FC2ブログ

There Is No Spoon

ARTICLE PAGE

レッスン56(レヴュー:レッスン26~30)

レッスン56です。









[序文の要約]



注釈も含めて5つの考えを読むことから1日を始める。

そのあと、それらの5つの考えと注釈について考える際に、特定の順番に従う必要はないが、少なくとも1回は、それぞれの考えを実習する。

各実習時間には、2分以上は専念することにして、その考えと関連する注釈を読んだあと、それらについて考えてみる。

1日の間に、この練習をできるだけ頻繁に行う。

もし5つの考えのうちのどのひとつの考えであれ、ある考えがほかの考えよりも自分に訴えかけてくるように感じるなら、そのひとつの考えに集中する。

しかし、その日の終わりには、忘れずにそれら5つの考えのすべてをもう一度おさらいする。



実習時間には、一つひとつの考えに続く注釈を文字どおりに、あるいは、完全にこなそうとする必要はありません。

むしろ、その中核となるポイントを押さえて、そのポイントに関連する考えもそのテーマとなっている考えの復習の一部として考える。

考えと関連する注釈を読んだあとは、可能なら、ひとりきりになれる静かな場所で、目を閉じて練習する。




学びの目的は、自分が静寂をもたらせるようになり、苦悩や混乱を癒せるようになることなのだから、苦悩や混乱を避けて自分ひとりでいられる逃げ場を探し求めていたのでは、このような目的を達成することはできない。

したがって、すでに問題が収束した状況よりも、現に狼狽させられる状況でこそ、自分の学びを生かせるはずだ。




私たちはやがて、平安が自分の一部であり、自分の置かれたいかなる状況においても、その状況をまるごと受け入れる必要があるだけだと学び、そして、最終的には、自分のいる場所には一切の制約が存在しないので、自分がいるところならどこであれ、自分は平安でいられると学ぶことになる。



考えのいくつかは、復習の効果を上げるために、その元のレッスンで示されたままの形とは変えられているが、示されている形のまま使い、元の言葉に戻す必要はないし、元のレッスンの際に提案された通りに考えを適用する必要もない。



Workbook Lesson 56


Review of Lessons 26 – 30
レッスン26~30の復習




Our review for today covers the following:
今日の復習では次のような考えを扱います。


1. [26]
 My attack thoughts are attacking my invulnerability.
 私の攻撃的な思いが私の傷つきようのない性質を攻撃している。



 How can I know who I am when I see myself as under constant attack?
 私が自分自身のことを絶え間なく攻撃にさらされていると思っているのに、どうしてその私に自分が誰なのか知ることができるだろうか。

 Pain, illness, loss, age and death seem to threaten me.
 苦痛や病気、何かを失うことや歳を取ること、そして死が私を脅かすように思える。

 All my hopes and wishes and plans appear to be at the mercy of a world I cannot control.
 私の希望や願望や計画のすべては、自分にはコントロールできない世界のなすがままになっているように見える。

 Yet perfect security and complete fulfillment are my inheritance.
 しかし、まったく安全に自分の希望や願いや計画を完璧に成就することが私が受け継いでいる生得の権利だ。

 I have tried to give my inheritance away in exchange for the world I see.
 それなのに、私は、自分の見るこの世界と引き換えに、この自分の受け継いだものを放棄しようとしてきた。

 But God has kept my inheritance safe for me.
 しかし、神は私のために、私の受け継いだものを無事なまま取っておいてくれている。

 My own real thoughts will teach me what it is.
 私自身の真の思いが、私の受け継いだものが何なのか教えてくれるだろう。



2. [27]
 Above all else I want to see.
 何にもまして私は見たい。



 Recognizing that what I see reflects what I think I am, I realize that vision is my greatest need.
 私が目にするものは私が自分のことを何者だと思うかの反映だとわかったので、私はヴィジョンこそが自分が何よりも必要とするものだと気づいた。

 The world I see attests to the fearful nature of the self-image I have made.
 私の見る世界が、私の作り出した自己像が持つ恐ろしい性質を証明している。

 If I would remember who I am, it is essential that I let this image of myself go.
 もし私が自分が誰なのか思い出したいなら、私がこの自己像を去らせることが何としても必要だ。

 As it is replaced by truth, vision will surely be given me.
 この自己像が真理によって置き換わるなら、ヴィジョンは確実に私に与えられるだろう。

 And with this vision, I will look upon the world and on myself with charity and love.
 そして、このヴィジョンによって、私は慈悲とをこめて、この世界と自分自身を眺めることになるだろう。



3. [28]
 Above all else I want to see differently.
 何にもまして私はこれまでとは違ったように見たいと望む。



 The world I see holds my fearful self-image in place, and guarantees its continuance.
 私の見るこの世界は、私の恐ろしい自己像を固定し、その存続を保証している。

 While I see the world as I see it now, truth cannot enter my awareness.
 今自分が見ているように私がこの世界を見ているかぎり、私には真理を自覚することができない。

 I would let the door behind this world be opened for me, that I may look past it to the world that reflects the Love of God.
 私は、この世界の背後にある扉を自分のために開いてもらうことにする。そうすれば、私は、この世界を通り越して、神の大いなるを反映する世界を見ることができるだろう。



4. [29]
 God is in everything I see.
 神は私の見るすべての物事の中にある。



 Behind every image I have made, the truth remains unchanged.
 私の作り出したすべての姿の背後には、変わることのないまま真理が残っている。

 Behind every veil I have drawn across the face of love, its light remains undimmed.
 私がの顔の前に引き下ろした一つひとつのヴェールの背後には、の光が輝きを失うことなく残っている。

 Beyond all my insane wishes is my will, united with the Will of my Father.
 私のあらゆる狂気の願望の向こう側には、私の父の大いなる意志と結びついた私の意志がある。

 God is still everywhere and in everything forever.
 神は、今なおどこにでも在るし、永遠にあらゆるものの中に在る。

 And we who are part of Him will yet look past all appearances, and recognize the truth beyond them all.
 だから、神の一部である私たちは、やがてすべての見せかけを通り越して、それらすべての向こう側にある真理を認めるようになる。



5. [30]
 God is in everything I see because God is in my mind.
 神は私の心の中にいるので、神は私の見るすべての中にいる。



 In my own mind, behind all my insane thoughts of separation and attack, is the knowledge that all is one forever.
 私自身の心の中には、分離攻撃という私の狂気思いすべての背後に、すべては永遠にひとつだという知識がある。

 I have not lost the knowledge of Who I am because I have forgotten it.
 私がそれを忘れているからといって、私は自分が誰なのかという知識を失ったわけではない。

 It has been kept for me in the Mind of God, Who has not left His Thoughts.
 私が誰なのかという知識は、自らの大いなる思いである神の子たちから離れることのない神の大いなる心の中に保たれているからだ。

 And I, who am among them, am one with them and one with Him.
 だから、私は、神の大いなる思いである神の子たちの一員であり、その神の子たちと一体であり、そして、神とも一体なのだ。


名称未設定


それでは、ブリトニーさんのレッスンです。



次

関連記事
攻撃分離狂気永遠思い知識真理意志自己イメージ

Comments 0

Leave a reply