There Is No Spoon

        対訳 奇跡のコース      奇跡のコース( 奇跡講座  A Course in Miracles ACIM )テキスト、ワークブック、マニュアルの和訳(日本語翻訳)

レッスン37「私の神聖さが世界を祝福する」

0   0

レッスン37です。





Workbook Lesson 37

My holiness blesses the world.
私の神聖さが世界を祝福する。





My holiness blesses the world.
私の神聖さが世界を祝福する。


1. This idea contains the first glimmerings of your true function in the world, or why you are here.
 この考えは、この世界でのあなたの本当の役割、つまり、なぜあなたがここにいるのか、ということをうかがわせる最初の煌めきを含んでいます。

 Your purpose is to see the world through your own holiness.
 あなたの目的は、自分の神聖さを通して世界を見ることです。

 Thus are you and the world blessed together.
 こうして、あなたと世界はともに祝福されます。

 No one loses; nothing is taken away from anyone; everyone gains through your holy vision.
 誰ひとり、置き忘れられることはありません。誰からも何ひとつ取り上げられることはありません。あなたの聖なるヴィジョンを通して、すべての者たちが得ることになります。

 It signifies the end of sacrifice because it offers everyone his full due.
 それは、犠牲になることの終わりを意味します。なぜなら、あなたの神聖さは一人ひとりが当然に受けるべき完全な報いを差し延べるからです。

 And he is entitled to everything because it is his birthright as a Son of God.
 そして、誰もがすべてを受け取る資格を持っています。なぜなら、すべてを受け取ることこそ彼が神の子として持つ生来の権利だからです。




2. There is no other way in which the idea of sacrifice can be removed from the world's thinking.
 この世界の考えから、犠牲という考えが取り除かれるためには、ほかの方法はありません。

 Any other way of seeing will inevitably demand payment of someone or something.
 ほかの物事の見方は、必然的に、誰かあるいは何かといった代償を支払うことを要求することになります。

 As a result, the perceiver will lose.
 その結果として、そう知覚する者は失うことになります。

 Nor will he have any idea why he is losing.
 しかも、彼にはなぜ自分が失うことになるのか見当もつきません。

 Yet is his wholeness restored to his awareness through your vision.
 しかし、あなたのヴィジョンを通して、彼は完全さの自覚を回復することになります。

 Your holiness blesses him by asking nothing of him.
 あなたの神聖さは、その人に何も求めないことによって彼を祝福します。

 Those who see themselves as whole make no demands.
 自分たちのことを完全なものとして見る者たちは、何の要求もしません。




3. Your holiness is the salvation of the world.
 あなたの神聖さこそが、この世界の救いです。

 It lets you teach the world that it is one with you, not by preaching to it, not by telling it anything, but merely by your quiet recognition that in your holiness are all things blessed along with you.
 あなたの神聖さは、あなたに、この世界があなたと一体であることを世界に教えさせます。あなたは、世界に説教することによってではなく、世界に何かを告げることによってではなく、ただあなたの神聖さの中において、あなたとともにあらゆる物事があなたと一緒に祝福されているという、あなたの静かな認識によって教えるのです。




4. Today's four longer exercise periods, each to involve three to five minutes of practice, begin with the repetition of the idea for today, followed by a minute or so of looking about you as you apply the idea to whatever you see:
 今日の長いほうの実習時間は、それぞれ3分から5分の実習を4回行います。今日の考えを繰り返すことから始めて、引き続いて、1分ほど自分の周囲を見て、自分の目に留まるものであれば何にでも次のように今日の考えを適用してください。


My holiness blesses this chair
私の神聖さはこの椅子を祝福する。

My holiness blesses that window
私の神聖さはあの窓を祝福する。

My holiness blesses this body.
私の神聖さはこの身体を祝福する。


 Then close your eyes and apply the idea to any person who occurs to you, using his name and saying:
 それから、目を閉じて、あなたが思い浮かべるどの人物にでも、その人の名前を使って、次にように言いながら、今日の考えを適用してください。


My holiness blesses you, [name].
(   )さん、私の神聖さがあなたを祝福しています。




5. You may continue the practice period with your eyes closed; you may open your eyes again and apply the idea for today to your outer world if you so desire; you may alternate between applying the idea to what you see around you and to those who are in your thoughts; or you may use any combination of these two phases of application that you prefer.
 あなたは、目を閉じたまま実習を続けてもよいし、もしそうしたいなら、再び目を開けて自分の外の世界に今日の考えを適用してもかまいません。あなたは自分の周囲に見るものや、自分の思いの中に浮かんだ人物たちの間で交互に切り替えて今日の考えを適用してもかまいません。また、自分の好きなようにこのような二つの適用の形式をどのようにでも組み合わせて使ってもかまいません。

 The practice period should conclude with a repetition of the idea with your eyes closed, and another, following immediately, with your eyes open.
 実習時間は、目を閉じたまま今日の考えを繰り返し、それから、すぐ目を開けて、もう一回繰り返して締めくくるようにしてください。




6. The shorter exercises consist of repeating the idea as often as you can.
 短いほうの練習では、できるだけ頻繁に今日の考えを繰り返してください。

 It is particularly helpful to apply it silently to anyone you meet, using his name as you do so.
 あなたが誰かに会った際、黙って心の中でだけその人の名前を使って考えを適用すると有益です。

 It is essential to use the idea if anyone seems to cause an adverse reaction in you.
 もし誰であれ、あなたの中で拒絶反応を引き起こすように思えるなら、今日の考えをあてはめることが必須です。

 Offer him the blessing of your holiness immediately, that you may learn to keep it in your own awareness.
 すぐさま、その人にあなたの神聖さの祝福を捧げてください。そうすることで、あなたはおそらく自分の自覚の中に神聖さを保つことを学ぶことができるようになるでしょう。



名称未設定




いつも読んでいただき、ありがとうございます!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ ACIMへ
ポチリよろしく!


ポチッとお願いします!

ありがとうございます!
関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://thereisnospoon.jp/tb.php/110-e7f821b1
該当の記事は見つかりませんでした。