There Is No Spoon

        対訳 奇跡のコース      奇跡のコース( 奇跡講座  A Course in Miracles ACIM )テキスト、ワークブック、マニュアルの和訳(日本語翻訳)

このサイトの使い方

はじめてこのサイトに訪問された方に読んでいただければ、より快適にブラウズしていただけるようサイトの構造についての説明をさせていただきます。■サイトの構造■本文ページ●ピンク色で表示される単語●カメさんマーク ●動画●コメント欄■右の柱と記事下●検索(ページ内を検索したいときは⌘+F)●タグ、本文切り替えサーチ●A Course in Miracles 原文検索●用語集(英語)●ポップアップ辞書つきの画面で見る(日の丸の吹き出しアイ...
0

奇跡のコース

 奇跡のコース(ACIM A Course in Miracles)、テキスト(版権フリー版:FIP1975年初版)の翻訳を公開しています。個人試訳であり、非公認版です。 ここに来られた方は、コースに関心をお持ちの方がほとんどでしょうから、改めて、コースについて説明するまでもないと思います。この本に巡り合えただけで生まれてきた甲斐があったと思えるようなそんな素晴らしい本です。あまりコースを知らないという方には、ウィキペディ...
0

奇跡のコース テキスト目次

テキストは、全31章で、全章の各節を合計すると、268節あります。じっくり1日1章ごとに読んでいっても、1月で終えることができます。さらにゆっくりと1日1節こなすスケジュールでも、365日のワークブックよりも早く終えることができます。一気に通読しようとして、挫折気味な方は、通読は1日1節にとどめることに割り切って、あとは、適当なページを飛び飛びに見て関心を持って読めるところを読むという読み方で、通...
0

A Course in Miracles Text 精読 目次

大畑学さんのA Course in Miracles - Text精読ワークショップの目次です。Chapter 1 The Meaning of MiraclesChapter 2 The Separation and the AtonementChapter 3 The Innocent PerceptionChapter 4 The Illusions of the EgoChapter 5 Healing and WholenessChapter 6 The Lessons of LoveChapter 7 The Gifts of the KingdomChapter 8 The Journey BackChapter 9 The Acceptance of the AtonementChapter 10 The Idol...
0

A Course in Miracles - WorkBook 精読 目次

大畑学さんのA Course in Miracles - WorkBook精読の目次です。WORKBOOK PART ILessons 1-10Lessons 11-20Lessons 21-30Lessons 31-40Lessons 41-50Lessons 51-60Lessons 61-70Lessons 71-80Lessons 81-90Lessons 91-100Lessons 101-110Lessons 111-120Lessons 121-130Lessons 131-140Lessons 141-150Lessons 151-160Lessons 161-170Lessons 171-180Lessons 181-190Lessons 191-200Lessons 201-210Lessons 211-220WORKBOOK PART II...
0

教師のためのマニュアル目次

教師のためのマニュアルの目次です。0 教師のためのマニュアル序文1 神の教師とは誰のことなのか?2 生徒とは誰か3 教えることの段階とは?4-1 神の教師の特性1(信頼)4-2 神の教師の特性2(正直さ)4-3 神の教師の特性3(寛容)4-4 神の教師の特性4(優しさ)4-5 神の教師の特性5(喜び)4-6 神の教師の特性6(無防備)4-7 神の教師の特性7(寛大さ)4-8 神の教師の特性8(我慢...
1

奇跡のコース ワークブック レッスン1~50目次

【奇跡のコース(奇跡講座)ワークブックのレッスンの原文と翻訳】奇跡のコース全体の翻訳の紹介を完了しましたが、ブログ形式でできあがったため、テキストやワークブック、マニュアルが入り交じっているので、目次を活用してもらえると思います。ワークブックのレッスンに取り組む際に検索するための目次です。■ワークブックのための序文■1~10■レッスン1「私の目にするものは全て、何も意味しない」レッスン2「自分の見て...
0

奇跡のコース ワークブック レッスン51〜100目次

ワークブックの目次、レッスン51から100までです。■51~60■レッスン51(レヴュー:レッスン1~5)レッスン52(レビュー:レッスン6~10)レッスン53(レヴュー:レッスン11~15)レッスン54(レヴュー:レッスン16~20)レッスン55(レヴュー:レッスン21~25)レッスン56(レヴュー:レッスン26~30)レッスン57(レヴュー:レッスン31~35)レッスン58(レビュー:レッスン3...
0

