There Is No Spoon

        対訳 奇跡のコース      奇跡のコース( 奇跡講座  A Course in Miracles ACIM )テキスト、ワークブック、マニュアルの和訳(日本語翻訳)

T18-8 小さな庭園

今回はテキスト第十八章から「小さな庭園」という一節をご紹介します。...
0

T7-8 信じがたき信念

今回はテキスト第七章から「信じがたき信念」という一節をご紹介します。...
0

T5-4 教えと癒し

今回はテキスト第五章から「教えと癒し」という一節をご紹介します。...
0

T5-2 神に代わって語る声

今回は、テキスト第五章から、「神に代わって語る声」という一節をご紹介します。...
0

T6-5C 神と神の王国にのみ注意を向ける

今回は、昨日の続きです。テキスト第六章 第五節 聖霊のレッスンCの「神と神の王国に対してのみ注意深くありなさい」という一節です。...
0

T5-6 時間と永遠

今回は、テキスト第五章から、「時間と永遠」という一節をご紹介します。...
0

T7-7 王国の全体性

今回は、テキスト第七章から王国の全体性という一節をご紹介します。...
0

T6-4 唯一の答え

今回はテキスト第六章から唯一の答えという一節をご紹介します。...
0

T18-9 二つの世界

今回は、テキスト第十八章から、「二つの世界」という一節をご紹介します。...
0

レッスン236「私は自分の心を支配している。私の心は私だけが支配しなければならないものだ。」

レッスン236です。今日のテーマは「私は自分の心を支配している。私の心は私だけが支配しなければならないものだ。」です。まず、救済とは何かに目を通してから、レッスンに入りましょう。...
0

T11-3 闇から光へ

テキストから、闇から光へという一節をご紹介します。...
0

T7-3 神の王国の本当の姿とは

今回は、テキストから王国の真実という一節をご紹介します。...
0

T7-11 神の恩寵ってどういう意味?

今回は、テキスト第七章から ”The State of Grace”「恵みに満ちた状態」という一節をご紹介します。「Grace」の意味は、恩寵、慈愛、恩恵、優雅さ、上品さ等です。語源としては、喜ばせるという意味があるそうです。「恵み」という言葉で訳していますが、違和感がある場合は、ほかの言葉に置き換えて読んでみてください。欠乏感はどうしてなくならない?が参考になると思います。さて、この節では、私たちの自然な状態は、神の恩寵...
0

T7-9 王国の拡張

テキスト第七章から王国の拡張という一節をご紹介します。「Being must be extended. 実在は、拡張されなければなりません。 That is how it retains the knowledge of itself. 実在を拡張する方法によって、実在は自らの知識を保持します。」拡張という用語は、投影の対概念として用いられます。拡張は創造の手段であり、投影は誤創造の道具です。「8. 神は、自らの思いを拡張することによって自らの子らを創造しました。そし...
0

T7-2 神の法

今回は、テキスト 第七章から王国の法則についての一節をご紹介します。II. The Law of the Kingdom 二 王国の法則Law 法、法則「法則」というと、自然法則や物理法則のように、自然界の物事の間における関連性を帰納的に抽出したものをイメージさせます。「法」というと、法律等、演繹的に人や国家を統制すべく人為的に作成された規範をイメージさせます。保つものとの原義を持つダルマ【dharma】は、法則や規範、秩序という意...
0

欲望

アシュターヴァクラ・ギーターから「欲望」をご紹介します。...
0

ガラスをきれいに磨きましょう!

今回は、用語解説から、「正しい知覚 ー 知識」をご紹介します。知識と知覚は別のレベルにあるものであり、両者が接することはないので、知識が知覚を修正する療法になるわけではないと説明されます。知識が何であるかということは出てこず、もっぱら正しい知覚について説明されます。知識は、すでに自分の心の中に存在して眠っているだけのものなので、知覚によって見えない状態を解消さえすれば、知識のほうから舞い戻ってきて...
0

レッスン45「神は大いなる心だ。その神の心で私は考える。」

レッスン45です。今日のテーマは「神は大いなる心だ。その神の心で私は考える。」です。...
0

Gnothi Seauton 汝自身を知れ

このブログのURLには「gnothiseauton」という文字が入っています。英語では「Know Thyself」、日本語では「汝自身を知れ」と訳されます。奇跡のコースでは、カリキュラムの目的は「Know Thyself」つまり「汝自身を知れ」ということだといいます。「汝自身を知れ」は、デルフィのアポロン神殿の入り口に刻まれた古代ギリシャの格言で、ソクラテスが引用していたことからも有名な言葉です。この言葉は、自分の無知を知れ、人間として...
0

奇跡のコース

 奇跡のコース(ACIM A Course in Miracles)、テキスト(版権フリー版:FIP1975年初版)の翻訳を公開しています。個人試訳であり、非公認版です。 ここに来られた方は、コースに関心をお持ちの方がほとんどでしょうから、改めて、コースについて説明するまでもないと思います。この本に巡り合えただけで生まれてきた甲斐があったと思えるようなそんな素晴らしい本です。あまりコースを知らないという方には、ウィキペディ...
0
該当の記事は見つかりませんでした。