There Is No Spoon

ARTICLE PAGE

M16 一日の過ごし方

今回は、教師のためのマニュアルの第16節の「神の教師は1日をどのように過ごすべきか」をご紹介します。





魔術にはどう対処すべきかが参考になると思います。

Section 16
How Should the Teacher of God Spend His Day?
神の教師は一日をどのように過ごすべきか。



1. To the advanced teacher of God this question is meaningless.
 進歩した上級の神の教師には、このような質問は意味がありません。

 There is no program, for the lessons change each day.
 日々レッスンは変わっていくので、予定表などないのです。

 Yet the teacher of God is sure of but one thing; they do not change at random.
 しかし、その神の教師は、ただひとつのことだけは確信しています。それは、レッスンは行き当たりばったりに変化することはないということです。

 Seeing this and understanding that it is true, he rests content.
 レッスンが場当たり的に変動することがないことを目にして、それが本当のことだと理解しているので、神の教師は満足し安心しています。

 He will be told all that his role should be, this day and every day.
 彼は、この一日、そして毎日、自分の果たすべき役割を告げられることになります。

 And those who share that role with him will find him, so they can learn the lessons for the day together.
 そして、彼とともにその役割を分かち合う者たちは彼を見出すので、彼らはその日のレッスンを一緒に学ぶことができるようになります。

 Not one is absent whom he needs; not one is sent without a learning goal already set, and one which can be learned that very day.
 彼が必要とする誰かがひとりとして欠けることはないし、まさにその日に学ぶことのできるひとつの学習目標があらかじめ定められることのないまま、誰かが遣わされることもありません。

 For the advanced teacher of God, then, this question is superfluous.
 それゆえ、上級の神の教師にとっては、この質問は無用なのです。

 It has been asked and answered, and he keeps in constant contact with the Answer.
 すでにこの質問を尋ねて答えを得ているので、彼はつねにその答えに接しつづけているのです。

 He is set, and sees the road on which he walks stretch surely and smoothly before him.
 彼には準備が整っているので、彼には自分の歩む道が着実かつ平坦に目の前に広がっているのが見えています。




2. But what about those who have not reached his certainty?
 しかし、自分で確信を抱くまでに至っていない者たちについてはどうなのでしょうか。

 They are not yet ready for such lack of structuring on their own part.
 彼らにはまだ、自分の果たすべき役割を体系化せずに進むだけの準備が整ってはいません。

 What must they do to learn to give the day to God?
 彼らは、一日を神に捧げるために何をすべきなのでしょうか。

 There are some general rules which do apply, although each one must use them as best he can in his own way.
 一日を神に捧げるために適用できるいくつかの一般的な基準はあります。とはいえ、一人ひとりの者たちは、自分なりのやり方でできる最善の適用の仕方でこの基準を用いなければなりません。

 Routines as such are dangerous, because they easily become gods in their own right, threatening the very goals for which they were set up.
 決まりきった慣例のようになってしまうことは危険なのです。なぜなら、そのような慣例は、それ自体が権威を持つ崇拝の対象となってしまい、そのために慣例が設定されたはずの目標そのものを脅かすようになってしまうからです。

 Broadly speaking, then, it can be said that it is well to start the day right.
 そこで、大雑把に言えるのは、その一日を正しく始めるとよいということです。

 It is always possible to begin again, should the day begin with error.
 もしその一日が誤りとともに始まったような場合には、いつでもやり直すことができるのです。

 Yet there are obvious advantages in terms of saving time.
 しかもなお、時間を節約するという観点において、有利であることは明らかです。




3. At the beginning, it is wise to think in terms of time.
 初めのうちは、時間の観点から考えたほうが賢明です。

 This is by no means the ultimate criterion, but at the outset it is probably the simplest to observe.
 時間の観点は、決して究極的な基準にはなりませんが、最初のころには、たぶん時間を基準にするのが一番簡単だとわかるはずです。

 The saving of time is an essential early emphasis which, although it remains important throughout the learning process, becomes less and less emphasized.
 時間を節約することは、初期のころには強調される重要な本質ですが、学習課程の全体を通じて重要であり続けながらも、徐々に強調されなくなっていきます。

 At the outset, we can safely say that time devoted to starting the day right does indeed save time.
 始めのころには、一日を正しく始めることに時間を割くことが確かに時間を節約することになると言って間違いありません。

 How much time should be so spent?
 では、一日を正しく始めるために、どれくらいの時間をかけるべきでしょうか。

 This must depend on the teacher of God himself.
 これは神の教師その人次第ということにならざるをえません。

 He cannot claim that title until he has gone through the workbook, since we are learning within the framework of our course.
 私たちは自分たちのコースの枠組みの中で学んでいるのですから、その人がワークブックを最初から最後までやり遂げていないかぎり、彼は神の教師を名乗ることはできません。