奇跡のコース ワークブック レッスン101〜150目次

ワークブックの目次、レッスン101から150までです。■101~110■レッスン101「神が私のために意図するのは完全な幸せだ」レッスン102「私は、私の幸せを望む神の意志を分かち合っている」レッスン103「愛であるがゆえに、神はまた幸せでもある」レッスン104「私は、本当に自分に属するものだけを求める」レッスン105「神の平安と喜びは私のものだ」レッスン106「私がじっと静かにして、真理に耳を澄ま...
0

奇跡のコースワークブック レッスン151〜200目次

ワークブックの目次、レッスン151から200までです。■151~160■レッスン151「全ての物事は、神に代わって語る声のこだまだ。」レッスン152「 決断する力が私にはある。」レッスン153「私が防衛しないことの中に、私の安全がある。」レッスン154「私は、神の使者の一人だ。」レッスン155「私は一歩引き下がって、聖霊に先導してもらうことにする。」レッスン156「私は、完璧な神聖さの中を神と共に歩...
0

奇跡のコースワークブック レッスン201〜250目次

ワークブックの目次、レッスン201から250までです。■201〜210■ワークブック6・レビュー 序文レッスン201(レッスン181の復習)レッスン202(レッスン182の復習)レッスン203(レッスン183の復習)レッスン204(レッスン184の復習)レッスン205(レッスン185)レッスン206(レッスン186の復習)レッスン207(レッスン187の復習)レッスン208(レッスン188)レッスン...
0

奇跡のコースワークブック レッスン251〜300目次

ワークブックの目次、レッスン251から300までです。■251〜260■レッスン251「私は真理以外に何も必要としていない。」レッスン252「私の正体は神の子だ」レッスン253「私の大いなる自己は、この宇宙の支配者だ。」レッスン254「神の声以外の全ての声が私の中で静まりますように。」レッスン255「今日、私は、完璧な平安の中で過ごすことを選択する。」レッスン256「神こそ、私が今日抱く唯一の目標だ...
0

奇跡のコースワークブック レッスン301〜365目次

ワークブックの目次、レッスン301から365までです。■301〜310■レッスン301「そして、神自ら、全ての涙を拭い去ってくれる。」レッスン302「闇のあった場所に私は光を見る。」レッスン303「今日、私の中に聖なるキリストが誕生する。」レッスン304「私の世界がキリストの視界を曇らせることがありませんように。」レッスン305「そこにはキリストが私たちに授けてくれる平安がある。」レッスン306「私...
0

ワークブック・パート2特別解説 目次

ワークブック・パート2の特別解説の目次です。What Is Forgiveness?What is Salvation?What is the World?What is Sin?What is the Body?What is the Christ?What is the Holy Spirit?What is the Real World?What is the Second Coming?What is the Last Judgement?What is Creation?What is the Ego?What is a Miracle?What am I?いつも読んでいただき、ありがとうございます!ポチッとよろしく!にほんブログ村ポチッとお願い...
0

ACIM TEXT 朗読音声目次

YouTubeで、テキスト、ワークブック、マニュアルの朗読音声+原文のスクロール画像が公開されています。www.BoulderACIM.com目次を作りましたので、活用してみてください。テキストは、今のところ、8月11日の第21章の8. The Inner Shiftまで公開されています。同じシリーズの教師のためのマニュアルはすべての節が、ワークブックは8月17日でレッスン46まで公開されています。朗読を聞きながら読むと音声に牽引してもらっ...
0

ACIMの参考図書(漫画)の紹介

The Universe Is a Dream: The Secrets of Existence Revealed(2010/09/30)Alexander Marchand商品詳細を見る Alexander MarchandさんのThe Universe Is a Dream: The Secrets of Existence Revealed は、お勧め本です。コースの漫画なんて珍しいですが、よく学校の勉強にとっつきやすくするために漫画化されたものなんかとはちがって、本当に面白く読めます。日本語版はないですが、漫画なので、文章も分かり易いと思います。 ...
3

原文サイト

奇跡のコースの原文をオンラインで見ることができるサイトです。...
0

参考ウェブサイト

参考ウェブサイト集です。...
2

奇跡のコースの朗読音声

 目で読むのが億劫なときでも、耳から聞くのは苦痛ではありません。通勤・通学のときや車の運転中などにも、音声なら、聞くことができます。お勧めの奇跡のコースの原文の朗読を紹介します。米アマゾンで「jim stewart acim」で検索すれば出てきます。 日本のアマゾンでは、販売されていないようです。 少し値段が張りますが、約60枚のCDであり、朗読者のジム・スチュワートさんが穏やかに渋い声で語り、コースの言葉がすう...
0

原文のメッセージと翻訳

前に原文と翻訳を聖霊とエゴ、拡張と投影に譬えました。この世界では、あるアイデア、イメージを伝えるためには、それを運ばせる媒体を必要とします。言葉による文章表現であったり、絵画であったり、音楽であったり、多様な伝達手段が用いられますが、それらの媒体を介して伝わるのは想念です。ですから、厳密には、原文と翻訳でいえば、原文の著者が抱いた想念こそが聖霊に譬えられるということになります。具体的な原文の言葉遣...
0

罪悪感から解放されることは可能なのか?

