There Is No Spoon

        対訳 奇跡のコース      奇跡のコース( 奇跡講座  A Course in Miracles ACIM )テキスト、ワークブック、マニュアルの和訳(日本語翻訳)

twitter

twitterの別アカウントを作成しました。今後は、こちらでコースの言葉を流していきます。...
0

奇跡のコースの言葉を短文で味わう

twitterって使ったことがなかったのですが、神の使者.botさんやACIM bot (Japanese)さんを見て、コースの言葉が一文で持っているパワーを活かすにはいいなと思いました。そこで、twitterで奇跡のコースの言葉をつぶやくbotを作りました。There Is No Spoon ACIM quotesこのブログの関連エントリーに飛べるようにリンクを付けました。ぜひ、読んでみてください。...
0

コントロールを手放す(無条件の愛―キリスト意識を鏡として)

何もしなくていいに関連するので、「無条件の愛 キリスト意識を鏡として」(ポール・フェリーニ著 井辻朱美訳 ナチュラルスピリット)から「はじめに」をご紹介します。イェシュアは言います。「その意志のある人ならば、だれを通じても、わたしは語りかけることができます。」と。神の声は、あらゆるものを通してその声に耳を貸そうとする人に届きます。別に、聖なる書物を通じてしか神は私たちに語ることができないわけではあ...
0

神の独り子と私たちの関係は?

「イェシュアの手紙」( ナチュラルスピリット マーク・ハマー著、マリディアナ万美子訳)から、神の子が一人であることについてイェシュアが語る一節をご紹介します。この世界では、神の独り子はイエス・キリストその人のみであり、私たちは、キリストや神の救いを待つことしかできない劣った存在であると考えられており、誰かが、我は神の子なりなんて言い始めたら、気でも触れたのではないかという風に捉えるというのがお約束...
0

不幸の原因

「イェシュアの手紙」( ナチュラルスピリット マーク・ハマー著、マリディアナ万美子訳)から、不幸の原因についての一節をご紹介します。...
0

欲望

アシュターヴァクラ・ギーターから「欲望」をご紹介します。...
0

イェシュアの手紙

今回は、「イェシュアの手紙」の一節をご紹介します。イェシュアの手紙(2007/12)マーク ハマー商品詳細を見る...
0

真我(アシュターヴァクラ・ギーター)

今回は、アシュターヴァクラ・ギーターから「真我」についての一節をご紹介します。...
0

真の探求者

今回は、アシュターヴァクラ・ギーターから「真の探求者」についての一節をご紹介します。まず、テキストから真理の探求についての箇所を抜粋します。...
0

「師」アシュターヴァクラ・ギーター

今回は、アシュターヴァクラ・ギーターから、「師」という詩をご紹介します。...
0

すべてを忘れなさい(アシュターヴァクラ・ギーター)

アシュターヴァクラ・ギーターからの一節をご紹介します。「すべてを忘れなさい」という題です。私たちは、霊的探求においても、学校のテストの準備のように、外から知識を仕入れてはそれを覚え込まなければならないという発想をしてしまいがちです。ですが、真理というものは、外の世界のどこか遠くを探さなければ見つからないものではなく、すでに自分の中にあって、それを忘れてしまっているだけのもののようです。探求は、この...
0

気づき(アシュターヴァクラ・ギーター)

夢の主人公の参考に、アシュターバクラ・ギーターからご紹介します。...
0

アシュターヴァクラ・ギーター

アシュターバクラ・ギーターは、アドヴァイタ・ヴェーダーンタ(不二一元論)の真髄をシンプルにあらわす美しい詩篇です。アシュターヴァクラ・ギーター(2009/05/12)トーマス・バイロン商品詳細を見る奇跡のコースの学習者にとって、とても役立つアフォリズムが詰まっていると思います。分厚い奇跡のコースに取り掛かるには、気持ちを奮い立たせなければならないという人でも、常に携帯して手が空いたときにぱっと開いたページの一...
0
このカテゴリーに該当する記事はありません。