br /><br />すばらしい本に出会うことができました。
    • Date : 2013-05-27 (Mon)
    • Category : 書籍
    26

    M24 輪廻転生はあるか?

    前々回、輪廻転生について触れたので、今回は教師のためのマニュアルの中から、輪廻転生に関する一節をご紹介します。今回は、原文も付けてみました。... 前々回、輪廻転生について触れたので、今回は教師のためのマニュアルの中から、輪廻転生に関する一節をご紹介します。今回は、原文も付けてみました。<br /><br /><a href="http://gnothiseauton.blog.fc2.com/img/Fotolia_48974653_XS.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-59.fc2.com/g/n/o/gnothiseauton/Fotolia_48974653_XS.jpg" alt="" border="0" width="424" height="283" /></a><br /><br />
    27

    M25 超能力は望ましいもの?

    今回は、前回に続いて教師のためのマニュアルからのご紹介です。超能力についての第25節です。「"Psychic" Powers」サイキック・パワーは霊力や精神の力等いろいろ訳し方はあると思いますが、この節は前回の輪廻転生と同じような趣旨で一般的に超自然的なものとされている概念の一つとして論じていますので、「超能力」としてみました。超能力は、誰もが欲しがる力です。私だって、もらえるものなら、固辞することなくありがたく... 今回は、前回に続いて教師のためのマニュアルからのご紹介です。<br /><br />超能力についての第25節です。<br /><br />「"Psychic" Powers」サイキック・パワーは霊力や精神の力等いろいろ訳し方はあると思いますが、この節は前回の輪廻転生と同じような趣旨で一般的に超自然的なものとされている概念の一つとして論じていますので、「超能力」としてみました。<br /><br />超能力は、誰もが欲しがる力です。私だって、もらえるものなら、固辞することなくありがたくいただきます。<br /><br />さて、奇跡のコースは超能力についてどう考えているのでしょうか。<br /><br /><br /><br /><a href="http://gnothiseauton.blog.fc2.com/img/Fotolia_43093784_XS.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-59.fc2.com/g/n/o/gnothiseauton/Fotolia_43093784_XS.jpg" alt="" border="0" width="343" height="350" /></a><br /><br />
    28

    時間を消す2

    貴重なコメントをいただきました。質問者さんありがとうございました。改めてお礼申し上げます。私たちの抱く当然の疑問として有益な指摘をいただいたものとして取り上げさせていただきます。質問者さんの論旨を整理すると、① 時間は幻想であり、順序は変更可能である。② この世のあらゆる現象はあの世の投影である。③ 個別の心は、DVDを選ぶように、望みどおりの映像をあの世からこの世に投影することができるとすれば、④ 「徳... 貴重なコメントをいただきました。質問者さんありがとうございました。改めてお礼申し上げます。<br /><br />私たちの抱く当然の疑問として有益な指摘をいただいたものとして取り上げさせていただきます。<br /><br /><a href="http://gnothiseauton.blog.fc2.com/img/Fotolia_37029645_XS.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-59.fc2.com/g/n/o/gnothiseauton/Fotolia_37029645_XS.jpg" alt="" border="0" width="305" height="394" /></a><br /><br /><br />質問者さんの論旨を整理すると、<br /><br />① 時間は幻想であり、順序は変更可能である。<br />② この世のあらゆる現象はあの世の投影である。<br />③ 個別の心は、DVDを選ぶように、望みどおりの映像をあの世からこの世に投影することができる<br />とすれば、<br />④ 「徳川家康が天下を取らなかった日本」等、望めば今すぐ目の前の現実として創造できるのか<br /><br />ということになります。<br /><br />
    29

    M12 キリストの言葉(世界を救うために必要な教師の数)