 After completion of the more structured practice periods, which the workbook contains, individual need becomes the chief consideration.
 ワークブックが内容とする正確に組み立てられた実習の期間を完了したあとは、個人的な必要に重きを置いて学習計画を考えることができるようになります。





5. This course is always practical.
 このコースはつねに実践的です。

 It may be that the teacher of God is not in a situation that fosters quiet thought as he awakes.
 神の教師は、朝目が覚めたときに、平穏な思いを心に抱くことのできる状況にないかもしれません。

 If this is so, let him but remember that he chooses to spend time with God as soon as possible, and let him do so.
 もしそうだとしたら、ただ、できるだけ早く神とともに時間を過ごす選択をすることを覚えておくにとどめて、実際にそのようにするとよいでしょう。

 Duration is not the major concern.
 その時間をどれだけ長く続けられるかは重要ではありません。

 One can easily sit still an hour with closed eyes and accomplish nothing.
 気を楽にして1時間も目を閉じて静かに座っていても何も成就できない人もいます。

 One can as easily give God only an instant, and in that instant join with Him completely.
 同じように、気楽にただ一瞬だけを神に捧げて、その瞬間の中で完全に神とひとつに結びつくことができる人もいます。

 Perhaps the one generalization that can be made is this; as soon as possible after waking take your quiet time, continuing a minute or two after you begin to find it difficult.
 たぶんひとつの一般論として、次のことが言えるでしょう。それは、起きたあとできるだけすぐに、自分だけの静かな時間を取って、じっとしているのを難しく感じはじめてから1分か2分は続けるようにするということです。

 You may find that the difficulty will diminish and drop away.
 あなたは、難しい感じが小さくなって、消え去って行くのに気づくでしょう。

 If not, that is the time to stop.
 もし難しさが消えないなら、そのときが止めるときです。




5. The same procedures should be followed at night.
 同じ手順に従って、夜にも、神とともに時間を過ごす実習を行うべきです。

 Perhaps your quiet time should be fairly early in the evening, if it is not feasible for you to take it just before going to sleep.
 もし眠りに就くすぐ前に行うのが難しいようなら、夕方のかなり早い時間に、自分だけの静かな時間を取ってもよいでしょう。

 It is not wise to lie down for it.
 この練習のためには、横になって行うのは賢明ではありません。

 It is better to sit up, in whatever position you prefer.
 自分の好きなどんな姿勢でもよいので、座って行ったほうがよいでしょう。

 Having gone through the workbook, you must have come to some conclusions in this respect.
 ワークブックをやり遂げていれば、あなたはこの点についてひとつの結論を得ているはずです。

 If possible, however, just before going to sleep is a desirable time to devote to God.
 とはいえ、もし可能なら、眠りに就く直前が神に捧げるには望ましい時間です。

 It sets your mind into a pattern of rest, and orients you away from fear.
 就寝直前に実習することで、あなたの心は休息にふさわしい状態に設定され、あなたを恐れから遠ざけるように方向づけてくれます。

 If it is expedient to spend this time earlier, at least be sure that you do not forget a brief period,--not more than a moment will do,--in which you close your eyes and think of God.
 もしこの時間をより早い時刻に過ごしたほうが都合がよいようなら、少なくとも、ほんの一瞬でよいので目を閉じて神のことを思う短い時間を取るのを絶対に忘れないようにしてください。





6, There is one thought in particular that should be remembered throughout the day.
 とりわけ一日を通して覚えておくべきひとつの思いがあります。

 It is a thought of pure joy; a thought of peace, a thought of limitless release, limitless because all things are freed within it.
 それは、混じり気のない喜びの思い、平安の思い、無限の解放の思いです。それが無限であるのは、その思いの中ではあらゆる物事が解放されているからです。

 You think you made a place of safety for yourself.
 あなたは自分が自分自身のための安全な場所を作り出したと思っています。

 You think you made a power that can save you from all the fearful things you see in dreams.
 あなたは、自分がいろんな夢の中で見る恐ろしい物事のすべてから自分を救い出すことのできる力を自分が作り出したと思っています。

 It is not so.
 しかし、そうではありません。

 Your safety lies not there.
 あなたの安全はそこに見出すことはできません。

 What you give up is merely the illusion of protecting illusions.
 あなたが手放すのは、単に幻想を保護する幻想でしかありません。

 And it is this you fear, and only this.
 そして、あなたの恐れているものはこれ、ただこれだけです。

 How foolish to be so afraid of nothing!
 無を恐れるとは何と馬鹿げたことなのでしょうか。

 Nothing at all!
 まったくの無でしかないのです。

 Your defenses will not work, but you are not in danger.
 あなたの防衛など何の役にも立ちません。とはいえ、そもそもあなたは危険にさらされてなどいないのです。

