There Is No Spoon

        対訳 奇跡のコース      奇跡のコース( 奇跡講座  A Course in Miracles ACIM )テキスト、ワークブック、マニュアルの和訳(日本語翻訳)

レッスン132「私は、これまで自分がこの世界はこうだと思いこんでいたすべての思考から、この世界を解放する。」

0   0

レッスン132です。

今日のテーマは「私は、これまで自分がこの世界はこうだと思いこんでいたすべての思考から、この世界解放する。」です。






今日のレッスンはかなり濃いですので、じっくり取り組んでみてください。

世界は存在しない、世界の中にいる生きとし生けるものみんな存在しない、私たちも存在しないというように、コースの中核的な考え方のオンパレードです。



さて、私たちは、自分が生まれる前から世界は厳然として存在し、自分が死んだ後も同じように世界は存在し続けるものであり、自分は世界という主人にしばらくの間だけもてなしを受ける客人にすぎないと思っており、自分が世界を生み出しているなんて、天動説よりもばかげた自己中心的な狂気であるように素朴に思います。


「It is not pride which tells you that you made the world you see, and that it changes as you change your mind.
あなたが自分の見ているこの世界を作り出したのであり、あなたが自分の心を変えるなら、この世界も変わるというのは、思い上がりではありません。


But it is pride that argues you have come into a world quite separate from yourself, impervious to what you think, and quite apart from what you chance to think it is.
けれども、あなた自身とはまったく隔絶していて、あなたの考えることによって何の影響も受けず、あなたが世界がどのようなものだと想像しようがそんなこととはまったく関わりのない世界の中に自分がやってきたと言い張ることのほうが思い上がりです。」

常識的な観点では、自分が世界の客人であり、世界を変える力などないと言うほうが謙虚なことで、自分が世界を作り出したのであり、自分の心を変えれば世界も変わるなんていうほうが狂気の沙汰だし、少なくとも傲慢なことだということになります。

けれど、自分の力が世界に及ばないと見るかぎり、世界に見る悲惨な出来事や理不尽な出来事は、他人事であり、世界やほかの誰かの責任であり、それが自分に降りかかってきたなら、被害者として、自分ではなく、世界に責任を取らせようとすることになるはずです。

これはむしろ無責任で傲慢なことではないでしょうか。

前にレッスン31で「私は自分の見ている世界の被害者ではない」というテーマが出てきましたが、この世界の常識的な考え方をするかぎり、「強大な」世界に敵対して、敵うと信じること自体不可能に近いことなので、一時は調子よく行っていても、つねに世界や他者に打ち負かされるのではないかと、心の隅で恐れながら生きざるをえず、うまくいかないとすぐに、自分は世界の被害者であるとの考えに陥ることになります。




Lesson 132


I loose the world from all I thought it was.
私は、これまで自分がこの世界はこうだと思いこんでいたすべての思考から、この世界解放する。





1. What keeps the world in chains but your beliefs?
 ただあなたの信念だけが、この世界を鎖で縛りつけているのではないでしょうか。

 And what can save the world except your Self?
 そうであるなら、あなたの真の自己にしかこの世界は救えないのではないでしょうか。

 Belief is powerful indeed.
 信念というものは実に強力なものです。

 The thoughts you hold are mighty, and illusions are as strong in their effects as is the truth.
 あなたの抱く思いは強力であり、幻想もその及ぼす影響力の面では真理と同じくらい強い力を持っています。

 A madman thinks the world he sees is real, and does not doubt it.
 狂気の者は、自分の見ている世界は本物であると思いこんでいるし、世界が本物かどうか疑いもしません。

 Nor can he be swayed by questioning his thoughts' effects.
 しかも、狂気の者が自分の思考の結果に疑いを抱くことによっては、彼の思いこみが揺らぐことはありえません。

 It is but when their source is raised to question that the hope of freedom comes to him at last.
 狂気の者が自分の思考の源を疑問にさらすときにだけ、ようやく彼の許に自由への希望が訪れます。





2. Yet is salvation easily achieved, for anyone is free to change his mind, and all his thoughts change with it.
 しかし、救済は容易に達成できるものです。なぜなら、誰もが自由に自分の心を変えることができ、それに伴って、彼のすべての思考も変わることになるからです。

 Now the source of thought has shifted, for to change your mind means you have changed the source of all ideas you think or ever thought or yet will think.
 今や、思考の源が置き換わったのです。というのも、あなたの心を変えることは、あなたが現に考え、これまで考えたことがあり、これから考えることになるすべての自分の想念の源を変えたことを意味するからです。

