FC2ブログ

W2ST-14.私ってなに?

2013年09月16日
ワークブック・パート②特別解説 0

今回は、ワークブック・パート2特別解説から、「私とは何か」をご紹介します。




本当は、この一節は、ワークブックの350日が終わったところで出てくるので、結論を先取りする感じになりますが、このところ、ワークブックでも、怒涛のように、本当の自己は何なのかというテーマが展開されているところなので、参考になると思います。



出エジプト記3章14節で、モーセから名を問われた神は“I am that I am”と答えます。

ヘブル語「エヘイェ・アシェル・エへイェ」が欽定訳(King James Version)で直訳され、“I am that I am”となったようですが、この“I am that I am”という言葉の訳には聖書翻訳者たちが苦労し、「ありてある者」等、さまざまな訳がなされてきました。

“I am that I am”は、深読みする必要はなく、文字通り、「私は私であるものだ」と捉えればよいように思います。

すなわち、“that“の前の“I am“は質問に答える際に神が自らを指した一人称であり、“that“の後の“I am“は、幻想世界で自己意識を抱くものすべてに通じる「私」現象の究極主体が神であることを示すものであり、「私」という自覚を持つものはみな私(神)なのだと神が万物に対して自らが父であり、三位一体で子である万物とひとつであることを宣言した言葉だということです。

コースは、意識はエゴの領域だと指摘しはしますが、エゴは実在しない影であり、エゴに惑わされた自意識ではあれ個別の心が「私」という主体的な意識を持つことができるのは、神の子の心の働きゆえのことです。

つまり、自分を自覚するすべての生き物たちの中で「私は」と、主体的意識が存在し、機能するのは源である神ゆえであり、この文は、「私は」という自覚を持つものはみな私(神)なのだと述べていることになります。






What Am I?
私とは何か



1. I am God's Son, complete and healed and whole, shining in the reflection of His Love.
 私は、完全で癒されていて全体として神の大いなる愛の反映の中に光り輝く神の子です。

 In me is His creation sanctified and guaranteed eternal life.
 私の中で、神の創造物が聖別され、永遠の生命を約束されます。

 In me is love perfected, fear impossible, and joy established without opposite.
 私の中で、愛は完全なものとなり、恐れは不可能となり、そして、反対を持たない喜びが確立されます。

 I am the holy home of God Himself.
 私は、神自身の聖なる住まいです。

 I am the Heaven where His Love resides.
 私は、神の大いなる愛が留まる天国です。

 I am His holy Sinlessness Itself, for in my purity abides His Own.
 私は、神の神聖な大いなる潔白さそのものです。というのも、私の清らかさの中にこそ、神自身の清らかさがあるからです。



2. Our use for words is almost over now.
 私たちが言葉を用いるのも、もうほとんど終わりかけています。

 Yet in the final days of this one year we gave to God together, you and I, we found a single purpose that we shared.
 しかし、あなたと私で一緒に神に捧げたこの一年の最後の数日に、私たちは自分たちが分かち合うただひとつの目的を見つけました。

 And thus you joined with me, so what I am are you as well.
 こうして、あなたは私とひとつに結ばれたので、本当の私はあなたでもあるのです。

 The truth of what we are is not for words to speak of nor describe.
 私たちが何者なのかという真理は、言葉で語ったり、描写できるものではありません。

 Yet we can realize our function here, and words can speak of this and teach it, too, if we exemplify the words in us.
 しかし、私たちはこの地上での自分たちの役割に気づくことができます。そして、もし私たちが自分たちの中にある言葉を体現する者となるなら、言葉を用いて私たちの役割について語り、それを教えることもできます。



3. We are the bringers of salvation.
 私たちは、救済をもたらす存在です。

 We accept our part as saviors of the world, which through our joint forgiveness is redeemed.
 私たちは、救世主としての役目を受け入れます。この世界は、私たちがひとつに結びついて赦すことで救われます。

 And this, our gift, is therefore given us.
 そのために、この赦しという贈り物が私たちに与えられているのです。

 We look on everyone as brother, and perceive all things as kindly and as good.
 私たちは、すべての人々を兄弟と見て、すべての物事を優しく善良なものとして知覚します。

 We do not seek a function that is past the gate of Heaven.
 私たちは、天国の門の向こう側にある役目を求めているのではありません。

 Knowledge will return when we have done our part.
 知識は、私たちが自らの役目を果たしたときに戻ってくるでしょう。

 We are concerned only with giving welcome to the truth.
 私たちが関心を向けるのは、ただ真理を歓迎することだけです。



4. Ours are the eyes through which Christ's vision sees a world redeemed from every thought of sin.
 私たちの目は、それを通して、キリストのヴィジョンがあらゆる罪の思いから救われた世界を見るための目となります。

 Ours are the ears that hear the Voice for God proclaim the world as sinless.
 私たちの耳は、神を代弁する大いなる声が、世界を罪のないものとして高らかに宣言するのを聞く耳となります。

 Ours the minds that join together as we bless the world.
 私たちの心は、私たちが世界を祝福するにつれて一緒になってひとつに結ばれます。

