There Is No Spoon

ARTICLE PAGE

レッスン32「私は自分の見ている世界をでっちあげた」

レッスン32です。

今日のテーマは「私は自分の見ている世界をでっちあげた」です。




私たちは、自分のにある世界と自分の心の中(側の世界)を別物として捉えています。

これに対して、今日のレッスンは、両方とも、自分の想像の中に存在しているという考えを導入します。



Workbook Lesson 32

I have invented the world I see.
私は自分の見ている世界をでっちあげた。






I have invented the world I see.
私は自分の見ている世界をでっちあげた。


1. Today we are continuing to develop the theme of cause and effect.
 今日も、私たちは、前回に続いて原因と結果というテーマをより深く実習します。

 You are not the victim of the world you see because you invented it.
 あなたは自分の見ている世界の被害者ではありません。なぜなら、あなたがその世界をでっちあげたわけだからです。

 You can give it up as easily as you made it up.
 あなたは、自分がでっちあげたときと同じように容易に、この世界を放棄することができます。

 You will see it or not see it, as you wish.
 あなたは、自分の願い次第で、その世界を見ることも見ないこともできます。

 While you want it you will see it; when you no longer want it, it will not be there for you to see.
 あなたがその世界を望むかぎり、あなたは、それを見ることになるのに対し、あなたがもはやこの世界を望まなくなったとき、あなたに見えるものとしてこの世界は存在しなくなるでしょう。




2. The idea for today, like the preceding ones, applies to your inner and outer worlds, which are actually the same.
 今日の考えは、これまでのレッスンと同じように、あなたのなる世界との世界の両方に適用してください。なる世界もの世界も実質的には同じものなのです。

 However, since you see them as different, the practice periods for today will again include two phases, one involving the world you see outside you, and the other the world you see in your mind.
 しかしながら、あなたがの世界との世界を違ったものとして見ているために、今日の実習時間は、またもや二つの側面を含むことになります。ひとつは、あなたがに見る世界に対処するものであり、もうひとつは、あなたが自分の心の中に見る世界を扱うものです。

 In today's exercises, try to introduce the thought that both are in your own imagination.
 今日の練習では、側の世界も側の世界も両方とも、自分の想像の中に存在するという考え方を取り入れるように努めてください。





3. Again we will begin the practice periods for the morning and evening by repeating the idea for today two or three times while looking around at the world you see as outside yourself.
 今回も、私たちは、朝と夜の実習時間には、あなたが自分の側にあるものとして見ている世界を見回しながら、今日の考えを2,3回繰り返すことから始めてください。

 Then close your eyes and look around your inner world.
 それから、目を閉じて、自分の側の世界を見渡してください。

 Try to treat them both as equally as possible.
 外の世界もの世界もできるかぎり、同じように扱うように努めてください。

 Repeat the idea for today unhurriedly as often as you wish, as you watch the images your imagination presents to your awareness.
 あなたの想像があなたの意識にもたらすイメージを眺めながら、あなたが好きなだけ何度でも、今日の考えを慌てないで繰り返してください。





4. For the two longer practice periods three to five minutes are recommended, with not less than three required.
 2回の長いほうの実習時間には、3分から5分かけることが望ましく、3分よりは短くしないことが必要です。

 More than five can be utilized, if you find the exercise restful.
 もしあなたがこの練習に安らぎを感じるなら、5分以上かけてもよいでしょう。

 To facilitate this, select a time when few distractions are anticipated, and when you yourself feel reasonably ready.
 実習の効果を上げるためには、気が散るような予定があまりなくて、しっかり取り組む準備が自分自身にできていると感じる時間を選ぶようにしてください。




5. These exercises are also to be continued during the day, as often as possible.
 これらの練習はまた、1日を通して、できるかぎり頻繁に続ける必要があります。

 The shorter applications consist of repeating the idea slowly, as you survey either your inner or outer world.
 短いほうの適用に際しては、自分の内側と外側の世界の両方を見渡しながら、今日の考えをゆっくりと繰り返してください。

 It does not matter which you choose.
 内側と外側のどちらの世界を選ぶかは重要なことではありません。




6. The idea for today should also be applied immediately to any situation that may distress you.
 今日の考えはまた、あなたを悩ませるようないかなる状況にも、すぐさま適用すべきものです。

 Apply the idea by telling yourself:
 次のように自分に言い聞かせながら、今日の考えを適用してください。


I have invented this situation as I see it.
私が、自分の見ているようにこの状況をでっちあげたのだ。


名称未設定



いつも読んでいただき、ありがとうございます!

ブログランキング・にほんブログ村へ
ポチッとよろしく!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルメッセージへ
にほんブログ村


ポチッとお願いします!

2air_rankクリックお願いします









関連記事
世界意識原因と結果

Comments 0

Leave a reply