    もし今の時代にイエス・キリスト(当時の発音に近いものとして「イェシュア」と呼称されることが多いので、そう呼ばせていただきます。イェシュアってなんだか可愛らしくていい響きだと思います)が生きていて、話を聞くことができるチャンスがもらえるなら、アラム語であろうと何語であろうと頑張って一から学んで、直接、生の言葉を受け取りたいと思います。... もし今の時代にイエス・キリスト(当時の発音に近いものとして「イェシュア」と呼称されることが多いので、そう呼ばせていただきます。イェシュアってなんだか可愛らしくていい響きだと思います)が生きていて、話を聞くことができるチャンスがもらえるなら、アラム語であろうと何語であろうと頑張って一から学んで、直接、生の言葉を受け取りたいと思います。<br /><br /><a href="http://gnothiseauton.blog.fc2.com/img/Fotolia_52491788_XS.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-59.fc2.com/g/n/o/gnothiseauton/Fotolia_52491788_XS.jpg" alt="" border="0" width="462" height="260" /></a><br /><br />
    30

    M8 簡単な奇跡と難しい奇跡ってあるの?

    今回は、奇跡の難易度に関する教師のためのマニュアル第8節をご紹介します。前々回の「時間2」でも触れましたが、奇跡のコースは、奇跡の難しさに序列など無いと繰り返しますが、私たちにとっては、このことがなかなか実感できない、頭で分かったつもりになっても、本当に理解するのが「難しい」ものです。マトリックスで、ネオがジャンプ・プログラムで落っこちてしまったように、私たちも、世界は幻想だと念仏を唱えるように繰... 今回は、<a href="http://blog.fc2.com/tag/%E5%A5%87%E8%B7%A1" class="tagword">奇跡</a>の<a href="http://blog.fc2.com/tag/%E9%9B%A3%E6%98%93%E5%BA%A6" class="tagword">難易度</a>に関する教師のためのマニュアル第8節をご紹介します。<br /><br />前々回の「時間2」でも触れましたが、<a href="http://blog.fc2.com/tag/%E5%A5%87%E8%B7%A1" class="tagword">奇跡</a>のコースは、<a href="http://blog.fc2.com/tag/%E5%A5%87%E8%B7%A1" class="tagword">奇跡</a>の難しさに序列など無いと繰り返しますが、私たちにとっては、このことがなかなか実感できない、頭で分かったつもりになっても、本当に理解するのが「難しい」ものです。<br /><br /><a href="http://gnothiseauton.blog.fc2.com/img/Fotolia_49790328_XS.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-59.fc2.com/g/n/o/gnothiseauton/Fotolia_49790328_XS.jpg" alt="" border="0" width="462" height="260" /></a><br /><br />マトリックスで、ネオがジャンプ・プログラムで落っこちてしまったように、私たちも、世界は幻想だと念仏を唱えるように繰り返しても、心の底では、世界を現実であると信じ切っていて、足もとをすくわれてしまいます。<br />
    31

    「スピリチュアル系」に進化したエゴに注意!

    コメントでよい質問をいただきました。長くなるので、本文記事の方でご回答させていただきます。質問をいただいたKinoさん、どうもありがとうございました。①奇跡のコースと私との出会いをどのように評価するかについてです。現実世界が全て幻想であるとして、「奇跡のコース」の存在はどのように捉えるべきか。現実世界を超越した絶対存在/神が自分を招いて引合わせて下さったのか、それとも本稿に書かれているようにおこがましく... コメントでよい質問をいただきました。長くなるので、本文記事の方でご回答させていただきます。<br /><br />質問をいただいたKinoさん、どうもありがとうございました。<br /><br /><br />①奇跡のコースと私との出会いをどのように評価するかについてです。<br />現実世界が全て幻想であるとして、「奇跡のコース」の存在はどのように捉えるべきか。<br />現実世界を超越した絶対存在/神が自分を招いて引合わせて下さったのか、<br />それとも本稿に書かれているようにおこがましくも自らが創りだした側面もあると言えるのでしょうか。<br /><br />②また、エゴは、奇跡のコースに触れようとする私をどう眺めるのでしょう。<br />宿主で居続けさせるため干渉・妨害の手を尽くすのでしょうか。<br />奇跡のコースを触れるに際し、エゴと対峙する心構えをご指南頂ければ幸いです。<br /><br /><a href="http://gnothiseauton.blog.fc2.com/img/Fotolia_47513976_XS.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-59.fc2.com/g/n/o/gnothiseauton/Fotolia_47513976_XS.jpg" alt="" border="0" width="425" height="282" /></a><br /><br />
    • Date : 2013-06-04 (Tue)
    • Category : 未分類
    32

