There Is No Spoon

ARTICLE PAGE

レッスン134「私がありのままに赦しを知覚できますように。」



レッスン134です。

今日のテーマは「私がありのままに赦しを知覚できますように。」です。





赦しとは何か?

赦しとキリストの顔

が参考になると思います。


今日のレッスンは、赦しの理解にとってとても重要なレッスンです。


赦しに取り組む際に、私たちが直面する最大の困難は、赦しを自己欺瞞のように感じてしまうことです。

世界の裏側で起こったニュースであれば、たくさんの人の生死にかかわることでも、比較的容易に幻想として赦すことができたように感じます。

けれど、自分の身近な範囲の出来事になると、些細なことはもちろん、重大事になればなるほど、とうてい幻想だとは感じられず、念仏のように、「これは幻想で実在しないから取り消す」なんて繰り返しても、なんだか自分を騙して現実逃避しているような感覚に付きまとわれることになります。



これは、私たちが自分自身を見る際に、罪の概念が依然として自分の心を掌握し、エゴが心を支配し続けて歪んだ観点で物事を見ているということです。

これを別の言い方をすると、赦すべき対象が、幻想ではなくて、真理のほうだと信じてしまっているということです。

エゴに支配された心が歪んだ知覚によって、罪は本物である、つまり、真理であると信じているので「罪があるというのは幻想であり、罪のないことが真理だ。」という式の前半が否定されるので、後半もひっくり返り、「罪のないこと」は真理ではなく、幻想だということになります。

そうなれば、幻想だとは言われるけれど心の中ではそうは信じていない(実在すると信じている)罪を赦すといっても、うそ臭く感じてしまうのです。

赦すことは、①実在しない幻想と見極めて②無視することなわけですから、罪が実在するとする時点で、①の要件をクリアしていないわけです。

Lesson 134


Let me perceive forgiveness as it is.
私がありのままに赦しを知覚できますように。




1. Let us review the meaning of "forgive," for it is apt to be distorted and to be perceived as something that entails an unfair sacrifice of righteous wrath, a gift unjustified and undeserved, and a complete denial of the truth.
 「赦し」の意味を再検討してみましょう。なぜなら、赦しという概念は歪曲されやすく、正義の怒りを不当に諦めるものであるとか、それを受けるのが不当でふさわしくない者に与える贈り物であるとか、真理を完全に否定することであると知覚されがちだからです。

 In such a view, forgiveness must be seen as mere eccentric folly, and this course appear to rest salvation on a whim.
 このような観点で見ると、赦しは、奇矯で馬鹿げた行為でしかないとみなされ、このコースは気まぐれを救済の基盤としているように見えるに違いありません。





2. This twisted view of what forgiveness means is easily corrected, when you can accept the fact that pardon is not asked for what is true.
 赦しが何を意味するかに関するこの歪んだ見方は、真実であるもののために免罪が求められるわけではないという事実をあなたが受け入れることができれば、簡単に修正できます。

 It must be limited to what is false.
 免罪は、偽りであるものに限って、求められるはずです。

 It is irrelevant to everything except illusions.
 免罪は、幻想以外の何ものにも関わりを持ちません。

 Truth is God's creation, and to pardon that is meaningless.
 真理は、神の創造したものです。だから、真理を免罪することは無意味なことです。

 All truth belongs to Him, reflects His laws and radiates His Love.
 すべての真理は神に属し、神の法を反映し、神の大いなるを放射します。

 Does this need pardon?
 このことに免罪が必要でしょうか。

 How can you forgive the sinless and eternally benign?
 どのようにしてあなたは、罪の無い永遠に善なるものを許すことができるというのでしょうか。




3. The major difficulty that you find in genuine forgiveness on your part is that you still believe you must forgive the truth, and not illusions.
 自らの役目として真の赦しをなすに際して、あなたが直面する最大の困難は、あなたが依然として、自分が許さなければならないのは幻想ではなく真理だと信じていることです。

 You conceive of pardon as a vain attempt to look past what is there; to overlook the truth, in an unfounded effort to deceive yourself by making an illusion true.
 あなたは免罪することを、そこに存在するものを無視する空疎な試みとして受け止めています。すなわち、幻想を真理に作り変えて自分自身を欺く根拠の無い努力をして真理を見過ごす無駄な試みであると。

 This twisted viewpoint but reflects the hold that the idea of sin retains as yet upon your mind, as you regard yourself.
 この捩じ曲がったものの見方は、あなたが自分自身を見る際に、罪の概念がいまだにあなたの心を支配し続けていることの反映にほかなりません。




