There Is No Spoon

        対訳 奇跡のコース      奇跡のコース( 奇跡講座  A Course in Miracles ACIM )テキスト、ワークブック、マニュアルの和訳(日本語翻訳)

レッスン171「レッスン151と152の復習」

レッスン171です。今日のレッスンはレッスン151と152の復習です。...
0

ワークブックレビュー5 序文

お疲れ様でした!5回目の復習に入ります。これからの復習への取り組み方を述べる序文です。...
0

レッスン170「神に無慈悲さは一切ないし、私にもまったくない。」

レッスン170です。今日のテーマは「神に無慈悲さは一切ないし、私にもまったくない。」です。...
0

T25-5 無罪!

テキストから、罪のない状態という一節をご紹介します。...
0

レッスン169「神の恵みによって私は生きる。神の恵みによって私は解放される。」

レッスン169です。今日のテーマは「神の恵みによって私は生きる。神の恵みによって私は解放される。」です。...
0

T27-6 罪の証人

今回は、テキストから、罪の証人についての一節をご紹介します。...
0

レッスン168「私はあなたの恵みを授かっています。私は今こそ、それを自分のものにします。」

レッスン168です。今日のテーマは「私はあなたの恵みを授かっています。私は今こそ、それを自分のものにします。」です。...
0

T29-3 神の証人

今回は、テキストから神の証人についての一節をご紹介します。...
0

レッスン167「生命は一つであり、その一つの生命を私は神と分かち合っている。」

レッスン167です。今日のテーマは「生命は一つであり、その一つの生命を私は神と分かち合っている。」です。...
3

レッスン166「私は、神の贈り物を託されている。」

レッスン166です。今日のテーマは「私は、神の贈り物を託されている。」です。...
0

レッスン165「私の心が、神の大いなる思いを否定することがありませんように。」

レッスン165です。今日のテーマは「私の心が、神の大いなる思いを否定することがありませんように。」です。...
0

T23-2 混沌の法則

今回は、テキスト第二十三章から「混沌の法則」をご紹介します。[混沌の法則]① 真理は自分たちが分離していると信じる一人ひとりにとって異なる② 誰もみな必ず罪を犯すのだから、攻撃や死は当然の報いだ③ 幻想によって真理を変更することができる④ 人は自分で手に入れたものだけを自分のものにできる(それを誰かに与えるなら、自分はそれを失ってしまう)⑤ 愛は代用で置き換えることができるひっくり返すとこうなります。① 真理は...
0

レッスン164「今こそ、私たちは、自分たちの源である神と一つになる。」

レッスン164です。今日のテーマは「今こそ、私たちは、自分たちの源である神と一つになる。」です。...
0

T28-7 安全の方舟

今回は、テキスト第二十八章から「安全の方舟」という一節をご紹介します。...
0

レッスン163「死は存在しない。神の子は自由だ。」

レッスン163です。今日のテーマは「死は存在しない。神の子は自由だ。」です。...
0

T7-11 神の恩寵ってどういう意味?

今回は、テキスト第七章から ”The State of Grace”「恵みに満ちた状態」という一節をご紹介します。「Grace」の意味は、恩寵、慈愛、恩恵、優雅さ、上品さ等です。語源としては、喜ばせるという意味があるそうです。「恵み」という言葉で訳していますが、違和感がある場合は、ほかの言葉に置き換えて読んでみてください。欠乏感はどうしてなくならない?が参考になると思います。さて、この節では、私たちの自然な状態は、神の恩寵...
0

レッスン162「私は神に創造されたままの私だ。」

レッスン162です。今日のテーマは「私は神に創造されたままの私だ。です。...
0

レッスン161「聖なる神の子よ、私にあなたの祝福を与えてください。」

レッスン161です。今日のテーマは「聖なる神の子よ、私にあなたの祝福を与えてください。」です。今日のレッスンでは、「一人の兄弟は、すべての兄弟なのです。一つひとつの心は全ての心を含んでいます。というのも、すべての心は一つだからです。これこそ真理です。」に続けて、とはいえ、このような抽象的な言葉は、耳に心地よく情感として正しいような気分にさせてはくれても、根本的に理解されないし、理解すること自体不可...
0

レッスン160「私はわが家にいる。ここでは、恐れはよそ者だ。」

レッスン160です。今日のテーマは「私はわが家にいる。ここでは、恐れはよそ者だ。」です。...
0

T24-4 特別であることが素晴らしいってほんと?