 You free the past from what you thought before.
 あなたは、自分が以前に思ったことから過去を解放することになります。

 You free the future from all ancient thoughts of seeking what you do not want to find.
 あなたは、自分が本当は見出したくもないものを探し求めるという古来のすべての思いから、未来を解放するのです。





3. The present now remains the only time.
 今や、現在だけが唯一残された時間となります。

 Here in the present is the world set free.
 この現在において、この世界は解放されます。

 For as you let the past be lifted and release the future from your ancient fears, you find escape and give it to the world.
 というのは、あなたが自分の古来の恐怖から過去を解き放って未来を自由にするにつれて、あなたは逃げ道を見出し、その逃げ道をこの世界にも与えることになるからです。

 You have enslaved the world with all your fears, your doubts and miseries, your pain and tears, and all your sorrows press on it, and keep the world a prisoner to your beliefs.
 あなたは、自分のすべての恐怖、疑念や悲惨さ、苦痛や涙でこの世界を奴隷にし、そして、あなたのすべての悲嘆をこの世界に押しつけ、そうすることで、この世界を自分の信念の虜にしてきました。

 Death strikes it everywhere because you hold the bitter thoughts of death within your mind.
 あらゆる場所で死がこの世界に襲いかかります。なぜなら、あなたが死という非情な思いを自分の心に抱いているからです。




4. The world is nothing in itself.
 この世界はそれ自体が無です。

 Your mind must give it meaning.
 あなたの心がこの世界に意味を与えているに違いないのです。

 And what you behold upon it are your wishes, acted out so you can look on them and think them real.
 だから、あなたがこの世界に見るものは、自分の願望です。世界の光景は、あなたが自分の願望を目にして、それが本物だと思えるように実演されたものなのです。

 Perhaps you think you did not make the world, but came unwillingly to what was made already, hardly waiting for your thoughts to give it meaning.
 きっとあなたは自分はこの世界を作ってなどおらず、すでに出来上がっている世界に不本意にもやってきただけであって、あなたの思考によって意味を与えられるのを世界が待っていたということがあろうはずがないと思っています。

 Yet in truth you found exactly what you looked for when you came.
 しかし、本当のところは、あなたが訪れたときに、あなたはまさしく自分の求めていた通りのものを見出したのです。




5. There is no world apart from what you wish, and herein lies your ultimate release.
 あなたの願望から切り離された世界などありえません。だから、ここにこそ、あなたの究極的な解放を見出すことができるのです。

 Change but your mind on what you want to see, and all the world must change accordingly.
 ただ自分の見たいと思うものについて自分の心だけを変えてください。そうすれば、それに従って全世界が変わるに違いありません。

 Ideas leave not their source.
 思考はその源から離れることはないからです。

 This central theme is often stated in the text, and must be borne in mind if you would understand the lesson for today.
 この中心テーマは、テキストで頻繁に述べられることであり、もしあなたが今日のレッスンを理解しようと思うなら、心に保つべきものです。

 It is not pride which tells you that you made the world you see, and that it changes as you change your mind.
 あなたが自分の見ているこの世界を作り出したのであって、あなたが自分の心を変えるなら、この世界も変わると言うのは、思い上がりではありません。





6. But it is pride that argues you have come into a world quite separate from yourself, impervious to what you think, and quite apart from what you chance to think it is.
 逆に、あなた自身とはまったく隔絶していて、あなたの考えることによって何の影響も受けず、あなたが世界がどのようなものだと考えるかということとはまったく関わりのない世界の中へと自分がやってきたと言い張ることのほうが思い上がりです。

 There is no world!
 世界は存在しません。

 This is the central thought the course attempts to teach.
 これこそ、このコースが教えようとしている中核的な考えです。

 Not everyone is ready to accept it, and each one must go as far as he can let himself be led along the road to truth.
 誰もがみなこの考えを受け入れる準備ができているわけではありません。だから、各人は、その人が自分自身で真理に至る道に沿って導かれうるだけ遠くまで進んで行かなければなりません。

 He will return and go still farther, or perhaps step back a while and then return again.
 ある人は、戻ってからより遠くまで進み、あるいは、しばらく後退してから再び戻るということもあります。




7. But healing is the gift of those who are prepared to learn there is no world, and can accept the lesson now.
 しかし、癒しは世界が存在しないと学ぶ準備ができていて、今、そのレッスンを受け入れることができる者たちに属する贈り物です。

 Their readiness will bring the lesson to them in some form which they can understand and recognize.
 彼らに準備が整うと、彼らに理解でき、認識できる形で、そのレッスンが彼らの許にもたらされることになります。