4. Because you think your sins are real, you look on pardon as deception.
 あなたが自分の罪は本物であると信じているので、あなたは免罪を欺瞞として見るのです。

 For it is impossible to think of sin as true and not believe forgiveness is a lie.
 というのも、罪を本当のものとして考えておきながら、許しが偽りだと信じずにいることなど不可能なことだからです。

 Thus is forgiveness really but a sin, like all the rest.
 こうして、許しは、その他すべてのものと同じように、実際は単なる罪でしかないということになります。

 It says the truth is false, and smiles on the corrupt as if they were as blameless as the grass; as white as snow.
 こんな許しを行う者は、真理のことを偽りだと言い張り、そして、堕落したものに対して、まるでそれが草のように非難すべきところの無いもので、雪のように潔白であるかのように微笑むのです。

 It is delusional in what it thinks it can accomplish.
 その者が自分が許しによって成し遂げることができると考えていることは妄想です。

 It would see as right the plainly wrong; the loathsome as the good.
 そんな許しは、明らかな誤りを正しいものとして見て、忌まわしいものを善良なものとして見ようとすることになってしまいます。




5. Pardon is no escape in such a view.
 そんな観点では、免罪は何も免れることにはなりません。

 It merely is a further sign that sin is unforgivable, at best to be concealed, denied or called another name, for pardon is a treachery to truth.
 免罪は、せいぜい隠したり、否認したり、別の名前で呼んだりはできても、罪が許しがたいものであることをより強く示す印でしかありません。というのも、免罪は真理への裏切りということになるからです。

 Guilt cannot be forgiven.
 罪悪感は、許されることができません。

 If you sin, your guilt is everlasting.
 もしあなたが罪を犯したなら、あなたの罪悪感は永遠に続きます。

 Those who are forgiven from the view their sins are real are pitifully mocked and twice condemned; first, by themselves for what they think they did, and once again by those who pardon them.
 彼らの罪が本物であるという観点に基づいて許される者たちは、哀れにあざけられ、二度重ねて咎められることになります。最初に、自分が犯したと思っている罪について自分自身によって咎められ、そして今度は、彼らを許す者たちによって再び咎められるのです。





6. It is sin's unreality that makes forgiveness natural and wholly sane, a deep relief to those who offer it; a quiet blessing where it is received.
 罪が実在しないことが赦しを自然で完全に正気なものにします。赦しを差し延べるものに深い安らぎを与え、赦しを受け取る者には、静かな祝福を与えてくれます。

 It does not countenance illusions, but collects them lightly, with a little laugh, and gently lays them at the feet of truth.
 赦しは、幻想を支持することはせず、ただ、小さな笑いとともに、さっと幻想を集めて、優しく幻想を真理の足許に置くだけです。

 And there they disappear entirely.
 真理の足許で、幻想は完全に消え去ります。




7. Forgiveness is the only thing that stands for truth in the illusions of the world.
 赦しは、この世界の幻想の中で、ただひとつ真理を象徴するものです。

 It sees their nothingness, and looks straight through the thousand forms in which they may appear.
 赦しは、この世界の幻想が無であることを見て、まっすぐに幻想がその姿を現す無数の形態を通り過ぎて見通します。

 It looks on lies, but it is not deceived.
 赦しは偽りを見ますが、赦しが騙されることはありません。

 It does not heed the self-accusing shrieks of sinners mad with guilt.
 赦しは、罪悪感で狂気に陥った罪人たちが自らを咎める金切り声など気にも留めません。

 It looks on them with quiet eyes, and merely says to them, "My brother, what you think is not the truth."
 赦しは、彼らのことを穏やかな目で眺めては、彼らにただ次のように言うだけです。「私の兄弟よ、あなたが思っていることは、本当のことではないのです」と。






8. The strength of pardon is its honesty, which is so uncorrupted that it sees illusions as illusions, not as truth.
 免罪の力強さは、その正直さにあります。免罪の正直さはまったく堕落することがないので、免罪は、幻想を真理としてではなく、幻想として見ます。

 It is because of this that it becomes the undeceiver in the face of lies; the great restorer of the simple truth.
 このために、免罪は、偽りの面前で迷いを覚ます者となり、単純な真理の偉大な回復者となります。

 By its ability to overlook what is not there, it opens up the way to truth, which has been blocked by dreams of guilt.
 免罪のそこに存在しないものを看過する能力によって、赦しは、罪悪感の夢によって妨害されていた真理への道を開きます。

