There Is No Spoon

        対訳 奇跡のコース      奇跡のコース( 奇跡講座  A Course in Miracles ACIM )テキスト、ワークブック、マニュアルの和訳(日本語翻訳)

T31-4 真の選択肢

今回はテキスト代三十一章から「真の選択肢」という一節をご紹介します。...
0

T30-5 唯一の目的

今回はテキスト第三十章から『唯一の目的」という一節をご紹介します。...
0

T22-6 神聖な関係の光

今回はテキスト第二十二章から「神聖な関係の光」という一節をご紹介します。...
0

T17-5 癒された関係

今回はテキスト第十七章から「癒された関係」という一節をご紹介します。...
0

T29-4 夢での役割

今回はテキスト第二十九章から「夢での役割」という一節をご紹介します。短い一節ですが、悲しみの夢を幸せな夢に変える秘訣が示されていますので、じっくり読んでみてください。...
0

T20-7 手段と目的の整合性

テキスト第二十章から「手段と目的の整合性」という一節をご紹介します。...
0

T17-6 目的地を設定してください

今回は、テキストから目標を定めることについての一節をご紹介します。...
0

レッスン318「私の中では、救済の手段と目的はひとつのものだ。」

レッスン318です。今日のレッスンは「私の中では、救済の手段と目的はひとつのものだ。」です。まず、最後の審判とは何かをご覧ください。...
0

レッスン287「わが父よ、あなたこそ私の目標です。ただあなただけが。」

レッスン287です。今日のテーマは「わが父よ、あなたこそ私の目標です。ただあなただけが。」です。まず、聖霊とは何かをご覧ください。...
0

レッスン258「自分の目標が神であることを私に思い出させてください。」

レッスン258です。今日のテーマは「自分の目標が神であることを私に思い出させてください。」です。まず、罪とは何かをご覧ください。...
0

レッスン257「自分の目的が何なのか、私に思い出させてください。」

レッスン257です。今日のテーマは「自分の目的が何なのか、私に思い出させてください。」です。まず、罪とは何かをご覧ください。...
0

レッスン256「神こそ、私が今日抱く唯一の目標だ。」

レッスン256です。今日のテーマは「神こそ、私が今日抱く唯一の目標だ。」です。まず、罪とは何かをご覧ください。...
0

レッスン226「私の故郷が私を待っている。私は急いで帰郷する。」

レッスン226です。今日のテーマは、「私の故郷が私を待っている。私は急いで帰郷する。」です。...
0

レッスン181から200に向けての導入

レッスン181から200に向けての導入の説明です。...
0

T27-6 罪の証人

今回は、テキストから、罪の証人についての一節をご紹介します。...
0

T30-7 自分で書いてるつもりの人生の脚本を捨てられる?

テキスト第三十章から「新たなる解釈」という一節をご紹介します。私たちは、自分で恐怖の台本を書いておいて、その台本どおりの出来事が舞台上で起こるたびに恐怖に怯えるということを繰り返しています。そして、舞台上の出来事に、あるときはこの意味、あるときは別の意味を見いだし、舞台の景色や出来事も、自分を含めた登場人物もころころと転変して移り変わってゆきます。これは、分離の幻想を抱き、みんなが各自に違った目的...
0

レッスン155「私は一歩引き下がって、聖霊に先導してもらうことにする。」

レッスン155です。今日のテーマは「私は一歩引き下がって、聖霊に先導してもらうことにする。」です。...
0

奇跡のコース-生徒のためのワークブック 序文

Kinoさん、コメントどうもありがとうございました。「15分とか時間指定のあるワークショップは、多少嗜んだことのある坐禅のやり方に準じて行うようにしていますが(声は未だ聞こえず)、各々のやりたい形で取り組めば良いですか?acimの推奨型とかはあるんでしょうか。」ワークブックの序文をご紹介します。長いほうの実習は、心を静めて行った方が望ましいので、良い方法だとおもいます。序文によると、そのレッスンで指示されて...
1

