There Is No Spoon

        対訳 奇跡のコース      奇跡のコース( 奇跡講座  A Course in Miracles ACIM )テキスト、ワークブック、マニュアルの和訳(日本語翻訳)

レッスン104「私は、本当に自分に属するものだけを求める」

0   0

レッスン104です。

今日のテーマは「私は、本当に自分に属するものだけを求める」です。





このレッスンでは、私たちは神の子としての本質から喜び平安を自分のものとして受け取る資格があるけれど、この神からの贈り物を受け取るためには、受け入れるための場所を用意しなければならないといいます。

そして、その場所を整えるには、神からの贈り物に置き換えようとして自分で作り出した無意味な贈り物が置かれてしまっている神のための祭壇から、その自作の贈り物を取り除く必要があるといいます。

もっとも、祭壇をきれいにすると、神からの贈り物が、私たちの外側からやってくるというのではなく、時間の始まる前から、すでに私たちの中にあって、時間が去った後も私たちのものであり続ける神の贈り物がその姿を現すのだといいます。

つまり、すでに贈り物を手にしているけれど、それがわからなくなってしまっている状態だということです。

どこかそれがある場所に探しに行く必要も、宅配されるのを待つ必要もないということです。

自分で作り出した贈り物が大量にあるために、すでにそこにある本当の贈り物が埋もれてしまっているだけだということです。

ガラスをきれいに磨きましょう!で、宝石の入ったガラスケースが埃にまみれているたとえをしましたが、ガラスを磨けばいいのに、ガラスの上に「宝石」と文字を書いたり、絵の具で宝石の絵を描いたり、宝石に似た石ころをたくさん集めてきたりと、代用として、見当違いなものをたくさん積み重ねてしまっているということです。

水道の水は来ているのに、蛇口があれば、水が出て来ると思いこんで、外から拾ってきた蛇口が壁一面に取りつけられていて、どれが本当の蛇口なのかわからなくなってしまっているようなものです。

テレビに映し出された美しい風景が忘れられず、画面の上に絵の具を塗りたくって拙劣な絵が画面上に固着してしまっているようなものです。

やるべきことは、本物を見えなくしてしまっている自分が代用として作り出してしまった障害物を払拭することだけです。


障害物を取り除くやり方については、次のように説明されます。

すなわち、神の贈り物である喜び平安以外の自分勝手に作り上げた贈り物や目標をすべて手放して、平安喜びだけを求める、

神の意志がすでになされており、神からの永遠の贈り物として、喜び平安が私たちに属しているということに単純に気づくことだということです。




Lesson 104 - I seek but what belongs to me in truth
レッスン104 私は、本当に自分に属するものだけを求める






1. Today's idea continues with the thought that joy and peace are not but idle dreams.
 今日の考えは、喜び平安は単なる空疎な夢ではないという考えの続きです。

 They are your right, because of what you are.
 あなたが本当は誰なのかということのゆえに、喜び平安はあなたの権利です。

 They come to you from God, Who cannot fail to give you what He wills.
 喜び平安は、神からあなたの許へとやってきます。神には、自らの意図するものをあなたに与え損ねることなどできません。

 Yet must there be a place made ready to receive His gifts.
 しかし、神からの贈り物を受け取るためには、そのための場所を準備しなければなりません。

 They are not welcomed gladly by a mind that has instead received the gifts it made where His belong, as substitutes for them.
 神からの贈り物があるべき場所に、それに置き換える代用として自分で作った贈り物をすでに受け入れてしまっている小さな心には、神からの贈り物を喜んで迎え入れることができません。





2. Today we would remove all meaningless and self-made gifts which we have placed upon the holy altar where God's gifts belong.
 今日、私たちは、神からの贈り物が属するはずの神聖祭壇に自分で供えてしまった自作の無意味な贈り物をすべて取り除くことにします。

 His are the gifts that are our own in truth.
 神からの贈り物こそが、私たちが真に所有するものです。

 His are the gifts that we inherited before time was, and that will still be ours when time has passed into eternity.
 神の贈り物こそが、時が存在しはじめる前から私たちが受け継いでいたものであり、そして、時が永遠の中へと過ぎ去ったときもなお、私たちのものであり続けます。