    M14 世界の終わり

    今回もマニュアルからで、第14節をご紹介します。教師のためのマニュアルは比較的平易な文で書かれており、全部でも数が少ないので、早めに全体をご紹介できればと思っています。マニュアルの翻訳については、その都度、一から訳しては、田中百合子さんの「奇跡の道」に照らして文意の確認作業をするというだけで、そのあとに、こなれた文章に練り直すという作業をしていませんので、誤字等もあったりして読みにくいかもしれませ... 今回もマニュアルからで、第14節をご紹介します。<br /><br />教師のためのマニュアルは比較的平易な文で書かれており、全部でも数が少ないので、早めに全体をご紹介できればと思っています。<br /><br />マニュアルの<a href="http://blog.fc2.com/tag/%E7%BF%BB%E8%A8%B3" class="tagword">翻訳</a>については、その都度、一から訳しては、田中百合子さんの<a href="http://ww4.tiki.ne.jp/~fipc/acimver1.html" target="_blank" title="「奇跡の道」">「奇跡の道」</a>に照らして文意の確認作業をするというだけで、そのあとに、こなれた文章に練り直すという作業をしていませんので、誤字等もあったりして読みにくいかもしれませんが、ご容赦ください。<br /><br /><br />さて、第14節は、世界の終わり方についてです。<br /><br /><a href="http://thereisnospoon.jp/img/Fotolia_78610485_XS.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-73.fc2.com/g/n/o/gnothiseauton/Fotolia_78610485_XS.jpg" alt="" border="0" width="282" height="426" /></a><br /><br />
    33

    T9-8 自信喪失と自惚れの行ったり来たりから抜け出すには?

    コメント欄でいただいた質問にお答えしたいと思います。Kinoさん、ご質問いただきまして、どうもありがとうございます。他人なんて本当はいない!?についてのご質問です。質問は「丁度気になったことについて書かれているエントリーでした。いつも有難うございます。 中途半端に他者が自分の投影だと知ったつもりになると、私の場合自惚れに陥りそうな気がしています。 人がしてくれたことに自分の分身がしたんだと感謝の気持ちが... コメント欄でいただいた質問にお答えしたいと思います。<br />Kinoさん、ご質問いただきまして、どうもありがとうございます。<br /><br /><a href="http://gnothiseauton.blog.fc2.com/blog-entry-20.html#comment6" target="_blank" title="他人なんて本当はいない!?">他人なんて本当はいない!?</a>についてのご質問です。<br /><br />質問は「丁度気になったことについて書かれているエントリーでした。いつも有難うございます。 <br />中途半端に他者が自分の投影だと知ったつもりになると、私の場合自惚れに陥りそうな気がしています。 <br />人がしてくれたことに自分の分身がしたんだと感謝の気持ちが減ったり、人の反応を自分のバロメーターに利用したり。<br />同じく、『赦し』という概念を知ったかぶることも、罪を犯した際に自分は赦されるべき存在なんだと<a href="http://blog.fc2.com/tag/%E5%B0%8A%E5%A4%A7" class="tagword">尊大</a>になりそうな危惧があります。 <br />湧き上がる『自惚れ』とどう向き合ったら宜しいでしょうか。 」ということです。<br /><br /><a href="http://gnothiseauton.blog.fc2.com/img/Fotolia_4258079_XS.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-59.fc2.com/g/n/o/gnothiseauton/Fotolia_4258079_XS.jpg" alt="" border="0" width="427" height="281" /></a><br /><br />
    34

