There Is No Spoon

        対訳 奇跡のコース      奇跡のコース( 奇跡講座  A Course in Miracles ACIM )テキスト、ワークブック、マニュアルの和訳(日本語翻訳)

エゴの抵抗

1   0

Kinoさん毎度ありがとうございます。ワークブックレッスン63についてのご質問です。

「[赦し]の意義読解はそう困難ではなかったですけど、ワークブックでの落とし込みとなると、とたんに心が抵抗しているのが分かります。欠乏感が、[]を、前の記事でいう[偶像]に思わせてしまう感じです。kenさん、アドバイス頂けないでしょうか?」

「[赦し]の意義読解はそう困難ではなかったですけど、」というのが表層的な感覚でしかないということですよね。分厚いコースが全体を通して説明しているのがこの「赦し」なわけですから、当然のことです。





テキストだけ読んでいると、頭のよい人であれば、いくらでも言わんとする趣旨は理解できるものですが、赦しは頭だけでできるものではないということでもあると思います。

この点については、赦しの罪の幻想を通り越して、見越すというような理屈の面での理解だけでなくて、イメージとして、シャボン玉のような球体の真ん中に自分がいてシャボン玉の表面に色んな映像が表れては消えていくけれど、内側は微動だにしない静寂のままであるとか、強力で神聖な音叉が神の静寂に完全に同調する無音の音を発し、どこに行こうともどんな音でも同調させて静寂に導いてしまうとか、イメージ的に体感することも大切だと思います。

人で言えば、ユーチューブでエックハルト・トールさんの動画でも見てみれば、この静寂に同調する人の感覚が掴めると思います。


以上はさておき、Kinoさんの持たれた今回の違和感は、赦しにあるのではないような気がします。
61からのレッスンで出てくる「赦し」は具体的な対象についての実践ではなく、主体としての自分が赦し役目とする世界のだというテーマに関するものです。

ですので、赦しの難しさを実感する要素の少ないここ一連のレッスンで心が抵抗を見せるとすれば、赦しの実践に関してではなく、赦しを役目とする世界のとなるというたいそうなお役目を自分が引き受けることなどおこがましいというような、自己概念に関連するエゴの抵抗といえるのかもしれません。

「欠乏感が、[]を、前の記事でいう[偶像]に思わせてしまう感じです。」というのですから、世界のとなるには力量不足の自分なのに、レッスンで「世のたらん」とやるのは、無理やり自分には相応しくない役目が自分のものだと自分に思い込ませようとしているようで、実体との解離を如実に意識させられてしまう意味で、かえって欠乏感を意識してしまうということです。

ですが、おっしゃるようにこれが「偶像」になる心配はありません。

というのも、偶像は、本当は豊饒さと力に満ち溢れているのに、そうではないと思わせて、それを与えてくれるように思える権威を外に作り出すということでしたが、自分が赦しを役目とする世界のだというのは、ただ単に事実を宣言しているだけだからです。

もちろん、エゴからすれば、こんな大それた役目は自分のものではないし、自分の宿主である小さな自己がこの真実に気づきでもしたら、自分の居場所が無くなってしまうかもしれない一大事なので、どうしたって抵抗せざるをえないところです。

ですから、心に抵抗感が生じるのはしっかりレッスンに取り組まれている証拠ですし、エゴに脅威を与えることができている証でもあるといえます。

この抵抗が苦しく感じられたとしても、自己欺瞞に陥れようとしているのは、エゴのほうだとわかっていれば、疑うことなくレッスンに取り組めると思います。

この調子でがんばりましょう。


いつも読んでいただき、ありがとうございます!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ ACIMへ
ポチリよろしく!


ポチッとお願いします!

2air_rankクリックお願いします
関連記事

1 Comments

Kino says...""
kenさん、いつもご助言有難うございます。イメージとしての掴み方のご提示も嬉しかったです。そうですね、[光]の役割の宣言が続いて心が萎縮しはじめたのと、観念として難関であろうと恐れる[赦し]の実践宣言が合わさった昨日から、リマインダーの音が鳴ると心が嫌がる感覚が現れた感じです。「神の愛の中で私は赦す」ではまだ大丈夫だったのですが。。ただ、正常な反応とおっしゃって下さり良かったです。

[赦し]の理解は、テキスト(現在7章/31章)よりも、用語集や「神の使者」などの副読本での観念理解であり、まだまだです。。と告白しつつ、次からも何卒どうぞ宜しくお願い致します。
2013.08.16 00:32 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://thereisnospoon.jp/tb.php/168-1e46a2d9
該当の記事は見つかりませんでした。