There Is No Spoon

        対訳 奇跡のコース      奇跡のコース( 奇跡講座  A Course in Miracles ACIM )テキスト、ワークブック、マニュアルの和訳(日本語翻訳)

T26-5 些細な障害

今回はテキスト第二十六章から「些細な障害」という一節をご紹介します。...
3

T7-8 信じがたき信念

今回はテキスト第七章から「信じがたき信念」という一節をご紹介します。...
0

T6-5 聖霊のレッスン

今回は、テキスト第六章から「聖霊のレッスン」という一節をご紹介します。...
0

T3-4 誤りとエゴ

今回は、テキスト第三章から「誤りとエゴ」という一節をご紹介します。...
0

T30-6 赦しを正当化するもの

テキスト第三十章から、「赦しを正当化するもの」という一節をご紹介します。...
0

T9-4 赦しについての聖霊の計画

今回はテキスト第九章から「赦しについての聖霊の計画」という一節をご紹介します。...
0

T25-3 知覚と選択

今回は、テキスト第二十五章から「知覚と選択」という一節をご紹介します。...
0

T21-6 理性 対 狂気

今回はテキスト第二十一章から「理性対狂気」という一節をご紹介します。...
0

T22-3 誤りの形

今回はテキスト第二十二章から「理性と誤りの諸形態」という一節をご紹介します。...
2

T12-1 聖霊の審判

今回は、テキスト第十二章から、聖霊の審判という一節をご紹介します。...
0

心理療法のプロセス序文

心理療法から、2「心理療法のプロセス」の序文をご紹介します。...
2

世界ってなに?

ワークブックパート2から、「世界とは何か」をご紹介します。奇跡のコースはつねに「世界」について語っています。この世界は、神の子である本当の私たちが、神から離れて神が入り込めない場所にするつもりで作り出した幻であり、分離という誤った思いを源とするので、分離という間違った想念が大切にされている間しか存続できないといいます。知識である神に対する攻撃として知覚が誕生し、真理を覆い隠して、自分の願望のとおり...
0

T8-9 癒しとは知覚を修正し心の完全性を回復すること

今回は、テキスト第八章から、修正された知覚としての癒しという一節をご紹介します。...
0

T1-6 欠乏感はどうしてなくならない?

今回は、テキストから必要性という幻想についての一節をご紹介します。私たちは、つねに何かが必要だという思いを抱いています。ある人は経済的な必要性、ある人は、健康面での必要性、ある人は友達がほしい、恋人がほしいというように、客観的に見ると、何かをほしがり、それを追い求めることが人生の目的であるという風にすら思えてきます。この必要性、つまり、何かが自分に欠けているという思いは、エゴがこの幻想世界を存続さ...
0

T23-Intro 自分自身との戦い

自分自身との戦いという題のテキスト第二十三章の序論をご紹介します。...
0

レッスン115(レッスン99と100の復習)

レッスン115です。今日はレッスン99と100の復習です。[99] Salvation is my only function here. 救済こそ、この世界での私の唯一の役割だ。[100] My part is essential to God’s plan for salvation. 私の役目は、救済のための神の計画にとって欠かせないものだ。...
0

レッスン107「真理が私の心の中で誤りを修正してくれる」

レッスン107です。今日のテーマは「真理が私の心の中で誤りを修正してくれる」です。...
0

T5-5 エゴは罪悪感をどうやって利用するの?

テキストから、エゴが罪悪感をどのように利用するのかについて説明する一節をご紹介します。...
0

レッスン54(レヴュー:レッスン16~20)

レッスン54です。今回は、レッスン16から20までの復習です。...
0

レッスン51(レヴュー:レッスン1~5)

レッスン51です。今回は、レッスン1から5までの復習です。...
0

T27-8 夢の主人公

今回は、テキスト 第二十七章 から八「夢の『主人公』」全部をご紹介します。以前に、他人なんて本当はいない!?でこの節の一部をご紹介したことがあります。この一節では、この世界が幻、夢想にすぎないことが明らかにされてゆきます。この夢見の世界では、劇をリアルに見せるためのキャラクターとして、身体が登場します。夢が何度も何度も繰り返して私たちに教えこもうとしているのは、夢こそが原因であって私たちは夢の結果...
0

M18 修正はどのようになされるか

今回は、マニュアルの第18節のご紹介です。「どのように修正はなされるか」というテーマです。罪には処罰、誤りには修正が対応します。コースは、罪があることを認めないので、処罰も否認します。もっとも、この幻想世界において誤りが生じることは否認しないので、誤りに対しては、それを正す修正を認めます。私たちは眠りこけて自分がキリストのヴィジョンを持っていることを忘れてしまい、肉眼でしか知覚できなくなって愛をもっ...
0

M19 正義とは何か

今回は、マニュアルから第19節をご紹介します。正義についてです。...
0
該当の記事は見つかりませんでした。