There Is No Spoon

ARTICLE PAGE

M4-6 神の教師の特性6(無防備)

今回は、神の教師の特性の続きで「無防備であること」です。


Defenselessness
無防備であること



1. God's teachers have learned how to be simple.
 神の教師たちは、どのようにしてシンプルであるべきか学んでいます。

 They have no dreams that need defense against the truth.
 神の教師たちは、真理に対して防衛しなければならないと夢見ることはありません。

 They do not try to make themselves.
 彼らは、自分自身を作り上げようとすることはありません。

 Their joy comes from their understanding Who created them.
 彼らの喜びは、自分たちを創造した大いなる存在を理解することから湧き起こります。

 And does what God created need defense?
 それに、神の創造したものが、どのような防衛を必要とするというのでしょうか。

 No one can become an advanced teacher of God until he fully understands that defenses are but foolish guardians of mad illusions.
 防衛狂気幻想を守る馬鹿げた守護者でしかないと完全に理解するまでは、誰も上級の神の教師になることはできません。

 The more grotesque the dream, the fiercer and more powerful its defenses seem to be.
 奇怪な夢であるほど、その防衛はより獰猛で、より強大なものになるように見えます。

 Yet when the teacher of God finally agrees to look past them, he finds that nothing was there.
 しかし、神の教師たちがついに、そんな夢を見越すことが正しいと認めることができたとき、彼はそこには何もなかったのだと気づくことになります。

 Slowly at first he lets himself be undeceived.
 初めはゆっくりと、彼は自分自身を思い違いから目覚めさせていきます。

 But he learns faster as his trust increases.
 しかし、神の教師が信頼を強めるにつれて、彼はより速く学ぶようになります。

 It is not danger that comes when defenses are laid down.
 防衛が投げ捨てられたときにやってくるのは、危険ではありません。

 It is safety.
 やってくるのは安全なのです。

 It is peace.
 それは平安です。

 It is joy.
 それは喜びです。

 And it is God.
 そして、それは神なのです。




いつも読んでいただき、ありがとうございます!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ ACIMへ
ポチリよろしく!


ポチッとお願いします!

ありがとうございます!

関連記事
防衛目覚め信頼守護狂気平安幻想創造喜び真理

Comments 0

Leave a reply