There Is No Spoon

ARTICLE PAGE

レッスン126「私の与えるものはすべて、私自身に与えられる。」

レッスン126です。

今日のテーマは「私の与えるものはすべて、自分自身に与えられる。」です。





このブログでは、この世界でのゆるしを称して、「許し」、コースの目指すゆるしを称して「赦し」という文字で表現しています。

赦しとは何か?

贖罪

得ること=与えることが参考になると思います。


この世界の「許し」は確固たる基盤がなく、許される者に対して許す者が気まぐれな寛大さでもって授けてやるものでしかないので、許される者が許しを請う権利を持つわけでもないし、許される者にとっては偶然ではあれ恩恵であるのに対して、許す者にとっては何も差し出されることはありません(一見、寛大だと評価されてよいように思えるかもしれませんが、世間的に、許すべきではないとされることまで許すと判断力を疑われる羽目になりますし、許す側には恩恵はほとんどないと言っていいかもしれません)。


これに対して「赦し」は、救済、贖罪の手段であり、赦しを与える者の心を癒すに違いないといいます。与えることは受け取ることだからということです。

だから、この世の許しのように、たまたま許すべき立場に身を置いた人だけではなく、万人が赦しをを行う者となりますし、許す誰かではなく自分自身の救済のための手段として赦すのですから、気まぐれに赦したり赦さなかったりということはありえません。

赦しは、許しのような他人事ではなく自分自身のことであり、かといって自分ひとりだけで実践できるものでもありません。

許しは、罪を犯した罪人を許すかどうかという問題ですが、赦しは、どのような兄弟にも罪はないということを見通すことで、この世界の幻想性を認識し、さらに、その兄弟は自分と一体である神の子であって、許しのように許す誰かと許しを受ける誰かが分離して存在しているのではないと認識することです。


Lesson 126


All that I give is given to myself.
私の与えるものはすべて、私自身に与えられる。




1. Today's idea, completely alien to the ego and the thinking of the world, is crucial to the thought reversal that this course will bring about.
 今日の考えは、エゴとこの世界の常識とは完璧に相容れないものであり、このコースがもたらそうとしている思考の逆転を実現させるために決定的な重要性を持ちます。

 If you believed this statement, there would be no problem in complete forgiveness, certainty of goal, and sure direction.
 もしあなたがこの宣言を信じていたなら、目標を確信して確かな方向に向いて完全に赦すことに何の問題もなかったことでしょう。

 You would understand the means by which salvation comes to you, and would not hesitate to use it now.
 あなたには、自分に救済をもたらす手段を理解できただろうし、その手段を今用いることに躊躇することもなかったでしょう。




2. Let us consider what you do believe, in place of this idea.
 このように考える代わりに、あなたが現にどのようなことを信じているか、私たちでよく考えてみましょう。

 It seems to you that other people are apart from you, and able to behave in ways which have no bearing on your thoughts, nor yours on theirs.
 あなたには、ほかの人たちは自分から隔絶した存在であって、あなたの思考には何の関わりも持たないように行動することができるし、同じように、あなたもほかの人たちの思考に関係なく行動できるように思えます。

 Therefore, your attitudes have no effect on them, and their appeals for help are not in any way related to your own.
 したがって、あなたの態度は他者に何の影響をも及ぼさず、他者の助けを求める訴えはあなた自身の助けにとって何の関係もないということになります。

 You further think that they can sin without affecting your perception of yourself, while you can judge their sin, and yet remain apart from condemnation and at peace.
 そのうえ、あなたは、あなたの自分自身についての知覚に何の影響も与えることなく、他者が罪を犯すことができると思っています。その一方で、あなたは他者の犯した罪を裁くことができ、それでいて、自分は罪への咎めから無縁のまま平安でいることができると思っています。





3. When you "forgive" a sin, there is no gain to you directly.
 あなたが罪を「許す」とき、あなたには直接得るところは何もありません。

 You give charity to one unworthy, merely to point out that you are better, on a higher plane than he whom you forgive.
 あなたがそれに見合わない無価値な者に慈悲を垂れてやるのは、単に、自分が許してやるその者よりも高いところから、あなたのほうがより優れていることを示すためでしかありません。

 He has not earned your charitable tolerance, which you bestow on one unworthy of the gift, because his sins have lowered him beneath a true equality with you.
 その者は、あなたの慈悲に溢れた寛容さに見合うわけではありませんが、あなたは寛大にも、贈り物に値しない無価値な者に贈り物を授けてやるのです。というのも、本当はあなたと平等であるにもかかわらず、その者は罪を犯したことで、自らの価値を格下げしたことになるからです。