    M19 正義とは何か

    今回は、マニュアルから第19節をご紹介します。正義についてです。... 今回は、<a href="http://blog.fc2.com/tag/%E3%83%9E%E3%83%8B%E3%83%A5%E3%82%A2%E3%83%AB" class="tagword">マニュアル</a>から第19節をご紹介します。<br /><br /><a href="http://blog.fc2.com/tag/%E6%AD%A3%E7%BE%A9" class="tagword">正義</a>についてです。<br /><br /><a href="http://gnothiseauton.blog.fc2.com/img/Fotolia_51364619_XS.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-59.fc2.com/g/n/o/gnothiseauton/Fotolia_51364619_XS.jpg" alt="" border="0" width="283" height="424" /></a><br /><br /><br /><br />
    35

    T9-2 祈りとは既に自分が全てを持っていることに気付かせてくれるよう聖霊に頼むこと

    長文ばかりだと(特に英文も入れると)全体を読むのも一苦労で大変かもしれません。ですので、これからは、エッセイや長文での奇跡のコースのご紹介だけでなく、祈りとして使えるようなアフォリズムとなっている短文も、ご紹介していきたいと思います。奇跡のコースは、テキスト、ワークブック、マニュアル全体を通して、宝の山と表現できます。あらゆる人のあらゆる悩みや問いかけに対する答えをきっとコースの中に見出すことがで... 長文ばかりだと(特に英文も入れると)全体を読むのも一苦労で大変かもしれません。<br /><br /><a href="http://gnothiseauton.blog.fc2.com/img/Fotolia_50409885_XS.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-59.fc2.com/g/n/o/gnothiseauton/Fotolia_50409885_XS.jpg" alt="" border="0" width="322" height="373" /></a><br /><br /><br />ですので、これからは、エッセイや長文での奇跡のコースのご紹介だけでなく、祈りとして使えるようなアフォリズムとなっている短文も、ご紹介していきたいと思います。<br /><br /><br />奇跡のコースは、テキスト、ワークブック、マニュアル全体を通して、宝の山と表現できます。<br /><br />あらゆる人のあらゆる悩みや問いかけに対する答えをきっとコースの中に見出すことができます。<br /><br />ですが、一連の文章の形になっている限り、ある人にとって、人生を変えるかもしれない一文が他の文章の中に埋もれてしまうこともあり得ます。<br /><br />本当の意味で宝の山であって、コース全体は、ダイヤモンドやルビーやサファイヤなど多種多様な輝きを放つ宝石を敷き詰めて、巨大な地上絵が描かれているようなものです。<br /><br />全体の素晴らしさはもちろんのこと、巨大な絵を構成している一点に過ぎない一文も、一個のダイヤモンドと同じように、他の宝石に埋もれた状態から切り離して闇の中に掲げると、元の居場所におかれていた限りは気付かなかった素晴らしい輝きを放ち始めることが分かります。<br /><br /><br />カテゴリーでひとくくりにして、まとめて読めるようにすれば、みなさんも、自分に役立ちそうな祈りの言葉だけをピックアップして、活用できると思います。<br /><br /><br />さて、「祈り」とは何でしょうか。分かっているようで、中味もやり方もよく分からないのが祈りです。<br /><br />
    36

