There Is No Spoon

ARTICLE PAGE

T14-5 心の中にある聖地

今回は、テキスト第十四章から、贖罪の輪という一節をご紹介します。




テキスト 第十四章 

V. The Circle of Atonement
五 贖罪の輪




1. The only part of your mind that has reality is the part that links you still with God.
 あなたの心の中で実在性を持つ唯一の部分は、今でもあなたを神と結びつけている部分です。

 Would you have all of it transformed into a radiant message of God's Love, to share with all the lonely ones who have denied him?
 あなたは自分の心の全体を神の大いなるの光り輝くメッセージへと変容させて、神を否認して孤独な思いをしているすべての者たちと共有したいとは思わないでしょうか。

 God makes this possible.
 神がこれを可能にしてくれます。

 Would you deny his yearning to be known?
 神の知ってもらいたいという切なる願いを、あなたは拒むつもりでしょうか。

 You yearn for him, as he for you.
 神があなたのことを思い望んでいるように、あなたも神に憧れています。

 This is forever changeless.
 このことは永遠に変わりません。

 Accept, then, the immutable.
 ですから、不変なるものを受け入れてください。

 Leave the world of death behind, and return quietly to Heaven.
 死の世界をあとにして、静かに天国へと帰還してください。

 There is nothing of value here, and everything of value there.
 この地上には価値のあるものは何ひとつありません。しかし、天国には価値あるもののすべてがあります。

 Listen to the Holy Spirit, and to God through him.
 聖霊に耳を貸してください。そうして、聖霊を通して語る神に耳を傾けてください。

 He speaks of you to you.
 神はあなたに向けて、あなたのことを語ってくれます。

 There is no guilt in you, for God is blessed in his Son as the Son is blessed in him.
 あなたは有罪ではありません。なぜなら、子は神の中において祝福されているので、神は子の中において祝福されているからです。





2. Everyone has a special part to play in the Atonement, but the message given to each one is always the same; God's Son is guiltless.
 誰もがみな、贖罪において果たすべき特別な役割を持っています。しかし、一人ひとりに与えられたメッセージはつねに同じものです。それは、神の子は無罪だということです。

 Each one teaches the message differently, and learns it differently.
 一人ひとりが、神の子は無罪だというその同じメッセージを様々に違った形で教えます。そして、一人ひとりが、その同じメッセージを様々に違った形で学びます。

 Yet until he teaches it and learns it, he will suffer the pain of dim awareness that his true function remains unfulfilled in him.
 しかし、その人が神の子は無罪だというメッセージを教え、そして学ぶまでは、彼は自分の真の役割が自分の中で果たせないままでいるというぼんやりした自覚の痛みに悩まされ続けるでしょう。

 The burden of guilt is heavy, but God would not have you bound by it.
 罪悪感は重荷として圧し掛かります。とはいえ、神があなたを罪悪感の重荷に束縛されたままにしておくことはありません。

 His plan for your awaking is as perfect as yours is fallible.
 あなたの覚醒のための神の計画は、あなたが自分で立てる計画が確実に失敗を免れないのと同じくらい確実に完璧なものです。

 You know not what you do, but he who knows is with you.
 あなたは自分が何をしているのかわかっていません。しかし、知るものである聖霊があなたの傍にいてくれます。

 His gentleness is yours, and all the love you share with God he holds in trust for you.
 聖霊の優しさはあなたの優しさです。だから、あなたが神と共有するはすべて、聖霊があなたのための預かりものとして保管しておいてくれます。

 He would teach you nothing except how to be happy.
 聖霊は、あなたに幸せになる方法だけを教えてくれるのです。

名称未設定



3. Blessed Son of a wholly blessing Father, joy was created for you.
 完全に祝福に満ち溢れる大いなる父に祝福されし神の大いなる子よ、喜びはあなたのために創造されたのです。

 Who can condemn whom God has blessed?
 神に祝福された者を、いったい誰が咎めることができるでしょうか。

 There is nothing in the Mind of God that does not share his shining innocence.
 神の大いなる心の中には、神の輝ける潔白さを分かち合わないものは何ひとつありません。

 Creation is the natural extension of perfect purity.
 創造は、完全な清純さの自然な拡張です。

 Your only calling here is to devote yourself, with active willingness, to the denial of guilt in all its forms.
 この世界におけるあなたの唯一の使命は、積極的な意欲をもってあらゆる形態における罪悪感を否定することに全身全霊を捧げることです。