みなさんの中には、過去に自分の犯してしまった過ちを悔いて、時間を巻き戻せるものなら人生をやり直したいという思いに駆られながら生ける屍のように日々を送っている方もいらっしゃるでしょう。中には人の命を失わせたり、身体を傷つけたりするような出来事に関わった方もいらっしゃるかもしれません。そして、その相手が自分の大切な人だったという方もあるかもしれません。ある程度の長さの時間をこの世界で過ごしてきて、人を...
2

神の使者朗読とゲイリー・レナードさん新刊案内

Love Has Forgotten No One: The Answer to Life()不明商品詳細を見る奇跡のコースの学習者の多くは、ゲイリー・レナードさんの「神の使者」(3作目の「Love Has Forgotten No One: The Answer to Life [Hardcover]」は、今年の10月8日公開予定。なかなか出ませんが、延期にならずに発売されることを期待しましょう!)を愛読されていると思います。内容についてはここでは説明はしませんが、朗読音声をご紹介します。The Disa...
0

お勧め本、映画

FC2ブログが、「マイショップ」というアマゾンの商品案内システムを平成27年6月で廃止してしまいました。そのため、以前には、たくさん表示されていたお勧め本やお勧め映画が表示されなくなっています。奇跡のコースに取り組まれるみなさんにぜひ参考にしていただきたい作品ばかりですので、とりあえず、保存してあるデータをあげておきます。HTMLタグ等がそのまま表示されてしまいますが、画像等でお勧め作品を見ていただくこ...
1

Gnothi Seauton 汝自身を知れ

このブログのURLには「gnothiseauton」という文字が入っています。英語では「Know Thyself」、日本語では「汝自身を知れ」と訳されます。奇跡のコースでは、カリキュラムの目的は「Know Thyself」つまり「汝自身を知れ」ということだといいます。「汝自身を知れ」は、デルフィのアポロン神殿の入り口に刻まれた古代ギリシャの格言で、ソクラテスが引用していたことからも有名な言葉です。この言葉は、自分の無知を知れ、人間として...
0

分かち合い

奇跡のコースは、分かち合い、共有すること、持っているものを与えることを求めます。何かを分かち合ったり、自分のものを人にあげることは、一見すると、それを独り占めしている状態に比べて損なことのように思えます。また、誰かの持っているものを得る場合に、ただで手に入れられれば、それに越したことはなく、高い代金を支払うならそれは損をしていることだという風にも思えます。この発想は、バラバラに分離した個別の自己の...
0

もしあのときこうしていたら、やり直しができたら

誰しも、あのときこうしていたら、もっと違う自分であったはずなのに、という思いに駆られることがあります。もしあのとき、違う会社に就職していたら、もし別の人と結婚していたら、あのとき、車を運転しないで電車で行っていたなら、もし別の国や時代に生まれていたら・・・と。左のマイショップの「リプレイ」、「ミスター・ノーバディ」、「バタフライ・エフェクト」、「エターナル・サンシャイン」、「インセプション」等は、...
0

change the world

「Therefore, seek not to change the world, but choose to change your mind about the world. 」 (テキスト 第二十一章 理性と知覚 序論)「Change the World」という有名な曲があります。 1996年の映画「フェノミナン」のサウンドトラックに収録されたベイビー・フェイスのプロデュースによるエリック・クラプトンのカバー・バージョンは大ヒットし、美しいメロディと歌詞で、私も大好きな曲です。「フェノミナン」自体も...
0

母の日

もうすぐ、母の日です。こうしたイベントごとに振り回されるのを嫌う人もいますが、聖霊が時間や世界を学習の道具として活用するように、何事も学びの機会として用いることができます。普段から親しいし、却って気を遣わせるからいいという方もいるでしょう。また、折り合いが悪く疎遠だという方や中には幼いころに傷を負う思いがあって接点を持ちたくないという方もいらっしゃるでしょう。また、贈りたくても既に他界されていると...
0

必要のない「犠牲」とは?

