There Is No Spoon

ARTICLE PAGE

レッスン55(レヴュー:レッスン21~25)

レッスン55です。





今回はレッスン21~25の復習です。





Workbook Lesson 55



Review of Lessons 21 – 25
レッスン21~25の復習


Today's review includes the following:
今日の復習は、次の内容です。


1. 21 I am determined to see things differently.
 21 私は物事を違ったように見ることに決めた。


 What I see now are but signs of disease, disaster and death.
 私が今見ているものは、病気や災害そして死の印でしかない。

 This cannot be what God created for His beloved Son.
 こんなものが、がその愛し子のために創造したものであるはずがない。

 The very fact that I see such things is proof that I do not understand God.
 私がそんなものを見ているというまさにその事実こそが、私がのことを理解していない何よりの証拠だ。

 Therefore I also do not understand His Son.
 だから、私は、の子のことも同じく理解していない。

 What I see tells me that I do not know who I am.
 私の目にするものは、自分が誰なのか自分でもわかっていないことを確かに示している。

 I am determined to see the witnesses to the truth in me, rather than those which show me an illusion of myself.
 私は、自分自身についての幻想を私に見せるものなどではなく、私の中にある真理を示す証拠を見ることに決めた。




2. 22 What I see is a form of vengeance.
 22 私が見ているのは、復讐のひとつの形だ。


 The world I see is hardly the representation of loving thoughts.
 私の見る世界は、とうてい愛に満ちた思いが表れたものとはいえない。

 It is a picture of attack on everything by everything.
 この世界は、すべてのものによるすべてのものに対する攻撃を描写した光景だ。

 It is anything but a reflection of the Love of God and the love of His Son.
 この世界は、まったくの大いなる愛との子の愛を反映していない。

 It is my own attack thoughts that give rise to this picture.
 こんな光景を生み出しているのは、私自身の攻撃的な思いなのだ。

 My loving thoughts will save me from this perception of the world, and give me the peace God intended me to have.
 私の愛に溢れる思いは、このような世界の知覚の仕方から私を救い出してくれて、が私に持たせることを意図してくれた平安を私に与えてくれる。




3. 23 I can escape from this world by giving up attack thoughts.
 23 私は、攻撃的な思いを手放すことによって、この世界から脱出することができる。


 Herein lies salvation, and nowhere else.
 ここにこそ、救済がある。そして、それ以外のほかのどこにも存在しない。

 Without attack thoughts I could not see a world of attack.
 攻撃的な思いを持たなければ、私には攻撃の世界を見ることができない。

 As forgiveness allows love to return to my awareness, I will see a world of peace and safety and joy.
 赦しによって私が愛を自覚できるようになるにつれて、私は平安安全喜びの世界を見ることになる。

 And it is this I choose to see, in place of what I look on now.
 そして、この平安安全喜びの世界こそ、私が、自分が今見ているものの代わりに見ることを選ぶものなのだ。





4. 24 I do not perceive my own best interests.
 24 私は、自分の最善の利益を知覚していない。


 How could I recognize my own best interests when I do not know who I am?
 私は自分が誰なのかわかっていないのに、どうしてその私に自分の最善の利益に気づくことができるだろう。

 What I think are my best interests would merely bind me closer to the world of illusions.
 私が自分の最善の利益だと思うことは、単に、私をよりべったりと幻想の世界に縛りつけることになるだけだ。

 I am willing to follow the Guide God has given me to find out what my own best interests are, recognizing that I cannot perceive them by myself.
 私は、自分だけで自分の最善の利益を知覚することができないとわかったので、私にとっての最善の利益が何であるかを見出すために神が私に与えてくれた大いなるガイドに喜んで従うつもりだ。




5. 25 I do not know what anything is for.
 25 私は、物事が何のためにあるのかわかっていない。


 To me, the purpose of everything is to prove that my illusions about myself are real.
 私にとって、あらゆる物事の目的は、私が自分自身について抱く幻想が本物であることを証明することなのだ。

 It is for this purpose that I attempt to use everyone and everything.
 自分自身についての幻想が本物であることを証明する目的のために、私はすべての人たちやすべての物事を利用しようとしているのだ。

 It is for this that I believe the world is for.
 私は、自分自身についての幻想が本物であることを証明するためにこの世界があると信じている。

 Therefore I do not recognize its real purpose.
 それゆえ、私はこの世界の真の目的を認識することができないのだ。

 The purpose I have given the world has led to a frightening picture of it.
 私がこの世界に割り当てた目的が、この世界の恐ろしい光景へと導いてきたのだ。

 Let me open my mind to the world's real purpose by withdrawing the one I have given it, and learning the truth about it.
 自分がこの世界に割り当てた目的を引き下げ、この世界の目的についての真実を学ぶことによって、私がこの世界の真の目的に対して自分の心を開くことができますように。


名称未設定


では、ブリトニーさんのレッスンです。





いつも読んでいただき、ありがとうございます!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ ACIMへ
ポチリよろしく!


ポチッとお願いします!

2air_rankクリックお願いします
関連記事
幻想証明自分利益世界平安安全喜び自覚

Comments 0

Leave a reply