 Some see it suddenly on point of death, and rise to teach it.
 ある者は、死に直面して突然、世界は存在しないというレッスンを理解し、死の淵から舞い戻ってそのレッスンを教えるようになります。

 Others find it in experience that is not of this world, which shows them that the world does not exist because what they behold must be the truth, and yet it clearly contradicts the world.
 ほかの者は、この世界のものではない体験をすることで、世界が存在しないと気づくことになります。その体験は、彼らが見ることが、真実に違いないとわかるにもかかわらず、この世界と明らかに矛盾しているために、この世界が存在しないと彼らに示すような体験です。



8. And some will find it in this course, and in the exercises that we do today.
 そして、ある者は、このコースの中に、そして、今日私たちの行うこの実習の中で、世界が存在しないということを見出します。

 Today's idea is true because the world does not exist.
 「私は、これまで自分がこの世界はこうだと思いこんでいたすべての思考から、この世界を解放する。」という今日の考えは真実です。なぜなら、この世界は存在しないからです。

 And if it is indeed your own imagining, then you can loose it from all things you ever thought it was by merely changing all the thoughts that gave it these appearances.
 そしてもし、この世界が本当にあなたの想像の産物であるのなら、あなたは、単にこの世界にそのような見かけを与えていたすべての思いを変化させるだけで、自分がこれまでこの世界がそのようなものだと思いこんできたすべての事柄から、この世界を解放することができるはずです。

 The sick are healed as you let go all thoughts of sickness, and the dead arise when you let thoughts of life replace all thoughts you ever held of death.
 あなたが病気についてのあらゆる思いを手放すにつれて、病人は癒されます。そして、あなたが自分のこれまで抱いてきた死についてのすべての思いを生命の思いに置き換えるとき、死者はよみがえることになります。



9. A lesson earlier repeated once must now be stressed again, for it contains the firm foundation for today's idea.
 以前に繰り返したレッスンを今、再び強調しておかねばなりません。というのは、そのレッスンには、今日の考えの確固たる基盤が含まれているからです。

 You are as God created you.
 あなたは神に創造されたままのあなたです。


 There is no place where you can suffer, and no time that can bring change to your eternal state.
 あなたが苦しむことができる場所などどこにもないし、あなたの永遠なる状態に変化を持ちこむことのできる時間もありません。

 How can a world of time and place exist, if you remain as God created you?
 もしあなたが神に創造されたままのあなたであり続けるなら、どうして、時間と場所のある世界が存在しうるでしょうか。





10. What is the lesson for today except another way of saying that to know your Self is the salvation of the world?
 今日のレッスンは、あなたの真の自己を知ることがこの世界の救済であるということを別の言い方で述べているだけです。

 To free the world from every kind of pain is but to change your mind about yourself.
 あらゆる種類の苦痛からこの世界を解放することは、あなた自身についてのあなたの心を変えることにほかなりません。

 There is no world apart from your ideas because ideas leave not their source, and you maintain the world within your mind in thought.
 あなたの想念から切り離された世界などどこにもありません。なぜなら、想念はその源を離れることはないし、あなたは自分の心の中の思いとしてこの世界を維持しているからです。






11. Yet if you are as God created you, you cannot think apart from Him, nor make what does not share His timelessness and Love.
 しかし、もしあなたが神に創造されたままのあなたなら、あなたは神から離れて考えることはできず、また、神の永遠と神の大いなる愛を分かち合わないものを作ることもできないはずです。

 Are these inherent in the world you see?
 このような神から受け継いだ属性があなたの見る世界の中にあるでしょうか。

 Does it create like Him?
 この世界は神のように創造するでしょうか。

 Unless it does, it is not real, and cannot be at all.
 この世界が神のように創造するものでないかぎり、この世界は本物ではないし、まったく存在しえないものです。

 If you are real the world you see is false, for God's creation is unlike the world in every way.
 もしあなたが本物であるならば、あなたの見ているこの世界は偽物であるはずです。というのも、神の創造物は、この世界とあらゆる面で似ていないからです。

 And as it was His Thought by which you were created, so it is your thoughts which made it and must set it free, that you may know the Thoughts you share with God.
 そして、あなたが神の思いによって創造されたように、この世界を作り出したのはあなたの思いなので、あなたの思いがこの世界を自由にするはずです。そうなれば、あなたは自分が神と分かち合っている大いなる思いを知ることになるでしょう。




12. Release the world!
 世界を解放してください。

 Your real creations wait for this release to give you fatherhood, not of illusions, but as God in truth.
 あなたの真の創造物たちは、幻想の父性によってではなく、真理において神が持つのと同じ父性をあなたに与えるこの解放を待ち侘びています。