レッスン138「天国とは、私が選び取るべき決断だ。」

レッスン138です。今日のテーマは、「天国とは、私が選び取るべき決断だ。」です。...
0

レッスン135「もし私が自分自身を防衛しようとするなら、私は攻撃されることになる。」

レッスン135です。今日のテーマは「もし私が自分自身を防衛しようとするなら、私は攻撃されることになる。」です。今日は、計画について語られます。私たちは、未来をあれこれと案じて、過去を教訓として計画を自分なりに立てようとします。けれど、このレッスンでは、計画を立てることは、防衛であり、幻想に幻想を重ねることであり、修正をいっそう困難にするものだといいます。なかなか納得はしがたいところです。ですが、計...
2

T24-1 愛の代用としての特別性

テキストから、愛の代用としての特別性についての一節をご紹介します。私たちは、特別という言葉に弱いものです。人とは違う特別な存在になりたい、特別なものを得たい、平々凡々では満足なんかできないと。たしかに、自分が特別だと感じたり、扱われたりするととても気分がよいもので、エゴがよだれを垂らして喜ぶのがよくわかります。しかし、特別性は、全体の中の一欠片にだけ、よいものや悪いものが偏っているという状態であり...
0

レッスン126「私の与えるものはすべて、私自身に与えられる。」

レッスン126です。今日のテーマは「私の与えるものはすべて、自分自身に与えられる。」です。この世界でのゆるしを称して、「許し」、コースの目指すゆるしを称して「赦し」という文字で表現しています。赦しとは何か?、贖罪、得ること=与えることが参考になると思います。この世界の「許し」は確固たる基盤がなく、許される者に対して許す者が気まぐれな寛大さでもって授けてやるものでしかないので、許される者が許しを請う...
1

T13-4 時間の機能をシフトさせる

テキストの第十三章から「時間の役割」についての一節をご紹介します。...
0

レッスン104「私は、本当に自分に属するものだけを求める」

レッスン104です。今日のテーマは「私は、本当に自分に属するものだけを求める」です。私たちは神の子としての本質から喜びと平安を自分のものとして受け取る資格があるけれど、この神からの贈り物を受け取るためには、受け入れるための場所を準備しなければならないといいます。そして、その場所を整えるには、神からの贈り物に置き換えようとして自分で作り出した無意味な贈り物が置かれてしまっている神のための祭壇から、そ...
0

レッスン94「私は神が創造したままの私だ」

レッスン94です。今日のテーマは「私は神が創造したままの私だ」です。今日のレッスンのキモです。「Nothing is required of you to reach this goal except to lay all idols and self-images aside; go past the long list of attributes, both “good” and “bad”, you have ascribed to yourself; and wait in silent expectancy for the truth.この大いなる自己に到達するという目標を達成するためには、すべての偶像と自己像...
0

レッスン83「レッスン65と66の復習」

レッスン83です。今日はレッスン65と66の復習です。[65] “My only function is the one God gave me.”「私の唯一の役目は、神が私に与えた役目だけだ」[66] “My happiness and my function are one.”「私の幸せと私の役目は一つのものだ」...
0

レッスン65「私の唯一の役目は、神が私に与えたものだ」

レッスン65です。今日の考えは「私の唯一の役目は、神が私に与えたものだ」です。...
0

レッスン42「神は私の力だ。ヴィジョンは神からの贈り物だ」

レッスン42です。...
0

レッスン25「私は、何であれ物事が何のためにあるのか分かっていない」

レッスン25です。今日のテーマは「私は、何であれ物事が何のためにあるのかわかっていない」です。昨日のレッスンの自分にとっての最善の利益を知覚していないというテーマの続きです。現在のところ、エゴの観点から私たちが世界に割り当てている「個人的な」利益のせいで、私たちには、世界や世界の中の物事が何のためにあるのかわからなくなってしまっているということです。そこで、このエゴの観点を自分がエゴと一体化してし...
0

用語解説 目次

Clarification Of Terms(用語解説)をご紹介します。ここで、説明されるのは、次の6つのテーマです。1 Mind - Spirit 2 The Ego - The Miracle 3 Forgiveness - The Face Of Christ 4 True Perception - Knowledge 5 Jesus - Christ 6 The Holy Spirit エピローグ...
0
該当の記事は見つかりませんでした。