    T17-4 二つの絵

    今回は、特別な関係と神聖な瞬間に関する「二つの絵」という一節をご紹介します。「特別な関係」というのは、エゴがそのエネルギー源である罪悪感を保つために、特別だと思える他者との間に作り出す関係性です。エゴが信じる欠乏や必要性を満たしてくれる特性を備えているように見える他者(この他者も同じような必要性を満たしてくれる誰かを求めています)と関わることで愛の代用にしようとする場合が特別な愛情関係です。反対に... 今回は、<a href="http://blog.fc2.com/tag/%E7%89%B9%E5%88%A5%E3%81%AA%E9%96%A2%E4%BF%82" class="tagword">特別な関係</a>と<a href="http://blog.fc2.com/tag/%E7%A5%9E%E8%81%96%E3%81%AA%E7%9E%AC%E9%96%93" class="tagword">神聖な瞬間</a>に関する「二つの<a href="http://blog.fc2.com/tag/%E7%B5%B5" class="tagword">絵</a>」という一節をご紹介します。<br /><br />「<a href="http://blog.fc2.com/tag/%E7%89%B9%E5%88%A5%E3%81%AA%E9%96%A2%E4%BF%82" class="tagword">特別な関係</a>」というのは、エゴがそのエネルギー源である罪悪感を保つために、特別だと思える他者との間に作り出す関係性です。<br /><br />エゴが信じる欠乏や必要性を満たしてくれる特性を備えているように見える他者(この他者も同じような必要性を満たしてくれる誰かを求めています)と関わることで愛の<a href="http://blog.fc2.com/tag/%E4%BB%A3%E7%94%A8" class="tagword">代用</a>にしようとする場合が特別な愛情関係です。<br /><br />反対に、エゴの信じている欠乏を助長するような憎しみあうような関わりを持つ場合が特別な憎悪関係です。<br /><br /><a href="http://gnothiseauton.blog.fc2.com/img/Fotolia_35642526_XS.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-59.fc2.com/g/n/o/gnothiseauton/Fotolia_35642526_XS.jpg" alt="" border="0" width="288" height="417" /></a><br /><br /><br />いずれにせよ、個別の心はエゴに惑わされて、<a href="http://blog.fc2.com/tag/%E7%89%B9%E5%88%A5%E3%81%AA%E9%96%A2%E4%BF%82" class="tagword">特別な関係</a>へと入って行き、罪悪感を生み出すお決まりの愛憎関係の劇を何度も繰り返し再上演することになります。<br />
    37

    T26 問題の解決

    今回は、テキストから「問題の解決」についてご紹介します。聖霊の解決の仕方は、知覚の仕方の誤りを修正するやり方です。修正を要する知覚の誤りというのは、次のようなものです。それは、自分が得をするためには、誰かが損をして犠牲になることが必要(あるいは、その逆)だから、誰かに犠牲になることを要求する(あるいは、要求される)ということです。この犠牲の要求を突きつけ合うことで「問題」が生じます。聖霊にとっては... 今回は、テキストから「問題の解決」についてご紹介します。<br /><br />聖霊の解決の仕方は、知覚の仕方の誤りを修正するやり方です。<br /><br /><br /><a href="http://gnothiseauton.blog.fc2.com/img/Fotolia_43863430_XS.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-59.fc2.com/g/n/o/gnothiseauton/Fotolia_43863430_XS.jpg" alt="" border="0" width="412" height="291" /></a><br /><br />修正を要する知覚の誤りというのは、次のようなものです。<br /><br />それは、自分が得をするためには、誰かが損をして犠牲になることが必要(あるいは、その逆)だから、誰かに犠牲になることを要求する(あるいは、要求される)ということです。<br /><br />この犠牲の要求を突きつけ合うことで「問題」が生じます。<br /><br /><br />聖霊にとっては、すべては一様に幻想であり、重要な幻と些細な幻という区別はありません。<br /><br />宇宙人が襲来して地球が滅亡の危機に瀕しようが、小学生のゆうた君が宿題を忘れようが、どれも幻にすぎないという点では序列などつけようがありません。<br /><br />したがって、ある問題は別の問題よりも、聖霊が真理の下に持っていくのが特段に難しいという区別はないのです。<br /><br /><br />
    38

