There Is No Spoon

ARTICLE PAGE

レッスン68「愛は一切の不平不満を抱かない」

レッスン68です。

今日のテーマは「は一切の不平不満を抱かない。」です。





によって創造された神の子には他者というものがなく、完全で欠けるところなく、満ち足りていて、不平不満を抱きようがない存在です。

しかし、分裂している私たち個別の心にとってはすべてが不満です。

この不平不満を抱くことが、私たちに本当の自分を忘れさせたままにさせていることに気づき、不平不満を去らせるようにするのが今日のレッスンです。

さて、ワークブックのレッスンは今日で68まで来ましたが、初めてこのブログに来られた方でレッスンを始めてみようかという方に利用していただけるように、リンクにワークブックのレッスンの目次を入れました。

ただし、1日1レッスンの原則を守っていただいたほうが、効果的ですので、ご留意ください。



Workbook Lesson 68


Love holds no grievances.
は一切の不平不満を抱かない。










Love holds no grievances.
は一切の不平不満を抱かない。



1. You who were created by love like itself can hold no grievances and know your Self.
 によってと同じものとして創造されたあなたは、少しでも不平不満を抱くなら、自分の本当の自己を知ることはできません。

 To hold a grievance is to forget who you are.
 不平不満を抱くことは、自分が誰なのか忘れることです。

 To hold a grievance is to see yourself as a body.
 不平不満を抱くことは、自分自身を身体として見ることです。

 To hold a grievance is to let the ego rule your mind and to condemn the body to death.
 不平不満を抱くことは、エゴに自分の心を支配することを許し、身体を死に追いやることです。

 Perhaps you do not yet fully realize just what holding grievances does to your mind.
 たぶんあなたは、不平不満を抱くことが自分の心にどんな影響を及ぼすのか、まだ完全には気づいてはいないはずです。

 It seems to split you off from your Source and make you unlike Him.
 不平不満を抱くことは、あなたをを自らの大いなる源から切り離し、あなたを自らの源である神とは似ても似つかぬものへと変えてしまうように見えます。

 It makes you believe that He is like what you think you have become, for no one can conceive of his Creator as unlike himself.
 不平不満を抱くことで、あなたは、神は、自分が成り果てたとあなたが思っているものに似ていると信じるようになります。というのも、誰も自分の創造主のことを自分自身とは似ていないものとして思い浮かべることなどできないからです。




2. Shut off from your Self, which remains aware of Its likeness to Its Creator, your Self seems to sleep, while the part of your mind that weaves illusions in its sleep appears to be awake.
 あなたの大いなる自己は、自らの創造主に自分が似ていることを自覚し続けています。もっとも、この大いなる自己から切り離されると、あなたの大いなる自己は眠りこんだように見えて、反対に、あなたの大いなる自己の眠りの中で幻を紡ぐあなたの心の一部分のほうが目覚めているように見えます。

 Can all this arise from holding grievances?
 このようなことがすべて、不平不満を抱くことから生じるということがありうるでしょうか。

 Oh, yes!
 もちろん、ありえます。

 For he who holds grievances denies he was created by love, and his Creator has become fearful to him in his dream of hate.
 なぜなら、不平不満を抱くその人は、彼がによって創造されたことを否認し、彼の見る憎しみの中で、彼の創造主は彼にとっては恐ろしい存在となってしまっているからです。

 Who can dream of hatred and not fear God?
 誰が憎しみを見ながら神を恐れずにいられるでしょうか。





3. It is as sure that those who hold grievances will redefine God in their own image, as it is certain that God created them like Himself, and defined them as part of Him.
 不平不満を抱く者は、神を自分自身の姿に似せて定義し直そうとしますが、これは、神がその人たちを神自らに似せて創造し、彼らを神の一部として定義したのと確かに同じです。

 It is as sure that those who hold grievances will suffer guilt, as it is certain that those who forgive will find peace.
 不平不満を抱く者が罪悪感に悩み苦しみ、赦す者が平安を見出すのは確かなことです。

 It is as sure that those who hold grievances will forget who they are, as it is certain that those who forgive will remember.
 不平不満を抱く者たちが自分が誰なのか忘れてしまい、赦す者たちが自分が誰なのか思い出すことになるのは確かなことです。





4. Would you not be willing to relinquish your grievances if you believed all this were so?
 もしこれらが本当にその通りだと信じられたとしたら、あなたは喜んで自分の不平不満など手放す気になるのではないでしょうか。

