There Is No Spoon

        対訳 奇跡のコース      奇跡のコース( 奇跡講座  A Course in Miracles ACIM )テキスト、ワークブック、マニュアルの和訳(日本語翻訳)

T11-8 問題と答え

レッスンの参考に「問題と答え」についてのテキストの一節をご紹介します。...
0

レッスン79「問題が解決できるように、私に問題に気づかせてください。」

レッスン79です。今日のテーマは「問題が解決できるように、私に問題に気づかせてください。」です。今日のレッスンは、分離という問題は本当はすでに解決しているのに、私たちが問題が解決されているということに気づいておらず、問題が認識されていないために、解決法も認識されていないといいます。この分離という唯一の問題が多様な形をとって現れていて、私たちには、その問題の一つひとつがまったくバラバラの別個の問題に...
0

T25-4 あなたのもたらす光

今回は、テキスト第二十五章から、「あなたのもたらす光」という一節をご紹介します。ワークブックでは、レッスン60以降で、世界の光となる役割について学んできたところですので、参考になると思います。...
0

レッスン78「奇跡がすべての不平不満に取って代りますように。」

レッスン78です。今日のテーマは「奇跡がすべての不平不満に取って代りますように。」です。今日のレッスンは、インパクトがあるレッスンになると思います。自分を悲しませてきた不平不満を抱いている自分の敵だと思っている人物が自分の救い主だというのです。その人の経験してきたこと次第では、このレッスンはとてつもなく重いレッスンになることと思います。強い心の抵抗が生じるかもしれませんが、無理はせず、それでも、が...
0

T7-10 苦しいのが気持ちいいってどういうこと?

今回は、テキスト第七章「X. The Confusion of Pain and Joy 十 苦痛と歓喜の混同」をご紹介します。この一節では、私たちには、苦しみと喜びの違いもわかっておらず、両者を区別できないどころか、混同してしまって、苦痛を喜びに感じたり、喜びのことを苦痛と勘違いしたりしてしまうということが指摘されます。以前にマトリックス 自由意志という幻想で、眠りこけた夢見る心の中で、聖霊とエゴのどちらの思考システムに従う...
0

レッスン77「私は奇跡を受け取る資格がある。」

レッスン77です。今日のテーマは「私は奇跡を受け取る資格がある。」です。...
0

T3-1 贖罪には犠牲は無用

今回は、テキストから、キリストの磔刑に関する誤解を解き、贖罪を果たすために犠牲を払う必要がないということを説明する一節をご紹介します。...
0

レッスン76「私は、ただ神の法の下にある。」

レッスン76です。今日のテーマは「私は、ただ神の法の下にある。」です。この世界で、私たちが救われようとして信奉する「法則」は、身体を保護することに役立ちそうな法則です。このような法則によって、私たちは、雁字搦めになり、救済がありもしない場所で、それを探す羽目に陥ります。このレッスンでは、身体の苦しみは、心が自分で自分自身を殺そうと攻撃して自分自身の敵になっていることを覆い隠すものであり、自分を身体...
0

真我(アシュターヴァクラ・ギーター)

今回は、アシュターヴァクラ・ギーターから「真我」についての一節をご紹介します。...
0

レッスン75「光がやってきた。」

レッスン75です。今日のテーマは、「光がやって来た。」です。今日のレッスンは、読んでいるだけで希望に満ち溢れてくるようなレッスンです。「光がやってきた」と単に言葉で理解しようとするのではなくて、実際に光が自分の心の底から輝き始めて心を覆っていた闇や雲が強烈な光で蒸発するように消え去っていく様をイメージしてみるとよいと思います。形があった方がイメージしやすいという場合は、このレッスンで「光」は聖霊を...
0

T29-7 自分の外を探さない

今回は、テキストから、自分自身の外を探求してはならないということを解説する一節をご紹介します。汝自身を知れで触れたように、テキストは、自分自身を知るためには自分の中だけを探すのではなく、他者との出会いを神聖な出会いとして、自分がエゴに従っているのか、聖霊に従っているのか、他者を鏡として気づくことが必要だと言うことも言います。自分の中でだけ探しちゃダメだといいながら、自分の外を探してはならないという...
0

レッスン74「神の意志以外の意志などない。」

レッスン74です。今日のテーマは「神の意志以外の意志などない。」です。...
0

レッスン73「私は光があるようにと意図する。」

レッスン73です。今日のテーマは「私は光があるようにと意図する。」です。...
0

レッスン72「不平不満を抱くことは、救済のための神の計画に対する攻撃だ。」

レッスン72です。今日のテーマは「不平不満を抱くことは、救済のための神の計画に対する攻撃だ。」です。エゴの救済計画は、神の座を奪うためのもので、身体を道具として、個別の心を身体に幽閉されているように幻惑し、神の子の真の姿が見えないようにする計画であるということが丁寧に解説されています。かなり長いですが、しっかり読んでいただければと思います.今日のレッスンの中で重要な一文を抜粋します。「To be withou...
0

T27-7 夢を夢見る者

今回は、テキストから「夢を夢見る者」(第二十七章 VII. The Dreamer of the Dream )をご紹介します。...
0

レッスン71「ただ神の救済の計画だけがうまくいく。」

レッスン71です。今日のテーマは「ただ神の救済の計画だけがうまくいく。」です。救済のための計画には、神の計画とエゴの計画があるということが示されます。当然ながら、エゴの計画は成功しないように仕組まれていて、神の計画は成功します。ここ一連のレッスンで、不平不満がテーマになっていますが、エゴの計画は、不平不満を機軸に据えて、自分の外に救済を捜すように目を向けさせて、期待が外れたら、その落ちた偶像を非難...
0

T5-5 エゴは罪悪感をどうやって利用するの?

