There Is No Spoon

ARTICLE PAGE

T3-1 贖罪には犠牲は無用

今回は、テキストから、キリストの磔刑に関する誤解を解き、贖罪を果たすために犠牲を払う必要がないということを説明する一節をご紹介します。




テキスト 
Chapter 3 The Innocent Perception
第三章 純粋な知覚 

I. Atonement without Sacrifice
一 犠牲を伴わない贖罪









1. A further point must be perfectly clear before any residual fear still associated with miracles can disappear.
 いまだに奇跡が連想させる恐れを少しも残さず消し去るためには、その前に、さらに踏み込んだポイントについて完全に明確にしておかねばなりません。

 The crucifixion did not establish the Atonement; the resurrection did.
 キリストが磔刑になったことが贖罪を確立したわけではありません。キリストが復活したことが贖罪を確立したのです。

 Many sincere Christians have misunderstood this.
 敬虔にキリストを信ずる者たちの多くが、このことを誤解してきました。

 No one who is free of the belief in scarcity could possibly make this mistake.
 何かが欠乏しているとの信念に囚われていない者であれば誰も、とうていこんな思い違いをすることなどできなかったはずです。

 If the crucifixion is seen from an upside-down point of view, it does appear as if God permitted and even encouraged one of His Sons to suffer because he was good.
 もし磔刑を倒錯した観点から見るなら、まるで神は子らのひとりが善良であったがゆえに、彼が苦難に遭うことを容認したばかりか、奨励すらしたかのように見えます。

 This particularly unfortunate interpretation, which arose out of projection, has led many people to be bitterly afraid of God.
 投影によって生じた、このようなとりわけ不幸な間違った解釈が、神のことをひどく恐れるように多くの者たちを導いてしまいました。

 Such anti-religious concepts enter into many religions.
 このような不敬ともいうべき概念が多くの宗旨の中に入り込んでしまっています。

 Yet the real Christian should pause and ask, "How could this be?"
 けれども、真にキリストを信ずる者であるなら、立ち止まって問うてみるべきです。「どうしてこんなことがありえたであろうか」と。

 Is it likely that God Himself would be capable of the kind of thinking which His Own words have clearly stated is unworthy of His Son?
 神が自らの言葉ではっきりと神の子にふさわしくないと宣言したような種類の考え方を、当の神自身があえてするなどということがありうるでしょうか。


名称未設定

2. The best defense, as always, is not to attack another's position, but rather to protect the truth.
 つねに変わることなく、最善の防衛策は、他者の立場を攻撃することではなく、真理を保護することです。

 It is unwise to accept any concept if you have to invert a whole frame of reference in order to justify it.
 どんな概念であれ、もしあなたがある概念を正当化するために考え方の枠組みをまるごとひっくり返さなければならないようなら、そんな概念を受け入れるのは賢明とはいえません。

 This procedure is painful in its minor applications and genuinely tragic on a wider scale.
 こんな概念の正当化の仕方は、些細なことに適用するにしても耐えがたいことだし、より大きな規模で応用しようとするなら、実に悲劇的な事態を招きます。

 Persecution frequently results in an attempt to "justify" the terrible misperception that God Himself persecuted His Own Son on behalf of salvation.
 神自らが救済のためにそのひとり子を迫害したというひどく間違った認識を「正当化」しようと試みる結果として、迫害がたびたび起こるのです。

 The very words are meaningless.
 救済が迫害を招くといっても、言葉それ自体が意味をなしません。

 It has been particularly difficult to overcome this because, although the error itself is no harder to correct than any other, many have been unwilling to give it up in view of its prominent value as a defense.
 これまでこの誤りを乗り越えるのがとりわけ困難であったのには理由があります。それは、この誤り自体が他の誤りに比べて修正するのがより難しいというわけではないのですが、多くの者たちは、他者を攻撃することには防衛としての卓越した価値があると考えて、この誤りを手放す気にならなかったためです。

 In milder forms a parent says, "This hurts me more than it hurts you," and feels exonerated in beating a child.
 より卑近な例で言えば、親が子に「お前が痛い思いをするよりも、こうして痛い思いをさせなければならない私のほうがずっと辛いんだよ」と言って、子供を折檻することの後ろめたさから解放されるように感じるのと同じようなものです。

 Can you believe our Father really thinks this way?
 あなたは、私たちの大いなる父が本当にこんなふうに考えるなどと信じられるでしょうか。

 It is so essential that all such thinking be dispelled that we must be sure that nothing of this kind remains in your mind.
 こうした考え方を完全に払拭することがきわめて重要なので、私たちは自分の心にこの種の考え方が何ひとつ残らないことを確かなものにしなければなりません。

