There Is No Spoon

        対訳 奇跡のコース      奇跡のコース( 奇跡講座  A Course in Miracles ACIM )テキスト、ワークブック、マニュアルの和訳(日本語翻訳)

M25 超能力は望ましいもの?

2   0

今回は、前回に続いて教師のためのマニュアルからのご紹介です。

超能力についての第25節です。

「"Psychic" Powers」サイキック・パワーは霊力や精神の力等いろいろ訳し方はあると思いますが、この節は前回の輪廻転生と同じような趣旨で一般的に超自然的なものとされている概念のひとつとして論じていますので、「超能力」としてみました。

超能力は、誰もが欲しがる力です。私だって、もらえるものなら、固辞することなくありがたくいただきます。

さて、奇跡のコースは超能力についてどう考えているのでしょうか。





Section 25
Are "Psychic" Powers Desirable?
第25節 「超能力」は望ましいものか


1. The answer to this question is much like the preceding one.
 この質問に対する答えは、ひとつ前の節で話したこととほとんど同じようなものになります。

 There are, of course, no "unnatural" powers, and it is obviously merely an appeal to magic to make up a power that does not exist.
 もちろん、「不自然な」力などないのであって、存在しない力を作り出そうとするのは、魔術に訴えかけることにしかならないのは明白です。

 It is equally obvious, however, that each individual has many abilities of which he is unaware.
 しかしながら、個々人が自分でも気づかないような多様な能力を持っていることも同じく明白なことです。

 As his awareness increases, he may well develop abilities that seem quite startling to him.
 その者の自覚が増していくにつれて、彼は自分でも本当に驚くような能力を発達させることもよくあることです。

 Yet nothing he can do can compare even in the slightest with the glorious surprise of remembering Who he is.
 しかし、彼には、自分が本当は何者であるか思い出すことの荘厳なる驚きにほんのわずかでも比べられるようなことなど何もなしえません。

 Let all his learning and all his efforts be directed toward this one great final surprise, and he will not be content to be delayed by the little ones that may come to him on the way.
 彼のすべての学びとすべての努力をこの唯一の偉大なる最終的な驚嘆に向けるがよいのです。そうすれば、彼は、道の途中で彼が出くわすかもしれないちっぽけな驚きなんかに自分の足を引っ張られることに甘んじることはできなくなるはずです。

 


2. Certainly there are many "psychic" powers that are clearly in line with this
course.
 たしかに、このコースとはっきりと調和するような「超自然的な」力はいくらでもあります。

 Communication is not limited to the small range of channels the world recognizes.
 コミュニケーションというものは、この世界が承認するような狭い範囲の経路だけに限定されるものではありません。

 If it were, there would be little point in trying to teach salvation.
 もしそうであったなら、救済を教えようとする試みは、ほとんど効果を上げることなどできないことでしょう。

 It would be impossible to do so.
 狭い範囲の経路に限られたコミュニケーションによって、救済を教えることなど不可能といえます。

 The limits the world places on communication are the chief barriers to direct experience of the Holy Spirit, Whose Presence is always there and Whose Voice is available but for the hearing.
 コミュニケーションに世界が押しつける制限は、聖霊を直に経験することを妨げる主要な障害です。聖霊はつねに臨在しており、望めみさえすればいつでも聖霊の大いなる声を聞くことができます。

 These limits are placed out of fear, for without them the walls that surround all the separate places of the world would fall at the holy sound of His Voice.
 このような制限は、恐怖によって押しつけられます。というのも、恐怖がなければ、世界のすべての分離された場所を取り囲む壁はすべて、聖霊の大いなる声の神聖な響きによって崩落してしまうからです。

 Who transcends these limits in any way is merely becoming more natural.
 どのような方法であれ、これらの制限を乗り越える者は、単に、より自然な状態になっているだけなのです。

 He is doing nothing special, and there is no magic in his accomplishments.
 彼は、何も特別なことなどしてはいないし、彼の成し遂げたことには魔術は一切関わりを持ちません。

 


3. The seemingly new abilities that may be gathered on the way can be very helpful.
 道の途中で身につけるかもしれない表向き新しい能力は、とても有益に活用することができます。

 Given to the Holy Spirit, and used under His direction, they are valuable teaching aids.
 その力を聖霊に渡し、聖霊の導きの下に用いるなら、それらの能力は価値ある教えの助けとなります。

 To this, the question of how they arise is irrelevant.
 能力が教えの助けとなることに関しては、どのようにしてそれらの能力が身についたかは重要ではありません。

 The only important consideration is how they are used.
 ただひとつ考慮する意義を持つことがあるとすれば、それは、それらの能力がどのように用いられるかということだけです。