 奇跡のコースでは、犠牲という概念を認めません。 ですが、愛に基づく犠牲的行為を目にすると、私たちは胸を打たれます。幸福の王子(2006/11/29)オスカー・ワイルド商品詳細を見る 幼いころに、オスカー・ワイルドの「幸福の王子」を読んで、感動した子供時代の思い出のある方も多いと思います。王子や燕は、身を捧げる自分の尊さに酔いしれてなどいませんでしたし、自分の体から外して捧げた宝石を失うという意識もありません...
0

マトリックス There is no spoon

 ブログタイトル「There Is No Spoon」は、映画を観る人であればみんな知っている「マトリックス」の中でのセリフです。マトリックスには、この世界が幻想であるという現実を認識するヒントが散りばめられていますので、奇跡のコース学習者には必見の教材です。第2作(リローデッド)、第3作(レヴォリューションズ)は映画としての出来はいまひとつなのは否めません。しかし、グノーシス主義的な思想やコンピュータに関する知...
0

他人なんて本当はいない!?

奇跡のコースは、この世界が幻想であると告げます。そして、一人の神の子が分離の幻想によって、無数の個別の自己へと分裂しているとも言います。それでは、幻想の世界にいる私たちは、自分や他人のことをどのように捉えるべきなのでしょうか。この世界の考え方では、自分と他人という人間の数だけ、そのばらばらの身体の中にばらばらの個別の心が宿っている、それぞれに隔絶し、身体という牢獄に幽閉された寂しい存在で、目や耳等...
3

「贖罪」

「贖罪」は、奇跡のコースでも最重要な概念です。...
0

この世界での配役について

ダウン症の出生前診断が話題になることがあります。非常にデリケートな問題なので、軽はずみに私見は述べられません。もっとも、この命の選別に関わる問題はとても重大な疑問を提起します。人の価値に優劣はあるのか、生まれてこない方がよい命や生きている値打ちの無い命はあるのか。通り一遍の善(偽善も含む)に基づく考え方からすれば、一つの命は地球よりも重いのだから、生まれてくる命に優劣なんてつけるべきじゃないという...
0

マトリックス 自由意志という幻想

今回は、マトリックスの続きです。...
1

時間を消す

奇跡のコースでは、時間は本当は存在しないと言います。そして、時間は学びの道具であり、必要が無くなれば消滅すると言います。時間が無いと言われても、私たちとしては腑に落ちません。「はあ?」と疑問符が湧いてくるだけです。...
0

“ ヘルメス・J・シャンブ著「“それ”は在る―ある御方と探求者の対話 (覚醒ブックス)」

“それ”は在る―ある御方と探求者の対話 (覚醒ブックス)(2013/05/10)ヘルメス・J・シャンブ商品詳細を見るすばらしい本に出会うことができました。...
0

M24 輪廻転生はあるか?

前々回、輪廻転生について触れたので、今回は教師のためのマニュアルの中から、輪廻転生に関する一節をご紹介します。今回は、原文も付けてみました。...
0

M25 超能力は望ましいもの?

今回は、前回に続いて教師のためのマニュアルからのご紹介です。超能力についての第25節です。「"Psychic" Powers」サイキック・パワーは霊力や精神の力等いろいろ訳し方はあると思いますが、この節は前回の輪廻転生と同じような趣旨で一般的に超自然的なものとされている概念の一つとして論じていますので、「超能力」としてみました。超能力は、誰もが欲しがる力です。私だって、もらえるものなら、固辞することなくありがたく...
2

時間を消す2

貴重なコメントをいただきました。質問者さんありがとうございました。改めてお礼申し上げます。私たちの抱く当然の疑問として有益な指摘をいただいたものとして取り上げさせていただきます。質問者さんの論旨を整理すると、① 時間は幻想であり、順序は変更可能である。② この世のあらゆる現象はあの世の投影である。③ 個別の心は、DVDを選ぶように、望みどおりの映像をあの世からこの世に投影することができるとすれば、④ 「徳...
0

M12 キリストの言葉(世界を救うために必要な教師の数)

もし今の時代にイエス・キリスト(当時の発音に近いものとして「イェシュア」と呼称されることが多いので、そう呼ばせていただきます。イェシュアってなんだか可愛らしくていい響きだと思います)が生きていて、話を聞くことができるチャンスがもらえるなら、アラム語であろうと何語であろうと頑張って一から学んで、直接、生の言葉を受け取りたいと思います。...
0

M8 簡単な奇跡と難しい奇跡ってあるの?

