There Is No Spoon

        対訳 奇跡のコース      奇跡のコース( 奇跡講座  A Course in Miracles ACIM )テキスト、ワークブック、マニュアルの和訳(日本語翻訳)

キリストってなに?

ワークブックパート2から6「キリストとは何か」をご紹介します。キリストとはあなたのことです!が参考になると思います。...
0

最後の審判ってなに?

今回は「最後の審判とは何か」です。参考に、「最後の審判」って恐ろしいものなの?をご覧ください。...
0

キリストの再臨ってなに?

今回は、ワークブックから「キリストの再臨」についての一節をご紹介します。...
0

真の世界

ワークブックパート2から「真の世界とは何か」をご紹介します。キリストのヴィジョンが参考になると思います。...
0

罪ってなに?

レッスン251からのSpecial Thoughtは「罪とは何か」です。...
0

世界って何なんだろう?

ワークブックパート2から、「世界とは何か」をご紹介します。このブログのタグクラウドでも「世界」というキーワードが上位にあることからも明らかなように、奇跡のコースは常に「世界」について語っています。この世界は、神の子である本当の私たちが、神から離れて神が入り込めない場所にするつもりで作り出した幻であり、分離という誤った思いを源とするので、分離という間違った想念が大切にされている間しか存続できないとい...
0

創造ってなに?

今回は、ワークブックパート2から、創造とは何かをご紹介します。「1. 拡張することは、神の根本的な特質であり、神は子にも、その特質を授けました。 創造するにあたり、神は、自らを創造物へと拡張し、創造するようにと神自らと同じ愛に満ちた意志を創造物に吹き込んだのです。 あなたは、十分に創造されたどころか、完全に欠けることなく創造されているのです。」(テキスト第二章 一 分離の起源)テキスト第三章 七 「...
0

奇跡ってなに?

今回は、ワークブックパート2から、「奇跡とは何か」をご紹介します。奇跡の原理が参考になると思います(できれば、奇跡の原理は何度も何度も読み返していただきたいものです)。私たちは、通常、常識では起こり得ないできごと、人の力や自然法則を超越するできごとが起こることを指して「奇跡」と呼びます。奇跡のコースでいう「奇跡」も、当然、この常識的な意味を踏まえており、世間で言う奇跡とは違うものとして捉えるわけで...
0

身体という囲い

今回は、ワークブックのパート2から、「身体とは何か」をご紹介します。私たちは、自分のことを身体であると思っています。身体こそが実在するもので、心の働きは、身体の脳が機能して生じる生理反応にすぎず、身体と心を比べれば、客観性のある身体のほうこそが本物だと信じています。このような唯物論は、知覚できる物質的存在こそが確固たる不動のものだという素朴な信念に依拠しています。でも、知覚自体が錯覚を見るための器...
0

私は人ではないの?私とは何?

今回は、ワークブック・パート2から、「私とは何か」をご紹介します。本当は、この一節は、ワークブックの350日が終わったところで出てくるので、結論を先取りする感じになりますが、このところ、ワークブックでも、怒涛のように、本当の自己は何なのかというテーマが展開されているところなので、参考になると思います。...
0

エゴってなに?

今回は、ワークブックのパート2からエゴとは何かについてご紹介をします。...
0

救済ってなに?

ワークブックのレッスンの参考に、ワークブックのパート2から、「救済とは何か?」をご紹介します。...
0

赦しとは何か?

今回は、ワークブック第2部から赦しについての解説をご紹介します。「赦し」は奇跡のコースの概念の中でも、なかなか本当に理解することの難しいもののひとつです。赦しは、贖罪を実現するための手段です。贖罪も、赦しと同じように、その言葉が従来から持っている意味合いによる影響からの脱却が困難な概念です。赦しについて理解するうえで、赦しが手段として奉仕する目的である「贖罪」についての理解は欠かせません。参考に、...
0
このカテゴリーに該当する記事はありません。