 And from the oneness that we have attained we call to all our brothers, asking them to share our peace and consummate our joy.
 そして、私たちの獲得した一なる状態から、私たちはすべての兄弟たちに呼びかけ、彼らに私たちの平安を分かち合って、私たちの喜びを完全なものにしてくれるようにと頼むのです。



5. We are the holy messengers of God who speak for Him, and carrying His
 私たちは、神のメッセージを携えて神を代弁する神の聖なる使者なのです。

 Word to everyone whom He has sent to us, we learn that it is written on our hearts.
 私たちは、神が私たちの許に送ってくれたすべての人たちのための大いなる言葉が自分たちの胸に刻まれていると学びます。

 And thus our minds are changed about the aim for which we came, and which we seek to serve.
 こうして、私たちは、自分たちがそのために、ここにやってきて、それを果たそうとしている目的についての心構えを変えることになります。

 We bring glad tidings to the Son of God, who thought he suffered.
 私たちは、自分が苦しんでいると思っていた神の子に、喜びの便りをもたらすのです。

 Now is he redeemed.
 今こそ、神の子は救われるのです。

 And as he sees the gate of Heaven stand open before him, he will enter in and disappear into the Heart of God.
 そして、天国の門が自分の目の前に開かれているのを見れば、彼はその中に入って行って、神の心の中へと姿を消すことでしょう。


それでは、ブリトニーさんのレッスンです。



関連記事

気に入ったらシェア!

  • B!
  • LINE
  •         
 松山 健 Ken Matsuyama
この記事を書いた人:  松山 健 Ken Matsuyama

コメント0件

コメントはまだありません
未分類 (12)
奇跡のコース (5)
書籍 (4)
朗読 (1)
映画 (2)
アフォリズム (11)
教材 (3)
ネット (1)
テキスト (262)
┣  テキスト第1章(奇跡の意味) (7)
┣  テキスト第2章(分離と贖罪) (8)
┣  テキスト第3章(潔白な知覚) (7)
┣  テキスト第4章(エゴという幻想) (8)
┣  テキスト第5章(癒しと完全性) (8)
┣  テキスト第6章(愛のレッスン) (8)
┣  テキスト第7章(王国の贈り物) (11)
┣  テキスト第8章(戻りの旅路) (9)
┣  テキスト第9章(贖罪の受容) (8)
┣  テキスト第10章(病の偶像) (6)
┣  テキスト第11章(神かエゴか) (9)
┣  テキスト第12章(聖霊のカリキュラム) (8)
┣  テキスト第13章(罪なき世界) (12)
┣  テキスト第14章(真理のための教え) (11)
┣  テキスト第15章(神聖な瞬間) (11)
┣  テキスト第16章(幻想を赦す) (7)
┣  テキスト第17章(赦しと神聖な関係) (8)
┣  テキスト第18章(夢の消滅) (9)
┣  テキスト第19章(平安の達成) (9)
┣  テキスト第20章(神聖さのヴィジョン) (8)
┣  テキスト第21章(理性と知覚) (9)
┣  テキスト第22章(救いと神聖な関係) (7)
┣  テキスト第23章(自分自身との戦い) (5)
┣  テキスト第24章(特別であるという目標) (8)
┣  テキスト第25章(神の正義) (9)
┣  テキスト第26章(移行) (10)
┣  テキスト第27章(夢を癒す) (8)
┣  テキスト第28章(恐れを取り消す) (7)
┣  テキスト第29章(目覚め) (9)
┣  テキスト第30章(新たなる始まり) (8)
┗  テキスト第31章(最後のヴィジョン) (8)
ワークブック・パート① (238)
┣  レッスン1〜10 (10)
┣  レッスン11〜20 (10)
┣  レッスン21〜30 (10)
┣  レッスン31〜40 (10)
┣  レッスン41〜50 (10)
┣  レッスン51〜60 (11)
┣  レッスン61〜70 (10)
┣  レッスン71〜80 (10)
┣  レッスン81〜90 (11)
┣  レッスン91〜100 (10)
┣  レッスン101〜110 (10)
┣  レッスン111〜120 (11)
┣  レッスン121〜130 (10)
┣  レッスン131〜140 (10)
┣  レッスン141〜150 (11)
┣  レッスン151〜160 (10)
┣  レッスン161〜170 (10)
┣  レッスン171〜180 (11)
┣  レッスン181〜190 (11)
┣  レッスン191〜200 (10)
┣  レッスン201〜210 (11)
┗  レッスン211〜220 (10)
ワークブック・パート② (158)
┣  ワークブック・パート②特別解説 (15)
┣  レッスン221〜230 (10)
┣  レッスン231〜240 (10)
┣  レッスン241〜250 (10)
┣  レッスン251〜260 (10)
┣  レッスン261〜270 (10)
┣  レッスン271〜280 (10)
┣  レッスン281〜290 (10)
┣  レッスン291〜300 (10)
┣  レッスン301〜310 (10)
┣  レッスン311〜320 (10)
┣  レッスン321〜330 (10)
┣  レッスン331〜340 (10)
┣  レッスン341〜350 (10)
┣  レッスン351〜360 (10)
┗  レッスン361〜365 (3)
マニュアル (42)
心理療法 (13)
用語解説 (8)
祈りの歌 (15)