There Is No Spoon

        対訳 奇跡のコース      奇跡のコース( 奇跡講座  A Course in Miracles ACIM )テキスト、ワークブック、マニュアルの和訳(日本語翻訳)

レッスン85「レッスン69と70の復習」

0   0

レッスン85です。





今日のテーマは次の二つです。

[69] “My grievances hide the light of the world in me.”
「私の不平不満は私の中にある世界のを覆い隠してしまう」

[70] “My salvation comes from me.”
「私の救済は私から起こる」


Lesson 85 - Review Lessons 69 & 70
レッスン85「レッスン69と70の復習」





 Today’s review will cover these ideas:
 今日は次の考えを復習します。


1. [69] My grievances hide the light of the world in me.
 私の不平不満は私の中にある世界のを覆い隠してしまう。


 My grievances show me what is not there, and hide from me what I would see.
 私の不平不満は、そこにありもしないものを私に見せて、私が見ようとするものを私に見えないよう隠してしまう。

 Recognizing this, what do I want my grievances for?
 このことに気づいたなら、私は何のために不平不満を抱いていたいと望むだろうか。

 They keep me in darkness and hide the light.
 不平不満は、私をの中に閉じ込めたままにして、を隠してしまう。

 Grievances and light cannot go together, but light and vision must be joined for me to see.
 不平不満は共存できない。しかし、私が真に見るためには、ヴィジョンは一つに結びつかなければならない

 To see, I must lay grievances aside.
 真に見るためには、私は不平不満を手放さなければならない。

 I want to see, and this will be the means by which I will succeed.
 私は見たいと望むので、不平不満を放棄することが、私が真に見ることに成功するための手段となるだろう。




2. Specific applications of this idea might be made in these forms:
 この考えを具体的に適用するには次のような形にするとよいだろう。


Let me not use this as a block to sight.
私がこのことを真の視力を妨げるために用いることがありませんように。

The light of the world will shine all this away.
世界のは、この状況のすべてを輝きによって追い払ってくれるだろう。

I have no need for this. I want to see.
私に、この状況は必要ない。私は真に見たいと望む。





3. [70] My salvation comes from me.
 私の救済は私から起こる。


 Today I will recognize where my salvation is.
 今日、私はどこに自分の救済があるのか認識することにする。

 It is in me because its Source is there.
 私の救いは、私の中にある。なぜなら、救いの大いなるがそこにあるからだ。

 It has not left its Source and so it cannot have left my mind.
 救済は、その大いなるを離れたことはない。そうだとすれば、救済が私の心を離れているはずがない。

 I will not look for it outside myself.
 私は、自分自身の外側救済を探そうとしないことにする。

 It is not found outside and then brought in.
 救済は、外側に見つけて、それから、内側に持ってくるというものではない。

 But from within me it will reach beyond, and everything I see will but reflect the light that shines in me and in itself.
 しかし、私の内側からなら、優に救済に手が届くだろう。そして、私の見るあらゆるものはただ私の中でひとりでに輝くを反映しているだけだ。




4. These forms of the idea are suitable for more specific application:
 次のような形の想念はより具体的な適用にはふさわしいだろう。

Let this not tempt me to look away from me for my salvation.
この状況が私に、自分の救いを自分から目を背けて探すよう誘惑することがありませんように。

I will not let this interfere with my awareness of the Source of my salvation.
私は、この状況に、私が自分の救済のを自覚することを邪魔立てさせたりはしない。

This has no power to remove salvation from me.
これには、私から救済を取り除く力など何もない。


名称未設定


それでは、ブリトニーさんのレッスンです。





いつも読んでいただき、ありがとうございます!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ ACIMへ
ポチリよろしく!


ポチッとお願いします!

2air_rankクリックお願いします



関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://thereisnospoon.jp/tb.php/210-25827fdd
該当の記事は見つかりませんでした。