There Is No Spoon

ARTICLE PAGE

レッスン83「レッスン65と66の復習」

レッスン83です。

今日はレッスン65と66の復習です。





[65] “My only function is the one God gave me.”
「私の唯一の役目は、が私に与えた役目だけだ」

[66] “My happiness and my function are one.”
「私の幸せと私の役目はひとつのものだ」

Lesson 83 - Review Lessons 65 & 66







Today let us review these ideas:
今日は、次の考えを復習します。


1. [65] My only function is the one God gave me.
 私の唯一の役目は、が私に与えた役目だけだ。

 I have no function but the one God gave me.
 私には、に与えられた役目しかない。

 This recognition releases me from all conflict, because it means I cannot have conflicting goals.
 自分にはに与えられた役目しかないという認識は、私をあらゆる葛藤から解放してくれる。なぜなら、それは、私には矛盾する目標を持つことなどできないということを意味しているからだ。

 With one purpose only, I am always certain what to do, what to say, and what to think.
 ただひとつだけの目的を持つことで、私はつねに何をすべきか、何を言うべきか、何を考えるべきか確信できる。

 All doubt must disappear as I acknowledge that my only function is the one God gave me.
 私が自分の唯一の役目から自分に与えられたものだと承認することで、あらゆる疑念が消失する。




2. More specific applications of this idea might take these forms:
 より具体的に適用する際には、この考えを次のような形であてはめるとよいでしょう。


My perception of this does not change my function.
私がこれを知覚することで、私の役目が変わることはない。

This does not give me a function other than the one God gave me.
このことが、が私に与えてくれた役目以外の役目を私に与えることはない。

Let me not use this to justify a function God did not give to me.
私が、このことをが自分に与えなかったことを自分の役目とすることを正当化するために利用することがありませんように。




3. [66] My happiness and my function are one.
 私の幸せと私の役目はひとつのものだ。


 All things that come from God are one.
 神に由来するすべてのものはひとつのものなのだ。

 They come from Oneness, and must be received as one.
 神に由来するすべての物事は一なるものから生じるのであり、ひとつのものとして受け入れなければならない。

 Fulfilling my function is my happiness because both come from the same Source.
 私の役目を果たすことこそ、私の幸福だ。なぜなら、私の役目も幸福も両方とも同じ大いなる源からやってくるからだ。

 And I must learn to recognize what makes me happy if I would find happiness.
 だから、もし私が幸せを見出したいなら、私は、何が私を幸せにするのか見極めることを学ばなければならない。




4. Some useful forms for specific applications of this idea are:
 この考えの役に立つ具体的な適用の形としては、次のようなものを使うとよいでしょう。


This cannot separate my happiness from my function.
これが私の幸せを私の役目から切り離すことなどありえない。

The oneness of my happiness and my function remain wholly unaffected by this.
このことによって、私の幸福と私の役目の一体性が揺るがされることなどまったくありえない。

Nothing, including this, can justify the illusion of happiness apart from my function.
これを含む何ものも、私の役目から分離した幸福という幻想を正当化することなどできない。


名称未設定

それでは、ブリトニーさんのレッスンです。



いつも読んでいただき、ありがとうございます!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ ACIMへ
ポチリよろしく!


ポチッとお願いします!

2air_rankクリックお願いします
関連記事
幸せ幸福役目知覚疑念承認葛藤目標解放

Comments 0

Leave a reply