 Taking them as ends in themselves, no matter how this is done, will delay progress.
 能力それ自体を目的とするものとして能力を捉えるなら、その能力がどのように用いられたとしても、進歩を遅れさせることになるでしょう。

 Nor does their value lie in proving anything; achievements from the past, unusual attunement with the "unseen," or "special" favors from God.
 また、それらの能力の意義は、その者の過去の偉業であったり、その者が「未知なるもの」と非凡なる調和を遂げているとか、神から「特別な」寵愛を受けているということを証明することにあるわけではまったくありません。

 God gives no special favors, and no one has any powers that are not available to everyone.
 神が特別に誰かを偏愛することはありません。だから、みんなが手に入れることのできない力を、自分だけ手に入れることは誰にもできません。

 Only by tricks of magic are special powers "demonstrated".
 ただ魔術のトリックによってのみ、特別な力は実証されるのです。

 


4. Nothing that is genuine is used to deceive.
 本物であるものは、騙すために用いることなどできません。

 The Holy Spirit is incapable of deception, and He can use only genuine abilities.
 聖霊は騙すということができません。だから、聖霊が使えるのは、ただ本当の能力だけです。

 What is used for magic is useless to Him.
 魔術のために用いられるものなど、聖霊にとっては役に立ちません。

 But what He uses cannot be used for magic.
 反対に、聖霊が用いるものを魔術に用いることもできません。

 There is, however, a particular appeal in unusual abilities that can be curiously tempting.
 しかしながら、非凡な能力はとりわけ訴えかける力が強く、好奇心をそそる魅惑的なものになりえます。

 Here are strengths which the Holy Spirit wants and needs.
 ここにこそ、聖霊が望み、必要とする強さがあります。

 Yet the ego sees in these same strengths an opportunity to glorify itself.
 しかし、エゴは、これらの同じ強さの中に、エゴ自らを賛美する機会を見ています。

 Strengths turned to weakness are tragedy indeed.
 弱点に転じてしまった強みなど実に悲劇的なものです。

 Yet what is not given to the Holy Spirit must be given to weakness, for what is withheld from love is given to fear, and will be fearful in consequence.
 しかし、聖霊に渡されていないものは、弱さに渡されてしまったに違いないのです。というのも、愛に渡さないでおかれたものは、恐怖に引き渡されたのであり、結果として恐ろしいものになってしまうからです。

 


5. Even those who no longer value the material things of the world may still be deceived by "psychic" powers.
 もはや世界の物質的な物事に価値を置かないようになった者たちでさえ、なおも、超能力によって騙されてしまうことがありえます。

 As investment has been withdrawn from the world's material gifts, the ego has been seriously threatened.
 世界の物質的な贈り物に思いを注ぎこむことを控えられてきたせいで、その者のエゴは深刻な脅威にさらされています。

 It may still be strong enough to rally under this new temptation to win back strength by guile.
 そのエゴは、この新たな誘惑の下に、狡猾さによって首尾よく強さを取り戻して巻き返しを図るだけの力を今なお保っているかもしれません。

 Many have not seen through the ego's defenses here, although they are not particularly subtle.
 エゴの防御はとりたてて巧妙で気づきがたいわけでもないのですが、多くの者はここにエゴの防御があることを見抜くことができません。

 Yet, given a remaining wish to be deceived, deception is made easy.
 しかも、騙されていたいという望みが残っているとすれば、こともなく騙されてしまいます。

 Now the "power" is no longer a genuine ability, and cannot be used dependably.
 今やすでに「力」は本物の能力ではなくなってしまっています。だから、それを信頼して用いることもままなりません。

 It is almost inevitable that, unless the individual changes his mind about its purpose, he will bolster his "power's" uncertainties with increasing deception.
 個人がその目的について自分の心を変えないかぎり、彼は自分の「力」の疑わしさを、欺瞞を増大させていくことでもって補強することをほとんど避けられなくなってしまいます。

 


6. Any ability that anyone develops has the potentiality for good.
 誰が発達させるどんな能力であろうとも、能力は良いことのためになる潜在性を秘めています。

 To this there is no exception.
 このことに、例外は一切ありません。

 And the more unusual and unexpected the power, the greater its potential usefulness.
 そして、並はずれていて思いがけない力であればあるほど、その能力が役に立つ可能性はよりいっそう大きくなります。

 Salvation has need of all abilities, for what the world would destroy the Holy Spirit would restore.
 救済はあらゆる能力を必要とします。というのも、世界が破滅させようとするものを聖霊は修復しようとするからです。

