There Is No Spoon

        対訳 奇跡のコース      奇跡のコース( 奇跡講座  A Course in Miracles ACIM )テキスト、ワークブック、マニュアルの和訳(日本語翻訳)

M27 死とは何か(神は、愛の神なのか死神なのか)

今回は、教師のためのマニュアルから死についての一節をご紹介します。奇跡のコースは、死は存在しないと言います。コースでは、「invulnerable」(傷つくことのない)という言葉がよく出てきますが、この言葉には「不死身」という意味もあります。私たちが傷つくことがない理由は、罪が無いものだからということです。そして、私たちに罪が無いというのは、私たちが犯したと思いこんでいる「罪」は、原初の分離も含めて、自分で投...
0

レッスン2「自分の見ているすべての物が自分にとって持っている意味はすべて私が与えたものだ」

ワークブックのレッスン2です。レッスン1では、自分の目にする物には何の意味もないという考えをあてはめていきましたが、今回は、自分の目にする物が自分にとって持っている意味はすべて、自分が与えたものだという考えの適用です。ワークブックをこなす際には、テキストやマニュアルと連動させて理論的な理解があると実習の効果も高まります。簡単な奇跡と難しい奇跡ってあるの?の記事がレッスンの参考になると思いますので、...
0

レッスン1「私の目にするものは、何も意味しない」

ワークブックのレッスンをご紹介します。レッスン1は、自分の見るものに何の意味もないという考えをあてはめていくレッスンです。この世界が幻想であり、幻想であることの程度に序列などない(幻想50%真理50%などということはない)ということへの理解の一番最初のとっかかりです。目にするものすべてですので、自分の身体やほかの人やペットも含めてもらってよいです。気分が悪くなるような場合は、無理をしないで中断する...
0

M17 魔術にはどう対処すべきか

今回は、教師のためのマニュアルの第17節をご紹介します。魔術的な思考をどう取り扱うべきかというテーマです。魔術とは、欺瞞です。魔術的な思いは、欺瞞によって幻惑される思いです。魔術は、幻想世界の中において、一見すると、個別の心が信じこんでいるこの世界のルールを枉げるような「奇跡」的な出来事を引き起こすことによって、個別の心を幻惑することです。魔術は、奇跡の裏返しのようなものです。...
0

特別な関係と神聖な関係

Kinoさん、毎度ご質問どうもありがとうございます。「二つの絵」について、とても重要な点に関わるよい質問をいただくことができました。「本稿は示唆に富んでいるものの、核を捉えることが出来ませんでした。 ①私にも(多分誰にも)、特別な関係の交友は存在し、それは 自分の持ち合わせない特性を備えている方、補え合えそうな特性の方、 憎悪的行動を表現する方などが結びつきの代表格だと存じますが、 本稿では彼らとの関係は『...
1

T17-4 二つの絵

今回は、特別な関係と神聖な瞬間に関する「二つの絵」という一節をご紹介します。「特別な関係」というのは、エゴがそのエネルギー源である罪悪感を保つために、特別だと思える他者との間に作り出す関係性です。エゴが信じる欠乏や必要性を満たしてくれる特性を備えているように見える他者(この他者も同じような必要性を満たしてくれる誰かを求めています)と関わることで愛の代用にしようとする場合が特別な愛情関係です。反対に...
1

T9-2 祈りとはすでに自分がすべてを持っていることに気づかせてくれるよう聖霊に頼むこと

長文ばかりだと(特に英文も入れると)全体を読むのもひと苦労で大変かもしれません。ですので、これからは、エッセイや長文での奇跡のコースのご紹介だけでなく、祈りとして使えるようなアフォリズムとなっている短文も、ご紹介していきたいと思います。奇跡のコースは、テキスト、ワークブック、マニュアル全体を通して、宝の山と表現できます。あらゆる人のあらゆる悩みや問いかけに対する答えをきっとコースの中に見出すことが...
0

M19 正義とは何か

今回は、マニュアルから第19節をご紹介します。正義についてです。...
0

T9-8 自信喪失と自惚れの行ったり来たりから抜け出すには?

コメント欄でいただいた質問にお答えしたいと思います。Kinoさん、ご質問いただきまして、どうもありがとうございます。他人なんて本当はいない!?についてのご質問です。質問は「丁度気になったことについて書かれているエントリーでした。いつも有難うございます。 中途半端に他者が自分の投影だと知ったつもりになると、私の場合自惚れに陥りそうな気がしています。 人がしてくれたことに自分の分身がしたんだと感謝の気持ちが...
1

M14 世界の終わり

今回もマニュアルからで、第14節をご紹介します。教師のためのマニュアルは比較的平易な文で書かれており、全部でも数が少ないので、早めに全体をご紹介できればと思っています。第14節は、世界の終わり方についてです。...
0

「スピリチュアル系」に進化したエゴに注意!

コメントでよい質問をいただきました。長くなるので、本文記事のほうでご回答させていただきます。質問をいただいたKinoさん、どうもありがとうございました。①奇跡のコースと私との出会いをどのように評価するかについてです。現実世界が全て幻想であるとして、「奇跡のコース」の存在はどのように捉えるべきか。現実世界を超越した絶対存在/神が自分を招いて引合わせて下さったのか、それとも本稿に書かれているようにおこがまし...
2

M8 簡単な奇跡と難しい奇跡ってあるの?

今回は、奇跡の難易度に関する教師のためのマニュアル第8節をご紹介します。前々回の「時間2」でも触れましたが、奇跡のコースは、奇跡の難しさに序列などないと繰り返しますが、私たちにとっては、このことがなかなか実感できない、頭でわかったつもりになっても、本当に理解するのが「難しい」ものです。マトリックスで、ネオがジャンプ・プログラムで落っこちてしまったように、私たちも、世界は幻想だと念仏を唱えるように繰...
1

M12 キリストの言葉(世界を救うために必要な教師の数)

もし今の時代にイエス・キリスト(当時の発音に近いものとして「イェシュア」と呼称されることが多いので、そう呼ばせていただきます。イェシュアってなんだか可愛らしくていい響きだと思います)が生きていて、話を聞くことができるチャンスがもらえるなら、アラム語であろうと何語であろうと頑張って一から学んで、直接、生の言葉を受け取りたいと思います。...
0
該当の記事は見つかりませんでした。