 To accuse is not to understand.
 非難することは、理解しようとしないことです。

 The happy learners of the Atonement become the teachers of the innocence that is the right of all that God created.
 贖罪を喜んで学ぶ者たちは、神に創造されたすべての者たちの権利である潔白さを教える教師となります。

 Deny them not what is their due, for you will not withhold it from them alone.
 兄弟に当然与えられて然るべきものを彼らに与えずにおくようなことをしてはなりません。そんなことをすれば、あなたは彼らにだけではなく自分にも与えずにおくことになってしまうからです。





4. The inheritance of the Kingdom is the right of God's Son, given him in his creation.
 王国を継承することは神の子の権利であり、神の子が創造されたときに神の子に授けられたものです。

 Do not try to steal it from him, or you will ask for guilt and will experience it.
 神の子からその権利を盗み取ろうとしてはなりません。さもないと、あなたは罪悪感を求めることになり、罪悪感を味わう羽目になります。

 Protect his purity from every thought that would steal it away and keep it from his sight.
 神の子の清らかさを、それを盗み去り、神の子の視界から隠してしまおうとするどんな思いからも守ってください。

 Bring innocence to light, in answer to the call of the Atonement.
 贖罪の呼びかけに答えて、潔白さを光の下へともたらしてください。

 Never allow purity to remain hidden, but shine away the heavy veils of guilt within which the Son of God has hidden himself from his own sight.
 決して、清らかさを隠されたままにさせないでください。その代わりに、神の子が自分の視界から自分自身が見えなくなるように隠している罪悪感の重厚なヴェールに光を当てて、それを消し去ってください。

名称未設定






5. We are all joined in the Atonement here, and nothing else can unite us in this world.
 私たちはみな、この世界では贖罪のうちにひとつに結びつけられるのであり、この世界で私たちを結びつけることができるものは贖罪以外には何もありません。

 So will the world of separation slip away, and full communication be restored between the Father and the Son.
 贖罪のうちに私たちがひとつに結びつくなら、分離の世界はそっと過ぎ去り、大いなる父と子の間に完全なコミュニケーションが復旧することでしょう。

 The miracle acknowledges the guiltlessness that must have been denied to produce the need of healing.
 罪が無いということを否認してきたことによって癒しが必要とされるようになったわけですが、奇跡はその無罪性を認めます。

 Do not withhold this glad acknowledgment, for hope of happiness and release from suffering of every kind lie in it.
 この喜びに満ちた無罪性の承認を与えずにおくようなことをしないでください。なぜなら、無罪性の承認の中にこそ、幸せの希望やありとあらゆる苦しみからの解放があるからです。

 Who is there but wishes to be free of pain?
 苦痛から解放されたいと願わない者などいるでしょうか。

 He may not yet have learned how to exchange guilt for innocence, nor realize that only in this exchange can freedom from pain be his.
 いるとすれば、彼はまだ、どのようにして罪悪感を罪悪感のない心境に交換すればよいか学んでいないか、あるいは、この交換によってのみ自分が痛みから解放されることに気づいていないだけなのです。

 Yet those who have failed to learn need teaching, not attack.
 しかし、それを学び損ねた者たちに必要なのは、教育であって、攻撃ではありません。

 To attack those who have need of teaching is to fail to learn from them.
 教わる必要のある者たちを攻撃することは、彼らから学び損ねることになってしまいます。





6. Teachers of innocence, each in his own way, have joined together, taking their part in the unified curriculum of the Atonement.
 潔白さについて教える教師たちは、贖罪の統一されたカリキュラムにおける自分の役割をそれぞれ独自の方法で果たすことでひとつに結びついています。

 There is no unity of learning goals apart from this.
 このカリキュラムから外れた複数の学習目標が統合されることはありません。

 There is no conflict in this curriculum, which has one aim however it is taught.
 このカリキュラムは、どのように教えられようともひとつの目標にのみ狙いを定めているので、矛盾することはありません。

 Each effort made on its behalf is offered for the single purpose of release from guilt, to the eternal glory of God and his creation.
 その目標のための各自の努力は、罪悪感から解放されて神と創造物の永遠なる栄光に向かうというたったひとつの目的のためだけに捧げられているのです。

 And every teaching that points to this points straight to Heaven, and the peace of God.
 この単一の目的を指し示す教えはどれもすべて、天国と神の平安にまっすぐに向かっています。

 There is no pain, no trial, no fear that teaching this can fail to overcome.
 いかなる苦痛や困難や恐怖であろうと、これを教えることで克服できないものはありません。

 The power of God himself supports this teaching, and guarantees its limitless results.
 神自らの力がこの教えをサポートし、その限りない成果を保証してくれているのです。


名称未設定


7. Join your own efforts to the power that cannot fail and must result in peace.
 あなた自身の努力を、失敗することなどありえず、必ず平安をもたらしてくれる、その力に合流させてください。

 No one can be untouched by teaching such as this.
 これほどの教えの影響を受けずにいられる者は誰もいません。

 You will not see yourself beyond the power of God if you teach only this.
 もしあなたがこのことだけを教えるなら、あなたは自分自身を神の力の及ばない存在であると見なしたりはしなくなるでしょう。

 You will not be exempt from the effects of this most holy lesson, which seeks but to restore what is the right of God's creation.
 この最も神聖なレッスンの影響を受けることを、あなたが免れることはありません。なぜなら、このレッスンは、神に創造されたものの当然の権利を回復することだけを求めるものだからです。

 From everyone whom you accord release from guilt you will inevitably learn your innocence.
 あなたが罪悪感から解放することになる一人ひとりから、あなたは必ず自分の潔白さを学ぶことになります。

 The circle of Atonement has no end.
 贖罪の輪には終わりはありません。

 And you will find ever-increasing confidence in your safe inclusion in the circle with everyone you bring within its safety and its perfect peace.
 あなたは、贖罪の輪が備える安全性と完璧な平安の中へと自分が誰かを連れてくるたびに、自分もその輪の中に安全に含まれていることにいや増すばかりの確信を見出すことでしょう。





8. Peace, then, be unto everyone who becomes a teacher of peace.
 ゆえに、平安の教師となるすべての者たちの心に平安が訪れますように。

 For peace is the acknowledgment of perfect purity, from which no one is excluded.
 というのは、心の平和は完璧な清らかさを承認することであり、誰ひとり、その清らかさから除外されることはないからです。

 Within its holy circle is everyone whom God created as his Son.
 その神聖な輪の中には、神がわが子として創造した者たち全員がいます。

 Joy is its unifying attribute, with no one left outside to suffer guilt alone.
 喜びこそ、その輪をひとつに結びつける特質なので、誰ひとりとして輪の外に置き去りにされてひとりきりで罪悪感に苦しむことはありません。

 The power of God draws everyone to its safe embrace of love and union.
 神の力は、すべての神の子たちをそのと結びつきの安全な抱擁の中へと引き寄せます。

 Stand quietly within this circle, and attract all tortured minds to join with you in the safety of its peace and holiness.
 静かにこの輪の中に立ってください。そして、平安と神聖さによる安全の中で自分と一緒に贖罪の輪の中に加わるようにと、すべての苦悶する心たちを呼び寄せてください。

 Abide with me within it, as a teacher of Atonement, not of guilt.
 罪悪感ではなく贖罪について教える教師として、私と一緒にその輪の中に留まってください。

名称未設定



9. Blessed are you who teach with me.
 私と共に教えるあなたは祝福されています。

 Our power comes not of us, but of our Father.
 私たちの力は、自分たちから生じるのではなく、大いなる父に由来するものです。

 In guiltlessness we know him, as he knows us guiltless.
 大いなる父が私たちのことを罪なき者として知ってくれているので、罪悪感のない境地において、私たちも大いなる父のことを知ることになります。

 I stand within the circle, calling you to peace.
 私は贖罪の輪の中に立って、あなたを平安へと呼んでいます。

 Teach peace with me, and stand with me on holy ground.
 私と一緒に平安を教え、私と一緒に聖なる地に立ってください。

 Remember for everyone your Father's power that he has given him.
 大いなる父が一人ひとりに授けてくれている神の力を、みんなに代わって思い出してください。

 Believe not that you cannot teach his perfect peace.
 自分には神の完璧な平安を教えることはできないと信じてはなりません。

 Stand not outside, but join with me within.
 贖罪の輪の外側に立っていないで、輪の中に入って私とひとつに結びついてください。

 Fail not the only purpose to which my teaching calls you.
 私の教えがあなたに求める唯一の目的を果たし損ねないでください。

