There Is No Spoon

ARTICLE PAGE

M13 犠牲の真の意味とは?

今回は、マニュアル第13節の「犠牲の真の意味とは?」をご紹介します。




犠牲については、以前に、必要のない「犠牲」とは?でお話ししていますので、読んでみてください。
Section 13
What Is the Real Meaning of Sacrifice?
犠牲の真の意味とは何か




1. Although in truth the term sacrifice is altogether meaningless, it does have meaning in the world.
 真理に照らせば、犠牲という言葉は完全に無意味であるにもかかわらず、この世界においては、犠牲が意味を持っているのも確かです。

 Like all things in the world, its meaning is temporary and will ultimately fade into the nothingness from which it came when there is no more use for it.
 この世界のほかのすべての物事と同じように、犠牲の意味は一時的なもので、犠牲という概念の使いみちがもはや無くなったとき、究極的には、それが生まれた無の中へと消え去ることになります。

 Now its real meaning is a lesson.
 今のところ、犠牲の真の意味は、ひとつのレッスンであるということです。

 Like all lessons it is an illusion, for in reality there is nothing to learn.
 すべてのレッスンと同じく、犠牲も幻想です。というのも、現実においては、何も学ぶべきことはないからです。

 Yet this illusion must be replaced by a corrective device; another illusion that replaces the first, so both can finally disappear.
 しかし、この幻想は、修正のための仕組みによって置き換えられなければなりません。修正のための仕組みは、初めの幻想に取って代わる別の幻想ですが、この置き換わりによって、最終的にいずれの幻想も消え去ることが可能となります。

 The first illusion, which must be displaced before another thought system can take hold, is that it is a sacrifice to give up the things of this world.
 別の思考システムがちゃんと定着できるように、その前提として取り除いておかなければならない最初の幻想は、この世界の物事を諦めることは犠牲を払うことになるという錯覚です。

 What could this be but an illusion, since this world itself is nothing more than that?
 この世界そのものが無でしかないというのに、この世界の物事を諦めることが犠牲を払うことになるというのが錯覚以外の何でありうるというのでしょうか。





2. It takes great learning both to realize and to accept the fact that the world has nothing to give.
 この世界には何も与えるものなどないという事実を認め、それを受け入れるためには、大変な学習を必要とします。

 What can the sacrifice of nothing mean?
 無を犠牲にするということは、いったい何を意味するでしょうか。

 It cannot mean that you have less because of it.
 無を犠牲にすることが、あなたが持つものが減ることを意味するはずがありません。

 There is no sacrifice in the world's terms that does not involve the body.
 この世界では、身体が関わりを持たないで犠牲という言葉が用いられることはありません。

 Think a while about what the world calls sacrifice.
 しばらくこの世界が犠牲と呼ぶものに思いを巡らせてみてください。

 Power, fame, money, physical pleasure; who is the "hero" to whom all these things belong?
 権力や名声、お金、肉体的な快楽、これらの物事のすべてを享受する「主人公」とは誰のことでしょうか。

 Could they mean anything except to a body?
 これらの物事は、身体にとって以外に何らかの意味を持つことができるでしょうか。

 Yet a body cannot evaluate.
 しかし、身体は評価することなどできないのです。

 By seeking after such things the mind associates itself with the body, obscuring its Identity and losing sight of what it really is.
 そのような物事を追い求めることによって、心は自らを身体に結びつけ、自らのアイデンティティーを曖昧にして、真にありのまま自分をを見失ってしまうのです。




3. Once this confusion has occurred, it becomes impossible for the mind to understand that all the "pleasures" of the world are nothing.
 もしこの混同が起こると、心には、この世界のすべての「快楽」が無であることを理解することが不可能になってしまいます。

 But what a sacrifice,--and it is sacrifice indeed!--all this entails.
 しかし、何という犠牲でしょうか、このことに必然的に伴うことを踏まえるなら、これこそ本当の犠牲です。

 Now has the mind condemned itself to seek without finding; to be forever dissatisfied and discontented; to know not what it really wants to find.
 今や心は、自らに見出すこともなく探し続けることを運命づけ、永遠に不平不満を抱え、自分が本当は何を見つけたいのかもわからなっています。

 Who can escape this self-condemnation?
 いったい誰がこのような自己非難から逃れることができるでしょうか。

 Only through God's Word could this be possible.
 ただ神の大いなる言葉を通してのみ、この自己非難から逃れることができます。

