There Is No Spoon

ARTICLE PAGE

レッスン81「レッスン61と62の復習」

レッスン81です。





今日、復習するテーマは、次の2つです。


61 I am the light of the world.
私は世界だ。

62 Forgiveness is my function as the light of the world.
赦しこそ、世界としての私の役目だ。


Workbook Lesson 81

Review of Lessons 61 – 62
レッスン61と62の復習






Our ideas for review today are:
私たちが今日復習するのは次の考えです。


1. [61] I am the light of the world.
 私は世界だ。


 How holy am I, who have been given the function of lighting up the world!
 世界を照らし出すという役割を与えられるとは、私はなんと神聖な存在なんだろう。

 Let me be still before my holiness.
 自らの神聖さを前にして、私がじっとしていられますように。

 In its calm light let all my conflicts disappear.
 この穏やかなの中で、私のすべての葛藤が消え去りますように。

 In its peace let me remember Who I am.
 この平安の中で、私が本当は誰なのか思い出すことができますように。




2. Some specific forms for applying this idea when special difficulties seem to arise might be:
 特別な困難が生じてきたように思えるときには、次のような具体的な形でこの考えをあてはめてみてください。


Let me not obscure the light of the world in me.
私が自分の中にある世界を覆い隠してしまうことがありませんように。

Let the light of the world shine through this appearance.
世界が、今見えている見せかけの状況を通り越して輝きますように。

This shadow will vanish before the light.
このは、そのを前にして、消えてしまうだろう。





3. [62] Forgiveness is my function as the light of the world.
 赦しこそ、世界としての私の役目だ。


 It is through accepting my function that I will see the light in me.
 この自分の役目を受け入れることを通して、私は自分の中にある光を見ることになる。

 And in this light will my function stand clear and perfectly unambiguous before my sight.
 そして、この光の中において、私の目の前に、自らの役目がはっきりと完璧な明瞭さで姿を現すだろう。

 My acceptance does not depend on my recognizing what my function is, for I do not yet understand forgiveness.
 私が自分の役目が何であるか見分けがつかなくても、私は自分の役目を受け入れることができる。なぜなら、私はまだ赦しというものを理解していないからだ。

 Yet I will trust that, in the light, I will see it as it is.
 しかし、私は光の中で、自らの役目を自分がありのままに理解するようになると信頼することにする。





4. Specific forms for using this idea might include:
 「赦しこそ、世界の光としての私の役目だ」という考えを用いるための具体的な形には次のようなものになる。


Let this help me learn what forgiveness means.
これが、赦しが何を意味するかを私が学ぶ助けとなりますように。

Let me not separate my function from my will.
私が自分の意志から自分の役目を切り離してしまうことがありませんように。

I will not use this for an alien purpose.
私は、自分の役目を自分の意志とは相容れない目的のために用いることがありませんように。


名称未設定


それでは、ブリトニーさんのレッスンです。





いつも読んでいただき、ありがとうございます!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ ACIMへ
ポチリよろしく!


ポチッとお願いします!

2air_rankクリックお願いします
関連記事
平安世界葛藤困難役目理解信頼赦し

Comments 2

Kino

kenさん、いつも有難うございます。レッスン60〜80は核心に迫る大切な教えばかりですが、以前ほど集中出来ず辛かったです。早くも復習の機会が訪れて正直嬉しいです。仕切り直して頑張ります!これからもどうぞ宜しくお願い致します。

2013-09-02 (Mon) 12:26 | EDIT | REPLY |   

ken

がんばりましょう!

Kinoさん、いつもありがとうございます。
ちゃんと、そこら辺のことまで考慮してレッスンが組まれているのでしょうね。
レッスンはまだ4分の1にも達していませんが、ゆっくりとがんばって行きましょうね!

2013-09-02 (Mon) 16:40 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply