FC2ブログ

There Is No Spoon

ARTICLE PAGE

レッスン41「私がどこへ行こうとも、神が私と一緒に行ってくれる」

レッスン41です。




今日のレッスンもそうですが、レッスンの中の指示で、朝起きてからやることの指示が出てくることがあります。とくに今日のレッスンのように朝目を覚ましてすぐ●●をしてください、という課題は、朝起床してから、ワークブックを開いてという順序では実行不可能です。

ですので、日々のレッスンの実行はその日に目覚めてから行うことになるわけですが、ワークブックの文章を読んで、何をどのように実習するのか確認する作業は、前日の寝る前くらいに行う必要があるということになります。

つまり、夜寝る前に翌日のレッスンに関するワークブックの文章を読み、起床後すぐにやることについての指示があれば、朝起きてから昨日読んだ通りに実行し、その後、身支度を整えてから、改めてその日のレッスンについてワークブックを読む、という流れになると思います。



さて、今日のテーマは「私がどこへ行こうとも、が私と一緒に行ってくれる。」です。

これほど安心できて心強く感じる言葉もないでしょう。

私たちは、自分が世界に生きていると思っているし、その世界では、無数の身体たちがそれぞれに分離して、容赦のない生存競争の中を孤独に生き延びなければならないと思っています。

だから、まだ私たちには、これが真実ではなく、単なる言葉での慰めにしか感じられません。


けれど、そう感じるのは、私たちが本当の自分が永遠にとともにあるの子であることを忘れ、幻の世界を作り出して、その中の幻の生き物が自分だと信じこんでいるからです。

このなりきり状態からの脱出が決して容易なことではないことは、レッスン26「私の攻撃的な思いが、私の傷つきようのない不滅性を攻撃している」で述べたとおりです。

そして、そのなりきり先となるアバターが無数に存在しているというのですから気の遠くなる話で、救済なんて到底夢のまた夢だという諦めの気持ちが湧いてくると思います。

とはいえ、これもまたエゴのトリックに引っかかって感じる錯覚でしかありません。

すなわち、この世界の人間の人口だけでも何十億人もいるというのに、全員が自分はの子だと思い出すなんてありえないし、そのうちのたったひとりがたったひとつ赦しを完璧になしたところで、ほかのたくさんの人に影響するはずがないという発想になるのは、この世界は幻なんかではなく、何十億人もの個別の心がエゴという仮面を被り身体という服をまとっている状態のほうが本当で、の子がひとりということが本当ではないという前提、ひとりの体験が他者に影響することはありえないという前提に立ってはじめて出てくることができる発想だからです。

つまり、の子の大いなる心は眠りこけ、夢の中で、エゴ・身体になって生きる人生を夢見ていますが、ひとりきりの世界を夢見ていようが、数十人の人口の世界を夢見ていようが、数十億人になっている世界を夢見ていようが、目を覚ますうえで重要なことは、夢の中での登場人物の数や世界の広さや複雑さなどではないということです(M14 世界の終わりが参考になると思います)。

今日のレッスンでは、心の内奥へと潜行し、分厚い濃密な狂気の暗雲を通り越して、その向こうにあるに向かう試みをします。

レッスンで述べられるように、神に到達することは実際に可能なことであり、それどころか、神の子が神とともにあるのはありのままの事実であり、世界で唯一自然なことなのだから、とても容易なことだということを意識することが役立ちます。


Workbook Lesson 41

God goes with me wherever I go.
私がどこへ行こうとも、が私と一緒に行ってくれる。





God goes with me wherever I go.
私がどこへ行こうとも、が私と一緒に行ってくれる。



1. Today's idea will eventually overcome completely the sense of loneliness and abandonment all the separated ones experience.
 分離した者たちの誰もが味わっている孤独で見捨てられたような感覚を、今日の考えがやがて完全に克服するでしょう。

 Depression is an inevitable consequence of separation.
 憂鬱は、分離がもたらす当然の帰結です。

 So are anxiety, worry, a deep sense of helplessness, misery, suffering and intense fear of loss.
 不安や心配、深い無力感、惨めさ、苦悩そして強烈な喪失への恐怖心も同じく分離の結果です。



2. The separated ones have invented many "cures" for what they believe to be "the ills of the world."
 分離した者たちは、自分たちが「この世界の病理現象」であると信じるものに対するたくさんの「治療法」を考え出してきました。

 But the one thing they do not do is to question the reality of the problem.
 しかし、分離した者たちがしていないことが、ひとつだけあります。それは、その問題が現実のものかどうかを問うことです。

 Yet its effects cannot be cured because the problem is not real.
 しかし、その問題は実在しないので、その問題の結果を治すことはできません。

 The idea for today has the power to end all this foolishness forever.
 今日の考えは、こんな愚かなことのすべてを永遠に終わらせる力を持っています。

 And foolishness it is, despite the serious and tragic forms it may take.
 そして、たとえそれが深刻で悲劇的な形をとろうとも、愚かなことが愚かであることに変わりはありません。



3. Deep within you is everything that is perfect, ready to radiate through you and out into the world.
 あなたの心の奥深いところで、完全なるもののすべてがあなたを通してこの世界へと輝き出す準備を整えています。

 It will cure all sorrow and pain and fear and loss because it will heal the mind that thought these things were real, and suffered out of its allegiance to them.
 あなたの中に潜む完全なるものが、すべての悲しみや苦しみ、そして恐れや喪失感を治してくれるでしょう。なぜなら、あなたの中の完全さは、これらのものが本当だと思い、これらに忠誠を尽くすことで苦しんできた心を癒すからです。



