There Is No Spoon

        対訳 奇跡のコース      奇跡のコース( 奇跡講座  A Course in Miracles ACIM )テキスト、ワークブック、マニュアルの和訳(日本語翻訳)

T31-6 汝の意図するところをなせ

今回はテキスト第三十一章から「霊を認識する」という一節をご紹介します。...
0

T4-1 正しい教えと正しい学び

今回はテキスト第四章から、「正しい教えと正しい学び」をご紹介します。...
0

T1-5 完全さと霊

今回は、テキスト第一章から「完全さと霊」という一節をご紹介します。...
0

T5-7 神を選ぶ

今回は、「神を選ぶという決断」をご紹介します。...
0

T4-7 創造とコミュニケーション

今回は、テキスト第四章から、「創造とコミュニケーション」をご紹介します。...
0

T4-6 神からのご褒美

今回はテキスト第四章から「神からの報い」という一節をご紹介します。...
0

T1-3 贖罪と奇跡

今回はテキスト第一章から贖罪と奇跡についての一節をご紹介します。...
3

T19-4D 平安への障害4

テキスト第十九章 第四節 平安への障害の続きです。今回は第四の障害である「神への恐れ」です。次回は、これの続きの「ヴェールを上げる」をご紹介する予定です。...
0

レッスン330「今日、私は自分自身をもう二度と傷つけることはしない。」

レッスン330です。今日のレッスンは「今日、私は自分自身をもう二度と傷つけることはしない。」です。まず、創造ってなに?をご覧ください。...
0

キリストの再臨ってなに?

今回は、ワークブックから「キリストの再臨」についての一節をご紹介します。...
0

T2-5 ミラクル・ワーカー

今回は、テキストから奇跡を行う者の役割という一節をご紹介します。...
0

T1-4 闇からの脱出

今回は、テキスト第一章から、「闇からの脱出」という一節をご紹介します。「闇」という言葉を読むに際しては、自分のことをエゴの仮面をつけて身体と一体化した小さな自己だと信じ込み、したがって、他者があり、この時間と空間のある世界が確固とした現実であって、自分も欠乏しているし、世界も限りある場所なので、敵である他者と競い合い、奪い合わなければならない、罪が実在するというようなコースが否認する無明、迷い、幻...
0

レッスン114(レッスン97と98の復習)

レッスン114です。レッスン97と98の復習です。[97] I am spirit.「私は霊だ」[98] I will accept my part in God’s plan for salvation.「私は、救済のための神の計画における私の役割を引き受けることにする」...
0

T2-3 祭壇はどこにある?

ワークブックの参考に、神の祭壇について述べるテキスト第二章の一節をご紹介します。祭壇(Alter)とは、神様を祀る供物を捧げる場所のことです。神殿(temple)は、祭壇の周囲に建てられる建物のことです。仏教でいう仏壇と寺院に相当します。祭壇は、神仏や霊を祀り、儀式や供物を捧げて、神仏の加護を求めたり、悪霊が鎮まるようにと、なんらかの功徳を得るための宗教的な道具、システムです。分離幻想の解消、贖罪の完了を実...
0

T4-2 エゴの起源

今回は、テキストから「エゴと間違った自律」という一節をご紹介します。豊穣さの代用として生み出されたエゴの基盤である欠乏の原理と、「欲望」という何かを「手に入れる」メカニズムがエゴの中に組み込まれた背景が説明されます。ワークブックのレッスンの参考になると思います。...
0

レッスン97「私は霊だ」

レッスン97です。今日のテーマは「私は霊だ」です。...
0

レッスン96「救済は、私のひとつの大いなる自己からやってくる」

レッスン96です。今日のテーマは、「救済は、私のひとつの大いなる自己からやってくる」です。...
0

M12 キリストの言葉(世界を救うために必要な教師の数)

もし今の時代にイエス・キリスト(当時の発音に近いものとして「イェシュア」と呼称されることが多いので、そう呼ばせていただきます。イェシュアってなんだか可愛らしくていい響きだと思います)が生きていて、話を聞くことができるチャンスがもらえるなら、アラム語であろうと何語であろうと頑張って一から学んで、直接、生の言葉を受け取りたいと思います。...
0
該当の記事は見つかりませんでした。