There Is No Spoon

        対訳 奇跡のコース      奇跡のコース( 奇跡講座  A Course in Miracles ACIM )テキスト、ワークブック、マニュアルの和訳(日本語翻訳)

マトリックス 自由意志という幻想

今回は、マトリックスの続きです。...
1

この世界での配役について

ダウン症の出生前診断が話題になることがあります。非常にデリケートな問題なので、軽はずみに私見は述べられません。もっとも、この命の選別に関わる問題はとても重大な疑問を提起します。人の価値に優劣はあるのか、生まれてこないほうがよい命や生きている値打ちの無い命はあるのか。通り一遍の善(偽善も含む)に基づく考え方からすれば、ひとつの命は地球よりも重いのだから、生まれてくる命に優劣なんてつけるべきじゃないと...
0

他人なんて本当はいない!?

奇跡のコースは、この世界が幻想であると告げます。そして、一人の神の子が分離の幻想によって、無数の個別の自己へと分裂しているとも言います。それでは、幻想の世界にいる私たちは、自分や他人のことをどのように捉えるべきなのでしょうか。この世界の考え方では、自分と他人という人間の数だけ、そのばらばらの身体の中にばらばらの個別の心が宿っている、それぞれに隔絶し、身体という牢獄に幽閉された寂しい存在で、目や耳等...
3

マトリックス There is no spoon

 ブログタイトル「There Is No Spoon」は、映画を観る人であればみんな知っている「マトリックス」の中でのセリフです。マトリックスには、この世界が幻想であるという現実を認識するヒントが散りばめられていますので、奇跡のコース学習者には必見の教材です。第2作(リローデッド)、第3作(レヴォリューションズ)は映画としての出来はいまひとつなのは否めません。しかし、グノーシス主義的な思想やコンピュータに関する知...
0
該当の記事は見つかりませんでした。