There Is No Spoon

        対訳 奇跡のコース      奇跡のコース( 奇跡講座  A Course in Miracles ACIM )テキスト、ワークブック、マニュアルの和訳(日本語翻訳)

レッスン44「神は光であり、その光の中で私は見る。」

0   0

レッスン44です。





Workbook Lesson 44

God is the light in which I see.
であり、そのの中で私は見る。






God is the light in which I see.
であり、そのの中で私は見る。


1. Today we are continuing the idea for yesterday, adding another dimension to it.
 今日、私たちは昨日の考えに別の要素を付け加えながら、昨日の考えを続けることにします。

 You cannot see in darkness, and you cannot make light.
 あなたは暗闇の中では見ることはできません。そして、あなたにはを作り出すことはできません。

 You can make darkness and then think you see in it, but light reflects life, and is therefore an aspect of creation.
 あなたは闇を作ることができ、そうして、自分が闇の中で見ていると思っています。しかし、は生命の反映であり、それゆえ、創造のひとつの側面です。

 Creation and darkness cannot coexist, but light and life must go together, being but different aspects of creation.
 創造と闇は共存できません。しかし、光と生命は、創造の異なる側面にすぎないので、必ず両立します。




2. In order to see, you must recognize that light is within, not without.
 見るためには、あなたは光が外にあるのではなく、内にあることを認めなければなりません。

 You do not see outside yourself, nor is the equipment for seeing outside you.
 あなたは自分自身の外側を見ているのではないし、同じく、自分の外側を見るための器官があるわけでもありません。

 An essential part of this equipment is the light that makes seeing possible.
 この視覚のために不可欠な要素は、見ることを可能にする光です。

 It is with you always, making vision possible in every circumstance.
 その光はつねにあなたとともにあり、いかなる状況においてもヴィジョンを使えるようにします。




3. Today we are going to attempt to reach that light.
 今日、私たちは、その光に到達しようと試みます。

 For this purpose, we will use a form of exercise which has been suggested before, and which we will utilize increasingly.
 この目的のためには、私たちは、以前に提示した練習形態を用いることになりますが、この練習形態は、今後もますます用いられるようになります。

 It is a particularly difficult form for the undisciplined mind, and represents a major goal of mind training.
 訓練されていないにとっては、この練習形態は格別に難しい形式であって、の訓練の主要な目標を表しているということができます。

 It requires precisely what the untrained mind lacks.
 この練習形態は、訓練されていないに欠けているものそれ自体をまさしく要求します。

 Yet this training must be accomplished if you are to see.
 しかし、もしあなたが見ようとするなら、この訓練を成し遂げなければなりません。




4. Have at least three practice periods today, each lasting three to five minutes.
 今日は、少なくとも、3回の実習時間をとって、毎回、3分から5分かけるようにしてください。

 A longer time is highly recommended, but only if you find the time slipping by with little or no sense of strain.
 より長い時間が取れるなら、それはとても望ましいものですが、それはあなたがほとんどあるいはまったく緊張を感じないで時間を過ごせる場合に限られます。

 The form of practice we will use today is the most natural and easy one in the world for the trained mind, just as it seems to be the most unnatural and difficult for the untrained mind.
 今日用いる実習の形態は、訓練されていないにとっては最も不自然で困難なものに思えますが、それとちょうど同じように、訓練されたにとっては、この世界で最も自然でやさしいもののひとつだということができます。




5. Your mind is no longer wholly untrained.
 あなたのはもはやまったく訓練されていないというわけではありません。

 You are quite ready to learn the form of exercise we will use today, but you may find that you will encounter strong resistance.
 あなたには、今日用いる練習の形態を学ぶための準備が十分に整っています。しかし、あなたは自分が強い抵抗に直面するように感じるかもしれません。

 The reason is very simple.
 その理由はきわめて単純です。

 While you practice in this way, you leave behind everything that you now believe, and all the thoughts that you have made up.
 この方法で実習する間、あなたは自分が今信じているすべてのことをあとにして、そして、自分の作り上げてきたすべての思いを置き去りにすることになるからです。

 Properly speaking, this is the release from hell.
 正確に言えば、これは地獄からの解放です。

 Yet perceived through the ego's eyes, it is loss of identity and a descent into hell.
 しかし、エゴの目を通して知覚すると、それはアイデンティティーの喪失であり、地獄への墜落に見えます。




