There Is No Spoon

        対訳 奇跡のコース      奇跡のコース( 奇跡講座  A Course in Miracles ACIM )テキスト、ワークブック、マニュアルの和訳(日本語翻訳)

レッスン128「私の見るこの世界には、私の望むものは何もない。」

2   0

レッスン128です。

今日のテーマは「私の見るこの世界には、私の望むものは何もない。」です。





このように言い切るのは簡単なことではありません。

そもそも、私たちにはこの世界こそが現実であるとしか思えていないし、不幸や苦痛もたくさんかもしれないけれど、その反対の幸福や快楽もたくさんあって、自分はまだまだそれらのすべてを味わい尽くせてなどいない!望むものは山ほどある、そんな仙人みたいなこと言ってられない!という感覚こそが健全かもしれません。

逆に、辛酸を嘗め尽くしたという思いから、厭世的にこの言葉に共感を覚える人もいるでしょう。


ただし、そんな人も自分の思うような条件で再スタートできるならリセットしてやり直したい、この世界から離れたいとは思わないというのが多くの場合の実情でしょう。

それほどまでに、私たちのはこの世界に引きつけられ、束縛されています。

エゴに従うかぎり、これは当然です。

この世界憎劇によって分離の幻想を維持すること自体が目的なわけですから。

ですので、酸いも甘いも噛み分けてこの世界の経験を味わい尽くさなければ、この境地に辿り着けないというものではそもそもないということです。

実際のところ、(本当は存在しない)輪廻転生によって私たちの魂は既にその程度の経験はしているはずです。

ですので、エゴの観点から聖霊の観点にシフトして眺めるということのないかぎりは、この世界への執着(その裏返しの嫌悪も含めて)から逃れることはありえません。


そして、この世界に私たちを縛りつける鎖は、価値観だということです。


ゲームセンターや遊園地で、そこでだけ通用するコインや模擬通貨が使われることがあります。


外の世界にそのコインや模擬紙幣を持ち出しても、全く何の価値もありませんが(パチンコ店のような換金システムは考えないことにして)、そのゲームセンター等の中にいるかぎり、その中で享受できる利益の尺度となり、価値あるものと勘違いすることもあるでしょう。

ネットゲームなどになるとさらにのめり込みの度が増します。

自分のアバターとなるキャラクターの属性がとても自分にとって大切なことのように感じてしまいます。

自分のキャラの容姿や職業や服装、武器、誰と仲間になるか等々。


スライドするとこの世界で私たちが価値を置いていることとまったく同じことだということが分かります。

この世界でも、特定の業界に身を置いている場合に価値があることが、世間的には全く無価値であることが職を離れて実感するということもあるものです。


さて、聖霊の観点で見るかぎり、この世界に自分の望むものは何もないというのは本当のことだということは理解できないわけではなくなります。

一人の神の子が分離の幻想を抱いて、無数に分裂した自己を作り出して、この世界という夢の世界に自分を閉じ込めているというのです。

もちろん、登場人物が多くなり、劇が複雑性を持つために、世界には深みが生まれ、哀愁も漂い、壮大な叙事詩のような味わいをも備え、エゴの観点からとても魅力的な世界ではあります。

しかし、単純に言ってしまえば、この世界に執着することは、本当には何の価値もないゲームセンターのコインを手放すのが嫌だと言って駄々をこねているのと同じことです。


何が言いたいかというと、たしかにある程度の経験をすることは大切なことだけれども、飽きるほど欲望や経験を追求することによってこの世界に自分の望みを見い出さない境地に至るということはあまり期待できないのではないかということです。




Lesson 128


The world I see holds nothing that I want.
私の見るこの世界には、私の望むものは何もない。





1. The world you see holds nothing that you need to offer you; nothing that you can use in any way, nor anything at all that serves to give you joy.
 あなたの見る世界は、あなたが自分に与える必要のあるものを何も保持してはいません。あなたが何らかの方法で使うことができるものもないし、あなたに喜びを与えるのに役に立つものも何ひとつありません。

 Believe this thought, and you are saved from years of misery, from countless disappointments, and from hopes that turn to bitter ashes of despair.
 この考えを信じてください。そうすれば、あなたは悲惨な歳月から救われ、数え切れない絶望から、そして、苦々しい絶望の灰へと変わってしまう希望の数々からも救われます。

 No one but must accept this thought as true, if he would leave the world behind and soar beyond its petty scope and little ways.
 もし世界を後にして、その身動きの取れない狭い領域を越えて飛翔したいなら、誰でも、この世界には自分が望むものは何もないという考えを本当のこととして受け入れなければなりません。





2. Each thing you value here is but a chain that binds you to the world, and it will serve no other end but this.
 あなたがこの世界価値を置いているすべてのものは、あなたをこの世界に縛りつける鎖でしかなく、それ以外の目的に役立つことはありません。

 For everything must serve the purpose you have given it, until you see a different purpose there.
 というのは、すべてのものは、あなたがそれに違った目的を見出さないかぎり、あなたがそれに与えた目的に奉仕することしかできないからです。

 The only purpose worthy of your mind this world contains is that you pass it by, without delaying to perceive some hope where there is none.
 この世界に閉じ込められているあなたのが抱くにふさわしい唯一の目的は、あなたが、希望のない場所に希望を見出そうとして遅れを取ることなく、この世界を通り過ぎることです。

 Be you deceived no more.
 もうこれ以上騙されていてはなりません。

 The world you see holds nothing that you want.
 あなたの見ている世界には、あなたの望むものは何もないのです。




3. Escape today the chains you place upon your mind when you perceive salvation here.
 今日こそ、あなたがこの世界に救いを知覚するときに、自分のを縛りつける鎖から逃れてください。

