There Is No Spoon

        対訳 奇跡のコース      奇跡のコース( 奇跡講座  A Course in Miracles ACIM )テキスト、ワークブック、マニュアルの和訳(日本語翻訳)

“ ヘルメス・J・シャンブ著「“それ”は在る―ある御方と探求者の対話 (覚醒ブックス)」

0   0

それは在る


“それ”は在る―ある御方と探求者の対話 (覚醒ブックス)“それ”は在る―ある御方と探求者の対話 (覚醒ブックス)
(2013/05/10)
ヘルメス・J・シャンブ

商品詳細を見る




すばらしい本に出会うことができました。

ぜひ皆さんと分かち合いたい本ですので、ご紹介させていただきます。

ヘルメス・J・シャンブという覚者(日本の30代の方のようです)の手になる「”それ”は在る―ある御方と探求者の対話」という本です。
アマゾンで引用されている帯の案内文と書写の言葉を引用します。

帯文
「これはまったく上級者向けだ。

だが、はじめて悟りの道を歩き出した者でも、
この事実を知った瞬間に上級者になることができる。

卒業する者よ、さあ、この手を取りなさい。

閃光を放つ、霊感に満ちた、〈在る〉の真実を知るための書」


著者
「本作では、思考は私ではない、という教えの部分が、かなり強烈に書かれております。
著者は改めて、過去に読んだ書物をなんとなく思いめぐらしましたが、驚いたことに、
ほとんど全く、どの書物も明確に伝えていません。

おそらく、本作にも書かれているように、思考が自分ではないなら、どのように学びが
起きるのか、誰が何を学んでいるのか、というとても重要な問題に遭遇するからです。

思考や想念や身体は、本当の自己ではない、とは多く書かれていますが、思考が自分で
はない、という問題に詳細に触れているものを見たことがありません。
そのような意味において、この部分はまさに、本作にもあるように、一気に階段を登り、
存在自体に戻る体験を作り、与えることができる作品かもしれません。」
(著者より)」

既に読まれた方々の感想は、アマゾンのレビューを見ていただければと思います。

探求者とその師となる老人との対話で、約500ページありますが、短い一文ごとに改行されており、文章が詰まっているわけではないので、非常に読みやすいと思います。

奇跡のコースの参考書としても非常に有益だと思います。


出会えたことを感謝し、何度も繰り返して読みたくなる本です。ぜひ皆さんも手にとって、お友達にも伝えてあげてください。


いつも読んでいただき、ありがとうございます!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ ACIMへ
ポチリよろしく!


ポチッとお願いします!
関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://thereisnospoon.jp/tb.php/25-71c14756
該当の記事は見つかりませんでした。