There Is No Spoon

ARTICLE PAGE

レッスン31「私は、自分の見ている世界の被害者ではない」

レッスン31です。

今日のテーマは「私は、自分の見ている世界の被害者ではない」です。




ここ一連のレッスン世界に関する知覚を逆転させようとするものです。

昨日のレッスン30は、自分の好ましくないものをに投影するのをやめて、自分のの中に見つけたいものをに見ようとするという新しい投影を用いようとしているということが説明されました。

「神が自分の中にいる」という考えによって、エゴのスライドをして、世界の万物に神を見ることができるなら、当然の帰結として、に見る世界の被害者だとは言えなくなります。


レッスンは、今日の考えは、解放宣言の序文であり、言葉を繰り返すつど自分の独立を宣言していることになるといいます。

実際に、試してみてください。

会社や学校、友人や家族等々、世界に振り回されて奉仕させられる奴隷のような気分に襲われることが普段あったとしても、不思議と自由の感覚が沸き起こってくるのを本当に実感できると思います。


Workbook Lesson 31

I am not the victim of the world I see.
私は、自分の見ている世界の被害者ではない。





I am not the victim of the world I see.
私は、自分の見ている世界の被害者ではない。


1. Today's idea is the introduction to your declaration of release.
 今日の考えは、あなたの解放宣言の序文です。

 Again, the idea should be applied to both the world you see without and the world you see within.
 この考えもまた、あなたがに見る世界とあなたがに見る世界の両方に適用しなければなりません。

 In applying the idea, we will use a form of practice which will be used more and more, with changes as indicated.
 この考えを適用する際には、私たちは、ある実習の形態を使うことになります。この実習形態は、これからも形の変化を指示されながら、これからますます用いられることになるものです。

 Generally speaking, the form includes two aspects, one in which you apply the idea on a more sustained basis, and the other consisting of frequent applications of the idea throughout the day.
 一般的に言って、その実習形態には二つの側面があります。ひとつの面は、より長い時間を取ってその日の考えをあてはめることです。そして、もうひとつの面は、1日を通して頻繁にその日の考えを適用することです。




2. Two longer periods of practice with the idea for today are needed, one in the morning and one at night.
 今日の考えの実習のためには、朝に1回、夜にもう1回の2回の長い時間を取ることが必要です。

 Three to five minutes for each of these are recommended.
 それぞれ、3分から5分が望ましいでしょう。

 During that time, look about you slowly while repeating the idea two or three times.
 その実習時間の間、この考えを2、3回繰り返しながら、自分の周囲をゆっくり見回してください。

 Then close your eyes, and apply the same idea to your inner world.
 それから目を閉じて、同じ考えをあなたの側の世界にあてはめてください。

 You will escape from both together, for the inner is the cause of the outer.
 あなたは、の両方の世界から共に逃れることになります。というのも、側の世界はの世界の原因だからです。




3. As you survey your inner world, merely let whatever thoughts cross your mind come into your awareness, each to be considered for a moment, and then replaced by the next.
 自分の側の世界を眺めるに際しては、単に、自分のをよぎるどんな思いも意識するようにして、その一つひとつをしばしよく考えて、それから次の思いに置き換えるようにしてください。

 Try not to establish any kind of hierarchy among them.
 それらの思いの間にいかなる種類の序列も設けないように注意してください。

 Watch them come and go as dispassionately as possible.
 できるだけ公正かつ冷静に、それらの思いが浮かんでは去ってゆくのを見守ってください。

 Do not dwell on any one in particular, but try to let the stream move on evenly and calmly, without any special investment on your part.
 特定のどのひとつの思いにも意識を留めることなく、あなたの側でどんな特別な思いを注ぐことなく、平等に、そして、穏やかに、思いの流れが続くようにさせてください。

 As you sit and quietly watch your thoughts, repeat today's idea to yourself as often as you care to, but with no sense of hurry.
 静かに座して自分の思いを見守りながら、切迫感を抱くことなく、自分で気にかけることのできるかぎり頻繁に今日の考えを自分に繰り返し言い聞かせてください。




4. In addition, repeat the idea for today as often as possible during the day.
 これとは別に、1日の間に、できるだけ頻繁に、今日の考えを繰り返すようにしてください。

 Remind yourself that you are making a declaration of independence in the name of your own freedom.
 あなた自身の解放の名において、自分が独立宣言をしているのだということを思い起こすようにしてください。

 And in your freedom lies the freedom of the world.
 そして、あなたの解放の中にこそ、この世界の解放があるのです。




5. The idea for today is also a particularly useful one to use as a response to any form of temptation that may arise.
 今日の考えはまた、生じうるいかなる種類の誘惑に対しても、それらへの反応として用いるのにとくに有益なものです。

 It is a declaration that you will not yield to it, and put yourself in bondage.
 今日の考えは、あなたが誘惑に屈し、束縛されてしまうことはないとの宣言なのです。


名称未設定




いつも読んでいただき、ありがとうございます!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ ACIMへ
ポチリよろしく!


ポチッとお願いします!

ありがとうございます!
関連記事
レッスン意識序列世界原因解放独立

Comments 3

nao

1

いつもありがとうございます。

まだ、初めたばかりですが、とても理解しやすく教えてくださって、とても素晴らしいホームページを、本当にありがとうございます。

2015-06-12 (Fri) 05:52 | EDIT | REPLY |   

 ken

Re: 1

naoさん

コメントいただき、どうもありがとうございます。

楽しく学べるといいですよね。

誤字探しもお手伝いいただけるとありがたいです。

今後ともよろしくお願いします!

> いつもありがとうございます。
>
> まだ、初めたばかりですが、とても理解しやすく教えてくださって、とても素晴らしいホームページを、本当にありがとうございます。

2015-06-12 (Fri) 09:48 | EDIT | REPLY |   

nao

10

ken様

コメントにお返事くださいまして、ありがとうございます。

あっ、そうなんです。始めたばかりでした。本当にすみません。

一昨年、テキストを読んで、分厚い本の途中までで、そのままになってしまっていて、昨年「神の使者」と「不死というあなたの現実」を読んで、今年になってから、ワークブックをと思って、でも理解力があまりないのか、難しく考えてしまっていました。

ken様の、こちらのサイトでは、とても分かりやすく御説明してくださっていて、ご親切に、懇切丁寧に伝えてくださっているので感謝しています。

ken様のホームページを拝見させて頂いて、学習させていただける事が、すごくありがたいです。本当にありがとうございます。

どうか、宜しくお願い致します。

2015-06-13 (Sat) 00:51 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply