There Is No Spoon

        対訳 奇跡のコース      奇跡のコース( 奇跡講座  A Course in Miracles ACIM )テキスト、ワークブック、マニュアルの和訳(日本語翻訳)

レッスン205(レッスン185)

レッスン205です。今日は、レッスン185の復習です。...
0

レッスン133「私は、無価値なものに価値を置かないことにする。」

レッスン133です。今日のテーマは「私は、無価値なものに価値を置かないことにする。」です。今回は、世界を包み込むような高尚な事柄ではなく、私たちの実際上の関心事、自分たちの利益という観点で考えるということが冒頭で述べられます。おっ!イエス直伝で、引き寄せの法則でも教えてくれるのか?と期待してしまいますが、残念ながらそうではありません。そうではありませんが、そんなことよりもはるかに価値のあるものを与...
3

赦しってなに?

今回は、ワークブック第2部から赦しについての解説をご紹介します。「赦し」は奇跡のコースの概念の中でも、なかなか本当に理解することの難しいもののひとつです。赦しは、贖罪を実現するための手段です。贖罪も、赦しと同じように、その言葉が従来から持っている意味合いによる影響からの脱却が困難な概念です。赦しについて理解するうえで、赦しが手段として奉仕する目的である「贖罪」についての理解は欠かせません。参考に、...
0

M27 死とは何か(神は、愛の神なのか死神なのか)

今回は、教師のためのマニュアルから死についての一節をご紹介します。奇跡のコースは、死は存在しないと言います。「invulnerable」(傷つくことのない)という言葉がよく出てきますが、この言葉には「不死身」という意味もあります。私たちが傷つくことがない理由は、罪が無いものだからということです。そして、私たちに罪が無いというのは、私たちが犯したと思い込んでいる「罪」は、原初の分離も含めて、自分で投影した幻想を...
0

時間を消す2

貴重なコメントをいただきました。質問者さんありがとうございました。改めてお礼申し上げます。私たちの抱く当然の疑問として有益な指摘をいただいたものとして取り上げさせていただきます。質問者さんの論旨を整理すると、① 時間は幻想であり、順序は変更可能である。② この世のあらゆる現象はあの世の投影である。③ 個別の心は、DVDを選ぶように、望みどおりの映像をあの世からこの世に投影することができるとすれば、④ 「徳...
0
該当の記事は見つかりませんでした。