 He has no claim on your forgiveness.
 その者には、あなたの許しを請う資格などありません。

 It holds out a gift to him, but hardly to yourself.
 あなたが許すことは、その者にとって贈り物を差し出すことにはなりますが、あなた自身にとってはほとんど何も差し出すことはありません。





4. Thus is forgiveness basically unsound; a charitable whim, benevolent yet undeserved, a gift bestowed at times, at other times withheld.
 こうして、許すことは根本的に基盤が薄弱なものであり、気まぐれによる寛大さによって、それに値しない者に慈悲をかけるものであって、ときには授けられ、別のときには与えずにおかれるような贈り物ということになります。

 Unmerited, withholding it is just, nor is it fair that you should suffer when it is withheld.
 本来それを受けるに値しないのだから、許しを与えずにおくのは正しいけれど、許しを与えずにおくからといって、あなたがそのことで苦しむのは不合理だということになります。

 The sin that you forgive is not your own.
 あなたの許す罪は、あなた自身の罪ではないということになります。

 Someone apart from you committed it.
 あなたから隔絶したほかの誰かが罪を犯したのです。

 And if you then are gracious unto him by giving him what he does not deserve, the gift is no more yours than was his sin.
 したがって、もしあなたが寛大にも、その者に本来ふさわしくない許しを与えてやるとすれば、その者の罪があなたのものでなかったのと同じように、その贈り物はあなたのものでもないということになります。




5. If this be true, forgiveness has no grounds on which to rest dependably and sure.
 もしこれが本当ならば、許しには、当てにできる確固たる基盤が何もないということになります。

 It is an eccentricity, in which you sometimes choose to give indulgently an undeserved reprieve.
 許しは、突拍子もない奇行であり、その奇行の中で、あなたは、時には、受けるに値しない者に寛大になって刑の執行を猶予してやることを選んでみることになります。

 Yet it remains your right to let the sinner not escape the justified repayment for his sin.
 それでいて、罪人に彼の犯した罪に対する正当な報いを免れさせないようにする権利があなたには残されているというわけです。

 Think you the Lord of Heaven would allow the world's salvation to depend on this?
 あなたは、天国の主が、この世界の救済をこんな許しに委ねることを容認すると思うでしょうか。

 Would not His care for you be small indeed, if your salvation rested on a whim?
 もしあなたの救済が気まぐれに左右されるとしたら、天主のあなたへの愛情は実に小さなものでしかないということにならないでしょうか。




6. You do not understand forgiveness.
 あなたは赦しをまったく理解していません。

 As you see it, it is but a check upon overt attack, without requiring correction in your mind.
 あなたが許しを理解するところでは、許しは単に公然と攻撃することを抑制するだけで、あなたの心の中での修正を必要とするものではありません。

 It cannot give you peace as you perceive it.
 あなたの許しの知覚の仕方では、許しは、あなたに平安を与えることができません。

 It is not a means for your release from what you see in someone other than yourself.
 あなたの知覚する許しは、あなたが自分とは別の誰かの中にあると見ているものからあなたが解放する手段にはなりません。

 It has no power to restore your unity with him to your awareness.
 あなたの知覚する許しには、あなたがその人とひとつに結びついているという自覚を回復させる力が何もありません。

 It is not what God intended it to be for you.
 あなたの知覚する許しは、神があなたのために意図した赦しではありません。





7. Not having given Him the gift He asks of you, you cannot recognize His gifts, and think He has not given them to you.
 神があなたに求めている贈り物を神に渡していないために、あなたは神からの贈り物を認識できずにいます。それなのに、あなたは、神がまだ贈り物を自分に与えてくれていないと思い込んでいるのです。

 Yet would He ask you for a gift unless it was for you?
 しかし、その贈り物があなたのものでなかったなら、神がその贈り物をあなたに求めたりするでしょうか。

 Could He be satisfied with empty gestures, and evaluate such petty gifts as worthy of His Son?
 神が空疎な真似事で満足して、そんなお粗末な贈り物を神の子にふさわしいものとして評価することなどありうるでしょうか。

 Salvation is a better gift than this.
 救済は、こんなお粗末な贈り物よりも優れた贈り物であるはずです。

 And true forgiveness, as the means by which it is attained, must heal the mind that gives, for giving is receiving.
 そして、救済を得る手段である真の赦しは、与える者の心を癒すに違いありません。というのも、与えることは受け取ることだからです。

 What remains as unreceived has not been given, but what has been given must have been received.
 受け取られないまま残っているものは、与えられていないままですが、与えられたものは、必ず受け取られているのです。



