There Is No Spoon

        対訳 奇跡のコース      奇跡のコース( 奇跡講座  A Course in Miracles ACIM )テキスト、ワークブック、マニュアルの和訳(日本語翻訳)

レッスン71「ただ神の救済の計画だけがうまくいく。」

0   0

レッスン71です。

今日のテーマは「ただ救済計画だけがうまくいく。」です。





救済のための計画には、計画エゴ計画があるということが示されます。

当然ながら、エゴ計画は成功しないように仕組まれていて、計画は成功します。

ここ一連のレッスンで、不平不満がテーマになっていますが、エゴの計画は、不平不満を機軸に据えて、自分の外に救済を捜すように目を向けさせて、期待が外れたら、その落ちた偶像を非難して、もしあのとき状況が違っていたら、あの人でなくて別の人だったら、と自分の外側の世界のせいで救済が成功しなかったことにして、状況さえ違えばと淡い期待を抱かせて、堂々巡りを繰り返させます。

この不平不満、「もしあのとき!」の発想は、本当に根深いものです。

この考えは私たちの心に取りついてエネルギーを吸い取るエナジー・バンパイアのように寄生します。


「もしも」はあり得ないのですから、「それは既に書かれている」と自分に言い聞かせ、中途半端にエゴの計画との計画の両方を試していいとこ取りをしようなどとせず、の計画だけを選ぶ潔さを持ちたいものです。

では、レッスンに入りましょう。


Workbook Lesson 71



Only God's plan for salvation will work.
ただ救済計画だけがうまくいく。




Only God's plan for salvation will work.
ただ救済計画だけがうまくいく。



1. You may not realize that the ego has set up a plan for salvation in opposition to God's.
 エゴ救済計画に対抗して救済計画を立てていることにあなたは気づいていないかもしれません。

 It is this plan in which you believe.
 あなたが信じているのはエゴ救済計画のほうです。

 Since it is the opposite of God's, you also believe that to accept God's plan in place of the ego's is to be damned.
 エゴ救済計画の計画の反対なので、あなたはまた、エゴの計画の代わりにの計画を受け入れることは破滅することだと信じています。

 This sounds preposterous, of course.
 もちろん、こんなことは不条理なことのように聞こえます。

 Yet after we have considered just what the ego's plan is, perhaps you will realize that, however preposterous it may be, you do believe in it.
 それでも、私たちがエゴの計画がまさに何であるのかよく考えた後には、たぶんあなたは、その計画がいかに馬鹿らしく響こうとも、自分がそれを信じているということに気づくはずです。




2. The ego's plan for salvation centers around holding grievances.
 エゴの救済の計画は、不平不満を抱くことを中核として立てられています。

 It maintains that, if someone else spoke or acted differently, if some external circumstance or event were changed, you would be saved.
 もし誰かが違ったふうに話していたら、違ったふうに行動していたら、もし外的な状況や出来事が変わっていたら、自分は救われていたはずだとエゴの救済の計画は主張します。

 Thus, the source of salvation is constantly perceived as outside yourself.
 こうして、救済のは、つねにあなた自身の外側にあるものとして知覚されることになります。

 Each grievance you hold is a declaration, and an assertion in which you believe, that says, "If this were different, I would be saved."
 あなたの抱く一つひとつの不平不満は、「もしこれが違っていたら、私は救われていたはずなのに」と宣言することであり、自分がそう信じていることを主張することです。

 The change of mind necessary for salvation is thus demanded of everyone and everything except yourself.
 かくして、救済のためには、あなた自身を除く、すべての者たちやあらゆる物事は、心を入れ替えることが必要だということになります。





3. The role assigned to your own mind in this plan, then, is simply to determine what, other than itself, must change if you are to be saved.
 そうなると、この計画においては、あなた自身の心に割り当てられた役割は単純に、あなたが救われるために、あなたの心は除いて、ほかの何が変わらなければならないものなのかを決めるだけだということになります。