 Now are you free to follow in the way your true forgiveness opens up to you.
 今や、あなたは自分の真の赦しがあなたのために開いてくれた道を自由に進んでいくことができます。

 For if one brother has received this gift of you, the door is open to yourself.
 というのも、もしあなたからのこの贈り物をひとりの兄弟でも受け取るなら、あなた自身に向けてその扉が開かれることになるからです。





9. There is a very simple way to find the door to true forgiveness, and perceive it open wide in welcome.
 真の赦しにつながるその扉を見つけ、その扉があなたを歓迎して大きく開かれていることに気づくとても簡単な方法があります。

 When you feel that you are tempted to accuse someone of sin in any form, do not allow your mind to dwell on what you think he did, for that is self-deception.
 あなたが自分がいかなる形の罪であれ、誰かを責めたいという誘惑に駆られているのを感じるとき、自分の心をその人がしたことだとあなたが思っていることに執着させないようにしてください。というのも、それは自己欺瞞だからです。

 Ask instead, "Would I accuse myself of doing this?"
 その代わりに、「これをしたのが私なら、私は自分自身を責めようとするだろうか」と尋ねてください。




10. Thus will you see alternatives for choice in terms that render choosing meaningful, and keep your mind as free of guilt and pain as God Himself intended it to be, and as it is in truth.
 こうして、あなたは意味のある選択をなしうる見地から、選択肢を見るようになります。そしてあなたは、神がそうあるように意図したように、そして、真理においてそうであるように、自分の心を罪悪感と苦痛から自由に保つようになるでしょう。

 It is but lies that would condemn.
 非難しようとするのはただ偽りのみです。

 In truth is innocence the only thing there is.
 真理においては、存在するのは潔白なものだけです。

 Forgiveness stands between illusions and the truth; between the world you see and that which lies beyond; between the hell of guilt and Heaven's gate.
 赦しは、幻想と真理の間に立っています。赦しは、あなたの見るこの世界とその向こう側にある世界の間に、罪悪感の地獄と天国の門の間にあるのです。



11. Across this bridge, as powerful as love which laid its blessing on it, are all dreams of evil and of hatred and attack brought silently to truth.
 その祝福をこのに与えていると同じように強力なこのを渡ると、すべての邪悪さや憎しみや攻撃の夢の数々が静かに真理の下にもたらされます。

 They are not kept to swell and bluster, and to terrify the foolish dreamer who believes in them.
 これらの夢は、膨れ上がって荒れ狂うまで保たれることはないので、夢を信じている愚かな夢見る者を恐れさせることはありません。

 He has been gently wakened from his dream by understanding what he thought he saw was never there.
 彼は、自分が見たと思っていたものは一度も存在しなかったのだと理解することによって、自分の夢から穏やかに目覚めたのです。

 And now he cannot feel that all escape has been denied to him.
 だからもう、彼には、自分にはすべての逃げ道が閉ざされているはとても感じられません。




12. He does not have to fight to save himself.
 彼は、自分自身を救うために戦う必要などありません。

 He does not have to kill the dragons which he thought pursued him.
 彼は、自分を追跡してくると思う竜を殺す必要はないのです。

 Nor need he erect the heavy walls of stone and iron doors he thought would make him safe.
 また、彼は、自分の安全を守ってくれると思っていた重厚な岩の壁や鉄の扉を建てる必要もありません。

 He can remove the ponderous and useless armor made to chain his mind to fear and misery.
 彼は、自分の心を恐怖と悲惨さに縛りつけるために作られた重くて役に立たない甲冑を外すことができます。

 His step is light, and as he lifts his foot to stride ahead a star is left behind, to point the way to those who follow him.
 彼の歩みは軽やかで、彼が足を前に踏み出すたびに、ひとつずつ星があとに残り、彼に続く者たちに道を指し示します。





13. Forgiveness must be practiced, for the world cannot perceive its meaning, nor provide a guide to teach you its beneficence.
 赦しは、実践されなければなりません。というのは、この世界は、赦しの意味を知覚できないし、赦しの恩恵をあなたに教えるガイドをあなたに与えることもできないからです。

 There is no thought in all the world that leads to any understanding of the laws it follows, nor the Thought that it reflects.
 赦しが従う法則を少しでも理解できるように導くいかなる考えも、赦しが反映する大いなる思いも、この世界中のどこにも存在しません。

 It is as alien to the world as is your own reality.
 赦しは、あなた自身の本当の姿と同じように、この世界とは相容れないものです。

 And yet it joins your mind with the reality in you.
 それでも、赦しはあなたの心をあなたの中にある真の姿と結びつけるものなのです。




14. Today we practice true forgiveness, that the time of joining be no more delayed.
 今日、ひとつに結びつくときをこれ以上遅らせないために、私たちは、真の赦しを実践します。

 For we would meet with our reality in freedom and in peace.
 というのも、私たちは自由と平安のうちに自分たちの真の姿と出会うつもりだからです。

 Our practicing becomes the footsteps lighting up the way for all our brothers, who will follow us to the reality we share with them.
 私たちの実践は、私たちの兄弟全員のために道を照らす足跡となります。彼らは、私たちのあとに続いて私たちが彼らと分かち合う真の姿に向かうことになります。

 That this may be accomplished, let us give a quarter of an hour twice today, and spend it with the Guide Who understands the meaning of forgiveness, and was sent to us to teach it.
 これが成し遂げられるように、私たちは、今日2回、15分間を捧げて、赦しの意味を理解し、それを私たちに教えるために遣わされた大いなるガイドと一緒に過ごします。

 Let us ask of Him:
 聖霊に次のように頼みましょう。


Let me perceive forgiveness as it is.
私にありのままに赦しを知覚させてください。



15. Then choose one brother as He will direct, and catalogue his "sins," as one by one they cross your mind.
 それから、聖霊の指示するひとりの兄弟を選んで、彼の「罪の数々」を自分の心をよぎるたびに一つひとつ列挙していきます。

 Be certain not to dwell on any one of them, but realize that you are using his "offenses" but to save the world from all ideas of sin.
 それらの罪のどのひとつにも長々と執着することなく、自分が罪に関するあらゆる想念からこの世界を救うために彼の「非行」を用いているだけだと気づくようにしてください。

 Briefly consider all the evil things you thought of him, and each time ask yourself, "Would I condemn myself for doing this?"
 簡潔にあなたが彼について思いつく悪事のすべてを考えてみて、その都度、自分自身に、「私はこれを自分が行ったとして、自分自身を非難したいだろうか」と尋ねてください。



16. Let him be freed from all the thoughts you had of sin in him.
 その人の中にあなたが抱いてきたすべての罪の思いから、彼を自由にしてください。

 And now you are prepared for freedom.
 そうすれば、今、あなたは自由になる準備が整ったことになります。

 If you have been practicing thus far in willingness and honesty, you will begin to sense a lifting up, a lightening of weight across your chest, a deep and certain feeling of relief.
 もしあなたがここまで意欲と正直さをもって実践してきたなら、あなたは持ち上げられるような感覚や自分の胸の内側が軽くなるような感覚、深い安堵の感覚を確かに味わいはじめることでしょう。

 The time remaining should be given to experiencing the escape from all the heavy chains you sought to lay upon your brother, but were laid upon yourself.
 残りの時間は、あなたが自分の兄弟を縛りつけようとしながら、実は自分自身を縛ってきた重い鎖からの解放を体験する時間にするとよいでしょう。




17. Forgiveness should be practiced through the day, for there will still be many times when you forget its meaning and attack yourself.
 赦しは、1日を通して実践されるべきものです。というのも、あなたが赦しの意味を忘れて、自分自身を攻撃してしまうときは依然として何回もあるはずだからです。

 When this occurs, allow your mind to see through this illusion as you tell yourself:
 そのようなことが起こるとき、次のように自分自身に言いながら、自分の心がその幻想を通り越して見ることができるようにしてください。


Let me perceive forgiveness as it is.
私がありのままに赦しを知覚できますように。

Would I accuse myself of doing this?
私はこれを自分が行ったとして、自分自身を非難したいだろうか。

I will not lay this chain upon myself.
私は、この鎖で自分自身を縛りつけるつもりはない。


 In everything you do remember this:
 あなたが何をするに際しても、次のことを覚えておいてください。


No one is crucified alone, and yet no one can enter Heaven by himself.
誰も単独で十字架にかけられることはないし、誰も自分だけで天国に入ることはできない。


名称未設定


それでは、ブリトニーさんのレッスンです。




いつも読んでいただき、ありがとうございます!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ ACIMへ
ポチリよろしく!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


ポチッとお願いします!

2air_rankクリックお願いします
関連記事
実践幻想兄弟赦し許し免罪執着見過ごす

Comments 0

Leave a reply