 I was not "punished" because you were bad.
 あなたがたが悪かったために私が「罰を受けた」わけではないのです。

 The wholly benign lesson the Atonement teaches is lost if it is tainted with this kind of distortion in any form.
 もしいかなる形であれ、贖罪がこの種の歪曲によって穢されてしまったら、贖罪の教えようとする完全に優しく恵み深い教訓は失われてしまいます。


名称未設定

3. The statement "Vengeance is mine, sayeth the Lord" is a misperception by which one assigns his own "evil" past to God.
 「主は言われた。復讐するは我にあり」との声明は、誰かが己の「忌まわしい」過去を神のせいにしようとしたために生じた誤った認識です。

 The "evil" past has nothing to do with God.
 「忌まわしい」過去など、まったく神と関わりを持ちません。

 He did not create it and He does not maintain it.
 神は忌まわしい過去など創造しなかったし、忌まわしい過去が存在するとの考えを支持することもありません。

 God does not believe in retribution.
 神が報復に信を置くことなどないのです。

 His Mind does not create that way.
 神の大いなる心がそのような方法で創造することはありません。

 He does not hold your "evil" deeds against you.
 神が、あなたの「忌まわしい」行ないに対して、あなたを咎めるようなことはありません。

 Is it likely that He would hold them against me?
 そうだとすれば、その神が、あなた方の忌まわしい過去を持ち出して私を咎めたなどということがありうるでしょうか。

 Be very sure that you recognize how utterly impossible this assumption is, and how entirely it arises from projection.
 このような神が復讐するという想定が、いかに徹底的にありえないことか、また、この想定がいかに全面的に投影によって生ずるものであるか、本当にしっかりと認識してください。

 This kind of error is responsible for a host of related errors, including the belief that God rejected Adam and forced him out of the Garden of Eden.
 この種の誤りが、数多くの関連した誤りを生む元凶となったのです。神がアダムを拒絶してエデンの園から彼を追放したと信じられているのも、そのような関連した誤りのひとつです。

 It is also why you may believe from time to time that I am misdirecting you.
 これはまた、私があなたに誤った指導をしていると、時折あなたが信じてしまう理由でもあります。

 I have made every effort to use words that are almost impossible to distort, but it is always possible to twist symbols around if you wish.
 私はあらゆる力を尽くして、意味を歪めることがほとんど不可能な言葉を用いるように心がけてはいます。しかし、もしあなたがそう望むなら、私の言葉が象徴するものを捻じ曲げることはいつでも可能なのも確かです。




4. Sacrifice is a notion totally unknown to God.
 犠牲という観念は、断じて神の与り知らない概念です。

 It arises solely from fear, and frightened people can be vicious.
 犠牲という観念は恐れからしか生じないし、恐怖に怯える者たちは非情にもなりえます。

 Sacrificing in any way is a violation of my injunction that you should be merciful even as your Father in Heaven is merciful.
 いかなる形の犠牲的行為であっても、それは、「天の父が慈悲深くあるように、汝らも慈悲深くあるように」との私が与えた訓令に背くことです。

 It has been hard for many Christians to realize that this applies to themselves.
 ここで言われていることが自分自身にあてはまると理解するのは、多くのキリスト信者にとってずっと困難なことでした。

 Good teachers never terrorize their students.
 よい教師は、決して自らの生徒を怯えさせるようなことはしません。

 To terrorize is to attack, and this results in rejection of what the teacher offers.
 怖がらせることは攻撃することであり、結果的には、教師が教えようとすることを生徒に拒絶させてしまいます。

 The result is learning failure.
 その結果、学習は失敗に終わるのです。


名称未設定

5. I have been correctly referred to as "the lamb of God who taketh away the sins of the world," but those who represent the lamb as blood-stained do not understand the meaning of the symbol.
 私は「世の罪を取り除く神の子羊」と正しく呼ばれてきました。しかし、その子羊を血に染まったものとして描写する者たちは、この象徴の意味を理解しているとはいえません。

 Correctly understood, it is a very simple symbol that speaks of my innocence.
 正しく理解されるなら、それは私が潔白であることを示すきわめてシンプルな象徴です。

 The lion and the lamb lying down together symbolize that strength and innocence are not in conflict, but naturally live in peace.
 ライオンと子羊とが一緒に横たわっている姿は、力強さと潔白さは対立するものではなく、平和のうちにありのまま共存するものであることを象徴しています。

 "Blessed are the pure in heart for they shall see God" is another way of saying the same thing.
 「心の清き者は幸いである。彼らが神を見ることになるがゆえに」というのは、これと同じことを異なる表現で述べたものです。