 According to this insane plan, any perceived source of salvation is acceptable provided that it will not work.
 この狂気の計画に従うなら、救済のと知覚されるものは、それがうまくいかないことを条件に、何でも受け入れられることになります。

 This ensures that the fruitless search will continue, for the illusion persists that, although this hope has always failed, there is still grounds for hope in other places and in other things.
 このことは、成果のない探索が続いていくことを確かなものとします。というのも、たとえこの希望はいつも失敗に終わってきたとしても、まだ別の場所や別の物になら、依然として希望を見出す根拠があるはずだという幻想が持続するからです。

 Another person will yet serve better; another situation will yet offer success.
 他の人であればまだ役に立つであろうとか、別の状況であったらまだ成功できるだろうというわけです。





4. Such is the ego's plan for your salvation.
 こんなものがあなたの救済のためのエゴの計画です。

 Surely you can see how it is in strict accord with the ego's basic doctrine, "Seek but do not find."
 あなたにはきっと、この計画が、どんなに厳密に、エゴの「探せよ、されど、見出すなかれ」という基本的な教理と調和するものかわかるはずです。

 For what could more surely guarantee that you will not find salvation than to channelize all your efforts in searching for it where it is not?
 というのも、救済の存在しない場所で救済を探すことにあなたのあらゆる努力を注ぎ込ませること以上に、あなたが救済を見出さないことを確実に保証するものはほかにないからです。






5. God's plan for salvation works simply because, by following His direction, you seek for salvation where it is.
 の救済のための計画はうまくいきます。それは単に、神の導きに従うことによって、あなたは救済のある場所で救済を捜すことになるからです。

 But if you are to succeed, as God promises you will, you must be willing to seek there only.
 しかし、もしあなたが、神の約束する通りに成功したいなら、あなたはそこでのみ捜す意欲を持たなければなりません。

 Otherwise, your purpose is divided and you will attempt to follow two plans for salvation that are diametrically opposed in all ways.
 そうでなければ、あなたの目的は分裂し、あなたは、あらゆる面で正反対の救済のための二つの計画に従うことを試みることになってしまいます。

 The result can only bring confusion, misery and a deep sense of failure and despair.
 その結末は、混乱や悲惨さ、そして、深刻な敗北感と絶望感をもたらすことしかできません。





6. How can you escape all this?
 どのようにすれば、あなたはこんな結末のすべてから免れることができるでしょうか。

 Very simply.
 それはとても簡単なことです。

 The idea for today is the answer.
 今日の考えこそが、その答えです。

 Only God's plan for salvation will work.
 ただ神の救済の計画だけがうまくいきます。

 There can be no real conflict about this, because there is no possible alternative to God's plan that will save you.
 このことについては本当に論争の余地はありません。なぜなら、神の計画に代わってあなたを救うことのできる別の選択肢など何ひとつありえないからです。

 His is the only plan that is certain in its outcome.
 神の計画は、その成果において確実な唯一の計画なのです。

 His is the only plan that must succeed.
 神の計画は、必ず成功する唯一の計画です。





7. Let us practice recognizing this certainty today.
 今日、私たちで、この確実性に気づく実習をしましょう。

 And let us rejoice that there is an answer to what seems to be a conflict with no resolution possible.
 そして、解決策が一切ありえないように思える葛藤に対して、一つの回答があるということを喜びましょう。

 All things are possible to God.
 神にとっては、あらゆる物事が可能です。

 Salvation must be yours because of His plan, which cannot fail.
 救済は必ずあなたのものとなります。なぜなら、神の計画は失敗することがありえないからです。





8. Begin the two longer practice periods for today by thinking about today's idea, and realizing that it contains two parts, each making equal contribution to the whole.
 今日の2回の長いほうの実習は、今日の考えについて考えながら、今日の考えには二つの部分が含まれており、それぞれの部分が全体に対して等しく役立つものだということを理解することから始めてください。

 God's plan for your salvation will work, and other plans will not.
 その二つの部分とは、あなたの救済のための神の計画はうまくいくということ、そして、それ以外の計画はうまくいかないということです。

 Do not allow yourself to become depressed or angry at the second part;
 神の計画以外はうまくいかないという二つ目の部分について、落胆したり立腹したりしないようにしてください。

 it is inherent in the first.
 二つ目の部分は、一つ目の部分の当然の帰結です。

 And in the first is your full release from all your own insane attempts and mad proposals to free yourself.
 そして、一つ目の部分の中にこそ、自分自身を自由にしようとしてあなたがなす狂気の試みや狂気の企てのすべてからのあなたの完全な解放があるのです。

 They have led to depression and anger; but God's plan will succeed.
 自分自身を自由にしようとしてのあなたの狂気の試みや狂気の企てのすべてが落胆や怒りを引き起こしてきたのですが、神の計画は成功します。

 It will lead to release and joy.
 神の計画は、解放された喜びをもたらしてくれるでしょう。




9. Remembering this, let us devote the remainder of the extended practice periods to asking God to reveal His plan to us.
 このことを忘れないで、長いほうの実習の残りの時間を、神に神の計画を私たちに明らかにしてくれるように頼むことに捧げましょう。

 Ask Him very specifically:
 次のように、きわめて具体的に神に尋ねてください。


What would You have me do?
あなたは私に何をさせたいのですか。

Where would You have me go?
あなたは私にどこに行かせたいのですか。

What would You have me say, and to whom?
あなたは私に、誰に対して、何を言わせたいのですか。


 Give Him full charge of the rest of the practice period, and let Him tell you what needs to be done by you in His plan for your salvation.
 実習の残り時間を完全に神に委ねて、あなたの救済のための神の計画の中であなたによってなされる必要のあることは何なのか、神からあなたに告げてもらうようにしてください。

 He will answer in proportion to your willingness to hear His Voice.
 神の声を聞きたいというあなたの意欲の強さに応じて、神は答えてくれるでしょう。

 Refuse not to hear.
 神の答えを聞くことを拒まないでください。

 The very fact that you are doing the exercises proves that you have some willingness to listen.
 あなたがこの練習をしているというまさにその事実こそが、あなたには多少なりとも聞こうとする意欲があることを示しています。

 This is enough to establish your claim to God's answer.
 神の答えを求めるためのあなたの資格を確かなものにするには、これだけで十分です。





10. In the shorter practice periods, tell yourself often that God's plan for salvation, and only His, will work.
 短いほうの実習では、救済のための神の計画が、ただ神の計画だけがうまくいくと、自分自身に頻繁に言い聞かせるようにしてください。

 Be alert to all temptation to hold grievances today, and respond to them with this form of today's idea:
 今日は、不平不満を抱かせようとするあらゆる誘惑に注意を怠らないようにしてください。そして、そのような誘惑に対しては、今日の考えを次のような形にして対応してください。


Holding grievances is the opposite of God's plan for salvation.
不平不満を抱くことは救済のための神の計画に反対することだ。

And only His plan will work.
そして、ただ神の計画だけがうまくいくのだ。


 Try to remember today's idea some six or seven times an hour.
 1時間に6、7回程度は、今日の考えを思い出すように努めてください。

 There could be no better way to spend a half minute or less than to remember the Source of your salvation, and to see It where It is.
 あなたの救済のを思い出し、それがある場所に救済を見るようにして、毎回30秒に満たない程度の短い時間を過ごすなら、それにましてよい時間の過ごし方はないといえます。

名称未設定

それでは、ブリトニーさんのレッスンです。




いつも読んでいただき、ありがとうございます!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ ACIMへ
ポチリよろしく!


ポチッとお願いします!

2air_rankクリックお願いします


関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://thereisnospoon.jp/tb.php/180-9fe77a84
該当の記事は見つかりませんでした。