There Is No Spoon

        対訳 奇跡のコース      奇跡のコース( 奇跡講座  A Course in Miracles ACIM )テキスト、ワークブック、マニュアルの和訳(日本語翻訳)

レッスン10「私の思いは、何も意味しない。」

レッスン10です。今回のテーマは「私の思いは、何も意味しない。」というものです。レッスン1で、自分が見るものには何の意味もない、レッスン4で自分の目にするものに関する自分の思いには何の意味もないというテーマが出てきましたが、今回は、対象が自分の周囲の物事とつながりのない自分の思いそのものになっています。...
0

レッスン9「私は何もそれが今あるままに見てはいない」

レッスン9です。Workbook Lesson 9I see nothing as it is now.私は何もそれが今あるままに見てはいない。...
0

レッスン8「私の心は、過去の思いによって占領されている」

レッスン8です。Workbook Lesson 8My mind is preoccupied with past thoughts.私の心は、過去の思いによって占領されている。今日のレッスンは、私たちの心が自分の思いが外に向けて投影された過去の思いでいっぱいになってしまっているせいで、現在をありのままに見ることができなくなっているといいます。そして、ある人が過去について本当に理解すべき事実は、過去などないということだけであり、それゆえに、過去を考えるこ...
0

レッスン7「私はただ過去だけを見ている」

Workbook Lesson 7I see only the past私は、ただ過去だけを見ているレッスン7です。時間に関するテーマがレッスン10まで続きます。私たちがただ過去しか見ていないというのは、なかなか最初は受け入れにくいのではないでしょうか?私たちは、自分たちが毎瞬毎舜移り行く現在を見ているつもりでいますし、ちゃんと意識すれば、過去の記憶や未来への期待や憂慮に影響されることなく、ありのまま目の前のものを見ることができるよ...
0

レッスン6「私の心が乱れているのは、そこにありもしないものを見ているせいだ」

ワークブックのレッスン6です。テーマは、自分の心が乱れているのは、ありもしないものを見ているせいだというものです。この考えを当てはめる前に、心の中を検索して心を乱す思いを見つけるよう指示されています。この検索に際しては、現に今、怒りを感じているなどして、心が乱れているのが分かりやすいなら、それをそのまま直視して捕まえればよいでしょうし、すぐに浮かんでこないようなら、心の中に目を向けて、平安が乱され...
0

レッスン5「私は、決して自分で思っているような理由で心をかき乱されているのではない」

ワークブックのレッスン5です。今日のレッスンは、[upset]を対象とします。「心の乱れ」と訳しましたが、混乱でも、動揺でも、うろたえでも、動転でもいいと思います。恐れや心配、落胆、不安、あるいは、怒り、憎しみ、嫉妬、その他、いろんな形をとって心の平安が乱される状態をまとめる意味で用いられています。「There are no small upsets.心の乱れに小さいということがあるわけではない。 They are all equally disturbing ...
0

レッスン4「これらの思いには何の意味もない」

レッスン4です。ワークブックに取り組む際の重要な留意点は、基本的に一日一レッスンの原則を守ることです。そのわけは、ワークは実践に目的があるのであって、テキストのように理論的に理解する点に主眼があるわけではないからです。がんがんやる気があるのであれば、ワークブックを先に進めようとするよりもテキストをじっくり読み込む方に労力を費やした方がよいでしょう。ワークブックをどんなに早く全部読んだとしても(理論...
0

レッスン3「私は自分の見るどんなもののことも理解していない」

レッスン3です。テーマは、「I do not understand anything I see.私は自分の見るどんなもののことも理解していない。」というものです。初めてワークブックに取り組む際には、指示されたことがよく理解できないために、混乱してしまうことがあると思います。とくにテキストを抜きにしていきなりワークブックから入ると、この心の混乱はより大きいと思います(といっても、この混乱自体、ワークブックの狙っているところであるこ...
0

レッスン2「自分の見ているすべての物が自分にとって持っている意味はすべて私が与えたものだ」

ワークブックのレッスン2です。レッスン1では、自分の目にする物には何の意味もないという考えを当てはめていきましたが、今回は、自分の目にする物が自分にとって持っている意味はすべて、自分が与えたものだという考えの適用です。ワークブックをこなす際には、テキストやマニュアルと連動させて理論的な理解があると実習の効果も高まります。簡単な奇跡と難しい奇跡ってあるの?の記事がレッスンの参考になると思いますので、...
0

レッスン1「私の目にするものはすべて、何も意味しない」

ワークブックのレッスンをご紹介します。レッスン1は、自分の見るものに何の意味もないという考えをあてはめていくレッスンです。この世界が幻想であり、幻想であることの程度に序列などない(幻想50%真理50%などということはない)ということへの理解の一番最初のとっかかりです。目にするものすべてですので、自分の身体や他の人やペットも含めてもらってよいです。気分が悪くなるような場合は、無理をしないで中断するよ...
0
このカテゴリーに該当する記事はありません。