There Is No Spoon

        対訳 奇跡のコース      奇跡のコース( 奇跡講座  A Course in Miracles ACIM )テキスト、ワークブック、マニュアルの和訳(日本語翻訳)

M4-4 神の教師の特性4(優しさ)

0   0

マニュアル第4節の続きです。

優しさ」です。


Gentleness
優しさ


1. Harm is impossible for God's teachers.
 神の教師たちにとって、危害はありえないことです。

 They can neither harm nor be harmed.
 彼らは、危害を加えることも危害を被ることも、いずれもできません。

 Harm is the outcome of judgment.
 危害とは、価値判断して裁くことの結果です。

 It is the dishonest act that follows a dishonest thought.
 危害は、不正直な思考に引き続いて生じる不正直な行動です。

 It is a verdict of guilt upon a brother, and therefore on oneself.
 危害は、ある兄弟に対して有罪を宣告することであり、したがって、自分自身にも有罪の宣告を下すことです。

 It is the end of peace and the denial of learning.
 危害は平安の終わりであり、学びの否認です。

 It demonstrates the absence of God's curriculum, and its replacement by insanity.
 危害は、神のカリキュラムが存在せず、狂気によってカリキュラムが代替されていることを実証します。

 No teacher of God but must learn,--and fairly early in his training,-- that harmfulness completely obliterates his function from his awareness.
 神の教師は誰でも、彼の学びのかなり早い段階で、何を差し置いても、危害というものは完全に自分の役目を自覚できなくさせてしまうものだと学ばなければなりません。

 It will make him confused, fearful, angry and suspicious.
 危害は彼を混乱させ、恐れさせ、怒らせ、疑い深くさせてしまいます。

 It will make the Holy Spirit's lessons impossible to learn.
 危害は、聖霊のレッスンを学ぶことを不可能にしてしまいます。

 Nor can God's Teacher be heard at all, except by those who realize that harm can actually achieve nothing.
 しかも、危害を加えることによって実際には何も得られることはないと気づいている者によってでなければ、神の大いなる教師である聖霊はまったく耳を貸してもらうことができません。

 No gain can come of it.
 危害からは、何の益も生じることができません。




2. Therefore, God's teachers are wholly gentle.
 それゆえ、神の教師たちは完全に優しい者たちだといえます。

 They need the strength of gentleness, for it is in this that the function of salvation becomes easy.
 神の教師たちには、優しさの持つ力強さが必要なのです。というのも、優しさの持つ力強さによって救済という役割を果たすのが容易になるからです。

 To those who would do harm, it is impossible.
 危害を加えようとする者たちにとっては、優しくなるのは不可能です。

 To those to whom harm has no meaning, it is merely natural.
 危害を加えることに何の意味も見出さない者たちにとっては、優しいことはただ自然なことです。

 What choice but this has meaning to the sane?
 正気な者にとって、優しさを選択する以外に意味のあることなどあるでしょうか。

 Who chooses hell when he perceives a way to Heaven?
 自分が天国への道を知覚しているのに、誰が地獄を選ぼうとするでしょうか。

 And who would choose the weakness that must come from harm in place of the unfailing, allencompassing and limitless strength of gentleness?
 そして、誰が、優しさが備える失敗する余地のないすべてを抱擁する無限の力強さの代わりに、危害を加えることに由来する弱さを選択しようとするでしょうか。

 The might of God's teachers lies in their gentleness, for they have understood their evil thoughts came neither from God's Son nor his Creator.
 神の教師たちの力強さは、彼らの優しさの中に見出すことができます。というのも、彼らは、自分たちの有害な思いは神の子にも彼の創造主にもどちらにも由来しないことを理解しているからです。

 Thus did they join their thoughts with Him Who is their Source.
 こうして、神の教師たちは、自分たちの思いを自分たちの源である神とひとつに結びつけます。

 And so their will, which always was His Own, is free to be itself.
 そうして、つねに神自身のものであった彼らの意志は、何の妨げもなく神の意志そのものになるのです。



いつも読んでいただき、ありがとうございます!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ ACIMへ
ポチリよろしく!


ポチッとお願いします!

ありがとうございます!
関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://thereisnospoon.jp/tb.php/121-e561144a
該当の記事は見つかりませんでした。