4. You can never be deprived of your perfect holiness because its Source goes with you wherever you go.
 あなたは、決して自らの完璧な神聖さを奪われてしまうことはありえません。なぜなら、あなたがどこへ行こうとも、あなたの神聖さの大いなるがあなたと一緒に行ってくれるからです。

 You can never suffer because the Source of all joy goes with you wherever you go.
 あなたは決して苦しむことはありえません。なぜなら、あなたがどこへ行こうとも、すべての喜びの大いなるがあなたと一緒に行ってくれるからです。

 You can never be alone because the Source of all life goes with you wherever you go.
 あなたは決してひとりきりになることはできません。なぜなら、あなたがどこへ行こうとも、すべての生命の大いなるがあなたと一緒に行ってくれるからです。

 Nothing can destroy your peace of mind because God goes with you wherever you go.
 あなたの心の平安を破壊することは何ものにもできません。なぜなら、あなたがどこへ行こうとも、があなたと一緒に行ってくれるからです。



5. We understand that you do not believe all this.
 あなたがこのことをまったく信じていないのはわかっています。

 How could you, when the truth is hidden deep within, under a heavy cloud of insane thoughts, dense and obscuring, yet representing all you see?
 何でも覆い隠してしまう濃密な狂気思考の厚い雲の下に真理が奥深く隠されていて、あなたに見えるのがそんな雲だけだとしたら、どうしてあなたにこのようなことが信じられるでしょう。

 Today we will make our first real attempt to get past this dark and heavy cloud, and to go through it to the light beyond.
 今日、私たちは、この暗く分厚い雲を通り越して、その向こう側にあるに向かうことを、はじめて真に試みることにします。



6. There will be only one long practice period today.
 今日は、長いほうの実習時間は1回だけとることにします。

 In the morning, as soon as you get up if possible, sit quietly for some three to five minutes, with your eyes closed.
 朝、できれば目を覚ましてすぐに、目を閉じて、3分から5分くらい静かに座ってください。

 At the beginning of the practice period, repeat today's idea very slowly.
 実習のはじめは、努めてゆっくりと今日の考えを繰り返してください。

 Then make no effort to think of anything.
 それから、何も考えようとしないでください。

 Try, instead, to get a sense of turning inward, past all the idle thoughts of the world.
 その代り、この世界のすべての無意味な思いを通り越して、内側に向かう感覚を掴むように努めてください。

 Try to enter very deeply into your own mind, keeping it clear of any thoughts that might divert your attention.
 あなたの注意を逸らそうとする思考に自分の心が曇らされないよう明瞭なままに保ちながら、あなた自身の心の内奥へと本当に深く入っていってください。



7. From time to time, you may repeat the idea if you find it helpful.
 もしそれが役立つなら、時折、「私がどこへ行こうとも、が私と一緒に行ってくれる」と、今日の考えを繰り返すとよいかもしれません。

 But most of all, try to sink down and inward, away from the world and all the foolish thoughts of the world.
 しかし、何にもまして、この世界とこの世界のすべての愚かしい思いから離れて、内面深くに潜行するようにしてください。

 You are trying to reach past all these things.
 あなたは、この世界や世界の馬鹿げた思いのすべてを通り越したところに到達しようとしているのです。

 You are trying to leave appearances and approach reality.
 あなたは、見せかけの世界を去って、現実に近づこうとしているのです。



8. It is quite possible to reach God.
 神に到達するのは完全に可能なことです。

 In fact it is very easy, because it is the most natural thing in the world.
 それどころか、神に到達するのはとても容易なことです。なぜなら、あなたが神と一緒にいることは、世界で一番自然なことだからです。

 You might even say it is the only natural thing in the world.
 それは世界で唯一自然なことだとすら言えるかもしれません。

 The way will open, if you believe that it is possible.
 もしあなたが神に到達することが可能だと信じるなら、道が開けるでしょう。

 This exercise can bring very startling results even the first time it is attempted, and sooner or later it is always successful.
 この練習は、たとえ初めての試みであっても、きわめて驚嘆すべき結果をもたらすことができるし、遅かれ早かれ、必ずよい結果になります。

 We will go into more detail about this kind of practice as we go along.
 この種の実習については、今後進んでいくにつれて、より詳細に学ぶことになります。

 But it will never fail completely, and instant success is possible.
 いずれにせよ、この種の実習は決して完全に失敗するということはないし、逆に、今すぐに成功することも可能なのです。



9. Throughout the day use today's idea often, repeating it very slowly, preferably with eyes closed.
 1日を通して、可能なら目を閉じて、今日の考えを努めてゆっくりと繰り返しながら、頻繁に用いてください。

 Think of what you are saying; what the words mean.
 自分が言っている言葉と、その言葉が意味することを考えてみてください。

 Concentrate on the holiness that they imply about you; on the unfailing companionship that is yours; on the complete protection that surrounds you.
 それらの言葉があなたについて示している神聖さや、絶えることのないつながり合いが自分のものであること、自分を包みこんでくれている完璧な加護に専心するようにしてください。



10. You can indeed afford to laugh at fear thoughts, remembering that God goes with you wherever you go.
 あなたがどこに行こうとも神があなたと一緒に行ってくれることを覚えておけば、あなたは本当に、恐怖の想念など余裕で笑い飛ばせるはずです。


名称未設定



次

関連記事
笑い神聖さ真理狂気思考平安生命

Comments 0

Leave a reply