There Is No Spoon

        対訳 奇跡のコース      奇跡のコース( 奇跡講座  A Course in Miracles ACIM )テキスト、ワークブック、マニュアルの和訳(日本語翻訳)

ワークブック レビュー序文

4   0

今日でワークブックレッスン50まで終わりました!




一緒に取り組んでくださったみなさん、毎日よく継続していただきました。ありがとうございます。

自分の中での変化を実感されていらっしゃる方も多いと思います。

明日からのレッスン51以降では、これまでのレッスンの復習が続きます。

復習に入る前の心構えを述べる序文をご紹介します。



First Review – Introduction
レビュー1 ― 序文


1. Beginning with today we will have a series of review periods.
 今日から、私たちで連続した復習期間を開始することにします。

 Each of them will cover five of the ideas already presented, starting with the first and ending with the fiftieth.
 毎回の復習では、レッスン1から始まりレッスン50で終わるまでのすでに出てきた考えを、5つずつ取り扱います。

 There will be a few short comments after each of the ideas, which you should consider in your review.
 一つひとつの考えのあとには、いくつか短めの注釈があるので、復習する際にはこの注釈をよく考慮するようにしてください。

 In the practice periods, the exercises should be done as follows:
 実習時間では、次のように練習を行うようにしてください。




2. Begin the day by reading the five ideas, with the comments included.
 注釈も含めて5つの考えを読むことで、1日を始めるようにしてください。

 Thereafter, it is not necessary to follow any particular order in considering them, though each one should be practiced at least once.
 そのあとは、それらの5つの考えと注釈について考える際に、特定の順番に従う必要はありませんが、少なくとも1回は、それぞれの考えを実習するようにしてください。

 Devote two minutes or more to each practice period, thinking about the idea and the related comments after reading them over.
 各実習時間には、2分以上は専念することにして、その考えと関連する注釈を読んだあと、それらについて考えてみるようにしてください。

 Do this as often as possible during the day.
 1日の間に、この練習をできるだけ頻繁に行うようにしてください。

 If any one of the five ideas appeals to you more than the others, concentrate on that one.
 もし5つの考えのうちのどのひとつの考えであれ、他の考えよりも自分に訴えかけてくるように感じるなら、そのひとつの考えに集中するようにしてください。

 At the end of the day, however, be sure to review all of them once more.
 しかし、その日の終わりには、それら5つの考えのすべてをもう一度復習するのを忘れないでください。




3. It is not necessary to cover the comments that follow each idea either literally or thoroughly in the practice periods.
 実習時間には、一つひとつの考えに続く注釈を文字どおりに、完全にこなそうとする必要はありません。

 Try, rather, to emphasize the central point, and think about it as part of your review of the idea to which it relates.
 むしろ、その中核となるポイントを押さえて、そのポイントに関連する考えもそのテーマとなっている考えの復習の一部として考えるようにしてください。

 After you have read the idea and the related comments, the exercises should be done with your eyes closed and when you are alone in a quiet place, if possible.
 考えと関連する注釈を読んだあと、もし可能なら、あなたがひとりきりの静かな場所にいるときに、目を閉じて練習するようにしてください。




4. This is emphasized for practice periods at your stage of learning.
 あなたの今の学びの段階での実習のためには、このように練習することが強く推奨されます。

 It will be necessary, however, that you learn to require no special settings in which to apply what you have learned.
 とはいえ、自分の学んだことを適用するための特別な環境は何も必要ではないということをわかっておいてください。

 You will need your learning most in situations that appear to be upsetting, rather than in those that already seem to be calm and quiet.
 すでに穏やかで静かになっていると思える状況においてよりも、狼狽するように思える状況においてこそ、あなたは自分の学んでいることを必要とするのです。

 The purpose of your learning is to enable you to bring the quiet with you, and to heal distress and turmoil.
 あなたの学習の目的は、あなたが静寂とともにあることができるようになり、そして、苦悩混乱を癒すことができるようになることです。

 This is not done by avoiding them and seeking a haven of isolation for yourself.
 苦悩混乱を避けて、自分でひとりきりになれる避難所を探していたのでは、この学習目的を成し遂げることはできません。




5. You will yet learn that peace is part of you, and requires only that you be there to embrace any situation in which you are.
 あなたはやがて、平安自分の一部であり、自分の置かれたいかなる状況においても、その状況をまるごと受け入れる必要があるだけだと学ぶことでしょう。

 And finally you will learn that there is no limit to where you are, so that your peace is everywhere, as you are.
 そして、最後には、あなたは自分のいる場所が制限されることはないので、自分が平安であるならば、どこであろうと、自分の平安があるということを学びます。




6. You will note that, for review purposes, some of the ideas are not given in quite their original form.
 復習の目的のために、考えのいくつかは、その原形のまま示されていないことにあなたは気づくことでしょう。

 Use them as they are given here.
 そのような考えは、ここで示されている形のまま使うようにしてください。

 It is not necessary to return to the original statements, nor to apply the ideas as was suggested then.
 元の言葉に戻る必要はありませんし、元のレッスンで提案されたように考えを適用する必要もありません。

 We are now emphasizing the relationships among the first fifty of the ideas we have covered, and the cohesiveness of the thought system to which they are leading you.
 私たちは、今、これまで扱った最初の50の考えの間にどのような関係があるのか、そして、この50のレッスンがあなたを導こうとしている思考システム一貫性を重視しようとしているのです。



名称未設定

いつも読んでいただき、ありがとうございます!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ ACIMへ
ポチリよろしく!


ポチッとお願いします!

ありがとうございます!
関連記事

4 Comments

Kino says...""
このブログのおかげで、どうにか毎日続けることが出来ました。自分はまだまだですが、引き続きどうぞ宜しくお願いします!
2013.08.02 19:36 | URL | #- [edit]
Kino says..."タイトル"
先程旅行から帰って来ましたら、レイアウトが変わっていましたよ。記事にピッタリの按配ですね!
2013.08.03 01:15 | URL | #- [edit]
Kino says..."タイトル"
kenさん、レイアウトが変わってから、PCで見るとかなり重くなってしまいました。今までも軽くはなかったですけど、現在は私のPCでフリーズレベルです。右側のツール/パーツ類が多すぎるのかもしれません。ご参考までに!
2013.08.03 22:28 | URL | #JyN/eAqk [edit]
ken says..."Re: タイトル"
> kenさん、レイアウトが変わってから、PCで見るとかなり重くなってしまいました。今までも軽くはなかったですけど、現在は私のPCでフリーズレベルです。右側のツール/パーツ類が多すぎるのかもしれません。ご参考までに!
Kinoさん、ありがとうございます!だいぶダイエットしてみました。
2013.08.04 18:04 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://thereisnospoon.jp/tb.php/141-9086d572
該当の記事は見つかりませんでした。