There Is No Spoon

        対訳 奇跡のコース      奇跡のコース( 奇跡講座  A Course in Miracles ACIM )テキスト、ワークブック、マニュアルの和訳(日本語翻訳)

T19-1 癒しと信頼

今回はテキスト第十九章から「癒しと信頼」という一節をご紹介します。...
0

T19-4Di 平安への障害4−2

テキスト第十九章四節平安への障害から、今回は、第四の障害である「神への恐れ」の続きの「ヴェールを上げる」をご紹介します。...
0

T19-4D 平安への障害4

テキスト第十九章 第四節 平安への障害の続きです。今回は第四の障害である「神への恐れ」です。次回は、これの続きの「ヴェールを上げる」をご紹介する予定です。...
0

T19-4C 平安への障害3

今回は、テキスト第十九章から平安への障害の続きをご紹介します。第三の障害、死の魅力です。...
0

T19-4Ai 平安への障害1−2

今回は、テキスト第十九章、4の平安への障害から、罪悪感の魅力についての一節をご紹介します。...
0

T19-4B 平安への障害2

テキスト第十九章から、平安への障害の続きで、第二の障害までをご紹介します。...
0

T19-4A 平安への障害

今回は、テキストから、平安に至る上での障害という節の冒頭部分と第一の障害 ― 平安を取り除きたいという願望 をご紹介します。...
0

T19-3 無罪!

今回は、テキスト第十九章から、罪の非実在性についての一節をご紹介します。...
0

T19-2 罪から逃れる途はあるのか?

今回は、罪と誤りについてのテキストの一節をご紹介します。罪とは、戒律を破ること、法律や道徳といった規範に違反することをいいます。誤りとは、正しくないこと、間違い、失敗をいいます。一般的には、誤りは包括的な概念で罪を包摂する大小関係を認めることはできます。しかし、コースが両者を用いる際には、排斥関係にある対概念として捉える必要があります。この場合の根本的な相違は、矯正可能性の有無にあります。...
0
このカテゴリーに該当する記事はありません。