テキストから、エゴが罪悪感をどのように利用するのかについて説明する一節をご紹介します。...
0

レッスン70「私の救済は私から起こる。」

レッスン70です。今日のテーマは「私の救済は私から起こる。」です。今日の考えは、」あなたを宇宙の責任者の座に就かせます」という世界の常識からすると「トンデモ」な言葉が出てきますが、いつものように、そう感じること自体が、逆に傲慢なのだということを思い出すようにしてください。...
0

T28-4 打ち砕かれたかけらの中に潜むものは

今回は、個別の小さな自己が分離を解消して大いなる自己へと統合することについて述べるテキスト第二十八章 IV. The Greater Joining 四 より偉大な結合をご紹介します。この節では、冒頭で、自分自身の贖罪を受け入れるには、自分が幻想に惑わされないだけでなく、ほかの誰かの病気や死の夢を支援しない、つまり、その人が抱く幻想に惑わされたままでいたいという願いを分かち合わないことが不可欠だという話から始まります。...
0

レッスン69「私の不平不満が自分の中にある世界の光を隠してしまう。」

レッスン69です。今日のレッスンは、雲の喩えで、不平不満が自分の中にある世界の光を隠してしまうことを示し、具体的なイメージを持たせてくれます。...
0

レッスン68「愛は一切の不平不満を抱かない」

レッスン68です。今日のテーマは「愛は一切の不平不満を抱かない。」です。愛によって創造された神の子には他者というものがなく、完全で欠けるところなく、満ち足りていて、不平不満を抱きようが無い存在です。しかし、分裂している私たち個別の心にとってはすべてが不満です。この不平不満を抱くことが、私たちに本当の自分を忘れさせたままにさせていることに気づき、不平不満を去らせるようにするのが今日のレッスンです。さ...
0

レッスン67「愛は自らと同じように私を創造した」

レッスン67です。今日のテーマは「愛は自らと同じように私を創造した」です。...
0

T3-7 悪魔と踊る

今回は、「悪魔」について触れる一節テキスト第三章 七 「創造物 対 大いなる自己像」をご紹介します。奇跡のコースでは、「エゴ」と「魔術」(magic)についてはたくさん出てきますが、「悪魔」(devil)については、ほとんど出てきません。今回は、テーマがテーマですし、内容的にも、通常の考え方をひっくり返したような箇所もありますので、不快に感じられる方もいらっしゃると思いますので、そもそも悪魔のことなど想像もし...
0

レッスン66「私の幸せと私の役目は一つのものだ」

レッスン66です。今日のテーマは「私の幸せと私の役目は一つのものだ。」です。...
0

レッスン65「私の唯一の役目は、神が私に与えたものだ」

レッスン65です。今日の考えは「私の唯一の役目は、神が私に与えたものだ」です。...
0

レッスン64「自分の役目を忘れないでいたい」

レッスン64です。今日のレッスンは「自分の役目を忘れないでいたい。」です。...
0

エゴの抵抗

Kinoさん毎度ありがとうございます。ワークブックレッスン63についてのご質問です。「[赦し]の意義読解はそう困難ではなかったですけど、ワークブックでの落とし込みとなると、とたんに心が抵抗しているのが分かります。欠乏感が、[光]を、前の記事でいう[偶像]に思わせてしまう感じです。kenさん、アドバイス頂けないでしょうか?」「[赦し]の意義読解はそう困難ではなかったですけど、」というのが表層的な感覚でしかないとい...
1

レッスン63「私の赦しを通じて、世界の光が一つひとつの心に平安をもたらす」

レッスン63です。今日のテーマは「私の赦しを通じて、世界の光が一つひとつの心に平安をもたらす。」です。...
1

T29-8 反キリスト

ワークブックは、光についてのレッスンに入りました。対極である闇に関連して、テキストから反キリストについての一節をご紹介します。反キリストについては、ヨハネの手紙一(第二章18,22節、第四章3節)、ヨハネの手紙二(第一章7節)が述べていますが、ヨハネ黙示録(第十三章の「獣」や「龍」サタンを連想される方も多いと思います。...
0

レッスン62「赦すことが、世界の光としての私の役目だ」

レッスン62です。今日のテーマは「赦すことが、世界の光としての私の役目だ。」です。...
0
該当の記事は見つかりませんでした。