 Restore to God his Son as he created him, by teaching him his innocence.
 神の子に彼が潔白であることを教えることによって、神が創造したままの姿の神の子を神の下へと戻してください。





10. The crucifixion had no part in the Atonement.
 キリストの磔刑は贖罪において何の役割も持っていませんでした。

 Only the resurrection became my part in it.
 ただ復活だけが、贖罪における私の役割となったのです。

 That is the symbol of the release from guilt by guiltlessness.
 復活は、罪が無いことによって罪悪感から解放されることを象徴しています。

 Whom you perceive as guilty you would crucify.
 あなたが誰かに罪があると知覚すれば、あなたは彼を十字架にかけようとしているのです。

 Yet you restore guiltlessness to whomever you see as guiltless.
 しかし、あなたが誰であれ、その人を罪なき者として見るならば、あなたは彼に罪の無い状態を回復させることになります。

 Crucifixion is always the ego's aim.
 磔刑はいつでもエゴが目指す目的です。

 It sees everyone as guilty, and by its condemnation it would kill.
 エゴは誰を見ても罪人と見なし、罪の宣告をすることによって、殺してしまおうとします。

 The Holy Spirit sees only guiltlessness, and in his gentleness he would release from fear and re-establish the reign of love.
 これに対して、聖霊はただ無罪性だけを見て、聖霊の優しさの中で恐怖から解放し、が治める心境を再び確立してくれます。

 The power of love is in his gentleness, which is of God and therefore cannot crucify nor suffer crucifixion.
 聖霊の優しさの中にはの力があります。の力は神に由来するものなので、愛には誰かを磔刑にすることも自らが磔刑に苦しむこともできません。

 The temple you restore becomes your altar, for it was rebuilt through you.
 あなたが修復した神殿はあなたの祭壇となります。というのも、その神殿はあなたを通して再建されたからです。

 And everything you give to God is yours.
 そして、あなたが神に捧げるものはすべてあなたのものになります。

 Thus he creates, and thus must you restore.
 このようにして神は創造します。それゆえに、あなたも必ずこのようにして復活するのです。


名称未設定


11. Each one you see you place within the holy circle of Atonement or leave outside, judging him fit for crucifixion or for redemption.
 あなたが目にする一人ひとりについて、あなたは、彼が磔刑にふさわしいかそれとも救いに値するかと裁きを下し、彼を聖なる贖罪の輪の中に入れたり、輪の外側に置き去りにしたりします。

 If you bring him into the circle of purity, you will rest there with him.
 もしあなたが彼をその清らかな輪の中に連れて来さえすれば、あなたは彼と一緒に輪の中で休息できるでしょう。

 If you leave him without, you join him there.
 もしあなたが彼を輪の外側に置き去りにするなら、あなたは贖罪の輪の外側に彼と一緒に留まることになってしまいます。

 Judge not except in quietness which is not of you.
 あなたから生じるものではない静寂の中において以外は、価値判断をしてはなりません。

 Refuse to accept anyone as without the blessing of Atonement, and bring him into it by blessing him.
 誰であれ、贖罪の祝福を受けないままでその者を受け入れることは拒みなさい。そして、彼を祝福することによって、贖罪の輪の中に彼を入れてあげなさい。

 Holiness must be shared, for therein lies everything that makes it holy.
 神聖さは共有されなければなりません。なぜなら、共有の中にこそ、神聖さを神聖たらしめるすべてのゆえんがあるからです。

 Come gladly to the holy circle, and look out in peace on all who think they are outside.
 神聖な輪の中へと喜んで入ってきなさい。そして、その輪の中から、自分は輪の外側にいると思っている者たちみんなのことを心安らかに眺めてください。

 Cast no one out, for here is what he seeks along with you.
 誰ひとりとして追放してはなりません。なぜなら、この輪の中こそが、あなたと同じように彼が探し求めている場所だからです。

 Come, let us join him in the holy place of peace which is for all of us, united as one within the Cause of peace.
 さあ来なさい。私たちで平安の聖地に彼を入れてあげましょう。そこは、私たちみんなのためにあり、平安の大いなる原因の中で私たちはひとつのものとして結ばれるのです。

名称未設定


いつも読んでいただき、ありがとうございます!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ ACIMへ
ポチリよろしく!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


ポチッとお願いします!

2air_rankクリックお願いします
関連記事
贖罪の輪贖罪死の世界天国価値役割覚醒聖霊祝福

Comments 0

Leave a reply