There Is No Spoon

        対訳 奇跡のコース      奇跡のコース( 奇跡講座  A Course in Miracles ACIM )テキスト、ワークブック、マニュアルの和訳(日本語翻訳)

M23 イエス・キリストの名前

0   0

今回は、マニュアル第23節をご紹介します。

イェシュア、「イエスキリスト」は癒しにおいて特別の役割を持つのかというテーマです。

結論は、当然のことながら、「イエス」です。






Section 23
Does Jesus Have a Special Role in Healing?
イエスには、癒しにおいて特別な役割があるのだろうか。






1. God's gifts can rarely be received directly.
 の贈り物がただちに受け取られることはめったにありません。

 Even the most advanced of God's teachers will give way to temptation in this world.
 の教師の中でも最も進んだ者でさえ、この世界においては誘惑に負けてしまいます。

 Would it be fair if their pupils were denied healing because of this?
 教師が誘惑に屈してしまったことのせいで彼の生徒たちの癒しが否定されてしまったとしたら、不公平ではないでしょうか。

 The Bible says, "Ask in the name of Jesus Christ. "
 聖書は、「イエスキリストの名において頼むように」と言っています。

 Is this merely an appeal to magic?
 これは単に魔術に訴えかけているだけなのでしょうか。

 A name does not heal, nor does an invocation call forth any special power.
 名前が癒すわけではありません。同じように、祈願が何か特別な力を呼び起こすわけでもありません。

 What does it mean to call on Jesus Christ?
 それでは、イエスキリストに頼むことの意味はどこにあるのでしょうか。

 What does calling on his name confer?
 イエスキリストの名に頼むことで何が与えられるというのでしょうか。

 Why is the appeal to him part of healing?
 なぜイエスキリストに訴えかけることが癒しの一部なのでしょうか。




2. We have repeatedly said that one who has perfectly accepted the Atonement for himself can heal the world.
 私たちは、自分のために贖罪を完璧に受け入れた者は世界を癒すことができると繰り返し述べてきました。

 Indeed, he has already done so.
 事実、イエスはすでにそれを成し遂げています。

 Temptation may recur to others, but never to this One.
 ほかの教師たちは再び誘惑に惑わされるかもしれません。しかし、このイエスだけは決して誘惑に屈服することはありません。

 He has become the risen Son of God.
 イエスは、復活した神の子となったのです。

 He has overcome death because he has accepted life.
 イエスは、生命を受け入れることで、死に打ち勝ちました。

 He has recognized himself as God created him, and in so doing he has recognized all living things as part of him.
 イエスは、自分自身のことをが創造したままの姿として受け入れ、そうすることで、生きとし生けるものが自分の一部であると認めたのです。

 There is now no limit on his power, because it is the power of God.
 今や、イエスの力には何の限界もありません。なぜなら、彼の力はの力そのものだからです。

 So has his name become the Name of God, for he no longer sees himself as separate from Him.
 だから、イエスの名はの名となったのです。というのも、彼はもはや自分を神から分離したものとして見ることがないからです。




3. What does this mean for you?
 このことは、あなたにとって何を意味するでしょうか。

 It means that in remembering Jesus you are remembering God.
 それは、イエスを思い出すことによって、あなたは神を思い出すということを意味します。

 The whole relationship of the Son to the Father lies in him.
 イエスの中に、子と父の完全な関係を見いだすことができます。

 His part in the Sonship is also yours, and his completed learning guarantees your own success.
 神の子全体の中でのイエスの役割は、あなたの役割でもあります。そして、イエスが学びを完了したことが、あなた自身の学びの成功を保証しています。

 Is he still available for help?
 今でもなおイエスに助けを求めることはできるでしょうか。

 What did he say about this?
 このことについて、イエスは何と言ったでしょうか。

 Remember his promises, and ask yourself honestly whether it is likely that he will fail to keep them.
 彼の約束を思い出してください。そして、彼が約束を守り損ねることなどありうるだろうかと正直に自問してみるがよいでしょう。

 Can God fail His Son?
 神が自らの子を見捨てることなどありうるでしょうか。

 And can one who is one with God be unlike Him?
 そして、神と一体であるものが、神と違うということがありうるでしょうか。

 Who transcends the body has transcended limitation.
 身体を超越した者は、限界というものを超越しているのです。

 Would the greatest teacher be unavailable to those who follow him?
 最も偉大な教師が、自らに従う者たちの助けになれないなどということがあるでしょうか。





4. The name of Jesus Christ as such is but a symbol.
 イエス・キリストの名前それ自体は単なる象徴にすぎません。

 But it stands for love that is not of this world.
 しかし、その名前は、この世界のものではない愛を表しています。

 It is a symbol that is safely used as a replacement for the many names of all the gods to which you pray.
 イエスの名は、あなたが祈りを捧げるすべてのエゴの神々の無数の名前の代わりに安全に用いることのできる象徴です。

 It becomes the shining symbol for the Word of God, so close to what it stands for that the little space between the two is lost, the moment that the name is called to mind.
 イエスの名は、神の大いなる言葉を表す輝ける象徴となり、それが表すものにあまりに近いために、心にイエスの名を呼び起こした瞬間に、象徴象徴される神の言葉との間のわずかな隙間は消え去ってしまいます。