今回は、奇跡の難易度に関する教師のためのマニュアル第8節をご紹介します。前々回の「時間2」でも触れましたが、奇跡のコースは、奇跡の難しさに序列など無いと繰り返しますが、私たちにとっては、このことがなかなか実感できない、頭で分かったつもりになっても、本当に理解するのが「難しい」ものです。マトリックスで、ネオがジャンプ・プログラムで落っこちてしまったように、私たちも、世界は幻想だと念仏を唱えるように繰...
1

「スピリチュアル系」に進化したエゴに注意!

コメントでよい質問をいただきました。長くなるので、本文記事の方でご回答させていただきます。質問をいただいたKinoさん、どうもありがとうございました。①奇跡のコースと私との出会いをどのように評価するかについてです。現実世界が全て幻想であるとして、「奇跡のコース」の存在はどのように捉えるべきか。現実世界を超越した絶対存在/神が自分を招いて引合わせて下さったのか、それとも本稿に書かれているようにおこがましく...
2

M14 世界の終わり

今回もマニュアルからで、第14節をご紹介します。教師のためのマニュアルは比較的平易な文で書かれており、全部でも数が少ないので、早めに全体をご紹介できればと思っています。マニュアルの翻訳については、その都度、一から訳しては、田中百合子さんの「奇跡の道」に照らして文意の確認作業をするというだけで、そのあとに、こなれた文章に練り直すという作業をしていませんので、誤字等もあったりして読みにくいかもしれませ...
0

T9-8 自信喪失と自惚れの行ったり来たりから抜け出すには?

コメント欄でいただいた質問にお答えしたいと思います。Kinoさん、ご質問いただきまして、どうもありがとうございます。他人なんて本当はいない!?についてのご質問です。質問は「丁度気になったことについて書かれているエントリーでした。いつも有難うございます。 中途半端に他者が自分の投影だと知ったつもりになると、私の場合自惚れに陥りそうな気がしています。 人がしてくれたことに自分の分身がしたんだと感謝の気持ちが...
1

M19 正義とは何か

今回は、マニュアルから第19節をご紹介します。正義についてです。...
0

T9-2 祈りとはすでに自分が全てを持っていることに気づかせてくれるよう聖霊に頼むこと

長文ばかりだと(特に英文も入れると)全体を読むのもひと苦労で大変かもしれません。ですので、これからは、エッセイや長文での奇跡のコースのご紹介だけでなく、祈りとして使えるようなアフォリズムとなっている短文も、ご紹介していきたいと思います。奇跡のコースは、テキスト、ワークブック、マニュアル全体を通して、宝の山と表現できます。あらゆる人のあらゆる悩みや問いかけに対する答えをきっとコースの中に見出すことが...
0

T17-4 二つの絵

今回は、特別な関係と神聖な瞬間に関する「二つの絵」という一節をご紹介します。「特別な関係」というのは、エゴがそのエネルギー源である罪悪感を保つために、特別だと思える他者との間に作り出す関係性です。エゴが信じる欠乏や必要性を満たしてくれる特性を備えているように見える他者(この他者も同じような必要性を満たしてくれる誰かを求めています)と関わることで愛の代用にしようとする場合が特別な愛情関係です。反対に...
1

T26 問題の解決

今回は、テキストから「問題の解決」についてご紹介します。聖霊の解決の仕方は、知覚の仕方の誤りを修正するやり方です。修正を要する知覚の誤りというのは、次のようなものです。それは、自分が得をするためには、誰かが損をして犠牲になることが必要(あるいは、その逆)だから、誰かに犠牲になることを要求する(あるいは、要求される)ということです。この犠牲の要求を突きつけ合うことで「問題」が生じます。聖霊にとっては...
0

特別な関係と神聖な関係

Kinoさん、毎度ご質問どうもありがとうございます。「二つの絵」について、とても重要な点に関わるよい質問をいただくことができました。「本稿は示唆に富んでいるものの、核を捉えることが出来ませんでした。 ①私にも(多分誰にも)、特別な関係の交友は存在し、それは 自分の持ち合わせない特性を備えている方、補え合えそうな特性の方、 憎悪的行動を表現する方などが結びつきの代表格だと存じますが、 本稿では彼らとの関係は『...
1

M17 魔術にはどう対処すべきか

今回は、教師のためのマニュアルの第17節をご紹介します。魔術的な思いをどう取り扱うべきかというテーマです。魔術とは、欺瞞です。魔術的な思いは、欺瞞によって幻惑される思いです。魔術は、幻想世界の中において、個別の心が信じ込んでいるこの世界のルールを一見すると枉げるような「奇跡」的な出来事を引き起こすことによって、個別の心を幻惑することです。魔術は、奇跡の裏返しのようなものです。...
0