 You have no need of them.
 だから、あなたには、防衛などまったく必要ありません。

 Recognize this, and they will disappear.
 このことを認めると、恐れていた危険など消え去ってしまいます。

 And only then will you accept your real protection.
 ただそのときにだけ、あなたは真に自分を守ってくれるものを受け入れることでしょう。




7. How simply and how easily does time slip by for the teacher of God who has accepted His protection!
 神の加護を受け入れた神の教師にとって、どんなに簡単に、どんなに容易に時間が滑り去ることでしょうか。

 All that he did before in the name of safety no longer interests him.
 彼が以前に安全のために行っていたすべてのことは、もはや彼の関心を引くことはありません。

 For he is safe, and knows it to be so.
 というのも、彼は安全であるし、自分が安全になるとわかっているからです。

 He has a Guide Who will not fail.
 彼には、失敗することのない大いなるガイドがついているのです。

 He need make no distinctions among the problems he perceives, for He to Whom he turns with all of them recognizes no order of difficulty in resolving them.
 彼は、自分の知覚する諸問題の間に何の区別もつける必要はありません。というのも、彼がそれらの問題のすべてを委ねる聖霊は、問題を解決するうえでの難易度にいかなる序列も認めないからです。

 He is as safe in the present as he was before illusions were accepted into his mind, and as he will be when he has let them go.
 彼は、以前に幻想を自らの心に受け入れていたときと同じように、現在も安全だし、幻想を手放したときも同じく安全なことでしょう。

 There is no difference in his state at different times and different places, because they are all one to God.
 異なった時間や異なった場所において、彼の心境には何の違いもありません。なぜなら、それらは神にとってはひとつのものだからです。

 This is his safety.
 これこそが彼の安全です。

 And he has no need for more than this.
 だから、彼にはこれ以上何も必要ないのです。





8. Yet there will be temptations along the way the teacher of God has yet to travel, and he has need of reminding himself throughout the day of his protection.
 しかし、神の教師がこれから進む旅路にはいろんな誘惑が待ち受けているでしょう。だから、彼には、一日を通して自分が加護を受けていることを思い出す必要があるのです。

 How can he do this, particularly during the time when his mind is occupied with external things?
 とりわけ自分の心が外部の物事によって占領されてしまうようなとき、そのような時間の続く間、彼はどのようにして、自分が守られていることを思い出すことができるでしょうか。

 He can but try, and his success depends on his conviction that he will succeed.
 彼には試してみることしかできません。そして、彼が成功するかどうかは、自分が成功するとの彼の確信にかかっています。

 He must be sure success is not of him, but will be given him at any time, in any place and circumstance he calls for it.
 彼は、成功は自分が起こすものではなく、自分が成功を求めるときは、いつでも、どこでも、いかなる状況においても自分に与えてもらえると確信していなければなりません。

 There are times his certainty will waver, and the instant this occurs he will return to earlier attempts to place reliance on himself alone.
 ときには彼の確信が揺らぐときもあるでしょう。そして、確信が揺らいだ瞬間、彼は自分自身だけの力を頼みにしようとする以前の姿勢に舞い戻ってしまうことでしょう。

 Forget not this is magic, and magic is a sorry substitute for true assistance.
 自分だけの力で成功しようとすることは魔術であり、魔術は、本当の助けとなるもののお粗末な代用でしかないことを忘れてはなりません。

 It is not good enough for God's teacher, because it is not enough for God's Son.
 魔術など神の教師のためには満足に役立つものではありません。なぜなら、それは神の子にとって十分なものではないからです。





9. The avoidance of magic is the avoidance of temptation.
 魔術を避けることは、誘惑を退ける方法です。

 For all temptation is nothing more than the attempt to substitute another will for God's.
 というのは、すべての誘惑は、別の意志を神の意志に置き換えようとする試み以外の何ものでもないからです。

 These attempts may indeed seem frightening, but they are merely pathetic.
 このような試みは実に恐ろしいものに見えるかもしれませんが、それらは単に痛ましい試みでしかありません。

 They can have no effects; neither good nor bad, neither rewarding nor demanding sacrifice, healing nor destructive, quieting nor fearful.
 そのような試みには、何の影響力もありません。良くも悪くもなければ、報われるものでも犠牲を必要とするものでもありません。癒すわけでも破壊的なわけでもありません。心を平穏にするものでも恐れを抱かせるものでもありません。

 When all magic is recognized as merely nothing, the teacher of God has reached the most advanced state.
 すべての魔術が単に無でしかないと気づいたとき、神の教師は最も進歩した境地へと到達しています。

