FC2ブログ

There Is No Spoon

ARTICLE PAGE

M4-2 神の教師の特性2(正直さ)

今回は、昨日に続いて、教師のためのマニュアル第4節から、神の教師の特性のひとつで、信頼に続く二つめの「正直さ」をご紹介します。




StampGirl / Shutterstock.com
Honesty
正直



1. All other traits of God's teachers rest on trust.
 神の教師たちが持つほかのすべての特性は、信頼に基づいています。

 Once that has been achieved, the others cannot fail to follow.
 いったん信頼が獲得されれば、信頼に引き続いてほかの特性を身につけ損ねることはありえません。

 Only the trusting can afford honesty, for only they can see its value.
 ただ信頼している者だけが正直でいることができます。なぜなら、信頼している者だけが正直であることの価値を理解できるからです。

 Honesty does not apply only to what you say.
 正直さは、あなたの言うことにだけあてはまるわけではありません。

 The term actually means consistency.
 正直さという言葉が実際に意味するのは一貫性です。

 There is nothing you say that contradicts what you think or do; no thought opposes any other thought; no act belies your word; and no word lacks agreement with another.
 あなたの話すことと、あなたが考えたり行ったりすることが矛盾することは何もない。どんな思いもほかの思いと対立することがない。どのような行いも自分の言葉を裏切ることがない。そして、どのような言葉も、ほかの言葉と一致しないことがない。

 Such are the truly honest.
 このように一貫していている者が、真に正直な者です。

 At no level are they in conflict with themselves.
 真に正直な者たちは、いかなるレベルにおいても、自己矛盾することがありません。

 Therefore it is impossible for them to be in conflict with anyone or anything.
 それゆえ、真に正直な者たちにとって、誰かや何かと対立することは不可能です。



2. The peace of mind which the advanced teachers of God experience is largely due to their perfect honesty.
 進歩した神の教師が経験する心の平安は、主に彼らの完全な正直さによるものです。

 It is only the wish to deceive that makes for war.
 争いを引き起こすのは、欺きたいという願望だけです。

 No one at one with himself can even conceive of conflict.
 自分自身とひとつになっている者は誰も、争いなど思いつくことすらできません。

 Conflict is the inevitable result of self-deception, and self-deception is dishonesty.
 葛藤は、自分を騙そうとすることの不可避的な結果です。そして、自己欺瞞は不正直ということができます。

 There is no challenge to a teacher of God.
 神の教師にとって試練など何もありません。

 Challenge implies doubt, and the trust on which God's teachers rest secure makes doubt impossible.
 試練は、それを乗り越えられるか疑念があることを示していますが、神の教師たちは信頼を確固とした拠りどころとしているので、疑うことなど不可能だからです。

 Therefore they can only succeed.
 それゆえ、神の教師たちは成功することしかできません。

 In this, as in all things, they are honest.
 彼らは、すべてのことについてそうであるのと同じように、成功することに関しても正直です。

 They can only succeed, because they never do their will alone.
 彼らはただ成功することしかできません。なぜなら、彼らが自分の意志だけをなすことは決してないからです。

 They choose for all mankind; for all the world and all things in it; for the unchanging and unchangeable beyond appearances; and for the Son of God and his Creator.
 神の教師たちは、全人類のため、全世界とその中のすべての物事のため、見せかけを越えた不変にして変更不能なもののため、そして、神の子と彼の大いなる創造主のために選択します。

 How could they not succeed?
 そんな彼らがどうして成功せずにいられるでしょうか。

 They choose in perfect honesty, sure of their choice as of themselves.
 彼らは、自分自身を確信するように自分たちの選択を確信しているので、完全に正直に選択するのです。


次

関連記事
正直信頼選択成功創造主疑い葛藤平安矛盾価値

Comments 0

Leave a reply