8. Today we try to understand the truth that giver and receiver are the same.
 今日、私たちは、与える者と受け取る者は同じであるという真理を理解するよう試みます。

 You will need help to make this meaningful, because it is so alien to the thoughts to which you are accustomed.
 この試みを意義あるものにするには、あなたは助けを必要とすることでしょう。なぜなら、あなたが慣れ親しんだ思考にとって、この試みはきわめて異質なものだからです。

 But the Help you need is there.
 しかし、あなたの必要とする大いなる助け手はそこにいます。

 Give Him your faith today, and ask Him that He share your practicing in truth today.
 今日、大いなる助け手である聖霊にあなたの信頼を寄せて、聖霊に、あなたが実践することを今日、本当に分かち合ってくれるよう頼んでください。

 And if you only catch a tiny glimpse of the release that lies in the idea we practice for today, this is a day of glory for the world.
 そしてもし、あなたがただ今日、私たちの実習する考えの中に解放のかすかな一瞥を捉えるだけでも、今日という日は、この世界にとって栄光の一日となります。



9. Give fifteen minutes twice today to the attempt to understand today's idea.
 今日は、15分間を2回とって、今日の考えを理解するよう試みてください。

 It is the thought by which forgiveness takes its proper place in your priorities.
 この考えによって、あなたの優先順位の中で、赦しが適切な場所を占めることになります。

 It is the thought that will release your mind from every bar to what forgiveness means, and let you realize its worth to you.
 この考えは、赦しの意味を理解することを妨げているあらゆる障害から、あなたの心を解放し、そして、あなたに自分にとって赦しが持つ価値に気づかせてくれるでしょう。



10. In silence, close your eyes upon the world that does not understand forgiveness, and seek sanctuary in the quiet place where thoughts are changed and false beliefs laid by.
 静寂の中で、赦しを理解しない世界に目を瞑り、そして、静かな場所の中にある聖域を探してください。そこで、様々な思考は変化し、間違った信念は放棄されることになります。

 Repeat today's idea, and ask for help in understanding what it really means.
 今日の考えを繰り返しながら、それが本当に何を意味するのか理解するのを助けてほしいと頼んでください。

 Be willing to be taught.
 教えてもらう意欲を持ってください。

 Be glad to hear the Voice of truth and healing speak to you, and you will understand the words He speaks, and recognize He speaks your words to you.
 喜んで真理癒しをあなたに語ってくれる大いなる声を聞き入れてください。そうすれば、あなたには、聖霊の語る言葉が理解できるし、聖霊があなたの言葉をあなたに語りかけていることに気づくことでしょう。



11. As often as you can, remind yourself you have a goal today; an aim which makes this day of special value to yourself and all your brothers.
 できるだけ頻繁に、自分には今日、目標があるのだと思い出してください。その目標とは、今日という日を自分自身と兄弟たちにとって特別な価値のある日にすることに狙いを定めるものです。

 Do not let your mind forget this goal for long, but tell yourself:
 あなたの心が長い時間、この目標を忘れたままになってしまわないようにして、次のように、自分に言い聞かせてください。


All that I give is given to myself.
私の与えるものはすべて、私自身に与えられる。

The Help I need to learn that this is true is with me now.
このことが本当だと学ぶために私が必要とする大いなる助け主である聖霊は、今、私と一緒にいる。

And I will trust in Him.
だから、私は、聖霊を信頼する。



 Then spend a quiet moment, opening your mind to His correction and His Love.
 それから、聖霊の修正と聖霊の愛に対して、自分の心を開いて、静かな時間を過ごしてください。

 And what you hear of Him you will believe, for what He gives will be received by you.
 そうすると、あなたは自分が聖霊から聞くことを信じるようになるでしょう。というのも、聖霊が与えてくれるものは、あなたによって受け取られることになるからです。


名称未設定


それでは、ブリトニーさんのレッスンです。





いつも読んでいただき、ありがとうございます!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ ACIMへ
ポチリよろしく!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村


ポチッとお願いします!

2air_rankクリックお願いします
関連記事
赦し許し聖霊目標言葉真理癒し救済贈り物解放

Comments 1

Kino

07

kenさんこんにちは。「許し」と「赦し」の違い、何度も解説して頂き有難うございます。引用記事をめくってみたら、7月に読んだ記憶も曖昧ですが、今のほうが少しすっと概念を受け入れやすくなっているだろうことは感じました。

15分とか時間指定のあるワークショップは、多少嗜んだことのある坐禅のやり方に準じて行うようにしていますが(声は未だ聞こえず)、各々のやりたい形で取り組めば良いですか?acimの推奨型とかはあるんでしょうか。

いつも有難うございます。今後とも宜しくお願い致します。

2013-11-02 (Sat) 17:30 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply