There Is No Spoon

        対訳 奇跡のコース      奇跡のコース( 奇跡講座  A Course in Miracles ACIM )テキスト、ワークブック、マニュアルの和訳(日本語翻訳)

レッスン73「私は光があるようにと意図する。」

0   0

レッスン73です。

今日のテーマは「私はがあるようにと意図する。」です。






Workbook Lesson 73

I will there be light.
私はがあるようにと意図する。






I will there be light.
私はがあるようにと意図する。


1. Today we are considering the will you share with God.
 今日、私たちは、あなたがと分かち合う意志について考えてみることにします。

 This is not the same as the ego's idle wishes, out of which darkness and nothingness arise.
 あなたがと共有する意志は、エゴの空疎な願望とは同じものではありません。エゴの願望からは、と無が生じます。

 The will you share with God has all the power of creation in it.
 あなたがと共有する意志は、創造の力のすべてをその中に具えています。

 The ego's idle wishes are unshared, and therefore have no power at all.
 エゴの空疎な願望は分かち合われることがないので、まったく何の力も具えていません。

 Its wishes are not idle in the sense that they can make a world of illusions in which your belief can be very strong.
 エゴの空疎な願望は、あなたがその存在をとても強固に信じることができるような幻想の世界を作り出すことができるという意味においては、空疎だとはいえません。

 But they are idle indeed in terms of creation.
 しかし、エゴの願望は、創造の観点からは、本当に空疎なものといえます。

 They make nothing that is real.
 エゴの願望は、本物であるものを何も作り出すことができません。





2. Idle wishes and grievances are partners or co-makers in picturing the world you see.
 空疎な願望と不平不満は、あなたの見ているこの世界を目に見えるように映し出す共同制作者といえます。

 The wishes of the ego gave rise to it, and the ego's need for grievances, which are necessary to maintain it, peoples it with figures that seem to attack you and call for "righteous" judgment.
 エゴの願望がこの世界を生じさせ、そして、世界を維持するためには不平不満が必要不可欠であり、不平不満を必要とするエゴは、世界に、あなたを攻撃するように見える登場人物たちを住まわせ、「公正な」裁きを求めます。

 These figures become the middlemen the ego employs to traffic in grievances.
 これらの登場人物たちは、不平不満を取引するためにエゴが雇い入れる仲買人となります。

 They stand between your awareness and your brothers' reality.
 この仲買人たちは、あなたが自分の兄弟の本当の姿を自覚できないように邪魔立てします。

 Beholding them, you do not know your brothers or your Self.
 仲買人たちを見ていると、あなたには、自分の兄弟も自分の本当の自己のこともわからなくなってしまいます。




3. Your will is lost to you in this strange bartering, in which guilt is traded back and forth, and grievances increase with each exchange.
 罪悪感を受け取っては渡すという交換を一つひとつ行なうたびに不平不満が増大するこの奇妙な取り引きをする中で、あなたは自分の意志を見失ってしまいます。

 Can such a world have been created by the Will the Son of God shares with his Father?
 こんな世界が、の子が自らの父と共有する意志によって創造された世界だということがありうるでしょうか。

 Did God create disaster for His Son?
 はわが子のために災いを創造したというのでしょうか。

 Creation is the Will of Both together.
 創造は、と神の子の両方の意志が一緒になったものです。

 Would God create a world that kills Himself?
 それなのに、神が自分自身を殺すような世界を創造したりするでしょうか。





4. Today we will try once more to reach the world that is in accordance with your will.
 今日は、私たちは、もう一度、あなたの意志と調和する世界に到達することを試みます。

 The light is in it because it does not oppose the Will of God.
 その世界の中にはがあります。なぜなら、その世界は神の意志には対立しないからです。

 It is not Heaven, but the light of Heaven shines on it.
 その世界は天国ではありませんが、天国のがそこを照らしています。

 Darkness has vanished.
 は消え去っています。

 The ego's idle wishes have been withdrawn.
 エゴの空疎な願望は、退けられています。

 Yet the light that shines upon this world reflects your will, and so it must be in you that we will look for it.
 しかし、この世界に輝きを降り注ぐそのは、あなたの意志を反映しています。だから、そのは、あなたの中にあるに違いなく、私たちは、あなたの心の中に光を探すことになります。





5. Your picture of the world can only mirror what is within.
 あなたの描く世界の光景は、あなたの内にあるものをそのまま映し出すことしかできません。

 The source of neither light nor darkness can be found without.
 光ももいずれの源もあなたの外側に見出すことはできません。

 Grievances darken your mind, and you look out on a darkened world.
 不平不満はあなたの心を暗くし、あなたは暗くなった世界を外に見ることになります。

 Forgiveness lifts the darkness, reasserts your will, and lets you look upon a world of light.
 赦しはを取り除き、あなたの意志を再び顕わにして、あなたに光の世界を見せてくれます。

 We have repeatedly emphasized that the barrier of grievances is easily passed, and cannot stand between you and your salvation.
 私たちは、不平不満という障壁は簡単に通り抜けることができるし、あなたの救済を邪魔立てすることなどできないと繰り返し強調してきました。

 The reason is very simple.
 その理由はとてもシンプルなものです。

 Do you really want to be in hell?
 あなたは地獄にいたいと本当に望んでいるのでしょうか。

 Do you really want to weep and suffer and die?
 あなたは悲しみ、苦しんで死にたいと本当に望んでいるのでしょうか。




6. Forget the ego's arguments which seek to prove all this is really Heaven.
 このようなことがすべて本当に天国だと証明しようとするエゴの議論など忘れてしまいなさい。

 You know it is not so.
 あなたには、そうではないことがわかっています。

 You cannot want this for yourself.
 あなたは、こんなことを自分のために望むことなどできません。

 There is a point beyond which illusions cannot go.
 幻想がそれ以上向こう側に進むことのできない地点があります。

 Suffering is not happiness, and it is happiness you really want.
 苦しみが幸せであるわけがないし、あなたが本当に望んでいるのは幸せです。

 Such is your will in truth.
 幸せになることこそ、あなたが真に意図することです。

 And so salvation is your will as well.
 だから、救済も同じようにあなたの意志なのです。

 You want to succeed in what we are trying to do today.
 私たちが今日試みることに成功したいとあなたは望んでいます。

 We undertake it with your blessing and your glad accord.
 あなたの祝福とあなたの快諾とともに、私たちはこの試みに取りかかります。





7. We will succeed today if you remember that you want salvation for yourself.
 もしあなたが自分自身のための救済を望んでいるということを忘れなければ、私たちは今日、成功することでしょう。

 You want to accept God's plan because you share in it.
 あなたは、神の計画を受け入れることを望みます。なぜなら、あなたは神の計画を共有しているからです。

 You have no will that can really oppose it, and you do not want to do so.
 あなたは、神の計画に本当に反対するような意志を一切持っていません。だから、あなたは本当は神の計画に反対しようと望んでなどいません。

 Salvation is for you.
 救済はあなたのためにあります。

 Above all else, you want the freedom to remember Who you really are.
 何にもまして、あなたは何の妨げもなく、自分が本当は誰なのか思い出したいと望んでいるのです。

 Today it is the ego that stands powerless before your will.
 今日、あなたの意志を前にして、無力に立ち尽くすのはエゴのほうです。

 Your will is free, and nothing can prevail against it.
 あなたの意志は自由です。だから、何ものもあなたの自由な意志に打ち勝つことなどできません。





8. Therefore, we undertake the exercises for today in happy confidence, certain that we will find what it is your will to find, and remember what it is your will to remember.
 それゆえ、私たちは、あなたが見出そうと意図するものを見つけ、あなたが思い出そうと意図するものを思い出すことになるという幸せな確信とともに、今日の練習に取りかかります。

 No idle wishes can detain us, nor deceive us with an illusion of strength.
 いかなる空疎な願望も私たちを引き留めることはできないし、強さの幻想で私たちを騙すこともできません。

 Today let your will be done, and end forever the insane belief that it is hell in place of Heaven that you choose.
 今日、あなたの意志が成就するようにしてください。そして、自分は天国の代わりに地獄を選ぶという狂った信念に、永遠に終止符を打ってください。




9. We will begin our longer practice periods with the recognition that God's plan for salvation, and only His, is wholly in accord with your will.
 長いほうの実習を、神の救済の計画が、ただこの神の計画だけが完全にあなたの意志に一致するものなのだと認識することから始めてください。

 It is not the purpose of an alien power, thrust upon you unwillingly.
 神の救済計画は、見知らぬ力によって不本意にもあなたに押しつけられる目的などではありません。

 It is the one purpose here on which you and your Father are in perfect accord.
 それは、この地上であなたとあなたの父が完全に一致するただ一つの目的です。

 You will succeed today, the time appointed for the release of the Son of God from hell and from all idle wishes.
 あなたは今日、成功することになります。この日は、地獄とすべての空疎な願望から神の子が解放されるために定められた時なのです。

 His will is now restored to his awareness.
 神の子は、今、再び自らの意志を自覚することになります。

 He is willing this very day to look upon the light in him and be saved.
 神の子は、まさに今日、自らの中に光を見て救われることを意図しています。





10. After reminding yourself of this, and determining to keep your will clearly in mind, tell yourself with gentle firmness and quiet certainty:
 このことを自分に思い出させた後、自分の意志をはっきりと心の中に保つことを決意し、自分自身に、穏やかにしっかりと静かな確信をもって次のように言い聞かせてください。


I will there be light.
私は光があることを意図する。

Let me behold the light that reflects God's Will and mine.
私が神の大いなる意志と私の意志を反映する光を見ることができますように。


 Then let your will assert itself, joined with the power of God and united with your Self.
 それから、あなたの意志に自らを明らかにさせ、神の力と合わさって、あなたの大いなる自己と一つに結びつくようにさせてください。


 Put the rest of the practice period under Their guidance.
 残りの実習時間は、神と大いなる自己の導きに任せてください。

 Join with Them as They lead the way.
 神と大いなる自己に道を先導してもらいながら、彼らと一つに結びついてください。




11. In the shorter practice periods, again make a declaration of what you really want.
 短いほうの実習では、再びあなたが本当に望むことをを宣言します。

 Say:
 次のように言うとよいでしょう。


I will there be light.
私はそこに光があることを意図する。

Darkness is not my will.
は私の意志ではない。


 This should be repeated several times an hour.
 これを1時間に数回は繰り返すようにしてください。

 It is most important, however, to apply today's idea in this form immediately you are tempted to hold a grievance of any kind.
 しかし、最も重要なのは、自分がどのような種類であれ不平不満を抱く誘惑にさらされた際には、即座にこの形式で今日の考えを適用するようにすることです。

 This will help you let your grievances go, instead of cherishing them and hiding them in darkness.
 このことが、あなたが不平不満を大切にしての中にそれらを隠しておく代わりに、不平不満を手放すことを容易にしてくれます。


名称未設定


それでは、ブリトニーさんのレッスンです。





いつも読んでいただき、ありがとうございます!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ ACIMへ
ポチリよろしく!


ポチッとお願いします!

2air_rankクリックお願いします



関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://thereisnospoon.jp/tb.php/183-f7a4028b
該当の記事は見つかりませんでした。