 All intermediate lessons will but lead to this, and bring this goal nearer to recognition.
 道の途中でこなすレッスンはすべて、ただこの境地へと導くためだけにあり、この目標を認識できるように近づけてくれます。

 For magic of any kind, in all its forms, simply does nothing.
 というのも、どのような種類の魔術も、いかなる形をとっていようと、単に何もしないからです。

 Its powerlessness is the reason it can be so easily escaped.
 魔術の無力さこそ、簡単に魔術から逃れることができる理由です。

 What has no effects can hardly terrify.
 何の影響力もないものが恐れさせることができるはずもないのです。




10. There is no substitute for the Will of God.
 神の意志に取って代わるものなど何もありません。

 In simple statement, it is to this fact that the teacher of God devotes his day.
 簡単に言って、この神の意志代用は何もないという事実に対してこそ、神の教師は自分の一日を捧げるのです。

 Each substitute he may accept as real can but deceive him.
 彼が本物として受け入れる代用の一つひとつは、彼を欺くことしかできません。

 But he is safe from all deception if he so decides.
 しかし、もし彼が騙されないと決めれば、彼はどんな欺瞞にも欺かれることはありません。

 Perhaps he needs to remember, "God is with me. I cannot be deceived."
 彼が覚えておく必要があるとすれば、それは「神は私とともにある。私が欺かれることはありえない」という言葉です。

 Perhaps he prefers other words, or only one, or none at all.
 もしかしたら、彼はほかの言葉や、たった一言の言葉のほうを好んだり、まったく言葉はいらないと感じたりするかもしれません。

 Yet each temptation to accept magic as true must be abandoned through his recognition, not that it is fearful, not that it is sinful, not that it is dangerous, but merely that it is meaningless.
 しかし、魔術を本物として受け入れたいという誘惑の一つひとつは、彼が認めることを通して捨て去られなければならないものです。その認識とは、魔術が恐ろしいとか、罪深いとか、危険だとかいうことではなく、単に魔術は無意味なのだと認めることです。

 Rooted in sacrifice and separation, two aspects of one error and no more, he merely chooses to give up all that he never had.
 魔術は、一つの誤りの二つの側面でしかない犠牲と分離に根源を持ちます。だから、彼は単に自分が一度も持ったこともなかったものを放棄する選択をするだけなのです。

 And for this "sacrifice" is Heaven restored to his awareness.
 このような「犠牲」と引き換えに、彼は天国の自覚を回復するのです。





11. Is not this an exchange that you would want?
 これこそ、あなたの望む交換ではないでしょうか。

 The world would gladly make it, if it knew it could be made.
 もしこの交換ができるとこの世界が知ったなら、世界は喜んで交換することでしょう。

 It is God's teachers who must teach it that it can.
 この交換ができるということを、神の教師たちはこの世界に教えなければなりません。

 And so it is their function to make sure that they have learned it.
 だから、この交換ができることの学習を確固たるものにすることこそ、神の教師たちの役割なのです。

 No risk is possible throughout the day except to put your trust in magic, for it is only this that leads to pain.
 あなたが魔術を信じてしまったときを除いては、一日を通して、いかなる危険もありえません。というのも、苦痛に導くのは、ただ魔術を信じることだけだからです。

 "There is no will but God's."
 「神の意志を除いて、ほかに何の意志もありません」

 His teachers know that this is so, and have learned that everything but this is magic.
 神の教師たちは、この言葉がその通りだと知っているし、このことを除いてはあらゆることが魔術だと学んできました。

 All belief in magic is maintained by just one simple-minded illusion;--that it works.
 すべての魔術に対する信仰は、魔術は効果を発揮するというたったひとつの馬鹿げた幻想によって維持されています。

 All through their training, every day and every hour, and even every minute and second, must God's teachers learn to recognize the forms of magic and perceive their meaninglessness.
 神の教師たちは、その訓練の間、毎日、毎時間、そして一分一秒時が進むごとに、魔術の多様な形態に気づくことを学び、それらの無意味さを知覚することを学ばなければなりません。

 Fear is withdrawn from them, and so they go.
 魔術を恐れないようになれば、魔術など消え去ってしまいます。

 And thus the gate of Heaven is reopened, and its light can shine again on an untroubled mind.
 こうして、天国の門が再び開かれ、そして、天の光が静かな心を再び照らすことができるようになるのです。


いつも読んでいただき、ありがとうございます!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ ACIMへ
ポチリよろしく!


ポチッとお願いします!

ありがとうございます!

関連記事
魔術天国意志神の教師犠牲代用誘惑成功確信問題

Comments 0

Leave a reply