 For what you value you make part of you as you perceive yourself.
 というのも、あなたは、自分が価値を置くものを自分の一部として知覚するからです。

 All things you seek to make your value greater in your sight limit you further, hide your worth from you, and add another bar across the door that leads to true awareness of your Self.
 あなたが自分の了見で自分の値打ちを一段とあげようとして求めることは、あなたをよりいっそう制限し、あなたの真価をあなたから隠し、あなたの大いなる自己の真の自覚に導く扉にもう一つの閂を加えることにしかなりません。





4. Let nothing that relates to body thoughts delay your progress to salvation, nor permit temptation to believe the world holds anything you want to hold you back.
 何であれ、身体に関連する思いに救済に向かうあなたの歩みを遅れさせないようにしてください。そして、この世界には自分が留まりたいと望むだけの何かがあると信じたいという誘惑に負けないようにしてください。

 Nothing is here to cherish.
 この世界には大切にすべきものなど何もありません。

 Nothing here is worth one instant of delay and pain; one moment of uncertainty and doubt.
 ここにあるもので、一瞬でも遅れたり苦しんだりする値打ちのあるものはないし、一刻たりとも不安や疑いを抱くに値するものはありません。

 The worthless offer nothing.
 価値のないものは何も差し出してはくれません。

 Certainty of worth can not be found in worthlessness.
 無価値さの中に、価値あることの確信を見出すことなどできません。




5. Today we practice letting go all thought of values we have given to the world.
 今日、私たちは、自分がこの世界に与えてきた価値についての思考のすべてを手放すことを実践します。

 We leave it free of purposes we gave its aspects and its phases and its dreams.
 私たちは、自分が世界の光景や移り変わる局面や世界で抱く夢の数々に与えていた数々の目的からこの世界を解放します。

 We hold it purposeless within our minds, and loosen it from all we wish it were.
 私たちは、自分のの中で、この世界を目的のないものと捉え、この世界にこうあってほしいという自分のすべての願望から解放します。

 Thus do we lift the chains that bar the door to freedom from the world, and go beyond all little values and diminished goals.
 こうして、私たちは、この世界からの解放の扉を閉ざしていた鎖を取り除き、すべての取るに足りない価値や価値を失った目標を越えて進みます。





6. Pause and be still a little while, and see how far you rise above the world, when you release your mind from chains and let it seek the level where it finds itself at home.
 一休みしてしばらくの間じっとして、あなたが自分のを鎖から解放し、がくつろげるレベルを探させるようにするときに、自分がどれだけこの世界から高く上昇するか見てみてください。

 It will be grateful to be free a while.
 あなたのはしばらくの間自由になれたことに感謝することでしょう。

 It knows where it belongs.
 あなたの心は自分がどこに属するのか知ります。

 But free its wings, and it will fly in sureness and in joy to join its holy purpose.
 ただあなたの心の翼を自由にしてください。そうすれば、あなたの心は、確実さと喜びの中で、自分の神聖な目的に加わるために飛んでいくことでしょう。

 Let it rest in its Creator, there to be restored to sanity, to freedom and to love.
 あなたの心をその創造主の中で休ませてあげなさい。そこで、あなたの心は正気を回復し、自由を取り戻すでしょう。




7. Give it ten minutes rest three times today.
 今日は、3回、それぞれ10分かけて安らぐ時間をとってください。

 And when your eyes are opened afterwards, you will not value anything you see as much as when you looked at it before.
 そして、そのあとであなたが目を開けたとき、あなたは自分の目にする何ものにも、以前に自分が見ていたときのような価値を認めなくなっていることでしょう。

 Your whole perspective on the world will shift by just a little, every time you let your mind escape its chains.
 あなたが自分の心から鎖を外すたびに、この世界に対するあなたの見方全体が少しずつ変わってきます。

 The world is not where it belongs.
 この世界は、あなたの心の属する場所ではありません。

 And you belong where it would be, and where it goes to rest when you release it from the world.
 だから、あなたが自分の心をこの世界から解放したとき、あなたは、自分の心があるべき場所であり、自分の心が安息するために向かう場所に属することになります。

 Your Guide is sure.
 あなたのガイドが確実に導いてくれます。

 Open your mind to Him.
 あなたの心を聖霊に開いてください。

 Be still and rest.
 心を静めて、安らいでください。




8. Protect your mind throughout the day as well.
 同じように安静な状態で、1日を通してあなたの心を保護するようにしてください。

 And when you think you see some value in an aspect or an image of the world, refuse to lay this chain upon your mind, but tell yourself with quiet certainty:
 そして、あなたが自分がこの世界の呈する様相や姿形に何らかの価値を見出すように思うとき、それらの鎖で自分の心が束縛されるのを拒絶して、ただ自分自身に静かな確信とともに次のように告げてください。


This will not tempt me to delay myself.
これが私を遅らせるよう誘惑することがないようにしよう。

The world I see holds nothing that I want.
私の見る世界には、私の望むものは何もない。




名称未設定


それでは、ブリトニーさんのレッスンです。





いつも読んでいただき、ありがとうございます!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ ACIMへ
ポチリよろしく!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村


ポチッとお願いします!

2air_rankクリックお願いします


関連記事

2 Comments

says..."管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2015.12.16 14:28 | | # [edit]
 ken says..."Re: 1"
Tさま

どうもありがとうございました。英文と訳文が力を合わせて相補的に理解を助けてくれるというのはその通りだと思います。
少しでもお役に立てているとすれば、とても嬉しいです。
これからもよろしくお願いします!
2015.12.17 15:45 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://thereisnospoon.jp/tb.php/298-97c1efc4
該当の記事は見つかりませんでした。