6. If you can stand aside from the ego by ever so little, you will have no difficulty in recognizing that its opposition and its fears are meaningless.
 もしあなたが少しでもエゴを脇に置いた立脚点に立つことができたら、あなたはエゴの反対やエゴ恐れが無意味であると認めることに何の困難も覚えないでしょう。

 You might find it helpful to remind yourself, from time to time, that to reach light is to escape from darkness, whatever you may believe to the contrary.
 あなたがいかに反対だと信じようとも、光に到達することは闇からの脱出だということを、折に触れて自分に思い出させることが役に立つはずです。

 God is the light in which you see.
 は光です。その光の中であなたは見ることになります。

 You are attempting to reach Him.
 あなたは到達しようと試みているのです。




7. Begin the practice period by repeating today's idea with your eyes open, and close them slowly, repeating the idea several times more.
 実習時間は、今日の考えを、目を開けたまま繰り返すことから始めてください。それから、ゆっくり目を閉じて、数回さらに今日の考えを繰り返してください。

 Then try to sink into your mind, letting go every kind of interference and intrusion by quietly sinking past them.
 それから、心の中へと潜行し、あらゆる種類の妨げや邪魔をしようとするものを静かに通り過ぎて沈潜することによって、それらをやり過ごすようにしてください。

 Your mind cannot be stopped in this unless you choose to stop it.
 あなたが自分で止めないかぎり、あなたの心はこの心の奥への潜行を止めることはできません。

 It is merely taking its natural course.
 あなたの心は、単に自らの自然な道を辿っていくだけです。

 Try to observe your passing thoughts without involvement, and slip quietly by them.
 巻きこまれることなく、自分の通り過ぎていく自分の思いを観察するように努め、そして、それらの思いを静かにすり抜けてください。




8. While no particular approach is advocated for this form of exercise, what is needful is a sense of the importance of what you are doing; its inestimable value to you, and an awareness that you are attempting something very holy.
 この練習の形態では特定のアプローチの仕方を勧めることはありませんが、自分の行っていることが重要であり、自分にとって計り知れない価値があると感じること、そして、自分が何かとても聖な試みをしているという自覚を持つことが必要です。

 Salvation is your happiest accomplishment.
 救済は、あなたが成し遂げうる最も幸福なことです。

 It is also the only one that has any meaning, because it is the only one that has any real use to you at all.
 救済はまた、意味のあるたったひとつのものです。なぜなら、救済は、いやしくもあなたにとって唯一本当に役立つものだからです。




9. If resistance rises in any form, pause long enough to repeat today's idea, keeping your eyes closed unless you are aware of fear.
 もしどのような形であれ、抵抗感が湧きあがってきたら、十分な長さをとって休止して、恐れを感じないかぎり、目を閉じたまま、今日の考えを繰り返すにするようにしてください。

 In that case, you will probably find it more reassuring to open your eyes briefly.
 恐れを感じる場合には、あなたはたぶん、しばらく目を開けていたほうが安心できるでしょう。

 Try, however, to return to the exercises with eyes closed as soon as possible.
 とはいえ、できるだけ早く目を閉じて、練習に戻るように頑張ってください。




10. If you are doing the exercises correctly, you should experience some sense of relaxation, and even a feeling that you are approaching, if not actually entering into light.
 もしあなたがこの練習を正しく行っているなら、あなたは何らかのリラックスした感覚を味わうはずだし、実際に光の中に入りこむことはないにしても、光に接近する感覚すら体験するはずです。

 Try to think of light, formless and without limit, as you pass by the thoughts of this world.
 この世界の様々な思いを通り過ぎながら、形のない無限の光のことを思うように努めてください。

 And do not forget that they cannot hold you to the world unless you give them the power to do so.
 そして、あなたがこの世界の様々な思いに力を与えないかぎり、それらにはあなたをこの世界に束縛しておくことはできないということを忘れないようにしてください。



11. Throughout the day repeat the idea often, with eyes open or closed as seems better to you at the time.
 1日を通して、頻繁に考えを繰り返し、その時々に合わせて、目は閉じても開いていてもよいでしょう。

 But do not forget.
 とにかく、忘れないことです。

 Above all, be determined not to forget today.
 何よりも、今日は忘れないことに決めてください。


名称未設定




いつも読んでいただき、ありがとうございます!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ ACIMへ
ポチリよろしく!


ポチッとお願いします!

ありがとうございます!
関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://thereisnospoon.jp/tb.php/127-df35f351
該当の記事は見つかりませんでした。