There Is No Spoon

ARTICLE PAGE

レッスン61「私は世界の光だ」

レッスン61です。

復習が終わり、今日から、また新しいレッスンに入ります。

今日のテーマは「私は世界だ。」です。



Workbook Lesson 61



I am the light of the world.
私は世界だ。




I am the light of the world.
私は世界だ。


1. Who is the light of the world except God's Son?
 神の子をおいてほかに、いったい誰が世界であるというのでしょうか。

 This, then, is merely a statement of the truth about yourself.
 とすれば、私は世界だと言うことは単に、あなた自身についての真実を宣言することにほかなりません。

 It is the opposite of a statement of pride, of arrogance, or of self-deception.
 この宣言は、自惚れや傲慢自己欺瞞を宣言することとは正反対のものです。

 It does not describe the selfconcept you have made.
 この宣言は、あなたの作り出した自己概念を述べているのではありません。

 It does not refer to any of the characteristics with which you have endowed your idols.
 この宣言は、いかなるものであれ、あなたが自分の偶像に与えた特性について述べているものでもありません。

 It refers to you as you were created by God.
 この宣言は、神によって創造されたあなたとしてのあなたのことをを指し示しているのです。

 It simply states the truth.
 それは単純に真理を述べているだけです。





2. To the ego, today's idea is the epitome of self-glorification.
 エゴにとっては、今日の考えは、自己賛美の縮図です。

 But the ego does not understand humility, mistaking it for self-debasement.
 しかし、エゴには謙虚さを理解することができません。エゴは謙虚になることは自分を貶めることだと誤解しているからです。

 Humility consists of accepting your role in salvation and in taking no other.
 謙虚さは、救済における自分役目を受け入れ、ほかには一切の役目を受け入れないということからなります。

 It is not humility to insist you cannot be the light of the world if that is the function God assigned to you.
 もし世界となることが神があなたに割り当てた役目であるなら、自分には世界になることができないと言い張ることは謙虚なことではありません。

 It is only arrogance that would assert this function cannot be for you, and arrogance is always of the ego.
 この役目自分のものではありえないと言い張ることは単なる傲慢でしかありません。そして、傲慢さは必ずエゴに由来します。





3. True humility requires that you accept today's idea because it is God's Voice which tells you it is true.
 真の謙虚さは、あなたに「私は世界の光だ」という今日の考えを受け入れることを求めます。なぜなら、神の大いなる声があなたに今日の考えが本当のことだと告げているからです。

 This is a beginning step in accepting your real function on earth.
 これは、この地上でのあなたの本当の役目を受け入れるための第一歩です。

 It is a giant stride toward taking your rightful place in salvation.
 この一歩は、救済におけるあなたの正しい持ち場に就くための大いなる進歩です。

 It is a positive assertion of your right to be saved, and an acknowledgment of the power that is given you to save others.
 「私は世界の光だ」という今日の考えは、救われるための自分の権利を積極的に断言することであり、他者を救うためにあなたに与えられている力を承認することです。





4. You will want to think about this idea as often as possible today.
 今日、あなたは、この考えについてできるだけ頻繁に考えてみたいと思うはずです。

 It is the perfect answer to all illusions, and therefore to all temptation.
 「私は世界の光だ」という考えは、すべての幻想に対する、したがって、すべての誘惑に対する完璧な回答です。

 It brings all the images you have made about yourself to the truth, and helps you depart in peace, unburdened and certain of your purpose.
 この考えは、あなたが自分自身について作り上げてきたあらゆる肖像を真理の下へともたらし、あなたが重荷を降ろして自分の目的を確信し、平安のうちに出発できるように手助けしてくれます。





5. As many practice periods as possible should be undertaken today, although each one need not exceed a minute or two.
 今日は、できるだけ何回も実習時間を取る必要があります。もっとも、毎回の実習時間は1分か2分程度を超える必要はありません。

 They should begin with telling yourself:
 実習は、次のように自分に言い聞かせることで始めてください。


I am the light of the world.
私は世界の光だ。

That is my only function.
それは私の唯一の役割なのだ。

That is why I am here.
この役割を果たすために、私はここにいる。



 Then think about these statements for a short while, preferably with your eyes closed if the situation permits.
 それから、これらの宣言についてしばらくの間考えてみてください。もし状況が許すなら、目を閉じていたほうが好ましいでしょう。

 Let a few related thoughts come to you, and repeat the idea to yourself if your mind wanders away from the central thought.
 いくつか関連する思いが浮かぶに任せてください。もしあなたの心が中心的なテーマから逸れて行ってしまうようなら、今日の考えを自分に繰り返し言い聞かせてみてください。




6. Be sure both to begin and end the day with a practice period.
 その日の始まりと終わりの両方で実習時間を取ることを忘れないでください。

 Thus you will awaken with an acknowledgment of the truth about yourself, reinforce it throughout the day, and turn to sleep as you reaffirm your function and your only purpose here.
 こうすることで、あなたは自分自身についての真理を承認することとともに目覚めて、1日を通してこの承認を強め、そして、ここでの自分の唯一の役割を再確認しながら眠りに就くこことになります。

 These two practice periods may be longer than the rest, if you find them helpful and want to extend them.
 もしあなたが、この朝晩の2つ実習時間を有益だと感じ、時間を延長したいと思うなら、ほかの実習時間よりも長く時間をかけてもかまいません。



7. Today's idea goes far beyond the ego's petty views of what you are and what your purpose is.
 今日の考えは、あなたが何者なのか、そして、あなたの目的は何なのかに関するエゴの矮小な見方をはるかに越えて進むものです。

 As a bringer of salvation, this is obviously necessary.
 救済をもたらす者として、自分が何者で何を目的としているのかについてのエゴの狭い了見を超越することが必要なのは歴然としています。

 This is the first of a number of giant steps we will take in the next few weeks.
 これが、これからの数週間で、私たちが辿ることになる数多くの大きな歩みの中の第一歩となります。

 Try today to begin to build a firm foundation for these advances.
 今日は、このような前進のための確固たる基礎固めを始めることにしましょう。

 You are the light of the world.
 あなたはこの世界の光なのです。

 God has built His plan for the salvation of His Son on you.
 神は、わが子の救済のための計画をあなたを頼みにして立てているのです。


名称未設定


それでは、ブリトニーさんのレッスンです。




いつも読んでいただき、ありがとうございます!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ ACIMへ
ポチリよろしく!


ポチッとお願いします!

2air_rankクリックお願いします
関連記事
世界計画エゴ自分自己救済謙虚さ傲慢役目

Comments 0

Leave a reply