 His are the gifts that are within us now, for they are timeless.
 神の贈り物は今、私たちの中にあります。というのも、神の贈り物は時間を超越するものだからです。

 And we need not wait to have them.
 だから、私たちは、神の贈り物を得るために待つ必要などありません。

 They belong to us today.
 今日、神からの贈り物は私たちのものになります。





3. Therefore, we choose to have them now, and know, in choosing them in place of what we made, we but unite our will with what God wills, and recognize the same as being one.
 それゆえ、私たちは今、神の贈り物を手にすることを選択します。そして、私たちは、自分で作り出した贈り物の代わりに神の贈り物を選ぶとき、私たちはただ自分たちの意志を神の意図するものに結びつけるだけなのだと知り、そして、同じものをひとつであるものとして認めます。

 Our longer practice periods today, the hourly five minutes given truth for your salvation, should begin with this:
 今日の長いほうの実習時間では、あなたの救済のために真理に1時間ごとに5分間を捧げることとし、次のように始めるようにしてください。


I seek but what belongs to me in truth,
私は、本当に自分に属するものだけを求める。

And joy and peace are my inheritance.
そして、喜び平安は私が受け継いでいるものだ。


 Then lay aside the conflicts of the world that offer other gifts and other goals made of illusions, witnessed to by them, and sought for only in a world of dreams.
 それから、幻想から作り上げられた別の贈り物や別の目標を差し出している世界の葛藤を手放してください。それらの別の贈り物や別の目標は、幻想によって裏づけられ、夢の世界の中でのみ探し求められるものなのです。





4. All this we lay aside, and seek instead that which is truly ours, as we ask to recognize what God has given us.
 これらのすべてを私たちは手放します。そして、自分たちに神が与えてくれたものに私たちが認識することを求めながら、手放したものの代わりに、本当に私たちに属するものを求めます。

 We clear a holy place within our minds before His altar, where His gifts of peace and joy are welcome, and to which we come to find what has been given us by Him.
 私たちは、自分たちの心の中にある神の祭壇の前の神聖な場所をきれいにします。神の祭壇では、平安喜びという神の贈り物は歓迎され、神によって自分たちに与えられているものを見出すために私たちはみなそこに訪れることになります。

 We come in confidence today, aware that what belongs to us in truth is what He gives.
 今日、私たちは、本当に自分に属するものは神が与えてるものだと自覚し、確信をもって訪れます。

 And we would wish for nothing else, for nothing else belongs to us in truth.
 そして、私たちはこれ以外には何も望みません。というのも、本当にこれ以外には何も私たちに属するものはないからです。





5. So do we clear the way for Him today by simply recognizing that His Will is done already, and that joy and peace belong to us as His eternal gifts.
 それゆえ、今日は私たちで、神の意志はすでに成し遂げられており、神からの永遠の贈り物として、喜び平安が私たちに属していることを単純に認めることによって、神に至る道を掃除することにしましょう。

 We will not let ourselves lose sight of them between the times we come to seek for them where He has laid them.
 私たちは、神が置いてくれた場所に神からの贈り物を探しに行く時間の合間であっても、喜びと平安を見失わないようにしましょう。

 This reminder will we bring to mind as often as we can:
 次のような備忘の言葉をできるだけ頻繁に心に浮かべるようにしてください。


I seek but what belongs to me in truth.
私は、ただ本当に自分に属するものだけを求める。

God's gifts of joy and peace are all I want.
私が望むのは、喜びと平安という神からの贈り物だけだ。


名称未設定



それでは、ブリトニーさんのレッスンです。





いつも読んでいただき、ありがとうございます!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ ACIMへ
ポチリよろしく!


ポチッとお願いします!

2air_rankクリックお願いします

There Is No Spoon
関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://thereisnospoon.jp/tb.php/247-1bd1c418
該当の記事は見つかりませんでした。