    特別な関係と神聖な関係

    Kinoさん、毎度ご質問どうもありがとうございます。「二つの絵」について、とても重要な点に関わるよい質問をいただくことができました。「本稿は示唆に富んでいるものの、核を捉えることが出来ませんでした。 ①私にも(多分誰にも)、特別な関係の交友は存在し、それは 自分の持ち合わせない特性を備えている方、補え合えそうな特性の方、 憎悪的行動を表現する方などが結びつきの代表格だと存じますが、 本稿では彼らとの関係は『... Kinoさん、毎度ご質問どうもありがとうございます。<br /><a href="http://gnothiseauton.blog.fc2.com/blog-entry-36.html" target="_blank" title="「二つの絵」について、">「二つの絵」について、</a>とても重要な点に関わるよい質問をいただくことができました。<br /><br />「本稿は示唆に富んでいるものの、核を捉えることが出来ませんでした。 <br />①私にも(多分誰にも)、特別な関係の交友は存在し、それは <br />自分の持ち合わせない特性を備えている方、補え合えそうな特性の方、 <br />憎悪的行動を表現する方などが結びつきの代表格だと存じますが、 <br />本稿では彼らとの関係は『立派な額縁』で惑わされている否認すべき対象と <br />おっしゃっているようにも見えます。 <br /><br />②特別な関係において、コースが導く学びの最終目標はどのようなものでしょうか? <br />自他分離の幻想につき、お互いの存在が共に自らの一部と認め合い <br />与えあう関係を築くことか、特別な関係そのものを手放す方向なのか。 <br /><br />③また、気付きの浅い今の私のような人間が、今後特別な関係と交わるにつき <br />心掛けるべき点をご指南頂けましたら幸いです。 」というご質問です。<br /><br /><br /><a href="http://gnothiseauton.blog.fc2.com/img/Fotolia_3316381_XS.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-59.fc2.com/g/n/o/gnothiseauton/Fotolia_3316381_XS.jpg" alt="" border="0" width="502" height="239" /></a><br /><br />まず、②から考えて見ましょう。<br />
    39

    M17 魔術にはどう対処すべきか

    今回は、教師のためのマニュアルの第17節をご紹介します。魔術的な思いをどう取り扱うべきかというテーマです。魔術とは、欺瞞です。魔術的な思いは、欺瞞によって幻惑される思いです。魔術は、幻想世界の中において、個別の心が信じ込んでいるこの世界のルールを一見すると枉げるような「奇跡」的な出来事を引き起こすことによって、個別の心を幻惑することです。魔術は、奇跡の裏返しのようなものです。... 今回は、教師のためのマニュアルの第17節をご紹介します。<br /><br />魔術的な思いをどう取り扱うべきかというテーマです。<br /><br /><a href="http://gnothiseauton.blog.fc2.com/img/Fotolia_50994735_XS.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-59.fc2.com/g/n/o/gnothiseauton/Fotolia_50994735_XS.jpg" alt="" border="0" width="406" height="295" /></a><br /><br /><br />魔術とは、欺瞞です。魔術的な思いは、欺瞞によって幻惑される思いです。<br /><br />魔術は、幻想世界の中において、個別の心が信じ込んでいるこの世界のルールを一見すると枉げるような「奇跡」的な出来事を引き起こすことによって、個別の心を幻惑することです。<br /><br />魔術は、奇跡の裏返しのようなものです。<br /><br />
    40

    レッスン1「私の目にするものは全て、何も意味しない」

    ワークブックのレッスンをご紹介します。レッスン1は、自分の見るものに何の意味もないという考えを当てはめていくレッスンです。この世界が幻想であり、幻想であることの程度に序列などない(幻想50%真理50%などということはない)ということへの理解の一番最初のとっかかりです。目にするもの全てですので、自分の身体や他の人やペットも含めてもらってよいです。気分が悪くなるような場合は、無理をしないで中断してくだ... ワークブックのレッスンをご紹介します。<br /><br />レッスン1は、自分の見るものに何の意味もないという考えを当てはめていくレッスンです。<br /><br />この世界が幻想であり、幻想であることの程度に序列などない(幻想50%真理50%などということはない)ということへの理解の一番最初のとっかかりです。<br /><br />目にするもの全てですので、自分の身体や他の人やペットも含めてもらってよいです。<br /><br />気分が悪くなるような場合は、無理をしないで中断してください。<br /><br /><br />今年の1月から始められたBritney Shawleyさんのワークブックレッスンを最後に貼付けさせていただきます。<br /><br /><a href="http://thereisnospoon.jp/img/Fotolia_68059435_XS.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-73.fc2.com/g/n/o/gnothiseauton/Fotolia_68059435_XS.jpg" alt="" border="0" width="439" height="273" /></a><br />
      Return to Pagetop