There Is No Spoon

ARTICLE PAGE

レッスン51(レヴュー:レッスン1~5)

レッスン51です。

今回は、レッスン1から5までの復習です。







Workbook Lesson 51

Review of Lessons 1 - 5
レッスン1から5までの復習



The review for today covers the following ideas:
今日の復習では、次の考えを扱います。


1. 1 Nothing I see means anything.
 1 私の見ているものはどれも何も意味しない。


 The reason this is so is that I see nothing, and nothing has no meaning.
 私の見るものに何の意味もない理由は、私は無を見ているのであって、無は何の意味も持つことはないからだ。

 It is necessary that I recognize this, that I may learn to see.
 私がこのことを認めることが必要だ。そうすれば、私は見ることを学ぶことになるだろう。

 What I think I see now is taking the place of vision.
 自分が今見ていると私が思っていることが、ヴィジョンに置き換わってしまっている。

 I must let it go by realizing it has no meaning, so that vision may take its place.
 私は、自分が見ていると思っていることには何の意味もないと認めることによって、それを手放さなければならない。そうすれば、ヴィジョンがそれに取って代わるだろう。




2. 2 I have given what I see all the meaning it has for me.
 2 私は、自分の見るものにそれが自分にとって持つすべての意味を与えてきた。


 I have judged everything I look upon, and it is this and only this I see.
 私は自分の見るすべてのものについて価値判断してきた。そして、私が見ているのは、この価値判断であり、ただそれだけを見ているのだ。

 This is not vision.
 これはヴィジョンではない。

 It is merely an illusion of reality, because my judgments have been made quite apart from reality.
 それは、単に、現実に見える幻想にすぎない。なぜなら、私の価値判断現実からきわめてかけ離れたところで下されてきたからだ。

 I am willing to recognize the lack of validity in my judgments, because I want to see.
 私は、自分価値判断に正当性が欠けることを喜んで認める。なぜなら、私は見たいと望んでいるからだ。

 My judgments have hurt me, and I do not want to see according to them.
 私の価値判断が私を傷つけてきた。だから、私は自分の価値判断に従って見たいとはもう望まない。




3. 3 I do not understand anything I see.
 3 私は自分の見るものを何も理解していない。


 How could I understand what I see when I have judged it amiss?
 自分が誤って価値判断してしまっているとしたら、いったいとうして私に自分の見るものを理解することができるだろうか。

 What I see is the projection of my own errors of thought.
 私が見ているのは、自分自身の思考の誤り投影されたものだ。

 I do not understand what I see because it is not understandable.
 私は、自分の見ているものを理解できない。なぜなら、それは理解不能なものだからだ。

 There is no sense in trying to understand it.
 自分の見るものを理解しようと努めることには、何の意味もない。

 But there is every reason to let it go, and make room for what can be seen and understood and loved.
 しかし、自分の見るものを手放して、見ることができ、理解し、愛することのできるもののために場所を空けることには十分な理由がある。

 I can exchange what I see now for this merely by being willing to do so.
 私は、自分の今見ているものを、そうしたいと意欲を持つだけで、これらのものと交換することができる。

 Is not this a better choice than the one I made before?
 これは、私が以前に下してきた選択よりもよい選択ではないだろうか。




4. 4 These thoughts do not mean anything.
 4 これらの思いには何の意味もない。


 The thoughts of which I am aware do not mean anything because I am trying to think without God.
 私の自覚している思いには何の意味もない。なぜなら、私は神を抜きにして考えようとしているからだ。

 What I call "my" thoughts are not my real thoughts.
 私が「私の」思いと呼ぶものは、私の真の思いではない。

 My real thoughts are the thoughts I think with God.
 私の真の思いは、私が神とともに考える思いのことだ。

 I am not aware of them because I have made my thoughts to take their place.
 私は、自分の真の思いを自覚していない。なぜなら、私は自分の真の思いに置き換えるために自分の思いを作り上げてきたからだ。

 I am willing to recognize that my thoughts do not mean anything, and to let them go.
 私は、自分の思いが何も意味しないと喜んで認め、それらの思いを手放すことにする。

 I choose to have them be replaced by what they were intended to replace.
 私は、それら自分の無意味な思いを、それらに取って代わるよう意図された自分の真の思いによって置き換わらせることを選択する。

 My thoughts are meaningless, but all creation lies in the thoughts I think with God.
 私の思いは無意味だ。しかし、私が神と一緒に思考する思いの中には、すべての創造を見いだすことができる。




5. 5 I am never upset for the reason I think.
 5 私は決して、自分の思うような理由で心乱されているのではない。


 I am never upset for the reason I think because I am constantly trying to justify my thoughts.
 私は決して、自分の思うような理由で心乱されているのではない。なぜなら、私は四六時中、自分の思いを正当化しようとしているからだ。

 I am constantly trying to make them true.
 私はいつでも、自分の思いを本当のことにしようとしている。

 I make all things my enemies, so that my anger is justified and my attacks are warranted.
 私は、すべての物事を自分の敵に仕立てあげて、自分の怒りを正当化し、自分が攻撃することに根拠を与えようとしている。

 I have not realized how much I have misused everything I see by assigning this role to it.
 私は、自分が見るすべてのものに、こんな役目を割り当てることによって、どれほど自分の見るものを間違って用いてきたか気づいていなかった。

 I have done this to defend a thought system that has hurt me, and that I no longer want.
 私は、自分を傷つけてきて、もうこれ以上望んでもいない思考システムを守ろうとして、こんなことをしてきたのだ。

 I am willing to let it go.
 私は喜んでそれを手放すことにする。

名称未設定



Britney Shawleyさん facebook twitterのワークブックレッスンをご紹介させていただきます。
可愛らしくて魅力あふれる方です。みなさんのレッスンの取り組みを楽しく導いてくださると思います。
ぜひご覧になってください。






いつも読んでいただき、ありがとうございます!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ ACIMへ
ポチリよろしく!


ポチッとお願いします!

ありがとうございます!
関連記事
意味ヴィジョン価値判断思考システム現実理解誤り投影自分意欲

Comments 0

Leave a reply