今回はテキスト第二十四章から「特別性対罪の無さ」という一節をご紹介します。...
0

レッスン159「私は、自分が受け取った奇跡を与える。」

レッスン159です。今日のテーマは「私は、自分が受け取った奇跡を与える。」です。...
0

T30-7 自分で書いてるつもりの人生の脚本を捨てられる?

テキスト第三十章から「新たなる解釈」という一節をご紹介します。私たちは、自分で恐怖の台本を書いておいて、その台本どおりの出来事が舞台上で起こるたびに恐怖に怯えるということを繰り返しています。そして、舞台上の出来事に、あるときはこの意味、あるときは別の意味を見いだし、舞台の景色や出来事も、自分を含めた登場人物もころころと転変して移り変わってゆきます。これは、分離の幻想を抱き、みんなが各自に違った目的...
0

レッスン158「今日、私は自分が受け取るように与える。」

レッスン158です。今日のテーマは「今日、私は自分が受け取るように与える。」です。今日のレッスンでは、「すべてはすでに書かれている」が出てきます。時間という仕かけによって、すでに終わっている旅を空想の中であたかも今まさに歩んでいるように錯覚させられているということが語られます。このことは、決定論、宿命を述べているようで、絶望として受け取られることもあるでしょうが、本当に受け入れることができれば、価...
0

レッスン157「神の臨在の中へと私は今入ってゆく。」

レッスン157です。今日のテーマは「神の臨在の中へと私は今入ってゆく。」です。...
0

T10-Intro すべてはあなた次第!

今回は、テキスト第十章の序論をご紹介します。神の法則が参考になると思います。「This is an immutable law of the mind in this world as well as in the Kingdom. あなたが投影したり拡張するものがあなたの現実となるということこそ、王国においてと同様に、この世界においても、不変の心の法則です。」(テキスト 第七章 II. The Law of the Kingdom 二 王国の法則、2)そして、幻想を投影するのではなく真理を拡張する...
0

レッスン156「私は、完璧な神聖さの中を神とともに歩む。」

レッスン156です。今日のテーマは「私は、完璧な神聖さの中を神とともに歩む。」です。...
0

世界ってなに?

ワークブックパート2から、「世界とは何か」をご紹介します。このブログのタグクラウドでも「世界」というキーワードが上位にあることからも明らかなように、奇跡のコースは常に「世界」について語っています。この世界は、神の子である本当の私たちが、神から離れて神が入り込めない場所にするつもりで作り出した幻であり、分離という誤った思いを源とするので、分離という間違った想念が大切にされている間しか存続できないとい...
0

レッスン155「私は一歩引き下がって、聖霊に先導してもらうことにする。」

レッスン155です。今日のテーマは「私は一歩引き下がって、聖霊に先導してもらうことにする。」です。...
0

レッスン154「私は、神の使者の一人だ。」

レッスン154です。今日のテーマは、「私は、神の使者の一人だ。」です。...
0

T6-3 倍返ししてやりたいけど我慢しなきゃいけない?

今回は、テキストから、第五章の序論と第六章の三「攻撃の放棄」をご紹介します。第五章 序論の方は、「癒しと全体性」というタイトルです。短いですが、癒しの側面から簡潔にサンシップの本質を述べています。聖書には「己を愛するが如く汝の隣人を愛せよ」(マタイによる福音書 /19章 19節、22章 39節)とあります。「右の頬を打つ者があれば、左の頬も向けよ」(マタイによる福音書 / 5章 39節、ルカによる福音書 / 6章 29節)...
0
該当の記事は見つかりませんでした。