 "Psychic" abilities have been used to call upon the devil, which merely means to strengthen the ego.
 超能力は悪魔を召喚し頼みとするために用いられてきました。それは、エゴを増強しようとすることしか意味しません。

 Yet here is also a great channel of hope and healing in the Holy Spirit's service.
 しかし、ここには同時に、聖霊の役に立つ希望と癒しをもたらす素晴らしい経路があります。

 Those who have developed "psychic" powers have simply let some of the limitations they laid upon their minds be lifted.
 「超」能力を発達させてきた者たちは、単に、自分で自分の心に課していた制限がいくらか解除されるようにしただけです。

 It can be but further limitations they lay upon themselves if they utilize their increased freedom for greater imprisonment.
 もし彼らが自分たちの拡大した自由をより重大な幽閉のために用いるならば、それは、自分で自分自身によりいっそうの制限を課すことにしかなりえません。

 The Holy Spirit needs these gifts, and those who offer them to Him and Him alone go with Christ's gratitude upon their hearts, and His holy sight not far behind.
 聖霊は、このような特殊な才能を必要としています。そして、それらの才能を聖霊に、ただ聖霊にのみ捧げる者たちは、自らの胸にキリストからの感謝を抱いて進みます。そして、キリストの聖なる姿がすぐ後ろに見えています。



以上です。

一般的な超能力というものは魔術のトリックであって、それは望ましいものではない。

だけど、自分で自分自身に限界を設けているその自分で課している制約が外れて、自然な状態になることによって発現してくる能力は、「不自然」な能力などではない。

その能力は教えの助けとして有効に活用することができ、望ましい。

有効に使うには、エゴではなく、聖霊に渡して、聖霊が務めを果たすために用いてもらうということです。

救済は、あらゆる能力を必要とするといいます。
そして、個別の心が持つ能力は、それぞれに個性を持ちます。

TVドラマシリーズ「ヒーローズ」(HEROES)や漫画の「ジョジョの奇妙な冒険」に出てくるように一口に超能力といっても多様な個性の能力があります。

超能力に分類される力であれ、通常の能力とされる力であれ、自分の持つ能力を救済のために活かすことこそが、個別の心の役割です。

「この世界の配役について」というテーマでお話ししたところです。

自然な状態になった際に発現する能力は、SF小説やテレビや映画に出てくるような力であっても、まったくおかしくはありません。

なぜなら、この世界自体が幻想なのですから。
もし、世界中の人たちの記憶を書き換えて、人が空を飛ぶのが当たり前ということになれば、たぶん、人は飛ぶでしょう。

幻にすぎないとすれば、そんなことは映画の中の出来事と同じ程度の重要性しかないのです。

そんなことよりも、超能力なんかに目がくらんで
「 Yet nothing he can do can compare even in the slightest with the glorious surprise of remembering Who he is.
 しかし、彼には、自分が本当は何者であるか思い出すことの荘厳なる驚きにほんのわずかでも比べるためにできることなど何もありません。」
自分が本当は何者なのか、それを思い出すことの大切さを忘れたくないものです。
関連記事

2 Comments

TH says...""
こんにちは。はじめてこちらにコメントする者ですが、さっそく質問してもよろしいでしょうか。

主に時間のことなんですが、
奇跡のコースによると、時間は幻想であり順序を入れ替えることができるものなんですよね?

そして「この世はあの世の投影」で検索してこちらのサイトに辿り着いたわけですが、
この言葉の通り、
この世のあらゆる現象はあの世からの投影なわけですよね?
そして下の記事で書かれてましたが、
個としての自分の意識が何かを望めば、
それは見たいDVDを選ぶかのごとく、望んだ通りの映像があの世からこの世に映し出されてくると言う仕組みなわけですよね?

ということは日本の歴史の変更なども本来可能だということになるのでしょうか?
たとえば、
「徳川家康が天下を取らなかった日本」
「坂本竜馬が暗殺されなかった日本」
「第2次世界大戦で原爆を落とされなかった日本」
「東日本大震災が起こらなかった日本」
なども、
望めば今すぐ目の前の現実として創造できるということでしょうかね?
2013.05.29 18:51 | URL | #- [edit]
ken says..."Re: タイトルなし"
こんにちは。

コメントどうもありがとうございます。

このブログをはじめて一ヶ月ですが、はじめてコメントをいただけて嬉しいです。

とても建設的な示唆を含むご質問をいただけたと思いますので、次回の記事で、考えてみたいと思います。ありがとうございました。
2013.05.30 11:13 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://thereisnospoon.jp/tb.php/27-56cf2cf7
該当の記事は見つかりませんでした。