There Is No Spoon

ARTICLE PAGE

レッスン84「レッスン67と68の復習」

レッスン84です。

今日は、レッスン67と68の復習です。




[67] “Love created me like Itself.”
はそれ自体と同じものとして私を創造した」

[68] “Love holds no grievances.”
は一切の不平不満を抱かない」

Lesson 84 - Review Lessons 67 & 68
レッスン84「レッスン67と68の復習」





 These are the ideas for today’s review:
 次のものが、今日復習する考えです。


1. [67] Love created me like Itself.
 はそれ自体と同じものとして私を創造した。


 I am in the likeness of my Creator.
 私は自分の創造主の似姿だ。

 I cannot suffer, I cannot experience loss, and I cannot die.
 私は、苦しむことができず、喪失を体験することができず、死ぬこともできない。

 I am not a body.
 私は身体ではない。

 I would recognize my reality today.
 今日、私は自分の真の姿を認識したい。

 I will worship no idols, nor raise my own self concepts to replace my Self.
 私は、一切の偶像を崇拝することも、自分の真の自己の代わりに私が自分で作り出した自己概念を掲げることも意図しない。

 I am in the likeness of my Creator.
 私は、自らの創造主の似姿だ。

 Love created me like Itself.
 は、私を自身と同じものとして創造したのだ。





2. You might find these specific forms helpful in applying the idea:
 次のような具体的な形が今日の考えを適用する際には役に立つでしょう。


Let me not see an illusion of myself in this.
私がこの中に自分自身についての幻想を見ることがありませんように。

As I look on this, let me remember my Creator.
私がこれを見るとき、私に自分の創造主を思い出させてください。

My Creator did not create this as I see it.
私の創造主は、これを私が見ているようには創造しなかった。



3. [68] Love holds no grievances.
 は一切の不平不満を抱かない。


 Grievances are completely alien to love.
 不平不満は、完全にとは相容れないものだ。

 Grievances attack love, and keep its light obscure.
 不平不満攻撃し、愛の光を覆い隠したままにする。

 If I hold grievances I am attacking love, and therefore attacking my Self.
 もし私が不平不満を抱くなら、私は愛を攻撃しているのであり、したがって、自分の真の自己攻撃していることになる。

 My Self thus becomes alien to me.
 このようにして、私の大いなる自己は、私にとって見知らぬものとなってしまう。

 I am determined not to attack my Self today, so that I can remember who I am.
 今日、私は、自分が誰なのか思い出すことができるように、自分の大いなる自己攻撃しないことに決める。





4. These specific forms for applying this idea would be helpful:
 次のような具体的な形が今日の考えを適用する際に役立つでしょう。


This is no justification for denying my Self.
このことは私の大いなる自己を否定するための何の正当化根拠にもならない。

I will not use this to attack love.
私は、これを愛を攻撃するために使うことをしない。

Let this not tempt me to attack myself.
これが私に自分自身を攻撃させるよう誘惑することがありませんように。

名称未設定


それでは、ブリトニーさんのレッスンです。





いつも読んでいただき、ありがとうございます!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ ACIMへ
ポチリよろしく!


ポチッとお願いします!

2air_rankクリックお願いします
関連記事
大いなる自己真の自己不平不満攻撃創造幻想自己概念偶像

Comments 0

Leave a reply