 For self-condemnation is a decision about identity, and no one doubts what he believes he is.
 というのは、自己非難というのは、自分が誰かということについての決定であるので、誰もその人がこれが自分であると信じている姿を疑うことはないからです。

 He can doubt all things, but never this.
 彼は、あらゆる物事を疑うことはできても、決してこれだけは疑えません。




4. God's teachers can have no regret on giving up the pleasures of the world.
 神の教師たちは、この世界の快楽を諦めることに何の悔いも抱くことはできません。

 Is it a sacrifice to give up pain?
 はたして苦痛を手放すことは犠牲を払うことでしょうか。

 Does an adult resent the giving up of children's toys?
 大人が子供の玩具を手放すことを嫌がって憤ることがあるでしょうか。

 Does one whose vision has already glimpsed the face of Christ look back with longing on a slaughter house?
 すでにヴィジョンによってキリストの顔を垣間見た人が、屠殺場を憧憬とともに振り返るということがあるでしょうか。

 No one who has escaped the world and all its ills looks back on it with condemnation.
 この世界とその不幸のすべてから脱出した者は誰であれ、世界を非難の目で見ることはありません。

 Yet he must rejoice that he is free of all the sacrifice its values would demand of him.
 しかし、彼は、この世界の価値観が彼に要求するであろう犠牲のすべてから自分が自由になったことを喜ぶに違いありません。

 To them he sacrifices all his peace.
 この世界の価値観のために、彼は自分の平安のすべてを犠牲にしようとします。

 To them he sacrifices all his freedom.
 この世界の価値観のために、彼は自分のすべての自由を犠牲にしようとします。

 And to possess them must he sacrifice his hope of Heaven and remembrance of his Father's Love.
 そして、この世界で価値があるとされるものを手にするために、彼は自分の天国への希望と自らの父の大いなる愛を犠牲にしようとするに違いないのです。

 Who in his sane mind chooses nothing as a substitute for everything?
 正気の心でいる者のいったい誰が、すべてであるものの代わりに無を選ぼうとするでしょうか。





5. What is the real meaning of sacrifice?
 犠牲の真の意味とは何でしょうか。

 It is the cost of believing in illusions.
 犠牲の本当の意味とは、幻想を信じ込むことで支払うことになる代償です。

 It is the price that must be paid for the denial of truth.
 それは、真理を否認することに対して支払わねばならない代価です。

 There is no pleasure of the world that does not demand this, for otherwise the pleasure would be seen as pain, and no one asks for pain if he recognizes it.
 この世界の快楽で、このような代償を要求しないものは何ひとつありません。というのも、さもなければ、快楽は苦痛として見えるようになり、もしそのことを認識したら、誰も自ら苦痛を求めたりしなくなるからです。

 It is the idea of sacrifice that makes him blind.
 その人の目を見えなくさせてしまっているのは、犠牲という観念なのです。

 He does not see what he is asking for.
 彼には、自分が何を求めているのかわかっていないのです。

 And so he seeks it in a thousand ways and in a thousand places, each time believing it is there, and each time disappointed in the end.
 だからこそ、彼は、毎回、そこにあると信じては、数えきれない方法で、無数の場所で、自分の求めるものを探しますが、そのたびに、失望で終わることになります。

 "Seek but do not find" remains this world's stern decree, and no one who pursues the world's goals can do otherwise.
 「探せよ、されど、見出すなかれ。」というのが、この世界の厳格な掟であり続けます。そして、この世界の目標を追い求める者は誰でも、このようにすることしかできません。





6. You may believe this course requires sacrifice of all you really hold dear.
 あなたは、自分が本当に大切にしているすべての物事を犠牲にするようにと、このコースが求めていると信じているかもしれません。

 In one sense this is true, for you hold dear the things that crucify God's Son, and it is the course's aim to set him free.
 ある意味では、これは本当のことです。というのも、あなたは神の子を磔にするような物事を大切に握りしめているのであり、そして、この磔刑にされた神の子を解放することこそ、このコースが狙いを定めていることだからです。

 But do not be mistaken about what sacrifice means.
 しかし、犠牲が何を意味するのかについて誤解しないようにしてください。

 It always means the giving up of what you want.
 犠牲は、つねに自分の望むものを諦めることを意味します。

 And what, O teacher of God, is it that you want?
 さて、神の教師よ、あなたの望むこととは何なのでしょうか。

 You have been called by God, and you have answered.
 あなたは神の召命を受け、そして、あなたはそれに答えました。

 Would you now sacrifice that Call?
 今になって、あなたは神の召命を犠牲にしたいというのでしょうか。

 Few have heard it as yet, and they can but turn to you.
 神の召命を耳にした者は、まだ今のところ、ごくわずかしかいません。彼らはあなたに頼ることができるだけです。

 There is no other hope in all the world that they can trust.
 この世界のすべての中で、彼らが信頼できる他の希望など何もありません。

 There is no other voice in all the world that echoes God's.
 神の声を響き渡らせる他の声など何もありません。

 If you would sacrifice the truth, they stay in hell.
 もしあなたが真理を犠牲にしようとするなら、彼らは地獄に留まることになってしまいます。

 And if they stay, you will remain with them.
 もし彼らが地獄に留まるなら、あなたは彼らと一緒に留まることになってしまうでしょう。




7. Do not forget that sacrifice is total.
 犠牲は全面的なものだということを忘れてはなりません。

 There are no half sacrifices.
 半分だけの犠牲などというものはありません。

 You cannot give up Heaven partially.
 あなたは、天国を部分的に諦めるということはできません。

 You cannot be a little bit in hell.
 あなたは、少しだけ地獄にいることもできません。

 The Word of God has no exceptions.
 神の言葉には、一切、例外はありません。

 It is this that makes it holy and beyond the world.
 神の言葉には例外がないことが、神の言葉神聖なものとし、この世界を超越させるのです。

 It is its holiness that points to God.
 神へと向かわせるのは、神の言葉神聖さなのです。

 It is its holiness that makes you safe.
 あなたに安全をもたらすのは、神の言葉神聖さなのです。

 It is denied if you attack any brother for anything.
 もしあなたが何のためであれ、誰であろうと自分の兄弟を攻撃するなら、神の言葉神聖さは否定されてしまいます。

 For it is here the split with God occurs.
 なぜなら、神との分裂が生じるのはここだからです。

 A split that is impossible.
 この分裂は不可能なものです。

 A split that cannot happen.
 この分裂は起こることがありえないものです。

 Yet a split in which you surely will believe, because you have set up a situation that is impossible.
 しかし、どのようにしたところで、あなたはこんな分裂を信じてしまうでしょう。なぜなら、あなたは不可能な状況を作り出してしまったからです。

 And in this situation the impossible can seem to happen.
 そして、この状況においては、不可能なことも起こりうるように見えてしまうのです。

 It seems to happen at the "sacrifice" of truth.
 それは真理を「犠牲」にして起こっているように見えます。





8. Teacher of God, do not forget the meaning of sacrifice, and remember what each decision you make must mean in terms of cost.
 神の教師よ、犠牲の意味を忘れないでください。そして、支払うことになる代償という意味で、自分のなす一つひとつの決断がいかなる意味を持つことになるか思い出すようにしてください。

 Decide for God, and everything is given you at no cost at all.
 神の側に与することに決めなさい。そうすれば、あらゆるものが何の代償も払うことなく、あなたに与えられることになります。

 Decide against Him, and you choose nothing, at the expense of the awareness of everything.
 神に対立する決断をするなら、あなたは、あらゆるものを自覚することを犠牲にして、無を選択したことになります。

 What would you teach?
 あなたは何を教えるつもりでしょうか。

 Remember only what you would learn.
 ただ自分が学びたいことだけを教えることを覚えておいてください。

 For it is here that your concern should be.
 というのも、これこそがあなたが関心を抱くべきことだからです。

 Atonement is for you.
 贖罪はあなたのためにあります。

 Your learning claims it and your learning gives it.
 あなたは学ぶことによって贖罪を求めることになり、そして、あなたが学ぶことで贖罪が与えられます。

 The world contains it not.
 この世界の中には贖罪はありません。

 But learn this course and it is yours.
 しかし、このコースを学べば、贖罪はあなたのものとなります。

 God holds out His Word to you, for He has need of teachers.
 神は自らの言葉をあなたに差し延べてくれています。なぜなら、神は教師たちを必要としているからです。

 What other way is there to save His Son?
 神の子を救うために、ほかにどのような方法があるというのでしょうか。




いつも読んでいただき、ありがとうございます!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ ACIMへ
ポチリよろしく!


ポチッとお願いします!

2air_rankクリックお願いします


関連記事
犠牲神の言葉超越神聖磔刑解放幻想代償真理苦痛

Comments 0

Leave a reply