 Remembering the name of Jesus Christ is to give thanks for all the gifts that God has given you.
 イエス・キリストの名前を思い出すことは、神があなたに授けてくれているすべての贈り物に対して感謝を捧げることです。

 And gratitude to God becomes the way in which He is remembered, for love cannot be far behind a grateful heart and thankful mind.
 そして、神への感謝は、神を思い出す道となります。というのも、愛は、ありがたいという気持ちや感謝に満ち溢れた心から遠く離れていることなどできないからです。

 God enters easily, for these are the true conditions for your homecoming.
 神はいともたやすく入ってきてくれます。というのも、神への感謝こそ、あなたの帰郷のための真の条件だからです。




5. Jesus has led the way.
 イエスは、その道を導いてくれます。

 Why would you not be grateful to him?
 どうして、あなたがそのイエスに対して、ありがたく思わないことがあるでしょうか。

 He has asked for love, but only that he might give it to you.
 イエスは、ただあなたに愛を与えたいがために、愛を求めるのです。

 You do not love yourself.
 あなたは自分自身のことを愛していません。

 But in his eyes your loveliness is so complete and flawless that he sees in it an image of his Father.
 しかし、イエスの目には、あなたの愛に満ちた姿は本当に完全に申し分ないものなので、イエスには、あなたの中に自らの父の姿が見えています。

 You become the symbol of his Father here on earth.
 あなたはこの地上において、イエスの父を象徴する者となるのです。

 To you he looks for hope, because in you he sees no limit and no stain to mar your beautiful perfection.
 イエスはあなたに希望を見出しています。なぜなら、あなたの中に、彼は何の限界も見てはいないし、あなたの美しい完璧さを損なう何の穢れも見てはいないからです。

 In his eyes Christ's vision shines in perfect constancy.
 イエスの目には、完全に変わることのないキリストのヴィジョンが輝いています。

 He has remained with you.
 イエスは、あなたとともに留まってくれたのです。

 Would you not learn the lesson of salvation through his learning?
 イエスの学んだことを通して、救いのレッスンを学びたいとは思わないでしょうか。

 Why would you choose to start again, when he has made the journey for you?
 イエスがあなたに代わって旅路を終えてくれているというのに、なぜあなたはわざわざもう一度旅を始めようとするのでしょうか。




6. No one on earth can grasp what Heaven is, or what its one Creator really means.
 地上においては、天国がどんなものなのか、その唯一の創造主とは実際に何を意味するのか、誰にも理解できません。

 Yet we have witnesses.
 しかし、私たちには証人たちがいます。

 It is to them that wisdom should appeal.
 賢明さがあるなら、その証人たちにこそ訴えるべきです。

 There have been those whose learning far exceeds what we can learn.
 私たちが学べる範囲をはるかに越える学びを成し遂げた者たちがいます。

 Nor would we teach the limitations we have laid on us.
 そして、私たちは、自分たちで自分たちに課した限界を教えたいとは思いません。

 No one who has become a true and dedicated teacher of God forgets his brothers.
 真に献身的な神の教師になった者は誰であれ、自分の兄弟たちのことを忘れることはありません。

 Yet what he can offer them is limited by what he learns himself.
 しかし、その教師が兄弟たちに差し延べることのできるものは、彼が自分で学ぶことによって制限されます。

 Then turn to one who laid all limits by, and went beyond the farthest reach of learning.
 そうであれば、あらゆる限界を捨て去り、学びの最大限の到達範囲をも超えたその人に頼るがよいのです。

 He will take you with him, for he did not go alone.
 そのイエスが、自分と一緒にあなたを連れて行ってくれます。というのも、彼はひとりきりで去りはしなかったからです。

 And you were with him then, as you are now.
 あなたが今一緒にいるように、あのときも、あなたはイエスと一緒にいたのです。




7. This course has come from him because his words have reached you in a language you can love and understand.
 このコースはイエスから来たものです。というのも、彼の言葉はあなたが愛し理解することのできる言語であなたの許に届いたからです。

 Are other teachers possible, to lead the way to those who speak in different tongues and appeal to different symbols?
 違った言葉で話したり、違った象徴に懇願したりする者たちに道を示して導くことのできる教師は、ほかにもいるのでしょうか。

 Certainly there are.
 もちろん存在します。

 Would God leave anyone without a very present help in time of trouble; a savior who can symbolize Himself?
 神が、誰かが苦難に陥っている際に、まさにその時点で必要な助けや神自身を象徴する救い主のないままにしておくということがありうるでしょうか。

 Yet do we need a many-faceted curriculum, not because of content differences, but because symbols must shift and change to suit the need.
 しかし、私たちは、多面的なカリキュラムを必要としているのも確かです。それは、学びの内容が異なるからではなく、象徴はその必要に応じて変幻自在であるべきだからです。

 Jesus has come to answer yours.
 イエスは、あなたの必要に答えるためにやってきたのです。

 In him you find God's Answer.
 イエスの中に、あなたは神の答えを見出すことになります。

 Do you, then, teach with him, for he is with you; he is always here.
 そうであるなら、あなたもイエスと一緒に教えてはどうでしょうか。なぜなら、彼はあなたとともにいるし、いつでもここにいてくれるからです。


いつも読んでいただき、ありがとうございます!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ ACIMへ
ポチリよろしく!


ポチッとお願いします!

ありがとうございます!

関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://thereisnospoon.jp/tb.php/101-fae57c47
該当の記事は見つかりませんでした。