 Perhaps you do not think you can let your grievances go.
 おそらくあなたは自分には、自らの不平不満を去らせることなどできないと思っているかもしれません。

 That, however, is simply a matter of motivation.
 しかしながら、それは単純に意欲の問題でしかありません。

 Today we will try to find out how you would feel without them.
 今日、私たちは、不平不満がなかったら、自分がどのように感じるか見出すことを試みます。

 If you succeed even by ever so little, there will never be a problem in motivation ever again.
 もしあなたが、これまでよりほんのわずかでも成功したら、もう二度とやる気の面で問題が生じることはないでしょう。





5. Begin today's extended practice period by searching your mind for those against whom you hold what you regard as major grievances.
 今日の長いほうの実習時間は、自分の心の中で、自分が最も大きな不平や不満を抱いていると考えている人物を探すことから始めてください。

 Some of these will be quite easy to find.
 このような不平不満をいくつか見つけることなど、きわめて簡単なはずです。

 Then think of the seemingly minor grievances you hold against those you like and even think you love.
 それから、あなたの好きな人やしていると思ってすらいる人たちに対して、あなたが抱いている表面的には些細に見える不平不満について考えてみてください。

 It will quickly become apparent that there is no one against whom you do not cherish grievances of some sort.
 すぐに、自分が何の不平不満も抱くことのない人物など、誰ひとりとしていないことが明らかになることでしょう。

 This has left you alone in all the universe in your perception of yourself.
 こうしたことがあなたに、自分自身のことを、全宇宙の中でひとりきりの孤独な存在だと思わせてきたのです。




6. Determine now to see all these people as friends.
 今こそ、これらの人物たち全員を友人として見ることに決めてください。

 Say to them all, thinking of each one in turn as you do so:
 一人ひとりのことを順に思い浮かべながら、次のように全員に告げてください。


I would see you as my friend, that I may remember you are part of me and come to know myself.
私はあなたのことを友として見ることにします。そうすれば、私は、あなたが自分の一部だということを思い出して、自分自身のこともわかってくるはずです。


 Spend the remainder of the practice period trying to think of yourself as completely at peace with everyone and everything, safe in a world that protects you and loves you, and that you love in return.
 実習の残りの時間は、自分自身のことを、すべての人たちやすべての物事と完全に平安な関係にあり、あなたのことを愛して守ってくれて、あなたもそれに応えて愛する世界の中に安全にいるものとして考えるようにして過ごしてください。

 Try to feel safety surrounding you, hovering over you and holding you up.
 安全が自分の周りを取り囲んで、あなたを覆い、支えてくれていることを感じるようにしてください。

 Try to believe, however briefly, that nothing can harm you in any way.
 たとえ短い時間でもかまわないので、いかなる方法をもってしても、何ものも自分を傷つけることなどできないと信じるように努めてください。

 At the end of the practice period tell yourself:
 実習時間の終わりには、次のように自分に言い聞かせてください。


Love holds no grievances.
愛は一切の不平不満を抱かない。

When I let all my grievances go I will know I am perfectly safe.
私が自分の不平不満のすべてを去らせたとき、私は自分が完全に安全であると知ることになる。




7. The short practice periods should include a quick application of today's idea in this form, whenever any thought of grievance arises against anyone, physically present or not:
 短いほうの実習では、物理的にその人物が目の前にいようがいまいが、誰かに対して何らかの不平不満の思い生じるたびに、すぐに今日の考えを次のような形で適用するようにしてください。


Love holds no grievances.
愛は一切の不平不満を抱かない。

Let me not betray my Self.
私が自分の真の自己を裏切ることがありませんように。


 In addition, repeat the idea several times an hour in this form:
 これに加えて、1時間に数回、次のような形で今日の考えを繰り返してください。


Love holds no grievances.
愛は一切の不平不満を抱かない。

I would wake to my Self by laying all my grievances aside and wakening in Him.
私は、自分の不平不満をすべて手放すことによって自分の真の自己に目覚め、神の中へと目覚めるのだ。


名称未設定


それでは、ブリトニーさんのレッスンです。



いつも読んでいただき、ありがとうございます!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ ACIMへ
ポチリよろしく!


ポチッとお願いします!

2air_rankクリックお願いします
関連記事
不平不満安全平安罪悪感定義憎しみ創造身体

Comments 0

Leave a reply