 God shares His Fatherhood with you who are His Son, for He makes no distinctions in what is Himself and what is still Himself.
 神は、その大いなる父性を子であるあなたと分かち合っています。というのも、神は現に自分自身であるものと自分自身から生まれるものとの間に何の区別もつけないからです。

 What He creates is not apart from Him, and nowhere does the Father end, the Son begin as something separate from Him.
 神が創造するものは、神から離れてはいません。だから、神がどこかで終わり、神から分離した別のものとしての子が始まる境界などどこにもありません




13. There is no world because it is a thought apart from God, and made to separate the Father and the Son, and break away a part of God Himself and thus destroy His Wholeness.
 世界は存在しません。なぜなら、世界は神から分離した思いであり、父と子を分離し、神自身の一部をもぎ取って、そうすることで、神の全体性を破壊するために作り出されたものだからです。

 Can a world which comes from this idea be real?
 このような思いから生じたような世界が本物でありうるでしょうか。

 Can it be anywhere?
 こんな世界がどこに存在できるというのでしょうか。

 Deny illusions, but accept the truth.
 幻想を否定して、ただ真理を受け入れてください。

 Deny you are a shadow briefly laid upon a dying world.
 自分が、滅び行く世界の上にしばしの間だけ置かれた影であることを否定してください。

 Release your mind, and you will look upon a world released.
 あなたの心を解放してください。そうすれば、あなたは解放された世界を見ることになります。




14. Today our purpose is to free the world from all the idle thoughts we ever held about it, and about all living things we see upon it.
 今日、私たちの目的は、私たちがこれまで世界とそこに私たちが見てきた生きとし生けるものについて抱いてきた空疎な思いのすべてからこの世界を解放することです。

 They can not be there.
 世界も、私たちが世界に見ている生きとし生けるものも、存在するはずがありません。

 No more can we.
 私たちも存在するはずがありません。

 For we are in the home our Father set for us, along with them.
 というのは、私たちは、私たちの大いなる父が私たちのために定めてくれた家の中に、それらのものたちと一緒にいるからです。

 And we who are as He created us would loose the world this day from every one of our illusions, that we may be free.
 神に創造されたままの存在である私たちは、今日、自分たちの幻想の一つひとつからこの世界を解放することにします。そうすれば、私たちも解放されることになるからです。



15. Begin the fifteen-minute periods in which we practice twice today with this:
 今日は、15分間の実習を2回行うことにして、次のように始めてください。


I who remain as God created me would loose the world from all I thought it was.

神に創造されたままの私は、自分が世界はこうだと思っていたすべての思いこみから、この世界を解放する。

For I am real because the world is not, and I would know my own reality.
というのは、この世界が存在しないがゆえに、私は本物であり、それゆえ、私は自分の本当の姿を知りたいからだ。


 Then merely rest, alert but with no strain, and let your mind in quietness be changed so that the world is freed, along with you.
 それから、注意を払いながらも、緊張することなく、単に休息してください。そして、自分と一緒に世界が解放されるように、自分の心を静寂の中で変化させてください。




16. You need not realize that healing comes to many brothers far across the world, as well as to the ones you see nearby, as you send out these thoughts to bless the world.
 あなたがこの世界を祝福するためにこのような思いを送り出すに際しては、世界の遠く離れた場所にいる数多くの兄弟たちにも、あなたが近くに見る兄弟たちと同じように癒しが訪れることをあなたが理解する必要はありません。

 But you will sense your own release, although you may not fully understand as yet that you could never be released alone.
 しかし、あなたはまだ自分がひとりだけで解放されることは決してありえないと完全には理解していなくても、あなたは自分が解放されることを感じるでしょう。


17. Throughout the day, increase the freedom sent through your ideas to all the world, and say whenever you are tempted to deny the power of your simple change of mind:
 1日を通して、あなたの想念を通して世界中に送る解放を増していってください。そして、自分が簡単に心を変える力があることを否認したい誘惑に駆られるたびに、次のように言ってください。


I loose the world from all I thought it was, and choose my own reality instead.
私は、この世界がそういうものだと思いこんでいたすべての思いからこの世界を解放する。そして、その代わりに、自分自身の本当の姿を選ぶことにする。


名称未設定



それでは、ブリトニーさんのレッスンです。




いつも読んでいただき、ありがとうございます!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ ACIMへ
ポチリよろしく!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


ポチッとお願いします!

2air_rankクリックお願いします
関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://thereisnospoon.jp/tb.php/305-e768cc3d
該当の記事は見つかりませんでした。