 A pure mind knows the truth and this is its strength.
 清らかな心は真理を知ります。そして、真理を知ることがその心の力強さとなります。

 It does not confuse destruction with innocence because it associates innocence with strength, not with weakness.
 清らかな心が破壊と潔白さとを混同することはありません。なぜなら、清らかな心は、潔白であることを弱さとではなく、力強さと結びつけて考えるからです。





6. Innocence is incapable of sacrificing anything, because the innocent mind has everything and strives only to protect its wholeness.
 潔白な者は、何ものをも犠牲にすることができません。なぜなら、潔白な心はすべてを備えているので、自らの完全円満さを保護することだけに力を尽くすからです。

 It cannot project.
 潔白な者には投影することなどできません。

 It can only honor other minds, because honor is the natural greeting of the truly loved to others who are like them.
 潔白な者には、ただ他の心を敬うことしかできません。なぜなら、敬意を表すことは、真に愛されている者が自分と同じように真に愛されている他者と交わす自然な挨拶だからです。

 The lamb "taketh away the sins of the world" in the sense that the state of innocence, or grace, is one in which the meaning of the Atonement is perfectly apparent.
 子羊が「世の罪を取り除く」というのは、穢れのない慈愛に満ちた状態においてこそ、贖罪の意味するところが完全に明らかになるという意味です。

 The Atonement is entirely unambiguous.
 贖罪には、曖昧なところなど一切ありません。

 It is perfectly clear because it exists in light.
 贖罪は、光の内に存在するので、完全に明瞭なものです。

 Only the attempts to shroud it in darkness have made it inaccessible to those who do not choose to see.
 ただ贖罪を闇の中に覆い隠そうとする試みだけが、見ることを選ぼうとしない者たちにとって、贖罪を近寄りがたいものにしてしまったのです。



名称未設定

7. The Atonement itself radiates nothing but truth.
 贖罪それ自体は、ただ真理の輝きのみを放ちます。

 It therefore epitomizes harmlessness and sheds only blessing.
 したがって、贖罪は無害であることの象徴であり、ただ祝福のみを注ぐものです。

 It could not do this if it arose from anything but perfect innocence.
 もし贖罪が、完全な潔白さ以外の何か別のものから生じたのであったなら、贖罪にこのような働きをすることはできなかったでしょう。

 Innocence is wisdom because it is unaware of evil, and evil does not exist.
 潔白であることは英知です。なぜなら、潔白である者は邪悪さを自覚することがないし、邪悪なるものは存在してもいないからです。

 It is, however, perfectly aware of everything that is true.
 しかし、潔白である者は、真実であるものすべてを完全に自覚しています。

 The resurrection demonstrated that nothing can destroy truth.
 キリストの復活は、何ものも真理を破壊することができないことを実証しました。

 Good can withstand any form of evil, as light abolishes forms of darkness.
 光が闇の醸し出す形態など完全に消し去るように、善は、たとえ邪悪がどのような形をとって現れようとも、それに持ちこたえることができます。

 The Atonement is therefore the perfect lesson.
 したがって、贖罪は完全な教えをもたらすレッスンとなります。

 It is the final demonstration that all the other lessons I taught are true.
 贖罪は、私の教えたほかのレッスンがすべて真実であることを最終的に実証します。

 If you can accept this one generalization now, there will be no need to learn from many smaller lessons.
 もしあなたが今ここで総括したひとつの結論を受け入れることができれば、数ある小さなレッスンから学ぶ必要などなくなるでしょう。

 You are released from all errors if you believe this.
 もしこのことを信じるなら、あなたはすべての誤りから解放されます。





8. The innocence of God is the true state of the mind of His Son.
 神の潔白さこそ、神の子の心の本当の状態です。

 In this state your mind knows God, for God is not symbolic; He is Fact.
 この状態においてこそ、あなたの心は神を知ります。というのは、神は象徴的な存在などではなく、神こそが現実だからです。

 Knowing His Son as he is, you realize that the Atonement, not sacrifice, is the only appropriate gift for God's altar, where nothing except perfection belongs.
 神の子をあるがままに知ることによって、あなたは、犠牲ではなく贖罪こそが、完全なるもの以外は何も属することのない神の祭壇に唯一ふさわしい捧げ物であると悟ります。

 The understanding of the innocent is truth.
 潔白である者が理解していることは、真理そのものです。

 That is why their altars are truly radiant.
 だからこそ、潔白である者の祭壇は真に輝きを放つのです。



名称未設定


いつも読んでいただき、ありがとうございます!

ブログランキング・にほんブログ村へ
ポチッとよろしく!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルメッセージへ
にほんブログ村


ポチッとお願いします!

2air_rankクリックお願いします







関連記事

Comments 0

Leave a reply