There Is No Spoon

        対訳 奇跡のコース      奇跡のコース( 奇跡講座  A Course in Miracles ACIM )テキスト、ワークブック、マニュアルの和訳(日本語翻訳)

マニュアル運転しないためのマニュアル

Kinoさん、いつもコメント、ありがとうございます。質問:「お陰様で、期せずして教師のマニュアルを一読することが出来ました。 いつも有難うございます! コースの理解解説において、kenさんが比較的早めに、 テキスト解説よりも分量を割いて教師のマニュアルを 取り上げられたのにはどのような意図があったのでしょうか?」直感で記事を書いているだけでなので、残念ながら(笑)、とくに綿密に計算した意図があるわけではあり...
1

アプリのご紹介

The ACIM AppというiPhoneアプリをご紹介します。...
0

赦しってなに?

今回は、ワークブック第2部から赦しについての解説をご紹介します。「赦し」は奇跡のコースの概念の中でも、なかなか本当に理解することの難しいもののひとつです。赦しは、贖罪を実現するための手段です。贖罪も、赦しと同じように、その言葉が従来から持っている意味合いによる影響からの脱却が困難な概念です。赦しについて理解するうえで、赦しが手段として奉仕する目的である「贖罪」についての理解は欠かせません。参考に、...
0

「スピリット・ジャンキー―ミラクルワーカーとして生きる」 ガブリエル・バーンステイン

スピリット・ジャンキー―ミラクルワーカーとして生きる(2013/07/13)ガブリエル・バーンスティン商品詳細を見る新刊案内(7月13日) スピリット・ジャンキー―ミラクルワーカーとして生きる [単行本(ソフトカバー)]ガブリエル・バーンスティン (著), 香咲 弥須子 (翻訳), ティケリー裕子 (翻訳) ワークブックのシリーズの香咲さんたちの訳ということなので、期待できます。米アマゾンでKindle版とAudibleでの朗読音声が出てます...
0

特別な関係と神聖な関係

Kinoさん、毎度ご質問どうもありがとうございます。「二つの絵」について、とても重要な点に関わるよい質問をいただくことができました。「本稿は示唆に富んでいるものの、核を捉えることが出来ませんでした。 ①私にも(多分誰にも)、特別な関係の交友は存在し、それは 自分の持ち合わせない特性を備えている方、補え合えそうな特性の方、 憎悪的行動を表現する方などが結びつきの代表格だと存じますが、 本稿では彼らとの関係は『...
1

T9-2 祈りとはすでに自分が全てを持っていることに気づかせてくれるよう聖霊に頼むこと

長文ばかりだと(特に英文も入れると)全体を読むのもひと苦労で大変かもしれません。ですので、これからは、エッセイや長文での奇跡のコースのご紹介だけでなく、祈りとして使えるようなアフォリズムとなっている短文も、ご紹介していきたいと思います。奇跡のコースは、テキスト、ワークブック、マニュアル全体を通して、宝の山と表現できます。あらゆる人のあらゆる悩みや問いかけに対する答えをきっとコースの中に見出すことが...
0

神の使者朗読とゲイリー・レナードさん新刊案内

Love Has Forgotten No One: The Answer to Life()不明商品詳細を見る奇跡のコースの学習者の多くは、ゲイリー・レナードさんの「神の使者」(3作目の「Love Has Forgotten No One: The Answer to Life [Hardcover]」は、今年の10月8日公開予定。なかなか出ませんが、延期にならずに発売されることを期待しましょう!)を愛読されていると思います。内容についてはここでは説明はしませんが、朗読音声をご紹介します。The Disa...
0

原文のメッセージと翻訳

前に原文と翻訳を聖霊とエゴ、拡張と投影にたとえました。この世界では、あるアイデア、イメージを伝えるためには、それを運ばせる媒体を必要とします。言葉による文章表現であったり、絵画であったり、音楽であったり、多様な伝達手段が用いられますが、それらの媒体を介して伝わるのは想念です。ですから、厳密には、原文と翻訳でいえば、原文の著者が抱いた想念こそが聖霊に譬えられるということになります。具体的な原文の言葉...
0

奇跡のコースの朗読音声

 目で読むのが億劫なときでも、耳から聞くのは苦痛ではありません。通勤・通学のときや車の運転中などにも、音声なら、聞くことができます。お勧めの奇跡のコースの原文の朗読を紹介します。米アマゾンで「jim stewart acim」で検索すれば出てきます。 日本のアマゾンでは、販売されていないようです。 少し値段が張りますが、約60枚のCDであり、朗読者のジム・スチュワートさんが穏やかに渋い声で語り、コースの言葉がすう...
0
該当の記事は見つかりませんでした。