There Is No Spoon

        対訳 奇跡のコース      奇跡のコース( 奇跡講座  A Course in Miracles ACIM )テキスト、ワークブック、マニュアルの和訳(日本語翻訳)

T31-4 真の選択肢

今回はテキスト代三十一章から「真の選択肢」という一節をご紹介します。...
0

T31-1 シンプルな救済

今回はテキスト第三十一章から「救済の容易さ」という一節をご紹介します。...
0

T5-2 神に代わって語る声

今回は、テキスト第五章から、「神に代わって語る声」という一節をご紹介します。...
0

T21-1 忘れられた歌

今回はテキスト第二十一章から『忘れられた歌」という一節をご紹介します。...
0

T14-11 真理テスト

今回はテキスト第十四章から真理のテストという一節をご紹介します。...
0

T31-2 キリストと歩む

今回はテキスト第三十一章から「キリストと共に歩む」という一節をご紹介します。...
0

レッスン269「私の視覚は、キリストの顔を見るようになる。」

レッスン269です。今日のテーマは「私の視覚は、キリストの顔を見るようになる。」です。まず、身体とは何かをご覧ください。...
0

ワークブック・パート2 序論

ワークブックのパート2に入ります。...
0

レッスン213(レッスン193の復習)

レッスン213です。今日は、レッスン193の復習です。...
0

レッスン193「すべてのことは、神が私に学ばせようとするレッスンだ。」

レッスン193です。今日のテーマは「すべてのことは、神が私に学ばせようとするレッスンだ。」です。...
0

ワークブック レビュー4 序文

お疲れ様でした!このところ、レッスンがボリュームたっぷりで、読むだけで大変だったことと思います。さて、また復習が始まります。復習の期間は、復習対象のレッスンをつなげて統合する学習の大きな進歩の機会になりうると同時に、気を抜くと学習が停滞するリスクも兼ね備えます。この序文をしっかり読み込んで復習に取り組んでいただければと思います。...
0

T14-2 喜んで学ぶ者

今回はテキスト第十四章から「喜んで学ぶ者」という一節をご紹介します。...
0

レッスン31「私は、自分の見ている世界の被害者ではない」

レッスン31です。今日のテーマは「私は、自分の見ている世界の被害者ではない」です。ここ一連のレッスンは世界に関する知覚を逆転させようとするものです。昨日のレッスン30は、自分の好ましくないものを外に投影するのをやめて、自分の心の中に見つけたいものを外に見ようとするという新しい投影を用いようとしているということが説明されました。「神が自分の中にいる」という考えによって、エゴのスライドを外して、外の世...
3

レッスン29「神は、私の見るあらゆるものの中にいる」

レッスン29です。今日のテーマは「神は、私の見るあらゆるものの中にいる」です。今日の考え方は、明らかに汎神論的な宣言です。コースを学ばれている方には、神は、この幻想世界を創造しなかったし、この世界は神の子が悪夢として誤創造した瞬間に取り消してしまっているので、この世界と神とは関わりを持たないはずなんじゃないの?それなのに、世界の森羅万象の中に神が宿っているというのは、矛盾するんじゃないの?と疑問を...
0

M3 教えることの段階とは?

マニュアルから第3節をご紹介します。教えのレベルとして、3つの段階が説明されています。1番目のレベルは、もっとも素朴なもので、電車で誰かの足を踏んでしまったというような出会いです。2番目のレベルは、教えることによって学ぶという関係がある程度の期間継続する場合です。3番目のレベルは、一生続く関係です。そして、このレベルについても、奇跡に序列がないのと同じく、程度差はなく、教えにレベルがあるという概念...
0

正しい教えと正しい学び

マニュアル第1節神の教師とは誰のことなのか?の参考にテキスト第四章の一をご紹介します。...
0

レッスン18「私が見ることの結果を体験するのは私だけではない」

レッスン18です。今日のテーマは「私が見ることの結果を体験するのは私だけではない。」というものです。...
0

レッスン9「私は何もそれが今あるままに見てはいない」

レッスン9です。Workbook Lesson 9I see nothing as it is now.私は何もそれが今あるままに見てはいない。...
0

レッスン6「私の心が乱れているのは、そこにありもしないものを見ているせいだ」

ワークブックのレッスン6です。テーマは、自分の心が乱れているのは、ありもしないものを見ているせいだというものです。この考えを当てはめる前に、心の中を検索して心を乱す思いを見つけるよう指示されています。この検索に際しては、現に今、怒りを感じているなどして、心が乱れているのが分かりやすいなら、それをそのまま直視して捕まえればよいでしょうし、すぐに浮かんでこないようなら、心の中に目を向けて、平安が乱され...
0

レッスン3「私は自分の見るどんなもののことも理解していない」

レッスン3です。テーマは、「I do not understand anything I see.私は自分の見るどんなもののことも理解していない。」というものです。初めてワークブックに取り組む際には、指示されたことがよく理解できないために、混乱してしまうことがあると思います。とくにテキストを抜きにしていきなりワークブックから入ると、この心の混乱はより大きいと思います(といっても、この混乱自体、ワークブックの狙っているところであるこ...
0

レッスン1「私の目にするものはすべて、何も意味しない」

ワークブックのレッスンをご紹介します。レッスン1は、自分の見るものに何の意味もないという考えをあてはめていくレッスンです。この世界が幻想であり、幻想であることの程度に序列などない(幻想50%真理50%などということはない)ということへの理解の一番最初のとっかかりです。目にするものすべてですので、自分の身体や他の人やペットも含めてもらってよいです。気分が悪くなるような場合は、無理をしないで中断するよ...
0

奇跡のコースワークブック レッスン151〜200目次

ワークブックの目次、レッスン151から200までです。■151~160■レッスン151「全ての物事は、神に代わって語る声のこだまだ。」レッスン152「 決断する力が私にはある。」レッスン153「私が防衛しないことの中に、私の安全がある。」レッスン154「私は、神の使者の一人だ。」レッスン155「私は一歩引き下がって、聖霊に先導してもらうことにする。」レッスン156「私は、完璧な神聖さの中を神と共に歩...
0
該当の記事は見つかりませんでした。